ちょっと丁寧に書き直し?

2015⁄12⁄15(火) 00:00
自分でも昨日書いていたたわごとレベルがすごいなぁと思いましたので
――まぁ 特に推敲やなんやらを重ねるわけではありませんが
少しまともにしゃべり直してみたいなぁとか考えてみたわけで。

とりあえず この辺りは書いたでしょう、やったのは青春18きっぷを用いての
――まぁ ちょっと近場をぐるりと回ってみようと思った旅。

結構 遠くの方へひた走る。みたいな18きっぷの使い方に関しては
往々にして やってみたりしたことも多かったのですが
日帰りとして18きっぷを使うのが逆に新鮮

――と感じている自分にかなり新鮮味を感じました。

10_20151214221425d58.png
一応 ゲーム的に述べるのであれば
比較的身近なところにあったりして
――まぁ ちょくちょくと通り抜けることはあった滋賀の鉄道埋め。

JRでは何度か通り抜けておりますが
よく考えてみると この県の中の私鉄って乗らないなぁといったところ。
……そして こちらに関しては18切符ではさすがにカバーできない。

けれども なんか 琵琶湖から学研都市線へ向けて
鉄道通そう覚悟切符的なものが発売されておりましてね。
――ちょっと こちらの方買ってきて足にさせてもらいましたよっと。

なお 京阪の方はスルッとKANSAIの方で先に埋めてあります。
前 「山の方は紅葉いい感じだったし」みたいな
よくわからない文言と共に載せていた画像も大津市内でしたしね

――とか書いてみたとしても 恐らくは誰も反応してくれないでしょうが。

信楽高原鉄道がなぜ「高原だったのか」という内容に関しては
既に 前もってしゃべらせてもらっていた通りであります。
――え? 日本語になっていなかった?  そんなの知りません←

近江鉄道に関しては 一応電化されているものの単線をゴトゴトと走る
――まぁ しばしばその表層が見事にラッピングされた列車が
走ってみたりしているわけですが まぁ それはそうとして。

新幹線脇を並走する区間もあったりするのですが
脇を走り抜ける超高速の新幹線とこれとのコントラストが
また 一味違ったのどかさを見せてくれているような気がしないでもない。

その後は 時間が余ったのと18きっぷを使っていたこと
さらに せっかく駅メモでのスタンプラリーやっている最中なのだから
……といった気分を携えて 岐阜から各務原美濃太田の方へ逸れて
一周回るといった――まぁ ちょっとしたスタンプラリーを敢行していました。

基本 この区間は東海道線くらいしか乗っていませんでしたから
あえてわき道にそれてみるというのもなかなか面白いなぁといった感じで。

そして 岐阜を出発して早々 窓の外が真っ暗になったことに驚いたと。
――各務原駅前なんて 本当にこれが「市名」を背負った駅なのかと
思わせるような駅前の暗さで見事に驚いた感じです。

……ついでに さすがにこのループくらいは電化されているだろうと
勝手に思い込んでいたのですが 実際に乗ってみたらこの区間
普通にディーゼル車がエンジンうならせていたのを見てちょっと驚いたとか。

――さすがに高山本線は北の方まで電化されているとは思いませんが
濃尾平野くらいは粘ってくれているんじゃないかって思っていたんですがね~
――案外 名古屋の都市圏ってあまり大きくないのかな?←←

TOP