Day dreaming

2016⁄06⁄30(木) 18:00
最近どうも 前日に書いた記事にひっかけていろいろと
「もう少し書きたいかな~」という気分になってくるのっぴぃさん。

今日も今日とて ちょっと 昨日書いた話題に
もう少し自分でかぶせてしゃべりたくなったのでしゃべらせてもらいます。

もう 前もって今のうちにまた書いておきますが
あくまでも自分が思ってることを恐らく誰も見ていないだろう体で
つらつらと書かせてもらいますので まぁ 意見反論などを
コメントでいただいたとしても表だったレスポンスは致しません。

ただ 「そのように考える人もいるのか」と自分の中で
咀嚼する材料に使わせていただいたりはしようと思うのでそのつもりで。



そのあたりで思いましたのが自分の恋愛観
――と 図々しいかもしれませんがアニメオタクなんかでありがちな
「○○は俺の嫁」みたいな風潮……とかでしょうか。

艦これの「ケッコンカッコカリ」みたいな 公式がそれはそれで
いろいろと助長している場合は仕方ないのかもしれませんが
普通にヒロインと それが恋する男子キャラいてみたいな物語。

もしくは 男キャラなんて縁がない女子の中の日常系の作品を見ているだけで
その場その場で気に入ったキャラを「嫁」呼ばわりする空気が
個人的にはどうも理解できないといった具合です。

まぁ とあるキャラが気に行ったりすること自体はいいと思うんですよ。
……なら 「ファン」といういい方が妥当なんじゃないかって。

仮に「嫁」と自称するのであれば 自分が好きなのはわかった。
――なら、振り向いてもらうために何かしらの自分磨きをするとか
やるべきことがあるんじゃないかって思うわけですよ。

むしろ 例えば作中で「筋肉隆々の男子が好き~」みたいに言ったキャラを
気に入って それに合わせるためにそのアニメを見てから
徹底的な肉体改造を行って素晴らしいボディを手に入れた……

……みたいな話が聞こえて来たならば 次元の壁が彼らを隔てようとも
――まぁ 向こうに認めてもらえればいいね、と 一種応援したくなります。

でも まぁ そのようなこともせずに一方的に「嫁宣言」してしまえば
嫁になってしまう――二次元のキャラって基本的に
自分の解釈次第でどうにでもできますからね――世界ってのは
あまりにも 自分に都合が良い世界すぎやしないかと思うわけで。

……まぁ 大学も卒業して未だDT貫いている恋愛ウブが
何言っているのかという気がしないでもないですが
逆に 同じような立場でこのようなこと言い続けている人見ていると
やっぱり 恋愛という物から逃げているだけのような気がして仕方がない。

……自分がずっと独り身でいるのは 特に誰にアタックするでもなく
振り向いてもらうために何か努力しているわけでもなく
出会いに行く努力すらしていない まぁ 言うなれば「必然」であるわけです。

……やっぱり アニメオタク何かが基本的に疎まれるのって
そのあたりを「妄想」で「自分の良いように」解釈するみたいな
空気が醸し出されていたりという認識だったりするのかな~

――と なんとなく思ってしまった今日この頃。
……あの レイヤーさん事件でごたごたしている人もおそらく同じですよね?

TOP

あくまでも個人的知見ですがね。

2016⁄06⁄29(水) 15:45
この先書いてみるのはあくまでも知見が乏しい
個人的に思ったことをただただ書き並べただけであります。

……何か変だな~  と思ったことがあったとしても
言い争いになりそうな展開にならないようにこちらは徹底して
行動するので まぁ 万が一の際はそのつもりでお願いします。
(言い争いになりそうなコメントへの返信は控えておく、など)



なんか 不意にツイッター眺めてみたら
今日発端であろうゴシップネタっぽい
「有名レイヤーと漫画家のデキ婚」みたいな話題で持ちきりで。

まぁ ただでさえ 比較的名が知れている人同士が
デキ婚、というのは ゴシップのネタになりそうで
それも 年の差30歳程度となってくると
かなり話題をさらうのはわかるような気がします。

――まぁ コミケ等に現状ほとんど縁がないのっぴぃさんは
双方 どんな人なのか全く想像だにつきませんがね。

ただ この界隈で流れているTLの流れを見て
不意に 「何か違うんじゃないか」と思ったことが
ありましたので まぁ どうせ鍵かけてる(現状)ページですし
特に気にすることなく 思ったことをがしがし書いてみたいと思った次第。

さて この流れの中でよく見えてきた
「貴女のファンやめます」みたいなレイヤーさんへの反応。

挙句の果てには さながら自分の彼女を寝取られたかのような
反応まで見られたりしているのですが それに対して。

やっぱりはたから見ていると「それ、何か違くね?」といった個人的意見。

いや そのコスプレしている写真とか見て
性的に興奮していたりしていた人がまぁ いたとして
だからと言って それはその写真を撮ったレイヤーさんにとっては
ただの顧客、としての扱いでしかないわけで。

さらには そのレイヤーさんも趣味嗜好があるでしょうし
それにしたがって個人的な恋もあるでしょうし
それぞれの人生を謳歌しようとするでしょうしね。

ついでにいえば 何かの組織に所属しているでしょうが
芸能事務所に属しているかどうかまでは――多分ないでしょう。
(詳しく調べたわけではないのでこの辺り違ったら吸いません)

だとしたら 別に恋愛の自由はその本人にあるわけで
ダンディな年配男性好きという趣向が彼女にあったとしても
――まぁ ゴシップになることはしょうがないと言え
それに文句を言うファンというのは何なのだろうという疑問が。

どうも 顧客と生産者という関連を自分への恋心みたいに
変に誤解している顧客が多くて~  みたいに見えるわけでして。

さらに そのような考えがまかり通る人に対しては
さて その相手を振り向かせるためにどのようなことをやっていたのかという
疑問が不意に 持ちあがってくるわけですよね。

最近は装飾系男子、とはいうものですが 何といいますか
アニメとかで何もしなくてもなぜかモテる主人公が多いせいか
そのあたりと混合している人がどうも多い気がします。

――そのあたりがもしかしたら オタクがキモイ、なんて
世間的に思われる大きな要因なのかもしれないな~  なんてね。

TOP

情報力

2016⁄06⁄28(火) 00:32
先ほど熱はかってみてまだ37度で微熱状況。
実際ちょっとふわふわしている感覚残っていますが……

のっぴぃさんって 実家暮らし終えてから
体調悪くする機会が増えてみたりとか
いざ悪くなったときとかに長続きすることが
増えたような気がするのですが その要因って何なんでしょうね。

一つの説としては誰ともコミュニケーション取らない日が
ざらにありうるわけですから それによるストレスとかでしょうか。

単純な栄養バランスの偏り、というのは過去にも
何度も書いていることはわかっていますから
同じネタは出来るだけさらさずに行こうというせめてもの心がけ。

――え? 昨日まで散々中途半端な知識に基づく
政治ネタ聞かされた身にもなってほしいって?
――そんなことは知りませんねぇ……(しらばっくれる)



さて そんな選挙ネタを引っ張ってきた情報元というのは
適当なタイミングでつけていたテレビでのニュース番組だったのですが
のっぴぃさん やっぱり最近どう考えても
テレビ稼働させる機会がめっきり無くなったなぁと。

今までもバラエティ番組とか見ることもあまり多くなかったですし
アニメも見なくなったことを含めて その傾向が
かなり顕著になっているような感覚があります。

――いや だって バラエティ番組とか見ているよりも
正直 You Tuber見てた方が面白くないでしょうか?

ということを思い返してみると ニュース番組とかの
記者の収集能力の有無とか以外を思い返してみて
あまり テレビ局の存在意義って最近薄れてきているのではないでしょうか。

――少なくとも今の運営形態を続けているのであれば
10年後には普通にテレビなくてもよくね?  という家庭が
ありふれている日本があったとしてもおかしくないかもしれません。

同じ意味合いで You Tubeで自分で情報発信しているのであれば
バラエティ番組とかをわざわざテレビ局が放映する意味合いも薄いですし
そもそもの話 芸能プロダクション通さなくても
各個人が自分の特技を生かしてお茶の間をにぎわすことができる
可能性を秘めているのだから 動画サイトって結構すごいんじゃないかって。

――まぁ 芸能プロダクションとかそっちの世界の話
全く興味なくて情報知らないボクがこう言って捨てるのは
いろいろと暴論のような気が自分でもしないでもないですが。

……でも 「期待の新人を集め、発掘し、テレビ局に売り込む」という
テンプレートじみた一つの主軸が成り立つかどうか不安視するみたいな
機運はしっかりあってもいいんじゃないかって思うわけですよ。

比較的最近にも某アイドルグループを取り巻く事務所の内乱とか
聞こえていた話もあったりしましたが――そんなことしている暇あるのかとか。

……まぁ この業界だけではないとは思いますが
やっぱり 社会や科学技術や通信技術に合わせて
何事も変化していかないといけないんだろうな~  なんてね。

そんな風にも思えてきてしまうわけですよ。 自分に向けてもね。

TOP

やっぱりこれにかぎる

2016⁄06⁄27(月) 00:00
性懲りもせず同じネタで三日目。 さすがに今日で止めます。

でも実際問題 今の時事ネタといえば ニュースや新聞の一面も
これで持ちっきりですし ぶっちゃけこれくらい
過度に反応してしまっても問題ないのではないでしょうか。

こう 為替とか株価とかが乱高下しているとか。
……そりゃ こんなにヨーロッパの先行きが見えないのだもの。
それに関するお話もこう いろいろと吹っ飛ぶってものですよね。

ただ 自分の場合はそちら方面でマネーを追いかけるゲームはやっておりませんので
幸か不幸か そのあたりは「ニュースでやってることだな~」としか
認知できていないのですが……マジでヤバい部分を知らずにいられている
社会に出ていない子供故の発想なのかもしれません。

あとは これに伴って例えば日本企業でも
ヨーロッパ支部をイギリスにおいている会社なんかは
部署をパリに移すとかいろいろと影響出ることになるのだとか。

一応 世界標準後の英語が母国語となっているという意味合いもあり
なんだかんだで 支部をイギリスにおいている企業が多いという
印象は勝手に持っていたのですが この辺りかなりひどいありさまが
この先見られる可能性があり得そうで恐ろしいです。

……ただ、この辺りは全般的にやっぱり まだお子様。
経験もなければ知識も薄い。 このようなことが起こったら
どんなことが起こるのかはこれから実地で体験していかないといけないというのは怖い。

ついでに 就活考え始めなければならないシーズンでこう
先が見通せないような事案が起こっているのが一番怖いという。
……あ~  浪人していなかったらもう少し気楽だったりしたのかなぁとかね。



そういえば 選挙といえば近々日本でも参議院選やりますよね。

こちらの周りでも選挙ポスターが張られ始めて ぼちぼちと
選挙カーが走り回るようになっておりますが こちらもこちらとて
18歳選挙権が認められたということもありこれがどのように響いてくるのか。

まぁ 今年の選挙戦は聞くところによるとそれを意識してか
若干 候補者の方が若者にも目を向けた公約を提示しているという話もあり
ちょっと 若い衆は本気出して選挙に挑む必要ありそうかな~  とか思ってみたり。

……例えば 高校生を強引に選挙させる手段を考えるならば
「占拠してきた証明書」みたいなの発行させて 選挙権或る生徒に
それの提示も止めさせれば~  みたいなこと学校でやってしまえば
かなり強引かもしれませんが スッと投票率上げれそうな気がしますが←

まぁ ともあれ イギリスでの選挙はその人口比率みたいなのが
如実に表れる結果みたいないい方もあったりしますが
この18歳選挙権の行使で日本でも――裏変えることはないと思いますが
すこし若者の意図をくみ取りやすくなるような社会になってくれれば……

……なんて思ってみたりしているのですが さてどうなのでしょうかね。

逆に 今回若者の結果が散々たるものであったとしたならば
この先はもう 若者に目を向けた政策は政党の方も
まともに取り組んでくれないような気がしますからね……

賃金とかそのあたりとか。 そろそろ気になってくる世代になってきました。

順風満帆とまでは言いませんが せめて明るい夢が持てるような
若者の世界を呼び込めるような政治家に出てきてもらいたいところです。

TOP

内向的な民?

2016⁄06⁄26(日) 01:57
のっぴぃです。 昨日に引き続きろくに見ていないニュース関連を
頭の隅に置きながら 今の自分にできる精一杯の
時事ネタっぽい話でいろいろと妄想話でもしていこうかなぁと思います。

とりあえず あのニュースの後グダグダになっている
世界情勢でありますが そもそもあの投票結果を引き起こした
きっかけというのは何だったのか――まぁ はじまりは首相の
見栄を張った思い付きみたいな話もあるみたいですが。

どうも そのあたりは昔の大英帝国だった意地とプライドが
EUの前身団体に後から加入したことによる
その組織うちでは既に決められていたことを強要された
みたいなことが 若干癪に触ったという思い出があるらしく。

まぁ 何にしろ自分が一番じゃないと気が済まないみたいな部分が
(この書き方は多少オーバーかもしれませんが)イギリスの国民性として
あったみたいな話を聞きました。

まぁ 真偽は別にじっくり考えないといけませんが
相いわれてみたら個人的にはいろいろと納得できたかなぁと。

とりあえず 筋だけで考えてみたら納得できる話。

ただし EUが出来た後の世代にしてみたら ヨーロッパは固まっているもの
みたいなイメージの方がどちらかといえば強くて
今回の中のような どちらかといえばEUに残留していたいという
思考が強く働くような世代を形成したのだとか。

でも そのような世代というのも人口の中でも
かなり少数派だったみたいで 投票権を持っていた多くは
大英帝国の誇りというのを胸に イギリスは一人でもやっていけるという
選択をした、という話なのだとか。 少なくともボクはこのように受け取りました。

何というか どこか内向的な思考が強くなっているように思われます。

対して 最近の話題になっている選挙といえばアメリカ大統領選挙みたいなのも
あったりしますが そちらで起こっているのがトランプ旋風。

――こちらはこちらで イスラム教徒を追い返せみたいな
暴論を打ち立てているトランプさんにかなりの支持が集まっているようですが
これもどこか 自分と相いれない人は受け入れないみたいな
精神が感じられるような部分があったように思われます。

皮肉なのは この辺りの発言を真っ先に批判してたのが
イギリスだったような気がする点ですが――まぁ そのあたりは
あくまでも国のブレインと民衆が同じ思考でいるかといえば
必ずしもそうではない、ということなのだろうと思うことにしましょうか。

まぁ この辺りの選挙を見ていてグローバル化が進んだ
この昨今においてどうも 民衆の目線が内向的になっているように
おもえるような気がするというのが浅いのっぴぃさんの推測。

……どこか 排他的な空気を醸し出すような政策が
より好まれているような気がしていて どこか
グローバル化とは真逆の方を向いているような気がして仕方がない。

そんな日本はかなり民族的に排他的な部分がある国かと思われます。

――自分自身のグローバル力も相当欠如していることを自覚しながら
さて この時代 何が正しい方向なのだろうかって
だんだん世界が読めなくなってきた、という愚痴がつい、こぼれてしまいます。

という感じで どの方向に矛を収めればいいのかわからなくなったので
今日も今日とてこの話はこの辺りで打ち切っておこうと思います。

……時事ネタはある意味 ネタ出しが楽でいいですね。
中身が浅くて仕方ないのはしょうがないことだとしてもさ。

TOP

多分最近のトレンドで

2016⁄06⁄25(土) 19:07
結局週末になっても直る兆しの無い風邪。
のっぴぃです。 何が辛いって 外出ていないから
本格的にしゃべるネタが全くなくてつらい。

とりあえず 実際にあることを書き並べてみるにしても

「本日発見した論文」
→結構専門的すぎて絶対にネタがひどいありさまになる。

→それ以前に自分の専門知識もかなりあいまいである上に
そもそも英語力がお察しだから何を言うわけにもいかないとか。
――てか、面白い話になるような気がナッシング

「本日あったこと」
→病床に伏していました。 寝てました。 以上。
→知ってた。

という展開くらいにしかならないですからねぇ。
――かなりネタ出しに辛い思いをする羽目になるわけですよ。
――まぁ そのあたりはここ最近は今に始まったことでもないという
噂もあるわけですがね。 とりあえず仕方ない。



時事ネタで出してみるならば イギリスがEU離脱の方向で
この先歩んでいくという世界的ニュースがありました。

考えてみたら スコットランド独立紛争とかここ最近
イギリスに関するニュースは世界的なものが多いような気がする。

――さらに追い打ちをかけるように この投票結果
スコットランドでは6割以上で残留派だったという話もあり
再度 独立の機運(EUに残るため)というのが働くことが
考えられたりするとかしないとかでもう大変なことになってるとか。

なんか 少なくとも日本のメディアで出てきた情報を
鵜呑みにしてみるのであれば 今回のEUの残留離脱の投票の中で
その中心派閥を形成していたのがそれぞれ
残留が若者層、離脱が年配層だという話を聞きました。

恐らく 今のご時世のイギリスも人口構造としては
比較的年配の方々の方が多めのところが想像できますし
となると 今回の投票では若者の意見というのがどちらかというと
死票という形で消えて行ったのではないかという気がしてならないのですが。

やっぱり 若者層にとっては「生まれてから既にEU」という
層が少なからずいるということで さらに貿易による影響やら
この結果を一番ダイレクトに受けるのはこの層というのは過言ではないでしょう。

……まぁ あくまでも「傾向」ですので
全ての若者の意見が踏みにじられたとまでは言いませんがね。

でも このような印象が持てる選挙を見ていると
これからの日本を左右するような投票があった場合
若者の投票率云々も相まって 若い者向けの政治というのが
どこかへ行ってしまう可能性がありそうだな~  という不安。

あながち杞憂という形にはいかないのかもしません。
……ちょっと この先も選挙関連で思ったことつぶやいていこうかしら。

TOP

流石にちょっとダラすぎてる自覚あるよ

2016⁄06⁄24(金) 19:02
どうも。 風邪の方が思ったよりスッキリ治りません。
そのおかげでどうも毎日をだらだらと過ごしてしまっている
印象が抜けなくて 自分でもだるい感じになってきております。

まぁ 実際問題熱っぽい妙な浮遊感が抜けきらないというのは
仕方がない部分があるというのは事実なのですが。

実際 現在も平熱よりも少々高い体温で推移しているおかげで
熱による浮遊感というのもあながちウソではないのですがね。

だからと言って ずっと一日中万年床の上で
意識があるのかないのかよくわからない一日過ごしていたら
流石に 自分も腐っている生活を送っている
自覚が出てきてしまうというものです……

というわけで とりあえず自分の区切りとして
この後はせめて 座椅子に座ってのんびりとする方向で
養生していく方がいいだろうな~  なんて思いながら。

そして そんな意味で気分を変えるためにも
ちょっと シャワー浴びて気分でも買えて来たいなぁと思ったわけで。



さて 座って何かリラックスしたことをやろうと考えた時に
今何を一番やりたいかな~  と考えてみた時に
取りあえず思いついたのが「ラノベを読み見返す」とか。

どうせ 今期は追いかけているアニメもないので
(結局無くなったので)趣味っぽいものをやろうと思ったら
結局これに帰着するといった感じではあります。

ついでにいえば 最近読んでいるのはことごとく
『10巻以上出ているロングエイジな作品』ばかりなので
最初の方の動きとか心の機敏とかをことごとく忘れているというね。

……ついでにいえば 最近ハマった新しい作品というのも
なかなか見当たらない、という言い換えができるのかもしれませんね。

ここ最近 そちらの傾向というのもタイトルが延々と長かったりして
「そうしておけばおもろいだろ?」といった流れが強い気がして。

……まぁ 最初俺妹とかに関してはその流れはあったんでしょうがね。

そのご便乗してくる同じようにタイトルが長い作品は
こう タイトル通りまとまりがないというのがここ最近
ちょくちょくと眺めてみて思っているラノベの傾向かと。

長い題名を持ったラノベのパイオニアの方々はさすがに
(結局形成されている)一つの流れを引っ張ってこれるような
素晴らしい作品なのではないかと思うんですがね。

やっぱり 追いかけてくる作品も同様に素晴らしいかといえば
必ずしもそうではないのではないかな~ 
なんて 最近は考えるようになりました。

……やばい、本当に最近はオタクとしての進展が全くない。

……え? そんなこと書いておきながら記事のタイトルが長居って?
仕方ないじゃない。 元の案を忘れたんだよ。 タイトル案。

TOP

考えてること

2016⁄06⁄23(木) 15:08
養生のために真昼間から爆睡していると見事に体内時計が狂います。
のっぴぃです。 まぁ 仕方ないといえば仕方ないのかもしれませんが。

一応 最近は日付変わるころに寝て六時代に動き出すという
生活がデフォルトになっていた感じではあるのですが
さて 風邪が治った後にそれに近い生活リズムまで
きっちり戻すことができるのかなぁとかね。

さて こう 頭がボーっとしているような状況で
大学のお仕事をこなすわけにもいきませんから
養生中は別にすぐに決着つかなくてもいいだろうことを
ひたすら考えながら時間をつぶしたりしています。

というわけで 夏休み中にやってみたい旅について。

九州らへんを18切符で回ってみたいなんて書いていましたが
そういえば 旅名人切符とか九州の場合にはありましたね。

――と言いつつ 自分の身の回りにはどうも
そのあたりの切符情報を交換してくれる友人がいないので
ボロが出がちになるものなのですが 認識としては
ちょっと割高にはなるけど特急も座れるようになるし
さらには私鉄も利用できる券、という認識でいいのかしら。

だとしたらこの切符 大きく移動するという点に関して
大きなメリットに移ってくるわけなんですがね。

そして そのような感じで行動してみるのであれば
一緒にやっている某ゲーム的には
マスターオブ長崎、佐賀――それ自体を狙っていくのは
ちょっと難しいかもしれないけれども
その布石作りくらいはできないかなぁと模索したいところ。

まぁ 今のところはまだ切符の種類を
眺めているくらいで 実際に時刻表を繰りながら
実現可能性みたいなところはチェックしていないわけなんですがね。


さて 春休みは東北を半周くるりと回る、というのと
別件で呉まで行って帰ってくるなんてサブ旅行もセットにしていました。

まぁ せっかくだったらそのあたりも考えてみたいなぁと思うわけですが
そのついでにやっぱり 某ゲーム的な側面をきっかけに据えてみた時

一つは 中国山地を突っ切って米子、出雲あたりを目指すルート。
もう一つにマスターオブ三重を狙って ひたすらに三重県内の
盲腸線を乗りつぶしていく旅どちらかが考えられそうだなぁと。

前者に関しては 岡山県の鉄道乗りつぶしを目標に。
その先のルート選択次第で広島か鳥取も乗りつぶしが狙えそうです。

――まぁ できることならば山陰本線をなぞる鳥取よりも
三次線をたどる広島の方がやりがいありそうな気もしないでもないけども。

そちらの方もちょっと 予定詰めれたらうれしいなぁという
願望があったりなかったりするわけですがねぇ。 さて、どうするか。

TOP

半分死んでおりますが

2016⁄06⁄22(水) 18:24
……でも もうどうせ誰も見ていないような気がしますから
この場でそんな言い訳しなくてももう
誰も気を留めてくれていないような気もしますけどね。

さて そんなわけで完全に風邪ひいてしまったのっぴぃさん。
――というか ここまで派手に熱出してしまうことも
そう多くないような気がするのですが

例えば 「本当にまずくなったと思った時には飲んでください」と
言われていた頓服薬。 何というか
「最初からクライマックス」といった体調の悪さだったことを
完全に体感できていなかったおかげで
見事に飲み場を失っていたような気がするんですよね。

まぁ その後は薬のおかげで何とか動けているのですが
ちょっと気を抜くとすぐに意識が抜けてみたりと
万全の状態とは程遠いような状況で。

とりあえず フラフラの状況の中でも無理やり
確保してきた「アクエリアス(2リットル)ペットボトル」を
ちまちまと飲みながらひたすら養生しています。

なお ベッドの上り下りが辛いので
布団も「万年床モード」となっております。

そちらの方がPC使いながら床に寝転がれるので
非常に気が楽ではあるのですが さながらNEET生活者っぽく
なってしまうのが大きな問題だったりするわけですが。

――そういえば この万年床モードの時に
流石にフローリングに直布団だと硬くて仕方がないので
エアマット敷いているのですが それもそれで
不意に空気が抜けてみたりとあまり万全ではない様子。

できることならばそのあたり もう少し持続する
もしくは弾力性があるマットあたりを
探してくるのも十分にありのような気がします。

――ついでに ベッドのマットもあまり厚くない感じなのですが
まぁ これはこれで引っ越しとかがある可能性を考えると
簡易マットレスというのも悪くないのかもしれない?  とか考えながら。



西日対応
なんか ずっと昔から画像フォルダに引っ掛かっていたけれども
点で使われることのなかった画像があったので
せっかくなので使わせてもらおうかと思います。

完全に西日対応のなされた信号機が置かれておりました。

始めから庇が横方向に張り付いているのってかなりレアじゃないかな~  って。

……深い理由はないのですが まぁ 面白いと思った画像は
取りだめていくスタンツなもので。

TOP

夏至

2016⁄06⁄21(火) 16:36
太陽が最も高く輝く日――に、少なくとも原稿は
書かせてもらっている状態ではありますが。 のっぴぃです。

基本的に 太陽の高さと気温の変化というのは
相応のずれがあったりするものですが そのずれの補正は
じわじわと起こるものではなく まぁ 何というか
唐突に起こるものだと相場は決まっているのでしょうか。

そのあたりの愚痴が関係あるのかないのかはわかりませんが
まぁ 何といいますか ここ最近は唐突に暑くなりましたね。

一日に二度、三度とシャワー浴びておかないと
もう 何というか体がべたついて何もできなくなる程度には。

基本的に自転車通学ののっぴぃさん。 ただの平地を走るだけでも
そこそこいい運動になるでしょう(汗もかけるでしょう)中に
さらに 神戸の街特有の高さ方向の要素も加わってきますからね。

――まぁ 登校時ののっぴぃさんの汗臭さと言ったら
事細かに記述する必要もないんじゃないかなぁと。

そして 同時に 唐突な気温変化のおかげでしょうね。
完全に体調崩しました。 まぁ 何というか油断しました。

今までのそれと比較するでもなく大胆に熱、出てます。

基本的に咳とか――はそこそこ出ていますが
目立ったほどではなかったので少々油断していました。

さらに 上記の少々ハードな登校というのも
この状況の中では追い打ちをかけてしまったのでしょうか。

まぁ そんなわけでのっぴぃさん 只今病床に
伏しているわけですが まぁ あることあること。
さまざまなところで愚痴りたいような惨状になっているとかいないとか。

やべぇ、このシーツ最近いつ洗ったっけ?
――ちょっと べたついているんじゃないかな~  みたいな感じ。

その他 いつもは普通にやっていることでも
この状況になってくると何かと辛く感じてくるものとして
恐らく 料理なんかもあるんでしょうね。

ただ こうなってきますと 風邪ひいた要因として
食生活偏っていたんじゃないか疑惑がぬぐいきれなくなってきますが

――それがことさら悪化しそうというのが目下の悩み。

……まぁ 弁当屋を最悪有効活用するとかすれば
恐らく なんとかできる部分も多いと思われますので
そのあたり なんとかしていきたいなぁと思う次第で。

TOP