開設!基地航空隊!伍

2016⁄05⁄31(火) 00:00
201_201605292101413b0.png
というわけで これから書かせていただきますのは
海域のこの辺りで繰り広げられた泥沼に関する話題。
……まぁ 新規泥艦の泥合戦ですね。

103_20160529210141be6.png
一応 E7ボスの方で繰り広げられていた春風ドロップの方は
丙に甘んじていたのに まぁ ほどほどの出撃回数で
何とかなったというのは――ありがたいと思っていた。

少なくとも 月の後半がいろいろと忙しかったから
あまり時間をかけたくなかった自分的には助かっていた。
そう思っていたんですよ。 えぇ、思っていたとも。

……親潮が出ない。 驚くほど出てこない。

203_20160529210140b1f.png204_20160529210140ced.png
どれほど出てこないかといえば なんか適当に
連合艦隊の軽巡枠にぶち込んでいた阿武隈さんが
なんだかんだでカンストしてしまうほど。

206_201605292101396f6.png207_201605292101382ac.png
――まぁ 阿武隈さんには指輪渡しておこうと
決めていた部分があったので――はい。 またケッコン艦増えました。
初めての軽巡枠ではありますが やりすぎ説あったりします?

209.png
まぁ 結果的に すべてをあきらめかけた
千葉から神戸へ帰還後 一発目の出撃でやってきてくれました。

――そういえば ドロップ確率確認していたら 新規ではないうちで
唯一獲得できなかった朝雲さんもこのマスで
コモン駆逐艦程度には出てくれるみたいなもの見ていたのですが……

……結局出てきませんでしたよ。 こちらも。 もうこっちはいいや。

210.png
とりあえず 今回最低限の掘りをした後の資源の具合はこちら。
……ちなみに、スタート時はすべてカンストしていました。

そして エクストラ海域今月分は1,2,5-5しか出来ていないのですが
残り(特に4-5)やるような気力も残っていないというね。

211.png
でも なんだかんだでゆーちゃんワンチャン狙いたくなるあたり
もう 一種の毒なんじゃないかとか思っちゃいますね。
(まぁ 下二人の駆逐艦育成だと思って頑張りますか)

TOP

七周年

2016⁄05⁄30(月) 00:00

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の山口です。今日のテーマは「ブログを始めようと思ったのはどうしてですか?」です。たくさんの方がブログの投稿をしてくださっておりますがみなさんはどうしてブログを始めたのでしょうか様々な内容のブログが毎日更新されており見ていると時間も忘れてしまうのですが…ふと、みなさんのブログを始めようと思ったきっかけが気になりましたみなさんはブログを始めようと思ったのはどう...
FC2 トラックバックテーマ:「ブログを始めようと思ったのはどうしてですか?」



どうも。 のっぴぃです。 七周年ネタで記事書こうとしたら
記事の上のところにあるトラックバックのネタ提供のところで
”第2115回「ブログを始めようと思ったのはどうしてですか?」”
などと書かれていたので こちらの方も軽く書かせてもらおうかと。

……結構 グッドタイミングかな~  って 思ってみたのですがさて。

で このブログの開設時期はまぁ 何といいますか
いろいろと苦しかった高校時代と一致します。

……ということで 一つはこの辺り自分をちょっと離れた感じで
見返してみて どこらに自分の悪いところがあったのかな~
って 自己反省したいと思ったあたりがきっかけなのではないでしょうか。

あれから七年たちまして 完全にこのブログの趣向も
方向性が変わってきてまいりましたが 毎日投稿で
記事をとりあえず ずっと書き続けてみると
嫌でも 自分のその時の行動を振りかえらざるを得ないということ。

……まぁ なんだかんだでいい経験になっているのではないかと思います。

最近付け焼刃的感じになってきておりますが
――まぁ 最近は結構見てくださっている方も少ないですしね。
案外 そこまで気にしなくてもいいのではないかと
最近はおもい始めている節もあったりします。

……結構惰性、という部分も大きかったり。



といったこともあったからでしょうか。 この七周年を意識して
もう ブログ自体に鍵かけてしまっていいのではないかという
意見が自分の中で大勢になってきておりまして。

今月頭の話の中でも釘刺してみたつもりですが
特に あの後反響もありませんでしたし
最近 ちょっと 記事の投稿がグダっている間にも
特に動きも見られなかったということもありまして。

――もう あまり気にしなくてもいいのかなと
ちょっと 自暴自棄になった自分の気持ちと共に
ひとまず、試してみようかと思って始めました。

とりあえず 閉めてしまった後に「解消法」どうこうみたいなのを
発言してもあまり意味がない気がしますが
一応 ツイッターメインアカウントの方はまだ
表向きに動き続けていると思うので
まぁ そちらの方を参照していただけたらといった感じでしょうか。

とりあえず 試してみた後ちょくちょく細かいところ修正していきます。
ひとまず 今日はこの辺りまでで。

TOP

変化

2016⁄05⁄29(日) 00:00
・変化途上
工事
最近は ちと 自分の行動圏――行く必要のあったりする土地――
というのが広がってまいりまして そのついでにいろいろと
見えてくる景色なんかがあったりするんですが。

まぁ 実家に帰省するたびに起こる「何だこのマンションは」とか
「ここにあったおうち無くなってる」とか
そんな発見があったりなかったりするものですが

ここ最近は阪神とか南海などで高架化工事やっている
区間がそこそこ存在しているおかげか まぁ 何というか
「この地域になじみがある外に出ている人間は その時の自分同様
いろいろと困惑するんだろうな~」みたいな感想のことが多かったり。

同じようなことを感じているのか まぁ とある血族からは
「この区間どうして工事してるの」とか言う
半ば哲学と化している質問を聞かれたりするのですが。

……まぁ 立体交差工事なんかは その場の開かずの踏切だとか
いろいろな要因で起こることだからね。 仕方ないね。

……とまぁ そんな書き出してあげているこの画像ですが
書きたかった内容はまぁ 大方こんな感じ。

でも どのタイミングで撮影したかという情報は
少なくともボクの頭からはすっぽり抜けているという話だったりします。

とまぁ そんな感じで 半ばフォルダの肥やしになりかけていた
画像供養もしたところで 今日も今日とて雑談してまいりましょう。



・おあずけ
さて 今回帰省したのっぴぃさんですが 残念ながら
悪友との密会みたいなのは今回はお預け。

……結局 ほとんど誰とも合わないような感じでした。
――まぁ ちょっともったいないかな~  という気はしないでもない。

でも なんだかんだで学会でスタッフとしていろいろとやってみたり
日頃の疲れを癒したいという願望みたいなの方が
今回に限っては買ってしまったというのもまた、事実。

ボク自身 もう少しフットワーク軽く
ちまちま帰ってこれるような生活を夢見ているのですが
まぁ もう少し若いころはともかく今は難しいでしょうね……

まぁ あと最近は「悪友に合う→さて、何やろう」といった
問題に陥ることも相応に多くなっているというのも。

……ボクがもう ゲーセン籠るような感じにならなくなってしまったので
遊び方がどうも そぐわないというかなんというか……
……この辺りもちょっとした問題だろうな~  と 思わないでもない。

TOP

飯テロります。

2016⁄05⁄28(土) 13:39
とりあえず ネタとして書きたいことも書けない
そんな世の中が続いている腹いせに飯テロ仕掛けます。

……まぁ わざわざ書くべきか悩んだ話が
これでもかと散見されているあたりが こう 自分の中で
いろいろと悩みとして広がっているんですけどね。

食べ物02食べ物03
書く間でもないと判断していたお話その一。
――とりあえず 学会会場までは特急第ケチって行きました。

その道中 豊橋と秋葉原でご飯食べていましたという話題だけ。

豊橋は――なんか 自分の見覚えがあるような店配置から
少々変化があったように思えるのですがどうなのでしょう。

まぁ 駅の改修工事自体はそう 珍しいことでもないのでしょうがね。

秋葉原は――まぁ メイド喫茶とかには今のところ
あまり興味は持っていないのですが とりあえず
さまざまなカレー屋が有名、という点に関してはいろいろと興味ありまして。

まずは 比較的表側に位置しているとある金沢カレー屋に行ってみましたと。

食べ物04食べ物06
幕張の方に行ったものの 何というか
メシ食べるところに困った時の苦渋の策。
――とりあえず、イオン行くか。 この感覚 一般的なのかどうなのか。

とある本によると 千葉県民は異様にイオンが好きらしい。

とまぁ 一応 幕張のイオン(本社の御膝もと)で
フードコート言ってみて食べてみた自然食カレーやらパスタやら。

でも もう一回りお安いテナントが入居していても
良かったんじゃないかな~  って思いたくなるような
イオン幕張新都心。 ……それとも この辺りを望むのは高望みなのかなぁ?

食べ物05食べ物07
あとは 関東に来ないと食べれないと個人的に感じている
味噌ラーメンみたいなのも――しっかり堪能しておきました。

何というか 「新たに開拓」という意味で
また 幕張の方で味噌ラーメン専門店みつけて来たのでそちらの視察に。

……いつも言っているお店とはまた違う
メニューだったのが印象に残りました。

TOP

ざっと総括

2016⁄05⁄27(金) 00:40
というわけで 長々と学会がどうとか今年も書かせてもらいましたが
今日は一応名目的にその総集編的なこと書かせてもらいましょう。

のっぴぃです。 ただし 終わった後は
ちょっと だらだらするのを希望したいところなのですが……

と言いながら もう ベッドに引きこもる気満々な感じで。
(隣ではわんこがいびきかいて寝ています)

まずは 外国の方との付き合い方。

まぁ 欲を言えば外国セッションをしっかり聞き取れて
ある程度の議論ができれば最高というのがありますが
さて それをやる前段階が必要です。

まず そもそも 英語力が皆無という事実は
もう過去に何度も書いたからこの辺りをはじく。

ただ 何をどうすればもう少しまともになるのかという
何度目になるかわからない嘆きは――どこをどうすればいいんでしょうね。

まず日本語で聞かれたことを反芻して
答えを用意するようなのんびりとした対策でいいのか

――いや 間にそんな別の言語挟んだ
思考回路してたらヤバいというのは重々承知ですが
現実味を優先するとどうなるか、ですよ。

そして さらに日本語で既に世に出ている論文を
説明しようと思った時にも多大な問題が発生していたことを
素直に思い出してみると やっぱりこの辺りの
難しさというのを感じざるを得ません。

あとは 自らの保身をどのようにするのか。

なんか 大学とか研究所とかに所属しないで
自らで勝手に自己研究している方というのが
世の中にはいらっしゃるようなのですが。

――こう 今回の学会でのトラウマがいろいろと
過大解釈させている感が否めませんが なんだか
そのようなことをしている人ってまともな人がいないような
錯覚に陥るような出会いが頻発しましてね。

ちょっとした人間不信に陥っているような気がしないでもないですが
さて この辺りをどのように処理していくのかですね。

上手くさらりと受け流して逃げるスキル。
結構大切なのではないかと思い始めた次第であります。

あとは 研究で意識するポイントなんかを注視してみた感じですが
それは ここに改めて書くまででもないでしょう。
――個人的には 一番学ぶべき大切なことのような気がしないでもないですが。

TOP

学問以外も

2016⁄05⁄26(木) 00:00
どうも のっぴぃです。 どうも学会は
自分の研究内容だけを学ぶ場所ではないということを
いろいろと思い知るようなことが出来たわけであります。

というわけで 本日はそのような目線でしゃべっていきたいと。

まずは 「知ってた」内容としては英語力のクソさ。

英語のセッションで圧倒されるだけではなく
こう 普通に学会歩いていたとしてもその毛の方と
コミュニケーションをとらざるを得ない場面に遭遇して
そのたびにあたふたとすることを続けておりました。

……いや 学門に王道なしとはよく言いますが
王道はないにしても道しるべくらいはあっていいとは思うのですが
何か 良い教えはないものかとついついねだりたくなります。

――いばら道を歩くのと地図もなくさまようのは
何か違うのではないかと個人的に思うわけで。

地図がなかったとしてもせめてコンパスはほしい。
そんなのっぴぃさんであります。

次。 世渡り的な。 世の中にはこのような学会に来ているのに
人の意見を全く聞こうともせずという人がいるらしい。

こう 学会で発表しようとやってきた人に対して
真面目に取り合って行こうと思ったら
見事に今までの定説を自分流にアレンジしまくった挙句
カオスの境地に至った発表を聞かされて。

ついでに 異議唱えようとしても全く聞く耳持ってくれないという
正直 変なのに捕まったな~  としか言いようのない
展開に巻き込まれたりした模様です。

しかも それに初めは比較的真摯に取り組んでみたおかげか
妙に絡まれたりしたわけでして
ホント あの時の自分は何やっていたのだろうと思わざるを得ない感じだったわけであります。

あれほど時間の無駄と言えるようなことはないだろうね。

さらには それから逃げるためのいろいろな策のおかげで
その日のポスターセッションが完全に
聴けなくなったというわけで――もう 最悪の一言。

跡にも引きずるような最悪な結果を残しましたが
やっぱり このような出来事もおそらくは ボクの世渡りが
もう少しよければ防げたものなのではないかと。

……身辺の固め方をもう少ししっかりしていく必要が
あったんじゃないかな~  というお勉強をした次第であります。

TOP

お約束

2016⁄05⁄25(水) 00:03
実家に帰ってまいりますと 自然な流れで食事が出てきて
潜り込んでもきしむことがない しかも
スプリングが絶妙で体を包み込んでくれるような
快適なベッドで寝させてもらえる。

それだけで最高なのだということをかみしめている。
そんなのっぴぃさんでございます。 実家最高。

むしろ そのおかげで寝落ちとか
二度寝の素晴らしさとか 堕落方向のベクトルに
傾きすぎないようにいろいろ考えなければならないのですが。

ただし ここ数日の身体の疲れがうまく抜けなかったり
みたいなことが起こっているのは 多分ベッドの環境的に
自分がリアルに疲れ抜けにくくなっている展開を
心配しなければならないということみたいでちょっと嫌。

……これが年を取るということなんでしょうね。
または 睡眠時間みたいなのがうまく回し切れていないのだとか。

とりあえず この先千葉に拠点があるということは
就職活動するときをはじめとして まぁ なんだかんだで
メリットになりそうだと思っておりますし
今回の学会シリーズだけではなく さまざまな場面で
役に立ってくれたらいいな~  とは思っています。

というわけで 久しぶりに帰ってきた実家語り。

まずは もうかなりお年を召しております
実家のわんこについても語っておきましょうか。

年よりの図々しさが増しております。

若かりし頃はしっかりとした躾によって
とりあえず 入っていい場所は土足で上がれるエリアだけだったのですが
今や気が付いたら 私の部屋もわんこに侵食されています。

……なんか 居場所の危機、というのをひしひしと感じますね。

なお 今や彼女が上がってこれない領域というのは
リビングだけ、ということになっているようですが
その理由は「うれしいときに時たまやってしまうおもらし」
に遠因があると聞いて まぁ 何というか。

……自分の部屋でもおもらししてほしくないというのは
かなり主張したいところだったのですが なんというか。

なお 普通の帰省ではいろいろとさせてもらっている
わんこの散歩は今回 あまり手出しすることができず
――まぁ メインの目的がアレだし仕方ない。

TOP

裏側

2016⁄05⁄24(火) 00:00
どうも のっぴぃさんの「とりあえず学会トーク」というのも三日目になります。

さて 自分の身の回りの方々は結構院に進んでいる
――というか 理系人間で大学に通っている身である
コミュ障人間だったら割とそうなりがちのような気が自分でしていますが
ボクにしてはちょっと偏っているような価値観でしゃべらせてもらいますが。

まず 世間一般の学会とはどのようなイメージなのでしょうか。

やはり 自らの研究成果を世間に公表していくような
一種 研究者の線状であるような場所なのですから
かなりフォーマルな場であるような空気というのは
まず 第一前提としてあるのではないかと思います。

――というか 周りに聞くと大概そんな対応されます。

ただ なんかうちの業界ではそのあたりが少々おかしいらしく
基本的に スーツで来る方が異端扱いになりかねない感じになります。

ジーパンに軽いワイシャツあわせたような いわゆるファッションセンスが
皆無な理系学生の格好というのが正装です。
……という感覚を抱いているのは私の周りだけですかそうですか。

まぁ とりあえず いつもの正装感考えていきたいときは
ひとまずスラックス履いておけばどうにかなるのかな~
なんて 勝手に考えているのですが さて。



さて 今までは参加――すらもしていない傍観者としての立場で
学会にかかわってきていたのっぴぃさんですが
とりあえず 今回はいろいろと参加してみようということで
積極的に学会を楽しむことを意識して生活しています。

まぁ 発表がうまく行ったかどうかとかそのあたりは別としても
「携わる」ということはできると思うんです。

とりあえず 裏側を見に行くための努力して
実際に どのようにして支えられているのかを見て。

あとは その場でできる人とのコネクションを大切にして
どこでどのようなことをやっている人がいるのかみたいなのを
意識していくことが出来たらいいなと思うわけですが。

……と言いつつ いろいろと人のことを把握するのが苦手な私は
出会ってから次のコンタクトの取り方をどんなふうに
意識していけばいいのかということを全く考えていないという

――まぁ 「何してんだお前」的展開になっていたりしていたのですが
それは もう少しじっくり議論するべきことなんだろうとお茶を濁しておきましょう。

――特に、学生同士のかかわりで顕著です←

TOP

目の前を見て

2016⁄05⁄23(月) 00:51
・目標
と 言うわけで 去年に引き続き
学会に勝手にお邪魔しているのっぴぃさんであるわけですが
せっかく来たんだし何かしらの収穫を得て帰りたいという
意識はさすがにありましたのでといった関連のおしゃべり。

去年は右も左もわからない感じで
とりあえず 「勝手に参加している時点で意味があった」
みたいな部分があったと勝手に思っておりました。

今年 ――まぁ 残念ながら自分の発表ができるまでの
準備ができなかったのですが セッションを見ながら
何かしら 自分で感じるものを残していこうと思った次第。

というわけで 個人的に注目しようと思ったのが研究の見つけ方。

要するに どこに疑問を持ちながら生活をしていくかというのを
意識していきましょう、といった目標でございます。

まぁ 研究テーマはありふれた場所に転がっているといいますが
今回セッションで発表している方々は
どこから研究テーマをみつけてきてどのような方法でアタックしているのか。

その結果は そこに至るまでの下地の無さから理解できるかは
正直微妙なところなのでそこに至るまでの研究同期あたりまでは
何とかしていきたいな~  と思った次第。

まぁ 大なり小なりぼへっとセッション聞いているだけじゃなくて
ちょっと 意識して聞く場所絞って行った方が
何とかなるんじゃないかな~  なんて思いながら。

……まぁ 最初から最後まで神経とがらせながら
記事書くことが出来たなら最高なのですが
残念ながら今の自分にはいろいろと無理。

一つ一つ確実にこなしていかないとダメなんだな~  なんて。



・やっぱり
知ってた。 英語セッションが鬼門だって。

まぁ 発表する側もそれはそれで辛いセッションだって
イメージは勝手に植えつけている感じなのですが
聴く方ものっぴぃさん程度の英語力だったならば
もう 相当カオスになることは予想つけないとねぇ。

というわけで そんなセッションを聞きに行く機会も
既にあったりしたのですが やっぱりというかなんというか
自分の英語力の無さを実感してきた次第。

もう 何番煎じかもわからないけどね。

TOP

出張

2016⁄05⁄22(日) 00:00
困ったときは適当に艦これ記事書いておけば
たとえ ブログの記事ネタに窮することになっても
まぁ 適当に引き延ばすこととかできるんじゃないかな~

なんて 考えておりました。 のっぴぃです。

とはいえ 今のところ次弾装填が出来ていない状況なので
とりあえず 近況ネタっぽいことでもしゃべります。

多分 この記事が挙げられている頃にはのっぴぃさん
関東出張、という名前の帰省を果たしているのだろうと思います。

――いや いろいろと言い訳とかしているわけではなくて
実際に出張になりますから。 学会発表聞きに行く

――まぁ 自分がやるわけではないから「準、出張」
といった具合になるのかもしれませんがね。 まぁ。

とりあえず 昨日一日で移動日に充てるような形で
出来るだけお金を使わない形を模索しようとしたら
新幹線代ケチった鈍行旅ということになりそうで。

(でも 何の面白味もない東海道線ひた走る形になりそうでもある)

で 併記してある通り帰省、ということでもあります。

なにせ 関東に実家があるわけですから そりゃ 宿として
ホテル借りるよりは 実家から行ける範囲内ならば
何も考えずに実家帰る方がましだろうという算段。

というわけで 目標が目標だけに実家近くにお住いの
悪友の方々その他とつるむ時間が作れるか
……という点に関しては 正直あまり期待を持っておりません。

ただ 機械的に学会行って戻ってくる生活を
数日間続けるだけで実家の日々を終わらせるというのも
どこか面白味がないな~  とは思いますので
ちょっと フリータイム作ってみたいなことはしたいですね。

……ただ ゼミの日程的にあまり余裕がなさそうなのが
ちょっと 個人的に気になる点ではあるのですが……

というわけで 行きの手段は何かと考えてみたりしてたのですが
帰りに関しては ほとんどノーマークというかなんというか。

端的に ほとんど何も考えてないといった感じになります。
……まぁ いつもと違って休日移動といった
どうあがいても値が張りそうなプランしか残らなそうだからなぁ。

都合上 どうも 計画立てづらいんだ。 仕方ないよね。

TOP