ちょっと大事かもしれないお話

2016⁄04⁄13(水) 00:00
・確定ではないけれどもお知らせ
ココ最近 あまりにもブログに対するコメントその他の流れが無かったり

……みたいなこともありますし ちょっと ブログに鍵かけて
もう少し 気を使わずにいろいろとぶっちゃけるような感じで
記事づくりしてみるのも面白いかもしれないとか考えています。

――ただし 「ブログに鍵をかける」となりますと
コメント残さないまでも見てくださっている方々
……特に FC2以外のブログを作っている方々との交流が
こちらから提供できなくなってしまうこともありますし……

……といった具合で 少々ためらっている感じであります。
とりあえず しばらく考えて 鍵かけたくなったときには
ブログに鍵かけてしまう可能性があるかもしれないということをお伝えします。

FC2の方ですと 恐らくフレンド申請してくださっている方は
今までと同様普通にブログ見れるかと思います。

逆に言えば そのあたりしてくださっていない方に関しては
申請していただければ――といった部分もあります。

それ以外の方は――非通知コメントなりして連絡いただければ
もしも鍵かけたとしてもパスワードなりをお伝えできるかもしれません。

……と言いつつ とりあえず それを実行しようと思った場合は
そうと また 改めて「お知らせ(確定版)」でも書こうと思いますので
……といった具合で よろしくお願いいたします。

――なお 一応こちらからも申請いただけた場合
無条件にOK出すわけではない――と思いますのでご了承を。
……流石に見ず知らずの方にホイホイと、というのもアレですからね。

決行するとしたら ちょっと FC2の方のフレンド整理も
改めてするんじゃないかな~  って思います。



・と、いうのも。
なんか 書く内容が研究室の内容だったりで
だんだんと「外部にどこまで書いていいか」の判断が
突きにくくなってきた感があるんですよね 個人的に。

ちょっと考えすぎかもしれませんが 基本的に頭空っぽにして
思いついたことをそのまま書くのが大好きなボク的には
だんだんとブログ書くときに変な制約が出てくるのが嫌になってきて。

とはいえ ここまで習慣化しているブログの原稿書きですし
一応 やめるつもりはあまりないんですがね~

それに 全世界にさらしだしているここらの情報ですし
――だからと言って鍵かけてどうにかなるとは思っていませんが
まぁ、もしもの時、念のためというのもはあるかもしれませんし。

あと 少しばかりこんなこと書いてみたら
どのくらいの反応あるのかな~  という狼少年的好奇心も
あったりする、というのはあらかじめ 宣言しておきますね←

TOP