諦めが早い人。

2016⁄04⁄30(土) 00:00
今自分が持っているデジタルデバイスを完全に使いこなせるか。

なんか「理系だったらいけるよね」みたいな空気が
どことなく流れているような気がするのは気のせいなのでしょうか。

のっぴぃです。 とりあえず GWで気が乗らないときには
そのあたりの整備その他をやっていくのが大切かな~  なんて。

まぁ のっぴぃさんがどれだけそのあたりの
「デジタルデバイスとの相性がアレなのか」という点に関しては
去年 ものの見事にデジタルデバイスをぶち壊しまくった
週間を経験しているあたりからお察しいただければ幸いです。

その他 何かに手間取ると 身近なところに相談できる相手がいなければ
何かと 放置という最終手段に出るという
残念な習性がありましたので……

多分 この辺りがどうにもダメだったのだろうなぁなんて。

というわけで ここ最近うまく同期できていなかった
タブレットの方が 昨日はなんか数年ぶりに
調子よく動いてくれたように思えましたので

――まずは PCに重すぎた画像ファイルをごっそり移動。

ここ最近もっさりしていた(しかも わかりやすく画像いじろうとしたときに限って)
なんてことがありましたので まず 大きな問題の起こっていた
要因として この辺りの改善に着手。

多分 ここがなんとかなれば最悪同期その他が出来なくても
何とか使い続けることができるんじゃないかな~  って。

とりあえず 現在こうして原稿書いている裏で超、久しぶりに
同期にまで至ることが出来たのですが
――まぁ これもしっかり思い通りに行くかな~  なんて疑問に思いながらね。

ついでに スマホの方も同期しようと思ったら
それはそれでクラッシュするとかいろいろと面倒なことになっているとかいないとか。

――今のところは 結構ヤバいな~  と思いつつも
そんなときはとりあえず現実逃避していた今まででしたが……
……うん。 まぁ まともに取り合わないとまずかもね……

……でも サポートも平日にしか効かなかったような気がしないでもないから
それはそれでやっぱり 問題点は相変わらずといったところがあるのかもなぁ。

まぁ ひとまずあれだ。 最悪物理的に破壊しないことをまず最初に。
あとは 破壊してしまった時のバックアップをしっかり考えてといった順番で。

――今回の画像抜出が成功した時点で もしかしたら
これからまだ タブレットも使いやすくなったりするだろうし
――みたいな期待も持ってみたりしているわけでね。



ブログのロックの方を検討中です。 頭の隅にでも入れておいてくだされば幸いです。

TOP

しりぬぐいデー

2016⁄04⁄29(金) 00:00
素で今日の記事ストックしておくの忘れていたのっぴぃです。
――日頃ギリギリに記事投稿するような癖つけていたら
絶対アウトやらかしていたような気がします。

……と 思ったら 原稿書いたものの
ネットの上に持って行くのを忘れていただけだったことに気が付いて
――まぁ 昨日の記事投稿が遅くなっていた言い訳はそんな感じ。

保険として当日一日間というのを頭の隅に入れているような
ブログ運営していてよかったんだろうな~  と思いました。

大方 ブログ書くときなんて 記事用意するまでが
かなり大きなウェイト占めている部分がありますし
その先の「仕上げる」作業というか。

……まぁ こんな時に「画竜点睛」みたいな単語を
思い出していけばいいのかな~  なんてね。

……ん? 上の「記事ストック忘れていた」と
思い込んでいた段階の勘違いの内容は消したりしないのかって?

うん。 まぁ 何というか消すのも面倒なので
そのままの形で残していこうかな~  とか思ってみました。



さて そんなあれこれも含みまして
そんな昨日はなんだかんだで自分の忘れ物だとか
忘れていた事後処理だとかに追われたりする一日でした。

まぁ 要するに過去の自分のしりぬぐいばっかりやっていたなぁと。

メールで書かれていた手続きがどうこうといった
内容をすっかり忘れていたことに思い出して
半分手遅れなんじゃないか感が醸し出されているような
気がしないでもないですが それの後処理やってみたり。

なんか 半分自分でも忘れていたかのような忘れ物を
大学にやっていたようで そちらの方を取りに行ってみたり。

……まぁ 一部に関しては「そのためだけに行くのもなぁ」って
なっていた部分もあったりしたので 何かにかこつけて
付随して用事をくっつけて自分わざわざ大学に
登る理由を考えてみたりといったこともしていたんですがね。

流石に 忘れ物取りに行くためだけに研究室にお邪魔するのは
何というか そのびないような空気があったりしますので。

まぁ メールに関して忘れていた物のしりぬぐいに関しては
仮にこれを 社会に出てからやらかしたら
笑ってすまされないようなミスともいえるでしょうしねぇ……

まだ やらかしたとしても笑って済ませられる範囲内で終わりそうな
仮に被害が出たとしても自分の中だけで終わらせてもらえそうな
そんな期間にやらかしてよかったのかなとも思います。

まぁ なんだ。 そのメール自体は見ていたのですが
その時に忙しかったからその処理をするのを後回しにしていた、
みたいなことが生んだ悲劇だったわけですよね。

……後でやる、は事故の元とでも覚えておきましょう。



ブログのロックに関して検討中です。
――頭の隅にでも入れておいてくださいな。

TOP

定期的な

2016⁄04⁄28(木) 10:00
どうも のっぴぃです。

なんか定期的に訪れるイベント。
――なんで私、こんなに英語できないのでしょう的な。

こうして 研究室生活も一年家系化してきますと
論文とのかかわり方もだんだんと変わってくるわけですよ。

最初の一年目は先生が持ってきてくれる論文を
英語の授業のように まぁ 何というか
自分で中身が呑み込めるように加工することができればよかった。

それに対して これからはまず 自分で読みたい情報を
論文から引っ張ってこれるようにならなければなりません。

まぁ それに至る前に「具体的に自分が何を理解したいのか」
というのをはっきりさせる必要がありそうなのですが
それはまた 別の話ということで。

そして そんな風に自分で読みたい情報を引っ張り出すことが
要求されるということは 「せっかくだったらその内容を
我々に教えてくれたまへ」といった具合に研究室から求められる

……まぁ 端的に書いて ゼミなんかで発表することも
要求される機会が増えるわけでありまして。

ヤッタネのっぴぃさん、これからも読める論文が増えるね。

まぁ 読んで知識を仕入れていくこと自体は別にいいのですが
現状 ただでさえ読み込む速度が遅い。

そして 「論文から欲しい情報を手に入れるための順番」
みたいなのが どこか抜けている節があるのっぴぃさん。
――なんというか 読むときの効率が悪すぎるようで。

気持ちとして「英語の授業感」が抜けきっていないというか。

とりあえず 本文含めて全体をひっくるめて読んでいく。
とりあえず前から読んでいく。 そんな感じ。

「まず 自分が何を手に入れたくてこの論文を読んでいるのか」
「この論文から読み解くべきトピックは何なのか」
みたいな意識が少々足りない、といったところでしょうか。

多分 このままの英語力の向上効果が遅々としたものであったとしても
この辺りの目的意識がはっきりしたならば
もう少し効率よく 論文読解が進むんじゃないかな~ってね。

その他 そもそも論文の検索の仕方だとか
その著者のプロフィール(有名な学者の専門だとかそもそも名前だとか)
といった 研究生活進めていくにあたって覚えていきたい知識は
いろいろとあるのですが まぁ 一気に言ったら息切れするからね。

――まぁ そもそも 英語漬け生活が続くと完全に
息切れするタイミングが起こったりすることも多いのですが
それはそれで――なんとかならない物かねぇ?



とりあえず ブログのロックの方を計画していたりいなかったりしています。
とりあえず 頭の隅の方に入れておいてもらえればうれしいな~  なんてね。

TOP

春服

2016⁄04⁄27(水) 00:00
今日(今キーボードをたたいている時間軸)も今日とて
部屋からほとんど動くことも無しにずっとパソコン作業
――より詳しく言うと論文をひたすら読み込むだけの簡単な作業――
やっているのですが そんな日になると
服装も適当でいいのかどうか多少なりとも気になるのっぴぃさんです。

……などという割には まったく服装にむとんちゃくなので
「一応外に出かけられるような服を着る」か
「寝巻の延長線みたいなやる気なさ過ぎる服で妥協するか」
という二択にほとんど帰結する物なのですが。

……そもそも 普通にのっぴぃさん 高校時代から
着続けている服とかあったりしますので
全くもって トレンドとかそのあたりは気にせず生きてまいりました。

だから彼女出来ないDTなんだって言われたらそれまでですが
――まぁ その話をずっと続けたいというわけでもないですがね。

一応 ぼちぼちと衣替えみたいなのも進めつつあったりします。
――で そんなことが進むのは 例えば前
親戚まわりで泊りがけやってみたりしていましたが
そんな感じの 出かけて一度衣服ひっくり返した後がちょうどいい。

――といいつつ 既にクリーニング出さなければならないような
ジャケットの類は 先月の間にクリーニング出してしまっているんですがね。

おかげで 今月の間にもちょくちょくみられたような気が
しないでもない寒の戻りがあったときなんかには
ちょっと 見てくれが寒い格好で歩き回っていたこともありましたっけ。

――まぁ 基本寒さには強いことを自負しておりますが
そんな日の夕暮れに自転車で駆け下りながら帰宅するときなんかは
さすがにちょっと 堪えるものがありましたがまぁ。

でも そんなこと考えるとこの時期はなんだかんだで
着ていく服装がかなり困るような時期でもあります。

日中は 自転車乗って行こうと思ったらかなり労力を
必要とする感じになるというのに 帰りになりますと
こんな風に 急に風が冷たくなることもあったりと。

……かと思えば 今のように普通に日が暮れている時間帯で
既に扇風機スタンバっている状況だったりして。
……なんか 体に感じている温度に一貫性がないというかなんというか。

みたいに愚痴っていますが まぁ なんだかんだ言って
この時期が一番 気候的に過ごしやすいことは確かなんですよね。

これから5月に入ってくると五月病の進行に加えて
物理的にもどんどん暑くなってくることが考えられます。
……やっぱりというかなんというか どうにかならない物なのかねぇ。


ブログのロックを検討中です。
一応 頭の片隅にでも入れておいてもらえるとありがたいです。

TOP

砂場

2016⁄04⁄26(火) 00:00
オジサンの話題なんか書かせてもらいましたが。

……まぁ この週末何やっていたかというと
親戚めぐり。 法事がありましてね。
それにまぎれて親戚まわりやっておりました。

で そのようなことやっていますと 親戚の方々の
平均年齢がやたら高いことがかなり気になってきまして。

……これが少子高齢化なんだろうな~  ということも
なんとなく 肌で感じました。 ――まぁ 若い方々って
基本的にご近所づきあい、親戚づきあいが疎遠

みたいな話もありますし そんな側面もあるのかもしれませんがね。

で 法事の後の精進料理――という名称ではないのは知っていますが
ぶっちゃけなんという部類の料理家はわからない――をはじめとして
向こうでいただいた料理はなんか かなり豪勢で。

……まぁ 若い衆としてその胃袋を買われて
かなり残り物のご飯食べることが出来たという意味では
ここ最近カロリーを削りがちなのっぴぃさん的にも
ありがたいものがあったのかもしれないな~  なんて。

正直 目の前に「残っていて廃棄される食品ができる」
ということが 何かと許せない個人的にも。

その立場は「やらされた」というよりは
「半ば自分からやっていた」という部分もあったということは
間違いないということもちょっと 補足させてもらいますね。

なお 昼の食事の際からついてきた親含めまして
身の回りの方々がすべからくお酒お飲みになったおかげで
基本的にのっぴぃさん「運転代行」的な役割をずっとやっていたのだとか。

基本この旅の間はずっと ハンドル握ってましたね。
――迷子になりそうな阪神高速内を除いて。

鳥取01
とまぁ そんな感じで豪勢な食事も多いというのは
聞き及んでいたのですが 宿の方で出された朝食も
かなりたっぷりあったというのもまぁ。

――正直 前日のメニューで少々 腹もたれかけていたところだったので
ちょっと 胃袋に詰め込むのも大変だった感があったりね……

鳥取02
こちらは 寄りはしなかったのですが
「ニュースにもなった鳥取のスタバ」。

……まぁ 中身は変わらないのでしょうが
機会があれば入ってみたい感もありますよね。



ブログの方のロックを検討中です。
あらかじめご了承ください。

TOP

おじさん大好きな話題

2016⁄04⁄25(月) 07:00
どうも のっぴぃです。

ちょっと 画像移送と疲労感その他の方が手間取ったので
明日以降に詳しくしゃべることになるかと思いますが
ここ最近――言い方、単語チョイスが少々まずいかもしれませんが――
所謂「オッサン世代」の政治談議をうかがうことがありまして。

まぁ 話のネタとしては新鮮な部分があるのですが
こちらの意見も言えるような双方向な話題に
ならないことも多々ある――一方的にその人の意見を
聴き続けることも多々ある――という特性が
どこか このネタを聞くときに忌避感を感じたり。

せめて こちらも何か意見を言えたりすればいいんですけどね。

まぁ それは別にしたとしても この話題を
同年代の人と考えることがほとんど皆無というのは自分にとっては事実。

……まぁ 政治離れ、という単語は往々にしてよく聞きますが
そのあたりはこの辺りの体感から自分の世代では顕著だな~
ということをひしひしと感じる次第であります。

ところで 自分もQMAやる頻度がめっきり減りまして
ニュースの追っかけの方が少々おろそかになっていることを感じています。

具体的に書きますと ここ最近乱立している
野党の党名がどんな流れでくっついたり離れているのかとかが
十分に追いかけきれていないといった話があったり。

……日本の心を大切に云々とか なんか気が付いたら
野党の旗柱みたいな立ち位置にあったような民主党が消えてみたりとか
自分がニュースの把握がかなり弱くなった一年間でも
「え? そんなところがコロコロと変わるの?」みたいな
政治的変化が散見されています。

……個人的には 党、というアイデンティティ、意見を
しっかり訴えかけるには その存在というアイデンティティは
早々コロコロと変えてはいけないのではないかと思うんですがね。

――逆に それができないのであればただの烏合の衆とか
考えてしまいたくなる。 あくまでも自分の意見ですが。

そんな意味では 自分たちの考え、意見を訴えかける
キャッチコピーともいえる「党名」が何かと
ここ最近話題になっているキラキラネーム化している気がする
……というのも 何かとあほらしく見える部分かもしれません。

――キラキラネーム考えるゆとり世代を頭がスポンジだ、みたいな感じで
揶揄される方もそれなりにいらっしゃるようですが
そんなこと言う人たちの世代にも このあたり考えると
かなりお花畑の人もいらっしゃるんだな~  と 冷めた目で見たくなったり。

結局 そのあたりはどの世代にもいるんですよ。

で そんな感じに見える野党しかいないのであれば
当然というかなんというか 個人的には「政権与党に対抗している野党」
というのがいない――疑似的な一党独裁状態になっているように見えまして。

こう 同じ党での政権がずっと続く、政権交代が
逆に新鮮になっているこの世界観というのは相当おかしなものなんでしょうしね。

――日本にはまともな野党がいない。 はっきりわかるね。
これ 彼らが認知してくれるのはいつになるんでしょうねぇ。



ブログのロックを検討中です。 ちょっとしつこく告知していくことで
おつきあいある方々と出来るだけ疎遠にならないように
努力してみたいと考えている次第であります。

TOP

最近の生活みたいな

2016⁄04⁄24(日) 00:00
どうも。 のっぴぃです。 大学の話題とか。

去年は――まぁ それまでで卒業研究以外のやるべきことは
しっかり押さえていたつもりだったので わざわざ受ける
授業はない、というものすごく理想的な環境で。

……端的に言って 「だらだらできる」ような一年間過ごしていました。

まぁ 実際は自分のPCで画面半分に辞書サイト、
もう半分でワードで頑張って和訳を仕上げる。
――手元に読みたい論文ペーパーとわからない単語を
その場でペーパーに書き込んでいく、そんな毎日。

途中モチベーションの上下ではかどったりはかどらなかったり
まぁ いろいろとあったのですが それは今回あまり関係ない話かね

で 今年これからはといえば 院での授業で
また 必要数以上の授業単位を確保していかないといけないわけで。
……まぁ ぶっちゃけだるい部分も多いですがやったりますか~  といった感じ。

ここ最近の授業は 一日ぶっ通しで一人の教授から
自分がやっている内容を聞き出しましょうみたいな感じの授業。

正直 学部時代にある程度聞いたような覚えがある話を
再度思い出すような内容が多かった気がしますが

――まぁ 一年近く少なくとも 自分の専門に近い分野
比較的近くの講座がやっている内容以外は忘れかけているような
部分も多々あるという意味では いい「思い出す」ネタなんだろうな~ と。

基本的に 同級生は皆 内進だったりするので
全く「はじめまして」ムードなんてありませんでしたし
……まぁ 一種淡々と進んでいるような感じがありますか。

ただ 個人的にやっぱりだるいな~  と思ってしまうのは
毎度毎度降ってくる課題の量。 それに加えて
前にも記事の中で触れたような気がする
ゼミなんかで役割が重くなってきて

――まぁ いろいろと準備する内容が増えたとか
後輩にあまりにも悲惨な姿見せたくないみたいな
変な意地みたいなのを張ってさらに時間を食うように……

……といったこともあったりしまして まぁ いろいろと
忙しいことになっていましてね。

――それを自覚した際にはなんだか You Tubeなんか眺めながら
現実逃避したくなることも往々としてよく発生したりして。

まぁ どっさり降ってきたこの課題の量だもの。 という言い訳。
……GWは元から外出するつもりなんかなかったけれども
大方 この辺りの積み残しを解決するための時間として
使われることになるんだろうな~  なんてね……



ブログのプライベート化、企画中。
……とりあえず 前々からこんな感じでしつこく書き続けておけば
何とかなってくれるんじゃないかと思ってる私。

TOP

身体のバランス

2016⁄04⁄23(土) 00:00
さて 新年度に入りまして、院生になりましていろいろと
役職が増えてきた、みたいなこと書かせてもらいました。

それに合わせてちょくちょくと生活リズム改善を狙っております。
……というわけで 今日はかなり面白味がないネタで
一日喋ることにしようと思います。 ご了承ください。

で ここ最近ののっぴぃさんは 少なくとも「大学生の割には」
早起きの習慣が出来てきているのではないかと自負しております。

最近の起床時刻は6時。 ……ヤバい、 かなり健康的。

ただし 朝の血圧が低いこと辺りはあまり
改善が見られないようでありまして ベッドで気がついてから
動き始めることができるようになる前までに相当な時間が
必要になってくるというのは残念なところであります。

――こんな風に早起きできるようになってきたのであれば
もっと早くから動き出せるようにして 有効に時間を
過ごせるような対策を考えていきたいところでありますね……

朝 ランニングかなんかやっておけば
いい感じで血圧上がって朝から動けるようになるのかね?

ただし 床につく時間が今までと相対さない感じになっていたりしていて
相対的に今までよりも睡眠時間削れているのではなかろうか……

……う~ん。 適当な時期に昼寝デー作ってみたりとか
睡眠時間もう少し確保するための方策考えないといけないのかも……
……やっぱり 頭使うために睡眠って必要ですからね……



ついでに ここ最近自分の体的な意味で
気になっていることがありまして……
――なんか 妙に猫背が気になる今日この頃。

考えてみたら 自分の祖父母(誰とは言わないけど)に
かなり腰が曲がっている方もいらっしゃいますので

――猫背って遺伝がするものなのかどうかはわかりませんが
なんか 気になったりするんですよね そのあたり。

そのあたりの原因として個人的に考えられるのが
自分の腹筋と背筋の強さに結構違いがあるんじゃないか
――筋肉をバランスよく鍛えられていないのではないか疑惑。

一応自分 吹奏楽出身ということもありまして
腹筋運動は――まぁ 割とふつうレベルには出来ているとは思っています。
(スポーツテストでは一応 腹筋は点数稼ぎポイントではありました)

それに対して 背筋は「だらしないなぁ」と自分自身で
おもったりすることも多々あったりする自覚があり。

……そのバランスでだんだんと 前よりに体が
傾いたりしているんじゃないかな~  って。

……うん。 なんか書いてて最後のオチの部分は違う気がしてきたけど
背筋が弱いこと自体は事実だろうし
時間みつけて背筋はやらないとまずそうな気はしますね。

あとは 神戸大生にありがちなファッション、リュックサックが
日頃の生活の鞄として常に稼働しているというのが。
そして その中身がかなり重たい物詰め込む生活が
続いているというのが 前傾姿勢を強要しているという説が
そこそこあったりするんじゃないかな~  と思いましてね。

……これに関しては変えられるものでもないけども
背筋。 できることはやって行った方が後々のためになりそうな気も……



今後のブログ 閲覧範囲縮小を検討中です。 頭の隅に
――まぁ そんなこと考えてるらしい、ということくらいは認知していただけるとありがたいです。

TOP

唖然

2016⁄04⁄22(金) 00:00
ひたすら語りパート。 のっぴぃです。

ツイッタータイムラインに浮上機会がだんだん少なくなってきている私ですが
そんな中でも不意に 目に留まりましたのが
今月下旬ごろにQMAのバージョンアップがあるとか言う話題。

一応 新作アップデートという形になるんですね。

考えてみれば 去年の今頃までは前作を
最後の追い込みみたいなテンションでそれなりにプレイしていたのでしょうが

――数年間はまり込んできたゲームを今は
心境として「あ~あんなゲームやってた時代もあったなぁ」と
ちょっと 達観したような見方で振り返っているあたり
人間って飽きたものに対してはとことん冷たいものだなぁと思ったものです。

さて それらの情報を見た感じでのっぴぃさん的には
――全く興味を抱くことができませんでした。

まぁ 一応データをつぶすのもどうかと思いますので
どこかのタイミングでデータ引継ぎくらいはやると思いますが
「前作:天賢者」→「今作:賢者にすらいかず」といった
心の冷え込みように関しては もう 言い逃れできないレベルだなぁと。

さて 過去作からのっぴぃさんがあのゲームを
楽しむモチベーションの原動力の型欲を担っていたのが
中世っぽいイメージを残して進む世界観。

途中 陸上のアカデミーに移転した時に関しても
「世界観」は残して作ってくれていたので
まぁ 大きなギャップは感じなかった流れだったのですが。

今作に関しては 「今までの慣習をぶっ壊す」と言わんばかりに
一気に学校の空気を木端微塵に破壊。

……それぞれ競い合って高みを目指すという
トーナメントの仕様をただの見世物のようにする実況の存在とかね。

いや そのあたりの「変えてはいけない基礎になるような設定」やら
「背景の世界観」やらは急に変えてはダメでしょう。

水戸黄門見てたら次回予告で格さんがバイク乗り回して
黄門さまがサイドカーから印籠ちらつかせているような
アホらしい展開をあのゲーム、しれっとやってのけたように見えるわけで。

……という個人的な「今作のゲームの眺め方」といったものを
延々と眺めてみたところで なんか 今作のゲームの舞台であるらしい
「トーキョー」という地の話について考えてみましょう。

まぁ 端的に言って開いた口がふさがらないわけですよ。

ちょっと出来のいい同人ゲーム。 そんな感覚でなら
個人的に高評価つけたいところなんですがね。
――これはもう 呆れる以外の選択肢は思いつきません。

しかも 制服がしれっと変わってみたりみたいなことが
へーぜんとやってのけてるみたいな部分があって
「もう、あのゲームは変わってしまったんだな」と思うしかありません。

まぁ こんなこと延々と書き綴ってる時点で
相当害悪だなぁと自分自身そう思うのですが。

……今作 見事に人が離れて行った理由というのを
はたして運営がどこまで理解しているのか。 疑問なところです。



そんなこと書いていますが QMAではいろいろと
ネット上での知り合い増やしてもらっていましたね……

……ちょっと ブログに鍵かける計画かけていたりいなかったりしていますが
出来れば そのようになっていたとしてもつながりは切らずにいられたらうれしいです。

TOP

役職

2016⁄04⁄21(木) 00:00
新学期もだいぶ落ち着いてきて 自分の今年の動きというのが
なんとなく 頭では理解できるようになってきました。

のっぴぃです。 やっぱりというかなんというか院になると
研究室に否応なく詰めねばならなくなる機会増えますね。

……まぁ ボク的にはわざわざ登ってくることで得られるメリットと
デメリットがかなり相殺されていて 「それならばわざわざ登ってくるまででもない」
といった 去年までの認識と大差ない感じになっているわけですが。

……義務化されていなかったならば。

さて そのあたりの内容はと言えば 主に授業のために
拘束されるような時間帯には拘束されて
そのついでに ゼミのための資料を作ってみたりする。

そして 休日などに論文和訳してみたり講義で出てきた
課題に取り組んだりする。 その合間に研究を進める。
……そんな感じのライフワーク。 まぁ へーぼん。

とはいえ なんだかんだで 授業予定やら呼び出しやら
さまざまな期限、というのが入り組んでくるようになってきたので
去年のそれと比べて今年は比較的
スケジュール表というものを有効活用できてきている気分になっています。

――去年は見事に スケジュール表の使い方忘れていましたからね。

まぁ ○日何時から打ち合わせのために集合してください~
みたいなのが 単発でポンポンと入ってくることが多くなったような、
――といったことが結構起こったりしているわけですよね。

で あとは家と研究室の環境をうまく使い分けつつ
出来るだけ効率よく毎日を過ごしていくことができるように
リズムを形作っていくことが出来たなら、といった感じであります。



そういえば 否応なく研究室出頭を命じられることが多くなった
みたいな話しておりましたが それに近い話。
……役職といったものも院に入ることで増えてまいりました。

ゼミなんかでも 本格的にメンバーとして
発表機会が回されてきたりすることもありましたし
「今までは完全にチュートリアルでこれから、研究者としての道が始まるんだ」
といった空気をひしひしと感じる次第であります。

端的に言って 去年は「お客さん」扱いだった。

まぁ そう言い切ってもいいような状況でしょうね。
そして その気分がまだ自分の中では抜け切れていないような気もする。

まぁ 発表機会が増えるということは これから自分の研究発表を
外に向けて発信していくことが多くなってくることを考えれば
それに向けてのいい機会、ともいうことができるのではないか。

だとするならば たとえ論文紹介みたいな場面であったとしても
恥ずかしくない相手に対して恥晒しておいて
ちょっとは面の皮厚くする訓練とか詰んでおく必要もあるんじゃないかなってね。

……結構豆腐メンタルだった自分のことを思い出してみると
そのあたり かなり大切な訓練のように思います。 比較的マジで。



ブログのロックを行うことを計画中です。
「知らなかった」という方が少なくなるために前々からこう書いておきます。

ご理解の方と連絡のほどいただけるとありがたく思います。

TOP