御帰り!

2015⁄09⁄30(水) 00:00
のっぴぃです。 ……やっと PCが帰ってまいりました!!

八月上旬にモニタが割れて まぁ 受験期間中に
いろいろとやきもきしたくないとか
すぐに調べもの(当然勉強)したいときのために手元に置いておき

ついでに艦これ夏イベントもこなし←こちらメイン説

そのあたりの仕事が終わった後に大手を振るって
修理店に駆け込んだはいいものの 修理店についた途端に
何を思ったかHDが吹っ飛ぶという暴挙を披露。

それの自動修復でどうにかなったは不幸中の幸いか。

――と そのあたりの内容でタイミングを逸したりしたのか
……と 言うのとは関係ないとは思いますが
まぁ なんだかんだでパソコン修理店の中で完全に存在を忘れられ。

まぁ 存在忘れられるのは持ち主に似た部分もあるのかな。

5日で終わる見込みだった修理がなんだかんだで
3週間くらいかかってやきもきしたパソコン修理が終わりました。

長かった。 とても長かった。
やっぱり 使い慣れている道具とそうでない道具って
その愛着とか……やっぱり違うよね、ということを実感しました。

まぁ そこにおまけとしてパソコンの画面と同時に
特に理由もなくスマホの画面が割れてみたりで本当に
散々な感じの中身が続いたような感じで……

お財布的にも相当厳しいことになっています。 はい。



とまぁ そこまでがここらのボクに起こったことで
これまでも散々同じことを口走り続けていたと思われます。
で それの間は基本的に ウェブフォーマットに直接
書きたいことを思ったように書き込む形で記事作っていました。

――といった内容で 実際に記事作ってそれの中身みたいなのを
論じる機会ってなかなかないんじゃないか、と思いましたので
こんな風に 自分のPCも戻ったことですし
それまでの記事の中身を検証してみることにしました。

まず いつもはwordの文字数に関して必要以上に気にして
――言い方変えるなら「記事の行数ばかりに目を光らせて」
内容とかそのあたりは二の次になっていた節があるブログの記事の量ですが。

まぁ 目につく指標――ここが何行目だとかこの文字が何文字目だとか――
といったものがない分 どちらかといえば
「こんな行数になったので後は巻でしゃべる」といったことは
そこまで多くなかったんじゃないかと思います。

そうなると 地のトーク技術というか そのあたりが気になってくるのですが
昔からボク こうやって記事作るときには 基本頭空っぽにして
恐らく 一番聞きづらい独り言をしゃべり続けるようなテンションで書いておりますので。

だからと言って 内容が読みやすいものになったかといえば答えはNOでしょう。

そして そのあたりのフォーマットをなくしたら 記事の中での
文字数が減ってきたんじゃないかと期待していた面もあったので
この際 今まで書いてきた原稿をこれまでのフォーマットに押し込めて
その総文字数から本当に自分がフォーマット変えることで文字数へるのか

少しは口にチャックができるのかということに関して調べてみました。

結果 作業している途中で失敗とかしていなければという
前提の上ではなりますが 計算結果はほぼほぼそれまでの8割。

意識的に自分が文字数減らして記事書くとき(画像が多いときの
記事の分量も含む)の分量は きっちり2/3の分量になるということを
踏まえてしゃべらせていただくと 格別こんなスタイルで
記事を制作したと言って文字数が減るというわけでもなさそうという結果に。

なんか 記事上げているときには少し 記事のエリアが狭くなっているような
錯覚に覆われていたのですが どうやら気のせいだったようです。

――もしくは この期間中画像を用いた記事を全く登校しなかったことが
その辺の錯覚を思わせる大きな要因だったりしたんじゃないかなって。



まぁ この間の記事ネタ 明らかに電化製品破壊が連続しすぎた
ショックを相当に引きずっていたおかげで そのネタのバリエーションが
見るからに一辺倒になっていた部分がありますが……

……まぁ 文字数的にそちらの方が見やすかったみたいな意見が
ありましたら行っていただけると改善できるかもしれません。

ただし そのあたりも含めまして来月からちょっとばかり
記事の下書きの仕方をちょっと変えてみようかなぁなんて考えていますが。

――今までと今回の記事の作り方を総括して考えてみようかなぁなんてね。

TOP

今度こそネタをください

2015⁄09⁄29(火) 00:00
どうも のっぴぃです。

本来は この時期にさっさと画像消費して記事を作るとか
見たいな事 ずっとここでしゃべり続けておりますが
現状の自分にとってはこれ 結構 最近恒常的に
直面している課題だったりするんですよね・・・・・・

その 写真が使って記事を作れるならば 数日間は
仮にブログから離れていてもどうにかなるくらいには
記事ネタが供給できる自信があるのですが。

更に その写真を手に入れた期間からだんだんと離れていくにつれ
その写真について自分で語れることもだんだんと
少なくなってくる可能性がありえる感じになりますからねぇ。

なんて考えていると 早急にPCに帰ってきてほしい
ーーなんてここで言っていてもどうにもならないことは
わかっていますので とりあえず 受身の形にはなりますが
手っ取り早く記事のネタを提供してくれそうな場所に頼りますか。



こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の栗山です。今日のテーマは「目玉焼きに何かける?」です。しょうゆかソースに二分しそうですが、それ以外のナニカをかけている方もいらっしゃいますよね私はソースです…普通ですいませんポン酢もさっぱりしていて良さそうですよね今度やってみよう焼き肉のタレもおいしそうです醤油+マヨ+からしなどの合わせ技の人もいるかもしれないですねみなさんは目玉焼きに何をかけて食べてい...
FC2 トラックバックテーマ:「目玉焼きに何かける?」


というわけで 今ののっぴぃさんの目の前にトラックバックテーマを投下してみますと

ーー前回は 「シルバーウィークの話題?そんなの言われなくてもそれ
記事ネタの最優先消費ネタだよ」なんて期って捨てたような感じだったのですが
今回はいつもの自分のぐだぐだっぷりを発揮すればこれでもずっとしゃべっていけるかな。

で この文面見る限りだと ソースとしょうゆで二分化される予測されているようですが。
すいません 自分の趣味を語るならば普通に第三勢力になりそうです。

スプラトゥーンのフェス直前のイカバースにそんな感じでネタを投稿するならば
デルモンテのロゴマークをがんばってかたどって提出することになるのでしょうか。
と、言うわけで 目玉焼きにかけるのはケチャップ派です。

ついでに 目玉焼きは黄身までしっかり火を通す派ですね。

ターンオーバーにすることも結構ありますし そうじゃないときも
卵の上から水を投入してしっかりゆでる感じで黄身にまで火を通します。
黄身の半熟になったまま、見たいなのがどこか許せない人です。

まぁ 人によっては「この半熟具合がいいんじゃないか」って
怒られたりしそうな気もするのですが このあたりは人の趣味ということで。

結構 黄身の湯で具合とかを微調整するのも面倒くさいんですよ。
黄身の半熟具合を維持しつつ底を焦がさないようにするのも面倒かもしれませんが
どっちもどっちで 目玉焼きって地味に面倒なんですよ!

では 最初に与えられたテーマに戻ってみましょうか。
とりあえず ケチャップつけて食べる由来みたいなのを思い出してみようとすると。

子供のころから両親は特に何も書けずに食べていた傍ら
少なくとも子供の舌に卵のみの味というのは何かと味気なく
そんなときに 少なくとも自分の手に届いた調味料はケチャップだった感じなのですかね。

それにかかわらず 結構自分の場合はものをかけて食べるというときに
出てくる選択肢でやたら普通に比べたらケチャップの選択肢が
強いように思える、というのも自分の味の好みの特徴でしょうか。

おかげで 自分がトマトを使った料理で味付けするときには
ケチャップにあわせて結構甘めの味付けになることが多いみたいです。
ーーまぁ それに加えて 結構な量でカレー粉も投入することにもなるのですが。
人によっては「もはやカレー味」といわれる程度にまでは←やりすぎ

そんな感じで なんだかんだでケチャップやトマト缶の消費は
結構多いほうなんじゃないか、なんて自分では思っているのですが
それに対して 普通に切ったトマトとかミニトマトとかは
そういえば 一人暮らしになってからあまり使っていないなぁなんて。

基本 自分 毎度同じような料理しか作らないという
あまりよくないかもしれない癖を持っている自分的には。

ーー直すほうがいいのかもしれませんが 面倒なのでやらないんだろうな
みたいに 考えてしまう部分もあるわけで。

TOP

テンション

2015⁄09⁄28(月) 00:00
画像が使えたならばおそらく一週間以上PC触らなくても
連続更新できる程度には記事ネタ確保できる気がする

なんていったら少し誇張しすぎかもしれませんが
それができないおかげでしゃべれない話題もなかなか多いのは事実。

そして そのあたりの問題は 普通だったらすでに終わっていたんだろうな
なんてこと考えてみたら ちょっとむしゃくしゃがとまらない感じがする
ーー少々気分が荒れ気味なのっぴぃさんです。

まぁ そんな気分引きずりながら なおかつ 帰省はしたものの
いきなりイレギュラーで旅に連れ出されたり それの道中
ひたすら運転させられたり何なりでまったく心癒せなかったからでしょうかね。

とりあえず こちらに来て平常運転の日常が始まったのはいいものの
それに向けての気持ちがいまいち入りきらない日々が続いています。

まぁ 最初は実家で休めなかった心労的なところから入ったのだろうかと考えて
「だったら一日中寝てしまえばいいじゃない」という感じで
逆にだらだらし続けてみたのですが かえって逆効果疑惑が出てきたり。

その後は 自分が好きだったけど食べられなかったものを
食べてみたら勉強のモチベーションがちょっとは回復するかなと考えて
実家で食べられなかったおふくろの味カレーっぽいものを
自分で作って食べてみたりもしてみたのですがこれもだめ。

ついでに キレやすい人にはカルシウム、なんてよく聞きますし
そんなときは 千葉で買ってきた牛乳一気飲みすればどうにかなるんじゃねとか
考えてみたけれども これも結局あまり効果なし。

(なんか 千葉で買ってきた牛乳と神戸に持ち帰ったときのそれ
やっぱり なんか味が変わっている気がするのよね。 やっぱり温度で変成しているのかな)

もう そんなひどいのテンションの中でひたすら英語論文を
読み進めているのか休んでいるのかわからないペースでひたすらだらだらとやっていたのですが
結果的に 自転車でポートアイランドまで行って帰ってくるみたいな
軽い運動をしたら まぁ そこそこモチベーションが回復したというね。

結局 何をやる気にもならない(動く気にならない、というのも含む)のときは
初動を何とかして 一度家から足を踏み出してみれば
ちょっとは ましな方向に事態は動くってことなんでしょうね。

まぁ 動く気になれない効果が付随しているときは 件の「一歩踏み出す」というのが
相当大きな一歩になってしまうことがかなりのネックなのですが。



とまぁ そんな感じで自分の扱い方にまた 不慣れなところさらしてみたりしていますが
そんなこんなで そろそろ十月にも入りますし そうなってくると
一応 今までの夏休み的展開だったものから平常運転へと
大学生活も変わっていく、ということになるんでしょうかね。

まぁ 結果的に夏休みといわれていた期間の間も
ほぼ毎日のように大学へと顔を出す羽目になっていた部分もあったりして
長期休み間はほとんどない、という生活だったりしたんですがね。

そういえば ナチュラルに大学へ顔出す機会に恵まれすぎていて
逆にそんな認知ができなくなるというなぞの現象が発生していましたよ。

とりあえず 後期の授業に向けてですが。
たぶん 単位計算を自分でやってみた限りですと
このまま 卒論を無事提出することができたのならば
ある程度の単位をあまらせて卒業できるのではないかと考えていますが。

ーー事務方とかから 「あなた単位足りないよ」みたいな通知も来ていないので
「そんな連絡が来る」のか「足りなかったとしても自己責任」なのかすら
判断がつかないという意味では 末恐ろしいものを感じつつ、なのですが。

さすがに こうして必死こいて受かった受験勉強が
すべてパーになるという展開だけはなんとしても避けたいのですが。

単位計算 一緒に確認してくれるサービスと買ってないものなんでしょうかね。

TOP

久々にネタお借りします

2015⁄09⁄27(日) 00:00
本日のパソコン。

これ以上ネタが増えることはないだろう。 とりあえず
曲がりなりにもパソコン復旧してくれたみたいだから
多少動作確認みたいなのされるかもしれませんが
シルバーウィーク終わるころには修理終わる算段も立っているだろう。

よかったよかった。 これで解決ですね。
そんな風に終えられると思っていた私がいました。

ただし 現実をみて神様は底まで甘くなかったらしい。

あまりにもこのあたりの連絡が来ないなー
って 帰省している間もなんだかんだで気になってはいたのですが
連休も明けてちょっとさすがに心配になり パソコン修理店に顔出したんですよ。

そしたら どうやら情報が止まっていたらしく。
その 受付してくれた方はしっかりやることやってくださっていたようですが
その店の設備ではまともな修理ができないらしく
もう少し専門的な本店に持って行ったらしいんですよね。

で その本店の人がいつの間にかそのPCの処理を
まったく忘れてしまったらしく 見積もりやら何やらの連絡を拒否。

結果 二週間前の日曜日に本店に持って行って以降まったく
修理の作業が進められなかったという事実を知りましてね。

ーーさすがになめられすぎやしませんかと。

聞き及んでいた限りでは 手はずが整えば五日程度で終わるだろうと
聞いていたので さすがにシルバーウィーク終えたらどうにかなっているだろうとは
思っていたのですが さすがにそれはひどすぎる。

なんというか こちらもいろいろとやりたいことあったんですよ。

モニタでかいと 前も書きましたが画面の半分で和訳サイト開きつつ
もう片方の画面でワード開いて和訳した文章を書きとめ印刷。
見たいな作業が非常に楽にできるので。 逆に すぐそれをしたかったのですが。

まぁ いろいろ入荷の関連で一週間くらいに修理期間が延びることは
想定していたのですが さすがに二週間たっても帰ってこないという
展開までは予想していなかったのでちょっといらっときましたね。

これに関してこちら 結構素直にはいはいって聞いていた感じだったのですが
少し冷静に考えてみて 少しくらいごねてやってもよかったんじゃないかって。

向こうが完全にこちらのPCの存在すっぽかして一週間放置していたのは事実ですし
ある程度はごねて 少しくらい作業をサービスさせるとか
交渉みたいなのしてみるべきだったんじゃないかなって。

見たいなのに気がついたのは 一通りの説明聞き終わった後で
なんというか まだ 交渉はうまくできないなということを感じた次第。

ついでに言えば まだいろいろと人の目線が気になる、という書き方は
適切ではないと思いますが 面の皮は少なくとも厚くないようで。

ということを気にしてあげれば やっぱり私もまだまだ青いなー
ということを 痛感せざるには得られないというところでありました。

まぁ 少しはサービスさせましたがね。 さすがに。



毎度 同じようなことばかり書いていましたのでたまには外からネタもらうか。

そんなときに役に立ちそうな気がするFC2のトラックバック機能。
適当なネタ 拠出してくれないだろうか。

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の山口です。今日のテーマは「シルバーウィークは何をして過ごしましたか?」です。長い連休が終わってしまいましたね休みではなかったという人も多いとは思いますが...私は何をするわけでもなく友達と飲みにいって終了しました旅行とか行きたかったのですが打ち合わせとか面倒になって行動に移せず終わりましたでも充実したシルバーウィークをおくれたと思っていますみなさんは何を...
FC2 トラックバックテーマ:「シルバーウィークは何をして過ごしましたか?」



うん。 この辺の話題もすでに書いたことだよね。
ちょっと期待したこちらが馬鹿だったと思わずにはいられない感じ。

TOP

万能なものでは

2015⁄09⁄26(土) 00:00
どうも。 のっぴぃです。

直接ブログのフォームに書き込んでいるここ最近
明らかにブログの文面の量が少なくなっていることを実感しています。
のっぴぃです。 とりあえず そんな感じで昨日に引き続いた話題を。

まぁ もしかしたらこのくらいの勢いで
だんだんと文字の感じがしつこくない感じでブログ記事
作っていくことができたなら もう少し読みやすいものになったりするのかな。

とりあえず 自分のPC戻ってきたらそのあたりも検証してみたいと思うのですが。

あと おそらくその話題になるときにもう一度じっくりしゃべるかと思いますが
PCが外部用になっている間は 艦これのほうも地味に影響がありまして
「自分のPCつかえない間は改装しない」見たいな縛り。

主に ブログ用の画像処理なんかにいろいろと不都合があるからというのがその理由。
そんな意味では いろいろとしゃべれそうなネタはあるのですが まぁ。

あと 妙に気になるのが こうしてPC使えない間に自分のメールが
十分にチェックできないということ。 さて どれほどメールがたまっているのか。
そして その中に まじめな問題がどれほど入っているのかどうかに関して
かなり 心配になってきているのですが さて どうなることやら。

まぁ 直近の大学のメールに関しては何とかなっているような感じなのですがね。



まぁ 昨日はそのPCが使えないことで感じた不具合に関して
軽く記事ネタになりそうだと感じたものとか

ーーまぁ それがなくてもできるような軽い操作している範囲内で
感じた不便さをメインに語ってみた感じなのですが
そのあたりに関して愚痴ってばかりというのも芸がない、というわけで。

逆に 離れてみてわかったあのパソコンのつらいところと題しまして
文字とおり あのPCがつらいところというのを
少し 洗い出してみようかなと思ったところでありまして。

なお そんな感じで思った不便だと感じた点 それに
そもそも こんな出来事を引き起こしてしまった元凶なんかを加味した上で
「あまり高価じゃなくてもプライベート遊び用PCつくろうかな」とか考えたらしいですよ。

まぁ 予算的に何が起こるかわかりませんけどね。

で その不都合。 それはやたら電気を食うこと。
画面がでかいこととかなんか 結構細かいところに気がつくような
気が利いた中身を持っているからなんでしょうね。

性能がいいPCは変わりに電力を消費するというのはよくあることですか。
まぁ そのあたりは感覚で結構理解できる感じです。

まぁ 一部に関しては ファンがほこりで十分に作動できない環境下とか
見たいな可能性についても思い浮かべたところなのですが

ーーやっぱり 基の熱源の威力も結構大きいらしく
見たいなところを 無視するわけにはいかないみたいなんですよね。

と いうか 基本的にそれが激しすぎるおかげで
電源なしで稼動するとか基本論外ってレベルなのがつらい。

大学でも家でも稼動できるデスクトップだと思って考えるのが
一番妥当なラインなんじゃないかなって考えています。
下手したら30分持たない疑惑もありますからね・・・・・・

基本的に ノートパソコンにあまりなじみがなかった自分的には
基本的に ノーパソのバッテリーなんて飾り物なのかと
自分のそれを見ながら考えていたのですがどうもそうではないらしい。

と いうことをここ最近になって学んだ感じです。
まぁ 結果いうならば適材適所、ってやつです。

ということを考えるならば ちょっと外出先に電源が期待できないところで
とりあえず パソコン開くことができる、という場面を想定したときに
動かすことができるものが一台くらいあってもいいんじゃないかなって。

まぁ そうなると タブレットの存在価値とは、という問題に
どうしてもぶち当たるのですが それも結構悩みどころ。

なかなか更新しないそれに対する僕の考えでもあるのですが
どうも その特異性というのが見出せずにいるわけで。

やたら肥大化するiPad最新作もそうですが 意外とタブレット
その立つ瀬があまりないというのも事実なんじゃないかなって。



そういえば 画面がでかかったことに関する大きなメリットとして
二つのウィンドウ広げたままでも悠々と作業できるなんてことがあったなって。

たとえば ひとつでインターネットの辞書サイト開きながら
ワードとかで文字入力したりすることが結構楽にできるんですよね。

英語の資料片手に自分のレジュメまとめしたいなと思ったときとかに
そんな使い方が結構重宝するので気に入ってはいたのですが。
ーーやっぱり待ち遠しいものは待ち遠しいんですよね うん。

TOP

眼福眼福

2015⁄09⁄25(金) 00:00
29_20150930232531335.png
水着の時もやっていたけど。 なんかここ最近
秋の限定グラフィックがやたら多く流れてくるので
ここでいっちょ 何も考えずにとにかく流してみるという手抜きをやる。

……Z1のこちらはオクトーバーフェスバージョンらしい。

30_20150930232530be7.png
そして こちらの春雨と焼き芋の絵。 ――ほかの姉妹はそろって
水着で巨乳晒していた夏でしたが 彼女の場合は着ぶくれるタイプらしいですね。

――このちょっと落ち着いた感じ 個人的に好きです。

以下 何も考えずに秋祭りスタンツだだっと並べます。
17_20150930232527140.png18_20150930232525c4a.png
16_2015093023252888a.png21_20150930232720c8f.png
19_20150930232524eea.png20_201509302327192b1.png
22_201509302327186f6.png23_20150930232716eee.png
25_20150930232715a85.png26_2015093023271398e.png
27_2015093023290437b.png28_201509302329032db.png
24_20150930232901d91.png
内心 期間限定絵の方が好きなタッチな絵になっている艦娘とか
ぼちぼち育てておくのもありかもしれないなぁ……

すきに衣装とか変えられたらうれしいのだけれども。

TOP

あいつが帰ってこない。

2015⁄09⁄25(金) 00:00
いや 断じて記事がないというわけではないのですがね。
せいぜい四日間程度で終わるだろうと思っていたパソコン修理。

まぁ その後のゴダゴダもありつつ大方 シルバーウィークが終わって
こちらに帰ってきたころには平常運転で動けるだろうと
踏んでいた部分はあったのですが 世の中そんなうまくはいかないようです。

と いうわけで なかなか大量に用意した画像が使えないという
ちょっとした悲しい現状に打ちひしがれているわけであります。
のっぴぃです。 さて どうしましょうかね。

なかなか研究室のPCだけでどこまでやっていいのか
ーー少なくとも 自分が今まで使っていたPCほどは使いこなせないというか
調教がうまくできていない感じも強くて非常にじゃじゃっ娘ぽくはあるのですが。

そんなわけで 自分が使っていたパソコンが使えなくなった期間
別のパソコンをメインに使い続けていて
なんか うまくいかないような点に関してぽつぽつと
しゃべっていこうかなとか考えています そんな感じで。

まず第一に 自分で勝手に外部アクセサリつけていいのか
いまいちよくわからないということもありまして
結果 マウスとかそのあたりがつかえない感じになっているんですよね。

まぁ これに関してはつけたならつけたで あまりUSBポートも
ついていない感じなので そのポートの使用争いが
なんだかんだで激化することが考えられますよね。

で そのおかげでたとえば マウスの代わりのタッチパッドでの
誤作動が増えてみたり 自分が慣れ親しんだ
テンキーの感覚がまったくうまくいかなかったりで地味にイラっとくる。

しかも 誤作動で変なところにクリック判定が飛んでいくくらいなら
まだいいのですが よくわからないタイミングでいきなり
ブラウザバックボタン押したのと同じような扱いになったりすると
いろいろと 作業履歴消されたりということもありましたしね。

なんか パッドのスワイプでそのような操作になるらしい。 知らんがな。

ーーまぁ そのあたり 設定でいじればいい話なのかもしれませんが
さすがに 細かくスワイプしたらどんな操作になるとか
それやらかすまでは 細かく設定することもありませんでしたし。

なお 自分のノートパソコンではマウス操作に専念することで
タッチパッドのほうは完全に設定で殺す形でやらせてもらっておりました。

あと なかなか変換の内容を覚えてくれないこともありますか。

自分のPCは意外と要領がよかったのかもわかりませんが
結構逐一こちらが支持しなくても 勝手に予測変換を
覚えてくれることもあったりしたのですが こちらはそうも行かず。

まぁ 自分のPCでも さすがにたとえば自分の名前なんかは
最初のほうなんか特に 予測変換の上のほうにきてくれなかったので
そのあたりを逐一調教していく作業なんかやっていましたが。

こちらに関しては それ以上に 何度もこのPCで入力して
教えてやってもあまり覚えてくれないこともありまして。

さすがに全部辞書入力するというのもそれはそれで面倒くさいので
そのあたり 要領よくやってくれていたあのPCが懐かしいなぁと。

てか 意外とあのPC性能よかったのかななんて こんなしょうもないところで
実感するあたり 結構あのPCにこちらも調教されていたのかもしれない。

さて そんなことを思いながら早く帰ってこないかなとか考えておりますが
それはそれで 逆にあのPCも万能じゃなかったんだろうなー
と 思える部分もあったりしたのですが それはそれでまた後日。

TOP

予告編?が続く感じ。

2015⁄09⁄24(木) 00:00
どうも。 帰省した、と一言で言ってしまえばすむ出来事。
でも やっぱりなんだかんだでいろいろと出来事はありました。

まぁ せっかくのシルバーウィークですし 受験が終わったという達成感含め
のびのびと羽を伸ばしたいと思った出来事というのは
いたるところにあってしかるべきだと思うんですがね。

でも その話題をいざ 記事に起こしてみようとすると
画像を貼りたいところで画像をうまく貼りにいけないという
環境下にあったり 研究室での課題に関しては
おそらく ここで書くべき話ではないことでしょうからといったり。

「書きたい」という気分が先行するも どうも うまくかけないような
どこか束縛されたような気分に陥っています のっぴぃです。

とりあえず そんな環境の中でもうしばらく記事を食いつないでいかないと
いけない感じになるかとは思うのですがーーとりあえず
愚痴っていてもどうにもなりませんので ネタだしがんばっていこうと思います。

とりあえず それぞれについてかける範囲のところまで書きたいと思います。



・ノルマ
早速研究に向けての第一歩ーーということで
一定のノルマが貸されていたりしたのですが。

ーー何というか はじめのほうは集中講義が連チャンしすぎたおかげで。
その後 実家に帰ったら もともとやりたかったノルマに加えて
余剰時間(そのノルマに向き合えるだろう時間)だと思っていたタイミングを
親父のいきなりの思いつき旅行につぶされたおかげで。

結果的に ほとんど手をつけることができないままかえる羽目になってしまいました。

自分でこう書くのもなんですが いろいろとまずかったなぁと反省するしだい。
とりあえず 言い訳考えるの二割 残りで帰ってからの時間で
できる限りやれることやってやろうという気概で挑んでいかないといけなそうです。

それと 結構がばがばの僕の予定管理その他に関してそろそろいい加減に
本気で体質改善みたいなの 考えていかないといけない時期になったのかもしれません。

ーーみたいなこと 記事に書きながらちょっとした現実逃避を試みるマン。



・最近の行動原理
で 自分でうすうすやりたいなぁと予定立てていたこと。
それは 最近入れたというアプリのほう 駅メモの駅集め。

最近は関西に生活の基盤があるのっぴぃさんにとっては こうして
関東のほうにナチュラルに帰ってこられる機会というのは
駅メモの駅を生めるという意味だけで考えても
またとないチャンスなのではないかと思ったしだいでありましてね。

まぁ 帰省するという日程自体も結構 ぎりぎりになるまで決められなかった
(まぁ 結果的にここらで僕が優柔不断にしていたから
あの ほぼ無計画に決まった旅行が決行されたという説もあるのですが)
中で ちょっと 考えられることってこれくらいしかなかったわけですからね。

まぁ その中で何を考えて何をやっていたのかみたいなことに関しては
ちょくちょくとまた 画像交えつつ記事作ったほうが面白そうなので
と いうことにしたいと思いますが なんか 今回の帰省の中で
キーアイテムのひとつには確実になっていたと思われます。 このアプリ。



・舐められております
ところで 犬は飼い主と自分を含めた序列を作る、見たいな事
往々にしていわれたりしていますよね??

まぁ うちで買っているわんこも彼女の中で序列を作っているのだと思われますが
いろいろと気になることとして 彼女の目の前から数ヶ月顔を見せなくなると
彼女の中での消えた人の順序ってどんな風に思われていくんでしょうかね。

ーーという疑問。 とりあえず今わかることはこのわんこに私
「相当舐められておりませんか?」ということ。

こちらに来た最初の夜 千葉のほうでは雷が大げさに鳴り響きまして
我が家のわんこ(雷苦手)が僕の部屋に駆け込んできたわけですよ。

基本外犬(夜は特例で玄関に入れてあげる)という立場的に
ここまでの進入を許してしまうのはしつけの上でよくないということで
さっさと追い返してやろうと思ったのですが 見事なほどに
足が震えているさまをみて情を抱いたのっぴぃさん。

一晩だけだぞ、って許してしまったのですよね。 それが悪かった。

その後から 僕の部屋を犬が「彼女の空間」と認識し始めたおかげで
なんというか。ねぇ?  みたいな感じになりつつあるとか。

一度の情を完全にあだで返される形になりかけているわけですが
それって もう どうにかならないものなのかなぁなんてね。

TOP

しゃべれる範囲で

2015⁄09⁄23(水) 00:00
昨日 作り途中の記事を日付設定間違えて投稿してしまった
みたいなことやらかしておりまして。

あのときの記事はまだ 我ながら作り途中感バリバリだったので
ちょっとだけ あのときの話に付け加えつつ
日付修正したうえで再投稿させていただきます。

まぁ これとは別に 昨日は昨日で記事作っておりましたし
毎日等分投稿みたいな意味合いでは大きな違いはないでしょうし
ーーなんて 自分に言い訳しながらやっているのですが どうでしょう。



さて 帰省した、ということで そんな時やることはいろいろあります。

まぁ 一週間ほどしかやることがない上に そこそこ大学の研究のほうで
やらねばならないものも持って帰っておりますので
ひたすら遊びほうけるわけにはいきませんが
まぁ 結構非日常的なこともやってみているわけですよね。

ただし そのあたりのことをブログにあげるにしても結構問題があります。

はい。 PCがただいま修理中ということで 絶賛自分のパソコンが使えない。
それに乗じて現状 ブログへの写真の投稿のほうがストップしている状況であります。

で 今回の帰省の間ではさすがに一泊二日が限度でしたが
ちょっとした旅行を親子でーー妹もこの時期にちょうど帰省していたのでそれも含めーー
やってくることができたというお話が書きたいのですが
やはり 画像なしでできることはいろいろと限られるわけでありまして。

てなわけで ある程度はそのときの画像をまとめて投下する
アルバム的な記事にまわすとして 大まかな概要みたいなのだけ書いておきましょうか。

いってきたのは水上とかその辺。 群馬県北部です。
太陽も昇らないような時間から親父にたたき起こされて
いきなり車に乗せられて拉致連行。

途中からは運転もさせられましたかね。
こちらとしては「そんなの聞いてないよ」って展開がいろいろと
連続していたのですが もう この辺も許容していかないといけないのかもです。

ちなみに 同様に帰省していた妹いわくには
「なんとなく 実家が散らかっているような気がするから
特に 母親の動きの介護してくる気分で行ってくる」なんておおそれたこと言っていましたが。

結局向こうも向こうで 自分の気分で両親振り回していましたし
僕も同様だったんじゃないかなー  なんて思います。

なお 今回の旅行に関していつもと違う点といえば
結構予定バリバリに組むのが好きな親父が突発的に
ほとんど何の予定も立てずに入れた旅行だということ。

まぁ そのおかげで逆に 珍しいことにある程度予定とノルマを抱えて帰省した
のっぴぃさん的には その後いろいろと悲鳴をあげざるを得ない展開が
山積する結果になったりしたのですが それはそれとして。

そして いつもは動物病院とかでお留守番してもらうことになっていた
わんこにもしっかり同行してもらえるような旅行だったということでしょうか。

特に最初のほうは向こうもかなり興奮していたらしく
後部座席に押し込まれたわんこは。 まぁ、じっとしてくれるわけもなく
同じ列に座らされた人の顔にべしべしと尻尾のびんたを食らわせていたのですが。

まぁ いろいろとやっていくうちにさすがに疲れたのか
最後のほうは座席でぐったり、といった流れが多かったのですがね。

とりあえず 画像が大手を振って投稿できるようになったならば
改めて もう少し詳しくこのあたりには書くことになるかと思われますが
・・・・・・という 予告編じみた書き方で終わらせることをお許しください。

ついでに 記事投稿のプロセスを完全にしくじったこともお許しください。

TOP

遊ぶ場所

2015⁄09⁄22(火) 00:00
で 途中で変わった記事挟んだりしていましたが
一応のっぴぃさん このシルバーウィークを利用して
とりあえず 実家のほうへ帰省させてもらっています。

青春切符みたいなのが残っていたならば
電車旅とかめちゃくちゃしてみたいような気分だったのですが
残念ながら そのような切符はおそらく引っかかっていないような感じ。

鉄道の日切符とそれとの発売期間の合間にいい感じに
埋まってしまっていますよね シルバーウィーク。
ーーまぁ 自分のサーチ不足のような説も多大にありますが。

まぁ なんだかんだで ミニ旅行みたいなのは最終的に決行するでしょうし
そのあたりで何とか してみる感じになると思います。

で とりあえず今のうちに帰省している間にあった出来事で
書ける話題についてはちょくちょくとネタだししていきたいなという感じで。

・旧友
一種 これを目当てにして規制しているという説も有力なのですが
だんだんこの時期になってくると 同級生の方々もだんだんと
会社に骨をうずめだす人も現れてきましてね。

まぁ 自分が一浪しているからあるあるな話なのかもしれませんが
やっぱりというかなんというか 自分と同じような立場の人間くらいしか
声かけにいくわけにもいかないわけですよね?

そんなわけで いつも同じやつじゃないかとか知ってるやつには
思われかねないですが まぁ 悪友と近況報告とか。

まぁ 動き出そうと思った瞬間に チェックしていなかった実家の自転車の
虫ゴムが完全にオワタ的状況になっていたのに気がつかず
向こうにそこそこ迷惑かけてしまったのは正直申し訳ないと思った。

で そのときに久々に感じるのは 自分が本当にゲーセンに対して
行く用事とかなくなってしまったな  という感覚。

昔は本当に 馬鹿みたいな頻度で通っていたような気もするのですが
ここ最近は三十分いるのが限度。 もう ほかは誰かがプレイしているのを
眺めたりして がんばって時間つぶさないとどうにかならない場所になってしまいました。

すこし 自分の今までの交友関係的には そんなときにも
適度に自発的に時間つぶせる(少なくとも 向こうに期を使わせないような
態度のとり方)などについて 研究する必要がありそうだなぁと思いながら。

ーーまぁ そのあたりの要因もあったのでしょうかね。
超絶久しぶりにカラオケのほう やってきたりもしましたか。

そういえば ヒトカラ含めて私 ほとんどカラオケとか行かないなぁとか。
ーー少なくとも 大学生に入ってからはまだ一度も行っていない感。

なぜかどうかはわからないけど あまりにも久しぶりすぎて
カラオケでの感覚を思い出すのにかなり時間がかかったというか
そのせいで逆に 向こうにも機を使わせてしまったんじゃないかと
後になっていろいろと自分の行動に頭を悩ませて見たりしているわけですが。

ちょっと 神戸に帰った後 一人カラオケの難易度その他について
確認してちょっと やってみたりしてみようかと考えました。

いや たまに会ったんですよね。 とりあえず どこかで騒ぎたいと思ったこと。
ストレスが短期的にバッとたまったときの反作用かなんかだと思うのですが
急に騒いでストレス発散してみたいって思ったときとか。

そんな時 カラオケ入るのって一つの有力な選択肢なんじゃないかと思えるわけで。

あ。 歌う曲なんていまさらいわなくてもまぁ そんなものですよ。
ただし ここ最近になって みるアニメとかも増えてきましたから
キャラソンみたいなのでお茶濁さなくても 結構統一した人の曲とかで
そこそこ歌いきれるようになったのは高校からのある意味での進歩なのかも知れません。

ただし 趣味の影響で圧倒的に女性歌手の歌が多いというのは
一種 悩みどころかもしれないなぁと他人事のように考えていました。

とりあえず そのあたりは ヒャダインの歌で裏声で歌いつつ
ごまかしにならないごまかしに取り組んだりしていましたが・・・・・・
あと 野崎くんのあのへんでごまかしたりもしましたか

逆に もう少し声優押しとか突っ張ってもよかったなとか思いましたが
やっぱり すんなり歌詞でてこなかったりという事案なんかもありましたし
持ち歌作りかねて ちょっと通ってみるというのも面白そう。

見たいな事 後から反省してみたりしていたのですが まぁ。

ただし 大方オタク相手にしか受けない持ち歌しか作らないと思われますので
おそらくは万人受けしないような独自の世界を勝手に作っていくんだろうな
なんて 自分の趣味思考からは考えられるのですが まぁ。

TOP