一方カレー洋

2015⁄08⁄21(金) 00:00
E005.png
はい。 速吸さんと同時にやってまいりました
アイテム販売の影響も相まって……なのか もう 何というか
アイテム販売の欄がぎゅうぎゅうになってきた感もある気がします。

どうも のっぴぃです。 今日も艦これ談義での雑談
だらだらと続けていきたいと思います。 で ちょっと愚痴の類?

……やっぱり 速吸の使い方(洋上補給)は 課金前提とかじゃなくて
別のやり方がなかったものかという疑問が払しょくできないわけですが……
……やっぱり アニメの売上なんかが好ましくなかったというのが
遠因で響いてたりするものなのでしょうかねぇ……?

E110.pngE111.png
ほかにもE1で配布もされたアイテム。 戦闘配食。
……海域途中で一定確率で士気を高揚できるというアイテム。

まぁ これをはじめとして ダメコンなどを載せることができる
専用のアイテムやら補給施設やら 今回のイベントではやたら
課金アイテムが一気に増やされた印象があります。

なんか 今まではこのゲーム ビジネス色があまり強くなく
逆に 戦争の悲惨さを伝えるためにも あまりビジネス色は
見せていかないみたいなスタンツを取っていたみたいな話を聞いていたので

……どこか このイベントで運営の方向が変わったというか
――みたいなことが考えられる気がするのですがどうでしょう。

E004.png
同じサポートキャラでも明石さんは
改修工廠にせよ泊地修理にせよ どっちも
無課金でも不自由なく働かせられるというのにね……

速吸さんの場合は 課金するか否かでずいぶんと使い勝手が変わってしまう。
もはや 米帝ご用達レベルの艦に悪く言えば見えてしまうというのは
流石に言いすぎなのかもしれませんがね……

洋上補給される分を後でしっかり請求されることは
別にいいのですが ホント なんとかならなかったのかなぁって……

――ついでに せっかく明石さんの話題も降りましたのでついでなのですが
いつもは基本的に明石さんの泊地修理は使わない派ののっぴぃさんですが
流石に 連合艦隊が連発してみたり まぁ 問題解きながら
その合間合間に艦これやっている身としては。

――どうも 勉強の合間に泊地修理とか噛ましてみるのが
結構便利だなぁということに気が付いたわけなんですよね。

まぁ ちょくちょくと30分遠征でバケツ溜めている最中には
まったくと言っていいほど使う機会のなかった明石さんですが
ボクの状況によっては結構使い勝手あるなぁということを
再認識した次第であります。 ……完全に私事ですが。

ついでに 母校秘書にはケッコン艦にやってもらいたいという願望成分もありますが。



E213.pngE414.png
そういえば 前E3書くときにもスッと書かなかったのですが
これから書くE5海域の開放の時も含めまして
今回のイベントは時折 次の海域をスッと解放しない展開がありました。

潜水艦を狩れとか演習で勝利しろとか なかなかに面倒くさいというか
どこか 時間稼ぎ感がみられるような条件を
合間合間に要求されて そのたびに頭打ちになるというか……

どこか ペースを崩された感があったのですがそれの要因は何だったのか……
まぁ 雀の涙な補給物資も地味にありがたかった点は感謝してる。

E501.pngE502.png
で E5の話。 お札番号は4枚目。
――この枚数処理するだけでもなかなかに面倒くさい気がするんですがね……

で 舞台は前回のイベントで行ったインド洋方面(でも インドの形はなぜかひしゃげて。)
――なんか敵が再結集を図ってるから叩きに行きましょうというマップ。
……ぶっちゃけ そのマップの存在意義があるのかどうか甚だ疑問。

なんか 同じような口実で月一4-5に駆り出されているような気がするのですが
それだけでは飽き足らないのでしょうかねぇ????

E503.pngE504.png
さて このマップはなんだかんだで道中で資源をくれたり
――別に 秋津洲がいなくてもやってくれるあたり
もう この辺りの補給マスは「ボス倒さなければ上げないよ」という
嫌がらせ要素しか含んでいないようにしか見えないのですがそれは。

E506.pngE508.png
ボスの方は戦艦棲姫。 ――なんというかこのイベント
あとは 重巡棲姫(未登場)以外は一通り出てくるもの
出てきた気がするのですが 何というかオールスター感凄い。

で その戦艦棲姫に対して 重巡メインの比較的軽い編成で
挑んでいけというのが今回のマップの趣旨らしい。
……本当に マップの存在価値が結構こじつけ感半端ない。

E509.png
で もらえますのがイタリア駆逐艦。
――近いうち 彼女旗艦での
イタリア艦大型建造祭りが始まりそうな予感……

TOP

両親の意見

2015⁄08⁄20(木) 00:00
本日も本日とて 考えられた記事ネタになりそうなもので
とりあえず 「いつ上げてもいいんじゃね?」なんて
自己完結した分に関してネタとして挙げてみようと思います。

――まぁ そのおかげで四月あたりから「直近に上げるべき記事ネタ」が
何かと不足しがちな展開になっている件については
……まぁ 深く考えないようにしましょうかね?

(あのころは本当に 記事の内容がワンパターンになっていましたし)
――という 四月あたりに思いついた記事ネタであります。

先人の言うことはためになるから耳を傾けるべし
――なんて 誰が言い出したかはわかりませんが
いろいろな場所でこんな感じの内容の言葉聞くことはありますね。

素直に何それの手順がわからないとかそんな内容で
自分で悩むよりもそんな手段を使うことで
上手くいくということは少なくはありません。
そんな意味ではこの言葉はないがしろにしてはいけないことでしょう。

――自分自身 しばしば人に頼るということを
忘れがちになったり それ以前に頼っていたこと自体を
忘れてみたりすることもあったり……知らず知らずという間の中にも
いろいろと助けられていたりすることもありますからね。

――理由が何にせよ 忘れてはいけないことでしょうか。

ただし その言葉はただ無条件に鵜呑みにすればよい、
――ということでもないのが難しいところ。

ある程度は自分で考えて判断して一種のオリジナリティを出したり
向こうからいただいたアドバイスをあえて無視していく必要に
迫られることも少なくはありません。

もらえるアドバイスの中には 向こうにとっては苦でないことでも
いざこちらがやってみようと思ったらできない内容だったり
自分の考えているゴールにたどり着かないということなどが
往々にしてあり得ますからね。 難しい話です。

まぁ 一般的に啓示されていることをここで改めて
述べるだけで記事を終わらせてしまっては元も子もありませんので
とりあえず今日は日頃お世話になっている内容でも特に
両親に焦点を当てて考えてみようと思います。

一人暮らしをする中で直にお世話になる――ことも
結構ありますが 何かと裏方メインで両親にはお世話になっておりますしね。



例えば父親。 基本的に実家にいるころは「つかず離れずの距離を
向こうの方から保ちながらかかわっていくことになるのだろうか」と
考えていた部分もあったのですが いざ一人暮らしが始まってみると
なかなかに向こうから接触してくることが多くて驚いている実情。

まぁ 親(ボクから見た爺婆)が心配になって
それにかかわる内容で顔を合わせたり 親戚の不幸な内容だったり
同窓会があったりみたいな理由で頻繁に来る。

――その点に関しては 関西出身なこともあり仕方がないことだとは思いますが。

例えば TOEICやらでボクがアドバイスを一度求めると
ちょっと 過剰なくらい介入しようとしてくることもある。

――こうなってくると 「必要以上に」やられた部分に関しては
少なくとも向こうがぐれない範囲内でやんわりと
断る必要があるのは……ちょっと 申し訳ないところでしょうか。

このTOEICにかかわる話でたとえてみますと 単語帳を買った話を
してみた直後に 別の単語帳がアマゾンから届けられた時には
かなりボクのやる気が消沈したものです。
――元々モチベーション限りなく低いのだから余計なショックはいらなかった。

……こちらもこちらで 本屋で数時間立ち読みして「これがいい」と
結論付けた上で、しかも 直前に親子の電話で
単語帳探して買ってきた件に関してはしゃべった後だったのでなおさらですね。

これに関しては 電話内容を「困っていた」みたいな意味合いに
勘違いして(結構イリュージョンな展開ではありますが)送りつけたのなら
多少 好意的な解釈ができなくはない――かなとは思いますが……?

その他 いろいろと勉強法や本を送りつけたりしてみて
下手したら「ダメだったときに完全に向こうのせいにしたくなるくらい」まで
口出ししてきましたからね。 ――少なくとも 自分で考えて
自分で責任取れるような展開には持って行きたかったところですよ。
(と、結果を知らない時点で私は言い張っているのだが。)

でも 手続きをはじめとしたさまざまなところで
実際 父親から受けるアドバイスは役に立っていますし
「ウザいからいうこと聞かない」というのはさすがにやりすぎ。
……こちらが単に損をするだけでは済まない展開もざらにあり得ますよね。

母親からの話に関しては――基本的にボクの
母離れが遅かったこともあり 結構マザコンな部分が残っているのですが。

――衛生面などの向こうのアドバイスに関しては
「几帳面な母親がその方法でやったのであれば大きな問題ではないのでしょうが
ずぼらなボクがあまり頻繁ではない頻度でやった時には
絶対悪影響になるんじゃね」みたいな生活の知恵を頂くことがあります。

例えば 皿洗い洗剤はこのくらいで薄めよみたいなこと言われますが……

……しばしば 皿洗いが面倒になって 次の食事の支度をする前に
シンクが邪魔だと感じた時点で皿を洗う、みたいなことを
しばしばやらかすボクがそんな生活したら 皿の上で
ものすごい勢いで雑菌が繁殖していてもおかしくないでしょう??

……やはり 自分の性格や生活スタイルに合わせて
取り入れるべき情報は取り入れて 無理な注文はそうと
さっさと見切りつけるのも大切なんでしょうね?

TOP

反撃!第二次SN作戦(のっぴぃ視点)2

2015⁄08⁄19(水) 00:00
昨日に引き続きまして 今日も艦これの写真乱発していきたいぞー
と 言うわけで いろいろと時間がアレなのにゴリ押しした艦これの話題。

E301.pngE302.png
で 前も書かせていただきましたが 今回のイベントでは
出来る限り 時間やストレスをためている余裕はありませんので
もう 端折るところは端折る、ということで
イベントの方針を決めさせてもらっておりました。

……というわけで 最初の方は甲で選択していたボクも
まぁ 何というかだんだんと 攻略難易度が落ちてくるという現象が
ここで起こってくるわけですよね。 というわけで こちらでの選択は乙。

……だって 甲選択にしたらE3にもかかわらずダブルダイソンとか
来るって噂じゃないですか。 ――いや さすがにそれは早すぎるでしょう。

まぁ この先イベントのステージ数からして長いのに
そんな序盤で いろいろと跳ね返す≒資材の消費が半端ない海域を
出してくるんだったら まぁ 普通に考えれば
この 第一の関門を突破しておけば あとはラストまではすんなり行けるのが筋。

……だろうとは思っていたんですけどね??

E303.pngE304.png
で ここでのボスは水母棲姫。 もう 色んな艦種で
棲んでる姫が大量発生しているような気がしますがもう 深いことは気にしない。

まぁ ダイソンさえいなければ 乙選択であるならばなんとか
支援付きで昼戦終了できる可能性も残っているというわけで。

――支援なしでも 夜戦まで持ち込めばS勝利もできそうな気もしますし
それならば ある程度までならば 掘りも安定しそうだなぁなんてね。

……出るならば(フラグ)

E305.pngE306.png
それが 最終編成=甲の削り、掘り編成になりますと
ダブルダイソンのおかげでまぁ とにかく掘りにくい環境が完成するわけですよ。
――いや ホント ダイソン二人はやりすぎだと思うよ?

そんなわけで いろいろと釈然としない形だけれども
ボスを倒してゲージが削れれば 大きな問題は起こらないんだ。 多分。

E308.pngE309.png
もらえたのは電探――こちらは支援艦隊でうまく使いたい――と
ネームド艦載機。 ……こちらは このイベントでの
サブストーリー(文字で語られることはないけど)の主役っぽい気がしますね。

E401.pngE404.png
なんか アイアンボトムサウンドって ボクが着任する前の
イベントのステージ名であったと聞いていたのですが
あの時のイベントとは何だったのか……という疑問が頭をよぎります。

なんか 「帰ってきたアイアンボトムサウンド」ということらしく。
――まぁ 当然というかなんというか このステージも
甲選択ではやたら面倒くさいという噂を聞きましたのでね。

メリットも特に感じなかったということで いっそのこと
難易度を丙まで落として まぁ もしもの時の掘りにも
大きな支障が出ないような対策を考えてみたわけですよ。

E402.pngE403.png
で こちらは通常艦隊での突貫――ということで
道中支援があった方がいいんじゃないかな~  と思いながら
水着見せながらボコスカと支援噛ましていたわけなのですが。

……最終的に 別に支援なくても(少なくとも削り&掘りでは)
普通に周回できるということに気が付いたのっぴぃさんでした。
……甲攻略用のページ見ながら丙やってるんだから当然といえば当然か。

まぁ 過剰防衛くらいがちょうどいいんじゃないかな。 うん。

E405.pngE406.png
ボスは飛行場姫。 ――まぁ あの時のイベントにはボク
やっていなかったので別に何の思い入れもないようなのですが
人によっては この時の音楽がトラウマものだったとかいないとか?

E408.pngE407.png
で 報酬の方は――味方陣営初の補給艦、速吸さんと
そのお供の補給物資(本来はご購入下さい)の品となっております。
……サポート艦、ということで 彼女必須の展開が増える

……かと思いきや 補給のためには課金が必要になりそうですし
もう それだけでゲームの幅が狭まっているように見えるのですが
何というか このゲームはどこに向かっているのか疑問になってきますよね。

TOP

反撃!第二次SN作戦(のっぴぃ視点)1

2015⁄08⁄18(火) 00:00
E001.png
さて 今回も季節に一度のやたら回線が重くなってくる時期が。
――サーバーを強化してもやってくる猫の群れが。
……もはや 艦これイベントの風物詩ともいえるんでしょうね~

そんなわけで 今回書けそうな話題ということで艦これ夏イベ。

まぁ 改めて言うまでもないですが ぶっちゃけのっぴぃさん
そんなこのイベントに打ち込んでいるどころの展開ではありませんので
出来る限り これらのイベントはさっさと終わらせるに限る。

E003.png
……でも 最近の生活を考えるに 中途半端にやっていったなら
それはそれで気になって集中できなくなる
(ある意味依存症じゃないですかやだー)
可能性もありますので 最低限はやっておきたい。

みたいな前提を背負いながらのイベント攻略になります。

まぁ 言うなれば優先順位的には
難易度落としてでもすべてのステージを終わらせる。
これが今回のイベントでの第一前提。
……できる限り 確保できるアイテムは回収していきたいですけどね。

大淀さんは 通常海域が云々なんて注意おっしゃっておりますが
ボクの場合は リアル時間が少ないので 少なくとも今回に限っては
難易度はそこまで無理しないで粘着しないで終わらせたいなぁって思うところで。

E002.png
で 今回のイベントと同時に追加された艦載機システム。

――いつぞやは 同じようにイベントと同時に実装された
着弾観測システムによって
ゲームの根本ががらりと変わってしまったりしましたが
今回のシステムもそこそこ 同じようなことが言えるのかもしれません?

とりあえず 最近裂風キャリアーなんてのも叫ばれる程度には
空母の地位が落ちてきている(着弾観測の影響も大きいでしょうが)ところに
風穴を入れておきたかったのかもしれませんが これによって
全体的に艦載機の攻撃力上昇がかなり大きくなったように思われますね。

全容がぶっちゃけ わかりきっていないのであまりお恐れたことは言いませんが
場所によると能力値が1.5倍まで上がるものもあるとか??
―まぁ はたきおとされたら すべてがおじゃんになるわけですが。

それと同時に 個人的願望では改修工廠のシステムの方にも
艦載機 一部入れてくれたらありがたいな~  とか思っていましたが
この状況だと それはまだ しばらくはかなわないことになりそうですね。

そして またここであらかじめしゃべっておきますと
全体的に「攻略記事」みたいなのは全く書くつもりはありません。

言うなれば あとから自分が見返してみた時に「そんなこともあったな~」
とか 「よく受験直前にそんなことやったわ……」って
自分を嘲笑できるように作りたいというのが第一前提なので……

……結果的に 自己満足な書き方を連発していくのはご愛嬌。
ついでに これを乱用して さっさとブログ記事枠埋めたいというのも思惑の一つ。

E101.pngE102.png
というわけでE1。 こちらは基本的に
水雷戦隊で向かうといいという話を聞きましたので言われた通り
水雷戦隊で向かいます。 なお お札番号1.

E103.pngE104.png
マップの見た目も結構小ぢんまりとして
菊月でのルート固定をしておけば道中一線で終わります。
――スピーディで個人的にはかなりありがたいと思っているわけで。

そして ボスは駆逐棲姫。 ――いつぞやぶりですね。
……今回はしっかり 春雨ちゃん実用可能レベルに上げて連れてきましたよ。

E105.png
あ。 だからと言って春雨ちゃん以外
昼戦で殲滅するのはやめてください。

E106.png
てなわけで 川内さんが夜戦スナイプ。
――夜戦ということでかなり輝いていますね。 さすが忍者。

E201.pngE202.png
続くE2. こちらもお札番号は2番。
――そして 続くボスは 何というか軽巡棲姫。
……先ほど 川内さん入れて攻略していましたが 那珂ちゃんの方がよかったかな?

阿賀野さんもE1で使いましたし――みたいな公開を
あとでやったとかいないとか。 そんな話もあったわけですが。

E204.png
連合艦隊で挑んで まぁ なかなかに資材消費的に
辛いものがあった海域ではありましたがここらまでは
甲選択でも まぁ 「イベントだよな」って感じで行けた。
……ここらまでは、ね? ――というお話。

E208.pngE209.png
そんなわけで 高射装置と……  あ。 なんか映ってない。
サーバーがアレな感じなんですね。 イベント書版によくある話です。

TOP

建物入るなって。

2015⁄08⁄17(月) 00:00
・締め出し
どうも。 のっぴぃです。 ちょくちょくと大学に行くたびに
相変わらず研究室に誰かがいらっしゃる現状を見て
「結構ラボ畜レベル高そうな研究室なんだな~」と
今更ながらな感想が漏れてみたりしているのっぴぃさんです。

――まぁ 自分でやりたいこと洗濯したらこうなっただけですから。
一種 自業自得的側面もあるんでしょうけれどもね。

そして 院試というタイミングでそのラボ畜の環境から逃げ出せる
可能性を見事にどぶに投げ入れてしまったわけですから
もう 何に対しても言い訳なんてできるわけないのですが。

そして そんな研究室を卒業した方から先日
この先の大まかなスケジュールのようなものを教えてもらったりして
この先の「あまり未来に期待できない感」というのが濃厚になったわけですが。

……一度くらいは18切符でもう少し本格的に日本回ってみるべきだったか……?

そんなラボ畜している大学の方でも お上の方から
「お盆くらいはしっかり休め」なんて指示が来ているみたいで
ボクが今記事を書いているリアル時刻(知るか)から この記事が
上がっているだろう今日までは 大学の研究室に入ってはいけないよう。

……まぁ 申請書類出しておけば実際は 普通に中入ってこれるらしいですが。

一応 告知の方では「節電がどうこう」みたいな告知されていましたが
――それは絶対に縦前とかそんな類なんだろうな~  と邪推する奴。

そして その半強制的に取らされるお盆休みの方は
研究を進めている先輩方はどんなふうにとらえているんだろうなって。

文字通りお休み、ととらえて気楽に自分のプライベートを横臥するとか
それ以前にお盆という時期ですし お里に帰るとかして
親戚の間で肩身苦しくしているのだとか――まぁ いろいろとありそうですが。

それを「研究のペースが乱れるからやめてほしい」みたいに考える人も
もしかしたらいるのかもしれないな~  なんて。

……ボクが聞いたことがある話では 極端な外国の例で
所謂バカンスのために大学が完全に休業する時期があったりして。
しかもそれは 書類申請とかそれ以前の話らしい。
建物のブレーカーが落ちる――ところまでは行かないそうですが
完全に建物から閉め出されるみたいなことがあるのだとか。

……で 自分の研究がその時期になるとままならなくなるなんて
嘆いている人がいたなんて話。 ……なんとなく眉唾にも思えますが。

――だって 特に生物系の研究している人なんかだと
研究生物の餌やりだとか培地の育成とか何とかで
バカンスシーズン完全に締め出されてしまったりしたら
研究どころじゃない展開になりそうですからねぇ……

……それ以前の国民性みたいな意味に関して。

……基本的に 日本よりも社畜度が低い外国において
そんな プライベートの確保よりも自分の研究に熱中しちゃう人が
居ないことも無いだろうし 外国に行った日本人の話の可能性もあるので
その点の話に関してはまぁ 納得するとして。

まぁ そんな月単位で締め出されるよりは一週間くらい
かわいい物なのかもしれないな~  なんて思った次第。

そういえば うちの大学の教授の中には
土日とかに不意に ボクが大学に登って行ったときも
いつでも研究室の明かりが煌々とついている先生がいた気がする。

……つい最近まであの先生 単身赴任とかしているんじゃないかとか
考えていたのですが 最近聞いた話によるとそうでもないみたいですし。

……そんな人にとっては特に こんな感じで大学から締め出されるのは
応える部分とかありそうだなぁとか それ以前にあの人
プライベートと研究 実際両立できているのだろうかという
どこはかとない疑問がわき起こったりしているのですが それはまたそれとして。


・事前準備
――さて そんな風に研究室から締め出されることは前もって
わかっている情報だったのですが さて ここでのっぴぃさん
その 締め出される機関の前にちょっとした準備を試みていました。

――基本的に院試の過去問やその解答なんかは大学に置いてあります。

普段はそんな過去問なんかがほしくなったときに大学に行って
部屋に籠っているときは基本的に 教科書とか過去の授業ノートなんかを
参照しながら勉強を進めるみたいなことが多かったのですが
――と言いつつ 多少はくすねて帰ってきたりもしたのですが

流石に これほどの時間が空くとなると 同じく拗ねるにしても
「多少」じゃすまないレベルになるわけですよね。

――というわけで 締め出し前日律儀に大学へ出勤。
……からの ある程度の問題の分配を終えたならば
自分の取り分をしっかり確保したうえで帰宅。

そのあたりの抜かりはありませんでしたね。 ――まぁ 抜かりがあったならば
その後 ボクが部屋にいる間に集中力とか
やる気とかがしっかり持続するかとかそっちの問題があったことでしょうか。

……実際問題 いろいろと問題やってみているわけですが
思ったようにペースを握れていないというか
大学受験の時――特に最後の方に――発揮できた
かなりの集中力というのがさて どこへ行ってしまったのでしょう敵状況??

……もしかしなくても あの時の自分の感覚を取り返さないと
やられるような気が自分でもしているのですが やっぱり誘惑も多いわけで。

そんなわけで 明日あたりからその誘惑について言及出来たらな~  って思います。

TOP

良い非現実感

2015⁄08⁄16(日) 00:00
とりあえず 結構稼動率高くなっている噂のバトルガール的なもの。
先ほども また別の中身とか書いておりましたが そんなに間おけるわけもなく。

04_20150810224132f3f.png23_20150810224131fe9.png
で やればやるほど思ってしまうのは
これやってると 基本ヒロイン≒生徒というのもなかなかアレな見応えですが
全体的に 一目合ってその時から好感度MAXみたいな人もかなりいて
――基本的チョロイ部分が相当多いというのが気になりますね。

……まぁ 現実がそう簡単ではない分 この辺で夢見たっていいじゃない
――みたいな 社畜なオタクの心の叫びが聞こえてくるわけですが。

11_201508102241307c1.jpg
乙女の秘密を垣間見ようとする輩に対しては鉄槌が落ちます。
……いや 隠すならちゃんと隠してやってくださいよ。
逆に 「ああああああ」みたいに書かれたら気になるじゃないの。
――さすがに 最後の一線はある程度守ってくれるみたいである。

一応 ゲームのコレクト要素的な位置づけで それぞれのヒロインの
プロフィールがあったりするのですが それはそれで
ネタなのかマジなのかファンタジーなのかよくわからない部分も多々ありまして。

24_20150810224129b28.png25_20150810224128768.png
こう 中身を解放してみたら中学二年のプロフィールに
「将来の夢:ぬいぐるみ」なんて書かれていたらまともに反応に困るわけで。

――あ~  アレですね。 これ この先一種の中二病的精神で
高校に入った後くらいに ちょっとした精神の病抱えるアレですね。

で そのあたりのプロフィール上げていくには
基本撫でまくったり特訓でしごいたりしながら愛のむちで叩きまくればいいわけですが
そんな風にプロフィールを覗き見るだけじゃなく しっかり強化もされまして

13_20150810224229e95.png14_20150810224229a88.png
――ほかのカードをサブカードって形でメインカードの女子に据えることができるわけで。
このサブカードによってそれぞれの能力値も上昇しますし
物によっては 新たなスキルを会得したりと まぁ いろいろとあります。

ガチャのところでもつぶやきましたが 基本的に
メインで稼働させているカードの育成は大方終わりましたので
これからは このサブに据えるカード育成に頑張っていきたいなぁと。

……こちらも育っていればそれだけ メインにかかる効果も大きくなりますし。

そんなわけで この先は深く考えないで出てくる画像で
記事量産体制に入るつもり満々ですのであしからず。
――一部 もう何のために撮影したのかわからなくなった画像もありますが。

05_20150810224228b6c.png06_20150810224227f04.png
武器の強化なるコマンドがあったことを最近知ったのっぴぃさん。
――なんか 同じ種類の武器をいろいろと組み合わせるとか
それ以前に ステージ攻略中にたまにドロップする素材を合わせて
武器作ったりとか いろいろとできるみたいでして。

……で 初めてSランクに到達できた武器が……バス停。 バス停??

――なんか 見てくれとか設定とかがいろいろ気になりましたが。
なお こちらは通信対戦型イベントの報酬の武器をいろいろと集めた結果。
……なんか この系統で配布される武器の形 なんだかんだでカオスなものが多い気が。

26_20150810224226409.png
あと 日常パートに置きまして しばしば
売るためだとは思うんですがね~  狙っているとしか思えない服装も。

……最初から教師に向かって好感度マックスってのもアレですが
何の躊躇なく いろいろとこっ恥ずかしいスク水で構内を闊歩するって
もう 一週回って逆に許せてしまうような気がしないでもない気がする。

TOP

ガチャ

2015⁄08⁄16(日) 00:00
0.jpg00_20150810223847164.jpg
何も考えずに溜まっていくアプリ的ゲームの画像は
とにかく 適当なときの記事埋めには最適だと考えています。

のっぴぃです。 とりあえず深いこと考えずにやっていきます。

とりあえず ここ最近のガチャ結果。 一回第爆散してるけど。
――期間限定キャラ確保の流れがあった中一回目のガチャで爆死して
とにかくやる気が失せたという噂。

――まぁ その後ログインボーナスのクエスト関連でぞろぞろと
石が配布されたことにより もう一度回してみたガチャには
まぁ 「ふつう」といった感じのラインナップが見られましたが。

……まぁ 炎遅延が無くなってご無沙汰になっている今
あまり本気になってやる意義はないでしょうね。

一応 顔ぶれの中にはリヴェータの姿も見えないことも無いですが
今回の期間限定アニバーサリーカード化しておりましてね。

……ほかのキャラと抱合せた結果 望みの「遅延」効果が
完全になくなってしまったりしているわけで もう 血の涙さえ出てこない感じ。

まぁ その分別のところにやりこめばいいのだけれども
……そのための受験ですね、分かります。 気が疲れるんだよね……(愚痴)



とりあえず ガチャつながりで同じコロプラのバトルガールの結果をずらり。

08_20150810223940df2.png10_201508102239395ab.png
15_201508102239388a2.png20_20150810223937c47.jpg
27_201508102239363fc.png21_20150810223935bac.png
で このゲーム 結構頻繁にガチャアイテム配布してくれたり
ゲーム自体がいろいろ始まったばかりでデバッグの嵐が吹き荒れているのか
なんだかんだで結構な量 そこまで課金しなくてもガチャ回せるようで。

――同じ期間で試しているはずなのに 結構ガチャの様相が違う気が。
そして 個人的に結構総合して考えてみるとガチャの結果は悪くない。

――ついでに 気に入らないカードが多く手に入った場合には
カード交換とか言って まぁ 自分が本当に欲しいカードと
入れ替えることが出来たりすることに関してはとにかく
ありがたいの一言、といったところでしょうか。

で 現状 戦線に真っ先に連れて行く方々のレベル上げはとりあえず終了。
――これからは メインカードにつけるサブカードのレベル上げを
コツコツとやっていく感じで考えております。

……そのあたりのプレー内容みたいなのはまた別の中身で。

TOP

盂蘭盆会・拾伍

2015⁄08⁄15(土) 00:00
遠くから
・これも送り火の一種よね?
去年は送り火~  みたいなもの見ていましたが
残念ながら 今年は流暢にそんなの見に行ってる余裕はないかと思われて。

……まぁ ゆっくり見ている分にはしょうがないけれども
せめて 大学帰りに花火大会が見えるさまを
「風流だな~」って思いながら眺めて帰るの位は
たとえ 受験生であったとしても許されるのではないかと訴えたい。

なんだかんだで海に山が接近している大学の構造上
そして それを打ち上げているのが港の上ということで
山から自分の下宿に戻る最中に道を選べばある程度は
花火を見ることができるんじゃないかな~  なんて。

どうも。 のっぴぃです。 まぁ 逆に言えば花火を尻目に
大学に籠っていた日があったということも言えるわけですが
別段 花火に誘う、誘われる人もいないわけですし お似合いと言っては。

そんなわけで 夏の風物詩と言える花火大会。
関西辺りで真っ先に聞こえてきたのはPLの花火大会ですが
もしかしたら 大学にその日登っていたら
遠目に海を挟んで花火 ギリギリ見えたのかもなぁなんて思いながら。

――それはそれで かなり苦しい見栄えになっているでしょうけれども。

そして 神戸でやっている花火大会。 ――考えてみたら
関西に来てからまだ花火大会らしい花火大会来ていないではないか。

……まぁ そんなの座して待っているだけではどうにもならないですし
なるようになっているといういい方が妥当なんでしょうけどもね~
――のっぴぃさんの価値観というか もろもろが透けて見えている気がします。

プール含め この先(来年以降)ちょくちょくと 花火大会に向けて
知り合いにコンタクトとってみるみたいなのやっておきたいなぁ。

……さすがに今年は無理って言うのは その前提条件がアレだからね。
そのくらいのわきまえはしっかりつけておかないとね。



・“受験生”
さて 本日はお盆ということで爺婆の家に集まってみたり
それに従っての親戚づきあいみたいなのに追われてみることも
往々にしてあり得るわけですが……それに含めて親戚づきあいについて

……今までと比べてみると ちょっと減っているような気がするのは
もしかしなくても 気のせいではないんじゃないかなって。

――まぁ そのあたりの要因としては 少なくとも親戚づきあいとして
ボクもフォローしなければならない方々に対しては
うちの両親がしっかり 「ボクが受験生であること」を
周知してくれているので 逆に腫れ物に触るような扱いになっているというか。

少なくとも その受験が終わるまでは放っておこうみたいな扱いになっていますので。

まぁ ありがたいといえばありがたいのですが少しさみしいものもあります。
そして そのボクの代わりになってくれる受け皿として
妹がこの春デビューしたばかりですからね。

そちらの方にかなりお株を奪われていると考えても
結構 妥当な答えが得られるような気がするのですがまぁ。

ところで 理系の身としては結構あり得る選択肢に見える
「大学院入試」のお話ですが 世の中の理系文系人数比とか
進学率的なデータから考えてみると 大学院を目指す方が少数派の人間です。

まぁ 文系の方で院行く人もいますけど 理系のそれに比べて
内部比で行ったらかなり苦しいレベルになりますからね。
――院進んだ人に限ると 文系理系の人数ってそこまで大差ないのではないでしょうか。

――で そんなときあり得るのが 受験があるのが実は夏の間だってことが
思ったより周りに知れていないってことでしょうか。

――いまのところ この時期だからって何か誘われていることはないですが
基本 記事の中身は早めに用意していく主義ののっぴぃさん。

……なんだかんだで ちょいとそのあたりの認識の誤差から
日程がいろいろとずれ込むこともありうるのかなって。

――まぁ さすがに一日丸ごとつぶされるのはかないませんが
半日くらいの予定だったらなんとか 顔出すことも可能ですし(多分)
ちょっとくらいは親戚づきあい付き合ってあげてもいいんだからね!!

――というか さすがに最近遊ぶことも無くなって
会話するのが恋しいというか そんな感情が生まれつつあるのっぴぃさん。



・酒
親戚づきあいでこんな話題書いたときになんだかんだで抱き合わされるのが
ビール盛っての乾杯みたいな流れとかでしょうか。

まぁ 直近にそんなイベントがなかったって話した直後ですし
一番最近に酒盛りの要素があったBBQの話題を書いてみますと。

……やっぱり 過去の宴会での誰か介抱している率というのが
やたら高いのっぴぃさんとしては 過去やらかした人を
自然とマークしてみたり 見た感じ黄色信号になっている人なんかを
見つけた時が 結構気が気ではないみたいな感じになっているんですよね。

――こうなると もう 楽しめるものも楽しめない。

そんな気持ちを紛らわせるためか まぁ 「やらかした人」に対して
酒についてはとにかく 「その人が信用できなくなる」ことも往々にしてあり
もう なりふり構わず 「周りにその人の変なスイッチが入らないように」
チェックしてもらうように頼むのは仕方ないことでしょう。

――てか 過去に赤の他人の醜態晒してしまったならば
それに関してその後 ずっといじられ続けることに関しては
ある程度 許容しなければならないってのは 世の心理だと思うんですがねェ

TOP

理由がなければ

2015⁄08⁄14(金) 00:00
・院試準備期間
どうも。 のっぴぃです。 とりあえず受験のため
ゼミとかに猶予を頂いたような感じでありまして

――まぁ 何といいますか 特に理由を見出さなければ
本当に大学に行く機会というのを失いそうな気がして仕方ないのっぴぃです。

――だって 特に理由もないのにこのうだるような炎天下
延々と歩いて登ったり自転車に乗ったりして
とにかく人力で登って行くのってなかなかに酷だと思いますよ。

なんか 周りで結構大学に入り浸っている方に聞いてみると
「大学に登ってこないと食べるものに困る(≒学食)」という
意見を聞いたりもしましたが ボクにとってはあまりそのようなメリットもないですし。

それ以前に 夏休みに入りましてその学食の開店時間も
なんだかんだでいろいろと変化が出てきてしまった上に
特に 土日になってくると その良心的な学食ですら
のれんを下げてしまうことも往々にしてありますからね。

この前 そのような生活をしている方々に付き合ったことがありますが
土日の大学での食事コース――半強制的なコンビニ飯――が
かなり 一食にしてはダメージが大きいということを認識した次第で。

……こりゃ 望まない宴会の代金が請求された時以上に
無駄な出費ととらえてしまうのは――このくらいは仕方ないことでしょうか。

挙句の果てにはあまり 腹膨れなかったので燃費も持たないですし。
――まさに 百害あって一利なしの飯バージョンといったところでしょうか。

――まぁ あらかじめ弁当持参していくみたいなことがないと
かなり お財布へのダメージが大きいようなわけですが。
あらかじめ予定的に解っていたならば ある程度は対抗できるわけです。

……先日も書き増したように 近々泣く泣く切らなければならない
支出が目に見えておりますし できるだけ節約志向で行きたいところ。



・オープンキャンパス
去年までもなんだかんだでその日程をキャッチして
「中途半端な」アドバイス的なことをこの日記にも書いていたでしょうか。

先日 大学の方でオープンキャンパスの方がありました。
……まぁ 今までは座してそれを送り出すみたいな
特に そのイベントに対して何をやるというわけでもなかったのですが。

今年からはなんだかんだで 所属する研究室が決まったというわけで
ある程度は こちらも準備して~  みたいなことがあったわけですね。

ただし こちらの情報の受信が悪かったりそもそも前もっての準備が
不十分だったりした部分もあったからなのでしょうか。
……こちらも十分にお手伝いできたかどうかに多少の疑問が。

そして その内容を大まかに眺めてみた限りですと
その展示の仕方にかなり温度差があったように見受けられましたね。

……というか 行ってみた限りですと オープンキャンパスと言いながら
文化祭の文化発表枠みたいな出来栄えのブースが並んでいるような感じで
その中の展示物にそれぞれの研究室が趣向を凝らしてみる形。

まぁ それはうちの学科がそうであっただけで 見た限りですと
他の学科なんかはツアー形式のもの――まず そこそこ大きな教室で
一括の説明を行った後にそれぞれの研究室の発表会場へ
生徒が連れて行くみたいな形式――を採用していたみたいですが。

……というか ボクが行ったときのオープンキャンパスは
自分の所属していた学科に関してもこの ツアーのような方式を採用していましたし
ボクが大学に入った後 なんだかんだでいろいろと形式も変化したんだなぁって。

で 高校生の方々に目を止めてもらえるようにいろいろと
手の込んだ呼び込みをしているところもありまして
そんな意味でかなり手の込んだ研究室は 前日から割り当てられたスペースを
結構デコってみたり 一目の尽きそうな空間づくりにいそしんでいた感がありましたね。

……で そんな研究室は一か所に固まってしまったこともありまして
他の研究室のエリアは まぁ 何というか「さみしい」感じになりまして。

……ボクが高校生の立場だったら その温度差があるさまを見てしまったら
いろいろとその判断というか……に影響してしまいそうな気がしますね。

――そうだな~  せめてボクも ちょっと動画編集してみるとか
「人に訴えかける物」を作るためのスキルを
ちょっと蓄えてみるのもアリかな~  って気になってきました。

――なんか オープンキャンパスで展示していたものが
見た目結構地味だった感があるな~  とは思っていましたので。
……思ってただけで結局 何もやってはいないのですがね。

そして そんな心配をする前に来年も同じ舞台に立てるような
努力をしなきゃいけないって意見も聞こえてくるわけですが まぁ。


――で そんな感じでドタバタした後は お疲れ様~
……といった空気満載で 研究室の面々とBBQを。

……みたいな感じになってきましたら まぁ 何といいますか
多少血が騒ぐといいますか?  昔からかまどを作って
そこで火を熾してそこで煮炊きをして一週間ほど過ごす

……みたいな 多少アウトドアをかじったような性格をしているのっぴぃさん。

鍋奉行ならぬ竈奉行みたいな感じのことを一通り
やっていた部分もあったわけで。 ――ただし 暑さへの耐性の無さは
相変わらずなので まぁ 後程脱水がヤバいことになったと。

……アルコールもありましたし ソフトドリンクって大切よね。
……なんだかんだで 呑めるときにも飲まないってスタンツで生きてる感あるよね。
ボクのここ最近のアルコール摂取の仕方を考えながら ふと 思いました。

TOP

やらかした話

2015⁄08⁄13(木) 00:00
・事故る
不注意一秒、怪我百日  ――まぁ そんな風に言われましたが
(日付の数字に関しては あまり記憶に残っていないんですがね)
実際にそんな格言があったかなかった釜ではあまり存じていませんが。

――なんとなく 言いたいことはわかります。 のっぴぃです。

ここ最近は この四月から引きずり続けている無気力感と闘いながら
大学院入試で悲惨な目に合わないために頑張って
お勉強を進めていきましょう見たいなことを続けておりますが。

……まぁ 結果はどうであれ さすがに1日中気を張り詰めるわけにはいかないわけで。

そんな時 例えばごはん食べながらニコニコで1本の
ゲーム実況なんかを眺めてみたりして気を静めてみたりすることも多くあり。

――先日 「ここ最近は『ニコ動のゲーム実況にハマっている』」なんて
記事書かせてもらいましたが 個人的マイブーム そんな意味では
まだ現在進行形って部分はありますかね。 まぁ それは別にいい。

それ終わった後に 「よし また後半戦頑張るか」なんて言いながら
景気づけに(一種の自分への気持ちの区切りも兼ねて)音を立てて
PCのふたを閉じてまた勉強に取り組んでみたりするわけですよね。

一応 イメージとしては 誘惑の扉を閉めてやる、といった感でしょうか。
――その辺 結果的には気持ちの問題なんですよ 気持ちの。

――で 音を立ててPCのふたを閉じるということは
実際考えてみても まぁ 相応に手荒な扱いにも見えるわけですよね?

……さらに運が悪いことに 良い感じでキーボードの上にヘッドフォンが
置かれていた――みたいな悪条件が重なりましてね。

悲劇01
こうなりました。 盛大にPCの画面割りました。
――なお これやらかしたのは一週間くらい前。
――うん。 まぁ 何というか いろいろと辛いね。

まず 先日盛大におっぱじめてた艦これイベントどうしようかな~
――みたいな 環境的な問題が挙げられますね。

……個人的 これが心のオアシスになっている感強いから
――まぁ やりこむつもりは全くないにしろ 最低限
海域クリアボーナスまではいただきたいと考えていたわけですし。

それ以上に問題なのが金銭面。 元々あまりバイトとかやらない性質だったボクは
予定外の出費にかなり弱い生活を日々 強いられていることになりますしね。
――で これはそのうちどう考えても「予想外の出費」に分類できるでしょう。

だからと言って 普通に考えればお盆のこの時期には
短期バイト≒ボクの基本的な資金源  があるわけで
「ほかに何もなければ」まぁ 「今でよかった」みたいな言い方する自分が
考えられる程度まで“やらかす前提だったならば”“カレンダー上では”いいタイミング

……とも言えたのですが 今年に限っては
「院試」の存在が相まって これが逆に最悪のタイミングになってしまうんですよね。

……とまぁ そんなこともあり 当然かなり凹んでいるのっぴぃさん。

悲劇02
――ただし 不幸中の幸いと言えるのがこれ。

――部屋の中にテレビがある。 そして それとPCをつなぐケーブルを
しっかり自分 持っておりましたので 割れたモニタ代わりに
テレビを接続してパソコンの操作ができるというわけであります。

ついでに言うならば 無線のマウスとキーボードも持っておりますので
テレビの前の座卓に座っていれば「PCを持って歩き回る」こと以外は

――言うなれば デスクトップパソコン程度の作業であれば
ほぼ問題なく動かすことができるというのが救いでしょうね。

――まぁ PCの電源を入れたりスリープから復帰するときなんかには
デスクトップと比べて相当面倒くさい「ふたを開ける」みたいな操作が必要になったり
案外 そのような作業した時の モニタとの接続が
元々ノートパソコンとして設計されているからか ちょっと不都合もありますが。

……とりあえず 「目の前の現実から目を背けて一か月生活する」程度のことは
考えることができるかもしれない……?  みたいな希望がもてたところで。

まぁ どっちにしろ 純正修理出したならば 必要以上の場所いじくられたうえで
データ全部飛ばされて キチガイなレベルの値段吹っかけられるでしょうから
また 手近なところのパソコン修理店なんか探してみて
――まぁ 諭吉さん以上の出費は免れることはできないでしょうけれども。

――これも一種の勉強領として 泣く泣く払うことにしましょうかね……



・昨日の離し絡めまして
まぁ そんな感じで気分転換と申しておりますが 先日も
マンガとか買ってきたみたいな話していましたし そのあたりの危機管理
――ちょっと がばがばなんじゃないかって噂もあります。

――実際 自分も結構思いました。 で その結果の対応策。

対応策
目隠しすればいいんじゃね?  みたいな感じ。
――なお これ元々 座卓に欠けていたテーブルカバーだったのですが
まぁ ちょっと ぼろくなってきたこともありまして新しいのかいましてね。

――その古くなった奴 捨てる前に「漫画などの目隠し」として
本棚のしかも 手の届きやすい位置に関してはこんな風に
目張りしてみるみたいなこと やってみた模様です。

――実際 見えないということでそこそこ効果はある模様。

――さらに これを「貼る」ということを受験期のデフォとしておくことで
マンガ取り出そうとするたびに それをはがして元に戻すみたいな作業が
なんだかんだで面倒くさい感がかなり出てきましてね。

……今のところ そのあたりの心理的効果で何とか 効果を保っているらしいですよ。

TOP