忘備録

2015⁄12⁄02(水) 00:00
人間は往々にして自分の生活をその場の環境に合わせて変化させる
――なんてこと 時々やったりしますが
そんななかで変えねばならない可能性があり得るものとして
自分の癖みたいなのもあったりしますよね。

で それをちょっと本気で考えてみた時に
どうも一般的に「変えるべき癖」「そのまま生かせる癖」「変えてはならない癖」
みたいな感じで分類することもできるかな。

……ちょっと今日はこの辺りと自分の私生活みたいなこととか
踏まえながら考えてみたいな~  なんて考えております。

例えば 変えるべき癖――というのはまぁ 何というか
研究室にかかわるあれこれで何かしらやらかすたびに
自己嫌悪に陥った話を書かせてもらっているわけですが
それら諸々がこの辺にあてはまるんでしょうね。

常にキョドってるところとか人との会話を理解するのに
ワンテンポ遅れているところとか まぁ 何というか
「変えるべき」であることは重々承知であるものの
「変えるのが容易ではない」というのも多々含まれている

……天性の性質なんだからそれをなくしたいというのであれば
別の意味でさまざまな問題になり得るものもありますかね。

……まぁ それを思い出して落ち込んでいても何も始まりませんし
とりあえず今のところはその辺は気にしないことにするとして。

そのまま生かしていける癖。 こちらはどうも考えるのが難しい。
何せ これを自分で探し出してここにつらつらと書くことは
結構な慢心とか――まぁ 自分に対する驕りを
さらけ出すのとほぼ同義と考えることができるでしょうしね。

――この辺りは もろもろ生活しながら
他の人に自然と評価してもらえるように頑張りたいところ。

で 一番気にするべきだろうと考えられるのは一番最後の項目。
――変えてはならない癖。 なのになぜおまえは変えてしまったんだと
思われかねないような話。 こちらもこちらで何というか
「やらかしたかも」エピソードのようなものいくつかあったり?

で 少なくとも自分は「結果的にやらかしたエピソード」に関しては
どこかしらに書き留めておかないと忘れてしまう程度には
鳥頭を晒しているという何とも悲しい現状があったりするものでして……

前置きが長々となりましたがちょいと書き留める必要性を感じました。

何より 今までチェックしていたメールの確認というのを
兎にも角にも怠るということが多大に増えたような気がします。

自分の場合はあまりメルマガみたいな類のものを
見るような機会を持たなかった生活を続けていたものですから
過去はちょくちょくと自分でメール確認できていたのですが
ここ最近――受験が終わった直後あたりからでしょうか――
そのあたりの確認がさぼりがちになってしまった実感がここ最近ありますね。

う~ん。 まぁ 受験期は何といわれようとも仕方ない程度には
メールのチェックがアレになってしまった部分があったのですが
あの時に変な癖がついてしまった――なかなかメールフォルダ開かない
というのがあるのではないかと思っています。

さて その場合より具体的に何をやらかすことになるのかと言いますと
主に学内メールをしばしば見過ごすみたいなことをやらかすこと。
……なんというか 研究室に入りますとそのあたりが
大切な役割を受け持つことが何かと多くなってきたきらいもありますし。

……まぁ それが要因となった大きな事故は幸いなところ
今はまだ起こしてはいないのですが。

――やろうやろうと思っても結構忘れがちになるんですよ。
PC開くこと自体は結構あるんですけどねぇ。

TOP