最近の学生生活

2016⁄07⁄21(木) 21:54
なんか じんわりと時間の足りなさを自覚することが多くなってきた。
そんな気がするのっぴぃでございます。

出来れば夏休みには国内旅行を軽く回りたいとか
のたまっているワタクシですが はたしてそれが
実現するのか否か。 少々気になるところであります。

さて 最近の研究室生活の方ですが 去年と比べまして
いろいろと違っているような点がちらほらと見えます。

まぁ 自分の生活や去年の自分と比較した今の後輩の
動きに関しても――といったところでしょうか。

一つは あまり 後輩が院試の勉強でカリカリした空気が出ていないこと。

まぁ これに関しては両親に必要以上に焚きつかれていたのを
かなり真に受けてこちらが対応していたため
若干一年前のボクが過剰反応だった説も有効なのですが。

まぁ だとしてももう少し 過去問がどんなふうになっただとか
個々の問題がわからないから勉強会使用だとか
そんな会話が聞こえてきてもいいんじゃないかな~  って。

まぁ うちの世代よりも優秀な人が集まっているという噂が絶えない
後輩たちですから さすがに悲惨な目には合う人いないとは思うのですが。

……こう ちょっとおせっかいなのっぴぃさんは
どこか 心配したくなるようなそんな感じだったりするわけで。

まぁ それが後輩を眺めながらボクが感じていたことだとするならば
去年の自分と今の自分を比較してみて~  という意味合いで行けば
やっぱり研究室でのノルマは増えております。

一つはわかりやすく研究の結果を求められるペースが増えた気が。

……まぁ そろそろ本軌道に入ってきた――なんて言葉は
何度も言い続けてきたような気がしますが
さて この状況は何段エンジンでぶっぱしていけば
いいのかなぁという疑問は往々にして湧いてくるわけで。

――そして 実際に物事を観察している分にはいいのですが
そこに至るまでの準備というのが どうも 気だるくなってくることが多く手ですね。

この辺りのテンションをいかにして保って行くべきなのかというのが
目下の課題ということになっております。

――あと、思ったような結果が出てこないときの対応とかね。
どんなふうに次回の発表につなげていけばいいのか。
中期的な目標点をどこに設定するべきなのかの判断がいまいちつかない。

あとは 結構日程的に近日に迫っているらしいオープンキャンパスの用意。

去年はそこに行くだけでよかったのですが 今年はボクも
結構本腰入れてそれの準備をしていかないとということでね。
――これもこれで 結構時間食うんですよ。 えぇ。

TOP

ノンボーカル

2016⁄07⁄20(水) 00:00
どうも 昨日の話ネタだけで考えてみるならば
もう少ししゃべり続けられそうな気がしたのでまさかの延長。

話の議題は「作業ミューシック」。 ……まぁ、脱線もバッチコイといった感じだけど。

まぁ ボーカルがない曲、ということで昨日は
インスト曲を推しているという話もさせてもらっておりましたが
あと もう一つの傾向としてはゲーム音楽なんかも
往々にして聞いてみたりすることもあったりするジャンルです。

あれって 結構「ゲーム本編の裏で流れている」という前提もあるので
結構 聞き流しやすい曲が多く混ざっているというか
そんな意味では 作業ミュージックとして考えても
なかなか素晴らしい曲が多いジャンルなんじゃないかと考えています。

まぁ ゲームの素晴らしい点にレビューで「音楽の素晴らしさ」とか
挙げていらっしゃる方も多いですし ゲームによっては
どちらかというと音楽がメイン、といった部分もありますけどね。

それでも ゲーム操作という別の作業を邪魔するような
――少なくとも 何度も聞いて初見の驚きみたいなのが
排除された後に関しては――音楽性ではないというのが大きな注目ポイント。

とはいえ 自分はあまり自分自身でやっているゲームって
多くないですから 否応なく聞くゲーム曲などというのも
偏ったものになってしまうというのも……ね。

ちなみに 先日延々と研究で使うデータの解凍作業とかを
続けていたりしていたのですが その時に聞いていたのは
艦これでわるさめちゃんが初登場した時に流れていた曲。

もしくは グラーフさんを掘るために延々と
潜水棲姫に殴りこんでいた時に聞いていた曲。 そのあたり。

……個人的に 過去の艦これの曲の中では
この辺りがベストミュージックだと思っている節があったりします。

まぁ この辺りになってくるとやっぱりというかなんというか
物悲しい空気がなかなかいいですね。 ――まぁ ゆるゆるとした作業も
どこか テンション変に上げずに落ち着いてできるような気がします。

逆にテンションそこそこ上げていきたいなと思った時には
ジャズ調の曲――まぁ 自分もサックス吹いていましたから――探してきて
それを聞きながら作業したりすることも多かったりします。

まぁ この辺りの音楽検索とかは基本的にフィーリングで
「なんか面白そう」と思ったものを片っ端からひっかけていくようなスタイル。

……まぁ 一応ノンボーカル、という部分は昨日の話に準じるのですが
もしかしたら この辺りの可視もしっかり聴こうと思ったならば
英語の聞き取りの遠回しのチュートリアルとして
悪くない話だったりするのかしら?  という疑問もふいに浮かんだりします。

……まぁ この辺りの話に関してはおいおい考えていくことにします。
……歌が入って作業効率下がるとそれはそれで意味をはき違えてしまいますし。

TOP

ヘッドフォンには縁あったけど。

2016⁄07⁄19(火) 21:55
やっぱりというかなんというか
何喋ればいいのかとっさに思いつかないので
適当に議題挙げてそれに関する話題で適当に喋って
一日分の記事分量を確保しようと考えました←

というわけで 本日の議題は「作業音楽」。

一昔前までは自分は特にiPodにつなげた
ヘッドフォンを常に耳に充てているようなキャラ演じていたわけですが。

……まぁ そのような生活が止まってしまった理由というのは
大方 「自転車のながら運転」に関してうるさくなってしまった後なんですがね。

それ以降 ヘッドフォンつけて自転車乗ってると
白い目で見られたりそれで済まないことになったりしたもので。

――まぁ それはさておき 作業音楽は基本的に
ボーカルなし、というものを好んで聞く傾向にあります。

というのも 結構自分「物音」には敏感なので
唐突ながさりとした音とか聞こえてくると
真っ先にそちらに目線を向けるタイプと言いますか。

ちょっと 必要以上に気配を感じてみたりすることも多くて
(大方作業中、デスクワーク中に関しては)
その傾向が大方強すぎる時なんかには
作業ミュージックといえばいいのでしょうか。 頼る傾向があります。

ただ ボーカルがあると どうもそちらに気が向きかけるということで
出来るだけ 素直に歌が入っていない物を聞く傾向にあります。

――ついでに 音量は……多分 そこまで大きくない方だと思います。

プレイヤーの方の設定も なるだけ音量の幅が
小さな方で動作するように設定する努力は続けていますからね。

そのようにしたうえでも「音量最大」と言える段には
個人的にかなりうるさいと思えるような音量設定。

こう 電車とかでがしゃがしゃ音漏れしている人なんかは
どれだけすごい爆音で聞いているのだろうと
ふと 思ったりすることもあるわけで。

――それとも 別に音量が大きくなかったとしても
耳の中で反響した音というのが音漏れの原因になったりするのでしょうかね。

で 呑んボーカルの極と言いましても 例えば
シングルの3曲目以降とかでよくあるインスト曲とかも含みます。

というか むしろそのような曲の場合 例えば
アイドルの妙にきゃぴきゃぴした曲でも
その歌を取り払ったベースラインとか聞いていたら
なんか 別の印象を持った感想を持つような音楽とかいろいろありますしね。

――自分の場合 往々にして「ボーカル曲としてはすきじゃないけど
この曲のベースラインは素晴らしいと思う」とか
考えてしまうことがあるのは 元吹奏楽部の職業病みたいなものなのかしら。

――なんてね。 そんな人ほかにもいるか。

TOP

墓参り

2016⁄07⁄18(月) 00:00
どうも。 昨日書いた記事が思ったようにアップロードされていなくて
少々焦りました。 のっぴぃです。

ここ最近のネタ不足の深刻さ故 どことなく
その場しのぎの記事連投している感じですが
やっぱり 今までのように前もって記事予約投稿できていると
このような「しょうもないミス」というのは
減らせていい感じなんだろうな~  という認識はあります。

という 内心ヒヤヒヤした話はいいとして今日は軽く
親戚関連の話題でもぼちぼち書いてみましょうか。

なんか ここ最近こちらの方の日程調整が
うまく進んでいなかったのかどうなのかという疑問と共に
まぁ ボクというよりは多忙なのは妹さんなのですが。

――あれ? 院生ののっぴぃさんの方が
予定の調整効くって何かおかしくないですかね?

まぁ そのあたりのことは深く気にしないで行きましょうかね。

で なるだけ兄妹そろって行動したいと思った結果
協議重ねた上で祖父母のもとへ。

――片方の祖父母にはそこそこの頻度で会いに行っているのですが
逆にもう片方にはなかなか会いに行けていない。

まぁ その片方の方は叔父叔母と三世代家庭を構築しておりますので
まぁ 心配がその多く愛に行く祖父母と比べれば
だいぶいい感じではあるのですが
まぁでも 不公平感は若干感じていましたしね。

そして 妹の忙しさを無視して自分一人で行けば
もう少し話は簡単だったのかもしれませんが
まぁ これもこれで合わせて一組でしょうということで。

ただ ここまでグダグダ書きましたけど
大方やったのは 普通にお料理いただいて
ちょっと散歩して お茶飲んで帰るといった感じ。

まぁ あまりネタにならないといえばそうなのかもしれませんが。

――あ、でも そのあとお墓詣りにもいきましたかね。

自分はちょくちょくとこちらに来てからも尋ねているのですが
思うとはまだ関西来てから墓参りしたことがないという話を聞いて
正直 驚きが大きかったという話があったみたいですよ。

それにしても 夏だったからかかなり雑草がすごいことになっていますね。

結構自分はお盆明けとか「霊園自体がそこそこ人が来ている時期、多い時期」に
霊園を訪ねることが多かったので 何というか
かなり雑草ぼうぼうの霊園というのは――少々新鮮味がありました。

まぁ 見ていい気分のものではないのですが……

TOP

誤字

2016⁄07⁄17(日) 20:58
研究室の往復とか もしくは家にいるときは
それに関するデータいじりしているとか言う動きが
デフォルトになりつつある毎日ですし

花の美しさに感動し、日頃の生活の中でちょっと気になることに関して
取りあえずメスを入れてみる、という
過去の自分が積み重ねてきたスタイルが
どうも通用しなくなってきているような気がしないでもない今日この頃。

――まぁ そのあたりの対策はおいおい考えてみることにして。

ちょっと あらかじめテーマを掲げておいて今日は記事書いてみましょうかね。
ということで まず今日は「誤字」に関してしゃべってみますか。

まぁ パソコンで文字入力するにあたって 自分で漢字検索する
手間などは特にないですが その代り注意してみないと
往々にして誤字が多発してしまうというのがよくある話。

そして その予測変換なども気が付いたらおかしな
物が記憶されてしまうこともこれまた往々にして多発するというね。

たとえば うちのPCの――まぁ 予測変換で
変に記憶してしまった例としては「など」のいみで
「~とか」みたいに書きたいときの「か」の部分に
モスキートがやってくる、という変な癖がついてしまっています。

これ 毎度毎度はじめ気が付かずに次の文章を
こちらが入力してしまうおかげで なおさらおかしな
変換が記憶されてしまうという悪循環になりまして。

恐らく 最初にこの誤字が記憶されたのも
ブログの記事の中でモスキートに刺されてしまうという部分を
並列の意味の「と」のあとにモスキートを入力した影響が
ずっと残り続けているような感じになるんじゃないかなぁと。

まぁ ぶっちゃけてずっとこれが残り続けるのは面倒ですよ。
この記憶って消す方法ありましたっけ。

他に 特に研究室のペーパー作るときにありがちなのですが
カタカナ語であまりなじみがなかったりするワードがあると
むちゃくちゃな感じの当て字があてがわれることも往々にしてよくありますよね。

――これも 案外気が付かないことが多かったりして
気が付いたときも気がついたときで そもそも自分がその部分に
何を書いていたのかということを忘却することもまたよくあったりして。

……まぁ パソコンが知らない単語、ということがあり得るのは
仕方ないにしても そんなときは素直に カタカナだけの語、もしくは
普通に無変換でひらがなにして素直にこちらの反応うかがってくれないかな~

みたいなことを期待したいのですが そのあたりって無理な注文なのかしら?

TOP

祇園を脇目に

2016⁄07⁄16(土) 21:51
どうも。 ここ最近結構旅に出てはいますけど
なんだかんだで 地元のお祭り押さえとかそのあたりは
結構ちゃらんぽらんなんだな~  ということを
改めて自覚しているのっぴぃでございます。

いや 場所にはいくんですがね。 その場所の
文化とか風俗とかそのあたりの見学をどうも
怠っている行動が多いのではないかというイメージ。

たとえば この週末は京都で山鉾巡業ありますけど
こちら(関西)に来て祇園祭5回開催されていることになりますが
なんだかんだですべてスルーしているではありませんか。

その他の京都3大祭りみたいなのも 基本的にすべて
スルーという精神で今まで来ておりますし……

う~ん。 ちょっとは意識していかないとダメなのかな~
この辺り。 みたいな感想を抱いてみたり。

まぁ 土曜日の方は素直に別の用事がありますので
そちらを優先すると――いけなくはないですが相当出遅れるので
まず 行けないとしてもですね。

二日目の方は――うん。 日程的には(スケジュール的には)何とか。

でも やらなければならないノルマ的にはやはり
ちょっと考え物かな~  といったところ。

まぁ 総力的に余力があったとしても その分は
なるだけ北九州回る旅の予定をあけるために
ストックしておきたい部分ありますし
結局は望み薄いのかな~  という疑問も。

となると 基本的にQMAのために極力動かずにお金溜めて
ゲーセンに通っていた学部生時代というのは
はたして 正しい選択だったのかという
疑問が脳裏をかすめて行ったりするのですが……

まぁ 過ぎたことを悔やんでも仕方ないですからね。
今できることをいろいろと考えていくのが
前向きで建設的でいいのかもしれないなぁと考えながら。



ところで 今日のこの流れは祇園祭(京都)の話題しか
喋っていない感じでしたが まぁ やっぱりというかなんというか
別にそこだけじゃないという話でもありまして。

考えてみたら 神戸にもしっかりお祭りありますし
――例えば神戸まつり。 サンバなんかが有名ですね。

この辺りも 一度も足は込んだことありませんし
京都に比べてまだ 物理的に近いということで行きやすいのであれば
やっぱり そこに足を向けるようなことをしていないというのは
甘え、ということなんでしょうかねぇとか考えながら。

TOP

色目

2016⁄07⁄15(金) 21:40
14_20160715213755c4d.png15_20160715213754758.png
ここ最近は あまり艦これの公式ツイッター情報などに
上手く乗りきれていないようでして
往々にしてメンテ情報に乗り遅れることがありますのっぴぃです。

まぁ 平日昼間ということで 特に大きな影響が出ないことも
往々にしてよくあることなのですが
まぁ 何というかしっかり引っかかることも多いわけでして。

まぁ そんなときはどんなに駄々をこねようとも
どうにもならないというわけでありまして
おとなしく待っている、ということになるんですがね。

さて で 本日のメンテを持ちまして気が付いたら
水着モードに入って長い夏が始まった、ということになるんですね。
こちらの鎮守府でも。

雨合羽ではしゃいでいた夕立ちゃんも帰ってきてみたら
水着で焼きそばじゃないですか、

それだけじゃなく 遠征に向かってもらっていた第七駆逐隊の方々も
遠征先でしっかり着替えて来たみたいでしてはい。

16_20160715213754132.png17_20160715213753a13.png
18_20160715213752745.png14_20160715213755c4d.png
まぁ 個人的には 白露型の水着の方は
フェチ心にしっかりマッチしてくれていることもありまして。

……やっぱり私も男の子ですからね。 反応する部分はありますよ。

19_20160715213848b73.png20_20160715213847b64.png
その点では バレンタインのころにはメイド服を
疲労してくれた春雨さんや改二実装の江風さんには
頑張っていただきたいな~  と 思ったりするところであるのですが。

21_20160715213950b00.png22_20160715213950789.png
24_20160715213949108.png25_20160715213948ec9.png
23_20160715213948d7e.png
で まぁ 今年から水着が実装された方々もいるようで。

最近 先制爆雷の方とか特別対空カットイン実装とかで
春が来ている五十鈴さん。 ――かなり大人っぽい着こなしじゃないですか。
見た時正直驚きましたよ。 うん。

TOP

Summer Vacation!

2016⁄07⁄14(木) 21:22
さて 大学院に進みまして研究室の行事、という物に
積極的にかかわらなければならなくなってきて
こちらもいろいろと この先のやらねばならないことが
はっきりしてきたような……気も致します。 のっぴぃです。

この時期になってきますと 少なくとも学部生、というか
特に研究室に入らない立場であったならば
これからテストが忙しいことになるな~  とか。

まぁ それをこなした後の夏休み。 10月まであるけれども
さて どんなことをやろうかとうきうきしていたものです。

去年は去年で とりあえず受験がどうなるかが心配で心配で
まぁ なんだかんだでお勉強頑張っていたという時期でしたね。

一応 どっちにしても後輩たちが「夏休み」と意気込んでいる時期は
理由はよくわかりませんが こちらもゼミはなくなります。

――まぁ その意味では そのための発表資料作りとか
その他のノルマで週ごとにヒヤヒヤするようなことは
特になく進みそうな気がするのですが……

まぁ ちょっと 出張があったり それに向けて
いろいろと準備進めていかないといけないことがあるだろうから

……ということを考えると あまり夏休み~
って はしゃいでいられないのかなぁと思ってみたり。

そう、なかなかはしゃいでいられないんですよおそらくは。
そして この辺りがちょっと個人的に悩みでして。

前々からちょっと心の中で弾んでいた「夏には北九州回りたい」
――具体的には 「夏の間に佐世保行ってきたい」という
願望をどのようにかなえていくのかという問題が出てきたわけでして。

一応 今のところこの計画をまだ取り下げるつもりは薄いのですが
大方 「計画だけはたてておいて 実地で時間が取れそうな
2,3日に突貫してみる」みたいな行き当たりばったりを
この場で決行するのが一番望みがある方法なのかなぁと考えてみたり。

――まぁ そのあたりは臨機応変に、といったところですね。

同様に 帰省の時期もなかなか図ることができず
――やはりというかなんというか 時期を狙って実家帰りたいんですがね。

まぁ この忙しくなっていくような――だんだん立て込んでいくような
そんな状況をどのように処理していくのか。

まぁ スケジュールの穴をみつけて自分のやりたいことを
強引にねじ込んでいくようなスケジューリングが必要になりそうです。

TOP

書きたいことが思いつかないという切実な問題に関して。

2016⁄07⁄13(水) 22:22
01_2016071322205785b.png02_2016071322205620a.png
なんだろう。 この演習編成を見た時に
自分の放置艦隊と見比べてやたらと親近感を感じました。

のっぴぃです。 同艦対決でもやってみようかとも思いましたが
流石に カンストしている榛名さんに経験値つぶされるのも
なんかもったいないような気がしてやめました。

なお のっぴぃさんの基本的な演習の臨み方は
育成キャラを旗艦に任せて残りはケッコン艦で固める。

そして しっかり経験値はもらえるだけしゃぶりつくす。

そんな感じで育成しております。

04_201607132220565a8.png05_20160713222055786.png
06_20160713222055093.png07_20160713222054aaa.png
アイオワの改造。
――やっぱりというかなんというか 戦艦でしたので
とりあえずの育成目標レベル80までは無改造でレベリングして
育成終了と共にとりあえず改造。

何というか 自分も英語できないですが それでもなんか気になる
アメリカ感なのにジャパニーズイングリッシュ、というかもはやルー語

なんて言うのが 如実すぎたので真面目に育成するのやめようという
気分になってしまったというのは――うん。 まぁね。

07_2016071322221659d.png08_20160713222215728.png
09_20160713222214fcc.png10_2016071322221432a.png
あとは 飲んだくれのイタリア艦。

……もう こっちはどうしようもないですね。 あきらめましょう。
でも その強烈キャラ故にそこそこのレベリングまでは
済ませてしまおうかなぁという気分になってくるというのもまた。

ただし 絶対にリアルではお近づきになりたくない人というパターン。

12_20160713222213960.png13_2016071322221240b.png
とりあえずゲーム的には夏のアイテム配布とか
任務調達なんかが始まってみたようです。

――夕立ちゃんの水着、期待しております()

TOP

暑さゆえ、ならいいのですが。

2016⁄07⁄12(火) 22:12
最近いきなりPCの調子が悪くなるということが
やたら増えたような気がします。 のっぴぃです。

具体的には訥々にシャットダウンや強制終了という
自体に見舞われることが急増した、といった感じであります。

作業をやっている間に急に落ちてみたり――みたいなことが
多発してみたりすると まぁ 何というか
クるものあるよ……  みたいな感じです。

一応 過去のやらかしポイントなんかをいろいろと
考えてみる限りですと 一種の「オーバーヒート」とでもいうのでしょうか。

熱を上げすぎてPCが落ちる、という要因もあるのでしょうが
それだけじゃなく 外気の暑さも相まって
やられてしまうなんてことが去年はあったような気がします。

まぁ この季節だからPCの冷却材なんかをさっさと
確保してあげればいいんだろうな~  とは思うのですが
バカみたいにデカい自分のパソコン。

そうやすやすと冷却材が見つからない気がしますし
さらに見つかったとしてもバカ高いような気がするんですよね。

まぁ さらに言うならば sプラでたとえるならば
ダイナモローラーレベルの馬鹿でかい
電気食っているこのPCですからね。

なんか もしかしたらこのPC使っている限り
どう頑張ってもぶつからないとならない壁なのかもしれません。

そして 自分のPCそれ以前にとにかくもっさりしている。

なかなかスタートアップしてくれないんですよ。

一応 ちょくちょくとスタートアップ時に動いている
ソフト確認してみたりしているつもりだったのですが
やっぱり 私の知識が足りないからなんでしょうね。

――まぁ 何といいますかもっさりしていた
この状況をどうにも復活させるような気がしなくてねぇ。

一度はちょっと パソコン修理店とかに相談にって
スタートアッププロ蔵もその他をチェックしなおした方が
いいのかもしれないなぁなんて思いながら。

――あと PCに関してヤバいなぁと思うことと言えば
「この場所にスマホを置くと絶対一瞬固まるなぁ」という点があるあたりでしょうか。

自分は実際に触ったことないですが 任天堂のゲームで
ゲームパッドとかにアミーボって人形近づけると
底からいろいろ読み取って~  みたいなことあったりするじゃないですか。

それみたいな感じで この場所にスマホを持って行くと
一瞬PCが止まる、みたいな場所があります。

これ胃に関しては完全に謎。 いろいろと気味が悪いのでどうにかしてほしいなぁという
心の中での願望があったりするのですが……

TOP