しごき

2016⁄01⁄28(木) 00:00
そのようなわけで 今日は大学に関する話題を
ぼちぼちとしゃべっていきたいな~  と思いまして。

やっぱりというかなんというか 卒論に向けた研究をするにあたりまして
受験が始まるまではまぁ ほとんどと言っていいほど
何も進まないという現状があることを考えますと
本格的な「研究」という物は半年程度しかやることができないのですよ。

で その半年間でどれだけ密なものができるか。

そして その半年間でどれだけ自らを成長させることができるのか。

……かなり大きな課題の一つととらえることができるでしょうか。

そして これだけ短い時間でありますとことを成すのが難しい
――それと 自らの検知を広げていくのも
なかなかに難しい部分があるんだなぁということをひしひしと感じております。

その一つに先生の言葉を容易に鵜呑みにしてしまったということ。
……まぁ 言い訳がましくもあるんですがね。

まぁ 見分が狭い自分にとってはその先生の一言は
かなり大きいものであるというのはよくある帰着だと思うのですが
その一言の裏付けも取らずにその一言のみを大前提として。

それを信じ切ったうえでいろいろと計画を積み重ねて行ってしまったというのは
大きな愚行だったのだろうなぁということをひしひしと感じた次第。

たまには先生の一言を疑って反例を探してみる
意地の悪さというのが問われていたのかもしれないなぁと。

あとは 自分でばかり考えるのではなく身の回り
――それこそ 研究室にとらわれずに考えていけば
他の研究室の中でさも当たり前のように使われている
ノウハウを自分の研究の中で有効に活用できる可能性があったりと。

……意外なところに研究のヒントというのが隠れているんだなぁということ。
――結構忘れがちだった自分に向けて一本 釘を
刺しておこうかなぁと考えてみた次第であります。

――とまぁ こんな風に一人反省会風にぼちぼちと
しかも 一日で書きあげるにしては変な容貌の
反省文いきなり書き始めているのっぴぃさんではありますが。

直近に何があったかというのは……まぁ お察しください。
まぁ そこそこにしごかれたという思い出があるだけですよ。

今回に関してはちょっと しごきに来るとは思わなかった
「特別ゲスト」に散々しごいてもらった(個人的に)という
嬉しいおまけつき、といった按配であります。

まぁ 内容に関しては今日も含めまして大方
企業秘密じみたもの(そうする必要性があるのか自分でもよくわかりませんが)
感じになっておりますが まぁ 念のためね。

ひとまず 今回しごきに来てくれた方に「叩いたら一応埃が出る」程度に
認識してもらえるように、というのを当面の目標に。
……今後も研究生活頑張っていきたいですね(遠い目)

TOP