夏のとある日

2015⁄08⁄07(金) 00:00
・自己暗示も大切だよね
どうも、のっぴぃです。 最近は本当に暑くなりました。

……なんというか ここ最近のボクの記事の作り方を考えるに
「そこまで気候は暑くないんだ……」という自己暗示を頑張ってかけつつ
でも 実際は 世の中そんなうまくいきませんよね?

みたいな展開が往々にして起こっているような気がしますね。
で 今日は「最近暑いですよね~」パートでしゃべっていくような感じで。

例えば 暑くなってくると具体的に辛くなってくるのが寝るときの環境。
――まぁ 一時期のこと(隣の部屋のクーラーの廃棄が直接部屋に入ってくる)を思えば
まだ ずいぶん楽ですし 気の持ちようで意外となんとかなることも
……まぁ そこそこはあるとはおもいますがそれではどうにもならないことも
しばしば起こるんですよね。 暑さにうなされて夜 意味なく起きてみたり。

そして それと同時にかなりの水分不足を自覚したので
冷蔵庫の中に作ってある麦茶をがぶ飲みしてみたり。

で その冷たい麦茶が効いたのか 急に腹痛に襲われて
仕方ないのでトイレに籠って過ごす羽目になった午前四時というのを過ごしてみたり。
その結果体内時計が完全に破壊されてみたりと結構散々でしたよ……

で その対策のうちの一つとして個人的に気を付けていることとして
しっかり布団を洗いこまめに布団を干しておくみたいなことがあります。
――実際にどれほどの効果を持つ物なのかはいまいち何とも言えない部分もありますが。

まぁ シーツを洗うということからはそれ以上今の自分的に
話題として膨らませるものは多くなかったのですが
例えば 夏場に布団を干すときってその取り込む時間を遅らせる人っていません?

普段は 布団が日が陰った後だと湿気てしまうからできるだけ
日中に取り込んでしまうように言われることも多いと思うのですが。

自分もそうなのですが(ほかにも そんな主義の人も知っていますが)
特に夏場は「あえて」布団を夜まで残しておいて昼間 太陽で温まった
布団をある程度冷やしてやるという考えみたいな感じでしょうか。

……特に 夕方取り込んだ布団って 暑苦しくて仕方がないというか
それだけで耐えがたいというか そんな熱気を秘めていることも多いような気がします。
……と 言うわけで あえて夜に取り込んでやる。

それと 最近汗をかくことが多いことを自負しているのっぴぃさん的には
こまめに寝汗によるシーツのじめじめ艦をどうにかして
……エアコンの使用という最終手段はどうにかして使わないようにしたいなぁと。

……さすがに勉強しているときはアレとしても 寝ているときにも
エアコンを使ってしまったならば さすがに負けてしまったというか
……といったような気分になってしまうんですよね……

まぁ それで寝られなくなっていろいろと進まなくなるみたいな
嫌な展開になってしまったら元も子もありませんから なるだけその努力は進めつつ
最終手段としてのエアコンの存在は忘れないようにするべきなんでしょうね。

ひとまずは受験生ですし そのあたりの体調管理は念密に。
……そういえば 今までは受験って「冬にある物」といった印象でしたが
この院試って思いっきり 夏にやってるという意味だけでも今までと相場が違いますね。

かなり夏には弱いボク的には苦しい部分も大きいなぁなんて。
――え?それ今更気が付く?  みたいなこと普通にやらかしていますが まぁ。



・汗
先ほども書きましたがここ最近ののっぴぃさんは日頃の生活スタイルのおかげか
結構あっさりと汗が出てくるようになっている
……のではないかと自負しております。

――まぁ 少なくとも昔よりは汗かきやすくなったと思う。

まぁ 健康的にはそちらの方がありがたい部分は大きいのでしょうが
実生活――というか 現代社会での生活――におきますと
しばしば それが裏目に出てくることも多くなってくるわけで
……いや 思い過ごしとかの成分も大きいかもしれませんがね?

例えば 前にも書いたかもしれませんが 大学へ登った時点で
ワンダーフォーゲルしていたのかって思えるようなレベルで
ずぶぬれ(原因:汗)になることもしばしばありまして
そんなときに着替えのシャツを忘れると文字通り悲惨なことが起こります。

そして 夏風邪の遠因となります。 まぁ 体が温まっているから
大漁に汗かくわけですし それは因果と言えるものかもしれませんが。

あと 最近気になっているのが汗疹。 特にひざ裏の
勉強机の前に座っていたら常に曲がった状況になっている部分と言いますか。
――そこが 結構湿疹になり始めてみたりしましてですね。

日によってはお風呂に1日複数回入っていて そうじゃなかったとしても
ちょくちょくと 膝後ろにはシャワー流してみたりしているつもりですが
気にしてもなるときにはなる、といったものなのかもしれません。

――せっかくなので風呂話題ついで。 先日一番暑さが激しい時間帯に近くの
温泉の方浸かってきたのですが 基本的には体温よりも
低いはずの源泉がかなり温かく感じていたのはなぜだろう?

みたいなことが このたびふと 気になりましたのでそれを書いてみるだけ。

涼しいくらいのお湯につかっているはずなのに頭からは汗が止まらない。
肩には丸い玉汗が浮き出しまくるといった感じ。
……まぁ 元々ゆだるの早い体質なのであまり長湯できないんですがね。

それにしても お湯につかるのが苦痛になるまでの時間が
我ながら早すぎるなぁなんて思ったりしたわけで。

――そういえば このくらいの時間にお風呂入りに行くことそうそうなかったのですが
やっぱりというかなんというか 子供連れの層がかなり多くなっていまして
走り回るガキが大量発生していました。 ほほえましい意味で。

……まぁ おかげでのんびりできなかった感もありますが。 風呂なのに。

TOP