動きは早い

2015⁄09⁄06(日) 00:00
どうも。 のっぴぃです。 なんだかんだで受験の直前期の
限りなく記事作りにくい期間は艦これ話題を小出しにしながら
強引に切り抜けていたような気がするな~  と 自分でも思います。

……まぁ 受験期間もかなりまっ平らな日常過ごしていましたが
これから研究室配属されたりして 研究に追われてみた~

みたいなことになった時も なんだかんだでそんな生活が
常習化しそうな気がしますね~  という危惧も。

……受験当日及びその翌日に関しては画像投稿なしで
短縮版で記事作ってみた(自称)といった感じではあるのですが
状況によってはそんな按配でだんだんと書く内容が
自然消滅的になっていく可能性もあり得るなぁ……なんて。

――さて 喋りパート入っていきますと 九月に入ったばかりというのに
何というか 驚くほど急に空気が入れ替わった気がしますね。

去年とか 九月とかなんなんでしょう――みたいな感じで
まだ残暑厳しい時期が続いていたというのに 今年は八月末あたりから
何というか 急に空気が冷えてきたような気がします。

……まぁ そんなこと言ってても 例えば台風が一発やってきて
完全に空気が夏に逆戻り~  みたいなことも
この時期にありがちの口径に思えますからまぁ。 といった感じではありますが。

ただ 歩いていると蝉の声がだんだんと小さくなってきて
代わりに夜なべは鈴虫の声が聞こえ始めている……という意味では
着実に季節は進んでいるんだな~  なんて感じる次第であります。

――ただし 生き物の死骸見るのが得意ではないのっぴぃさん的には
地面にセミの抜け殻(魂)があちらこちらに転がっている
この時期はあまり 喜べるものではないのですが……

……まぁ 単純に空気が冷えてくるという意味では万々歳ですがね。
やっぱり ホラーじゃないですが 良い気はしませんよね。
蟻に分解されている途中の姿とかはとくにそうだよね。

……とりあえず 寝るときに 夏やっていたような上半身半裸のままで
タオルケットにくるまっている~みたいなことやっていたならば
ちょっと 風邪ひく展開になってもおかしくなさそうですしね。

……体調管理などに関してはしっかりしていきましょう。

さて 入試に使うTOEIC対策含めて勉強始めたのが
4月あたりだったか……  ということを考えると
半年近く続いているような気がした受験勉強も終わりまして

とりあえず 後半の方は土日も結構返上していたような気分で
あまり心休まる間もなかった――と言いながら 集中できていたかに関しては
完全に話は別、といった感じではあるわけですが。
――まぁ いろいろと頑張った、ということにしてください。

というわけで とりあえず目先の方の荷が下りた状況で
ちょっとくらいは休みがあるでしょう――身の回りの方々は
盛大にオフ会行ってきたりコミケ行ってきたりと
学部生ラストの夏休みを謳歌している方も結構いらっしゃるようで。

……ただ 自分の場合は 受験終了後即日お呼び出しかかりましてね。
――自分の研究の最初の課題みたいなのを話し合った感じであります。

……木曜日に終わって金曜日に早速お呼び出しで~  という展開は
流石に早いと思うの。 一週間くれ――ってのはねだりすぎだと思われたとしても
せめて 金曜日から土日挟んで~  みたいな機関くらいは
しっかり休ませてくれたとしても罰は当たらないと思うの。

……そういえば その受験の手ごたえに関してこちらの方で書いたような
気が薄かったので書かせてもらいますと 少なくとも一次試験に関しては
大方合格しているんじゃないかな~  みたいな空気みたいです。

……で その後の面接(≒成績が微妙なラインだった人の土下座の機会)に
召集されることはなかったので……  大丈夫だと踏んでいるのですが。
――釈明する機会もなく上げて落とされるのはさすがに反則だと思いますし。

……なんというか 結構近くの研究室の方々はそろいもそろって
面接に召集されたような気がする――という不穏な空気もありますが。

そして ウチの代の「できなかった(感覚)」率というのはかなり高かったらしく
受験者(ほとんど内進)の7割程度が二日目の面接日
スーツで集合していたのを眺めていたボクの気持ち(私服)とは。

……どうせ 人となりはばれているんだから 面接のタイミングで
スーツでかしこまっている方が白々しく思えるんですがね~
――学会ですら スーツでいる方が少数派だった気がしますし。

まぁ 成績的にさすがに主席を狙えるのか――と言ったら(そんなシステムが
あったのかすら微妙な戦ではありますが)かなり厳しいと思われますが
まぁ 一位じゃなくても中堅どころで受かってくれれば
個人的には万々歳、といったところであります。 気持ち的には。

とりあえず そんな感じではありますので 例えば逮捕されるとかして
合格の権利はく奪されたりしたらアレかもしれませんが
――十中八九大丈夫だろうと踏んでいます。 ……お疲れ様でした。

……まぁ 完全に傾向が変わって不完全燃焼感が半端ない(でも書けた)
今日かは別として そこそこ打ち込んできた勉強が
実を結べたなぁという実感はありましたし――なおさら
ちょっと クールオフ機関がほしかったということが思えます。

……ホント 試験終わった翌日からしっかり呼び出すのはねぇ。

で その後やることやった後こっそり帰ろうと思ったのですが
先輩に見つかって結局なかなか帰れなかったりとか
まぁ いろいろとあったようですが それはそれとして。

……とりあえず そこからの流れで学科主催のお疲れパーティ
(ただし ほとんどの同級生は欠席した)みたいなのがありましたが
――うん。 主役が少なすぎて逆にアウェー感すごかったよ。

TOP