鉄道の日、~鳥取

2015⁄10⁄21(水) 16:00
ちょっと今回は旅とは直接関係なかったけれども
その道中でちょくちょくと撮影した半分以上シュミな話題だけを
選りすぐって書いていきたいと思いますよ。

002_201510202127065b8.jpg
新快速の車窓から。 現在建設中の東姫路駅。
――こちらの方にはあまり
 「行こう」と思わなければ行く場所でもないので
結構狙って先頭車両からカメラ向けてみたりしていました。

――まぁ 降りて訪問するような時間もなかったのですが。

なお 姫路といえば――ということで 車窓からの姫路城も
狙ってみたのですが うまい具合に
話が進まなかった模様。

006_20151020212705068.jpg
途中すれ違った特急はまかぜ。

過去ちょくちょくと鳥取に行ったような話題は書きましたが
そういえば こちら周りで回って
行ったことはなかったなぁとか考えました。

いつになるかはわかりませんが 
次にこちらへ行くことがありましたら
ぜひとも乗ってみたいと考えた次第であります。
――できれば 親の金にせびる形で←←


015_20151020212704284.jpg
運賃表。 ――これ見ると
結構田舎に来たなって感動があります。
――本当に 兵庫の北の方にはこれまで
来る機会ほとんど皆無でしたしね。
そんな意味でもかなり面白い体験だったのでは
ないかと勝手に思ってます。

021_20151020212703fd5.jpg026_20151020212703553.jpg
この沿線ではこちらの駅が有名ですか。
餘部。 餘部鉄橋なんかが一大鉄道観光地として上げられていますね。

023_20151020212809306.jpg028_2015102021280826a.jpg
現在は既に架け替えられてしまいましたが
旧線も一部 遊歩道として残されており
この沿線ではなかなかの人たちが下りて行ったように見られます。

鳥取ではちょっと 親戚の墓参りの方も行ってまいりました。
――が 直前まで全くノーアポで言ったので結果的に
先方をかなり慌てさせるということをしてしまいました。

この辺りからも のっぴぃさんの計画性の無さというのが
如実に見えてくるものだったりしますよね……

最後に ここまでの流れで乗ってみた列車をば。
004_20151020212808c07.jpg005_20151020212807ef6.jpg
014_20151020212806048.jpg033_20151020212805592.jpg

TOP

鉄道の日、概要

2015⁄10⁄21(水) 00:00
はい 本日はハメ外しすぎてしまった話します。

001_201510202122262d9.jpg
鉄道の日きっぷ(関西限定盤)の方かってまいりまして
その期限が切れる前に乗り回してしまいたかったという願望がありましたのでね。
ちょっと そこらの画像で記事作っていきたいと思いますよ。

――今月はこんな意味合いの記事多いなぁ。

で いつものように寄り道ばかりした話書いても中途半端に終わるのがわかっているので
今日は大雑把にその旅程とかそのあたりを中心に書いてみる感じで行きます。

で 切符の特性ですがJR西日本管内が乗り放題、というわけで。
大学に入ってから全くできていなかった鉄道旅行成分を
少しずつ身に付けて行こうという意味合いで考えました。

まず 東海道・山陽本線で姫路に出てそこから播但線で和田山へ。
そこから山陰本線伝いに鳥取へ。
――そこから因美線・姫新線経由で姫路に戻りそのまま東海道・山陽本線で帰るルート。

結構ディーゼルなワンマンカーに乗れた区間も多かったですし
個人的にもかなり楽しめた旅になったような気がします。

まぁ 沿線の風景の方を軽く載せてみるような感じにしますと。
009_20151020212115610.jpg
天空の城と名高い竹田城が
まず見られましたかね。
霧がかかってよく天空の城と
呼ばれますがそれも納得。

竹田の一つ手前の駅に入るあたりから
九時頃でしたがそこそこのもやがかかり
朝だったらもっとすごい風景がそこにはあるんだろうなぁと
期待できる風景でした。

017_20151020212114f8f.jpg018_20151020212113ae9.jpg
豊岡からの城崎温泉。 
某文学作品の舞台として昔から
最近は 号泣議員の観光先として
有名になっていたような気がしますが

――そういえば この沿線結構
特急列車多いんですよね。

019_201510202121128fd.jpg
で その先あたりから海が広がります。 日本海。 カニとか有名だっけ。

032_20151020212330f89.jpg034_20151020212329952.jpg
で 浜坂乗り換えからの鳥取。
051_20151020212327783.jpg
日の入りは津山のあたり。 
――この辺りはひたすらローカル列車を楽しむ区間。

途中合席したおじさんが妙にしゃべり好きの方で
その人から旅の話をいろいろと聞かせてもらったりしました。

――やっぱり そんな感じで知らない人との出会いというのも
旅はもたらしてくれる、という意味ではとても面白いものだと思います。

――なお 「特牛駅」が読めた(正確に言えば「特」の字を書いた時点で既に読んでいた)
みたいなところで 結構鉄道好き(同類)とみなされたようで
結果的にお土産のラッキョウもらいました。 名も知れぬおじさん、ありがとう。

TOP