お留守番(建前)

2015⁄06⁄08(月) 00:00
なんか 梅雨入りましたね。 こうなってきますと
もう ボクにとってありがたい冷えた季節というのが
もう当分やってこないということをまじまじと実感せざるを得ない日々が
基本的に続く羽目になりますのでかなり憂鬱です。

あと 大学への通学方法も歩き一択になりますしね。

――まぁ 入りたての時期はまだ 冷えた方の気団が頑張ってくれたら
そこそこ涼しい気候が残っていてくれたりするので……
……内心 そちらの気団をかなり応援したくなりますよね。

ただし 今年の梅雨の場合は梅雨入り翌日に
かなり肌寒いレベルで冷えてくれた――というのはかなりありがたいです。

挙句の果てには その日には北海道で雪が降るという話も聞きましたし。
……いいぞもっとやれ。 そのくらい冷えてくれていた方がありがたい。
暑い日々はいらない。 ホントマジで。 ――という愚痴。

……まぁ そんな望みと裏腹に 大方季節は無慈悲に進む。
これからは個人的にも 試練の日(気温的に)になりそうですよ……



・4年生の課題
どうも。 のっぴぃです。
とりあえず 大学の方の話題を軽く書かせてもらいましょうか。

――まぁ 大学の話に限らずワタクシ いわゆるコミュ障みたいな
部分があると自負させてもらっているわけなのですが
それのおかげなのか否かはわからないのですが
他の人との共同作業、とでもいうのでしょうか。

役割の分担その他に関しても自分の課題……なのか
難しさというのか。 そのあたりに直面しましたというようなお話でも。

――まぁ ボクの今の立場(研究室に入りたて)ということを考えると
今の時期はさまざまな問題や苦手意識その他を
洗いだしてみる時期に当ててやるというのも悪くないでしょう。

――そう考えながら 今のボクが感じた問題をつづるもので。

前には ボクが発表で大ポカ噛ましたというお話もありましたが
若干 あとから思い出して「うわ~」って相変わらず叫びたくもなりますが
まぁ これも この先のことを考えれば一つ必要な経験だった気もします。

あと 教科書とかその他を「はじめ疑ってかかる」という根本的な問題もね。

あまりにも自分に対して自信がなさ過ぎて なおかつ
他の者に対してはかなりピュアで端から信じ込むことができる。
――詐欺なんかに真っ先にカモにされそうな気がしないでもないですが
まぁ この場ではひとまず置いておくことにしましょうか……

で 今回の話についてちょっと舞台設定を書かせてもらいますと
先週学会で 先輩や先生が出張している間に まぁ 何といいますか
その一週間のゼミとかが出来なくなる代わりに
一種の宿題として発表課題のようなものを指定されたんですよね。

で その課題をやるのにほかの人と協力しましょうということになったわけで。

ただし ボクもその流れに便乗して帰省しようかな~  って
考えていたわけでありまして 前もっていろいろと約束してみたわけです。

その作業の分担と それをいつまでに終わらせるかみたいな話。
――まぁ それを決めることで ボクの帰省の終了時期を
具体的に考えてみたいな~  って 考えていた側面もあったわけですが。

……まぁ そのあたりのボクの心うちは別に語ることでもないですね。
帰省を終わらせる日付をきっちり決めておくのは大切なことです。
――こう 学期的に中途半端な時期に変えるのであればなおさらといったところでしょう。

……と 自分的に、そして、こうして文字に起こしておく間までなら
結構「完璧じゃね?」とも思えたボクの事前準備だったのですが
実際問題どうだったのかなということを考えてみますと
まぁ 何というか いろいろと無駄があったような感じになるのでしょうか。

――お互いに 同じ言葉を示し合わせていたのに
至るべき達成具合がかなり ばらばらだった気がするんですよね~
これはお互いの性格の違いによるものかそもそもの言葉の問題だったりするものか。

まぁ お互いに全く進めていなかったのなら
その進捗にかなりやばい流れが出来上がっていたのでしょうが
どちらかといえば ボクが張り切りすぎたような展開だったので
その時に関しては あまり大きな影響は出なかったのですが。

――その後の連絡というか 相互の意思疎通が
上手くいっていないんじゃね? みたいな展開が多々続きまして。

――まぁ 基本的に口約束する際にもなんだかんだで
お互いの性格とかが如実にでてくるのかな~  なんてこと
頭の片隅に入れてみたらなんとなく腑に落ちたんですがね。

ボクは――まぁ いわゆる「A型」みたいな対応を一通りとっていました。
もっと細かく言えば いかにも「日本人だな」って側面もありましたが。

直接的に言えば 言われたこと+αまでやったうえで
結構相手に対しても几帳面に話(やること)を進めることを
求める傾向にあるような気がします。

まぁ 自分の仕事の割り振りなんかに関しても
妙に完璧主義を求めやすいという展開があり得るというのが欠点で
――そこそこ 決められた仕事はしっかりこなすのが利点?

ただし 相手にも同じくらいのレベルのものを内心で
求めてしまうところは そこそこストレス溜めるでしょうし
そのあたりも考慮に入れた計画立てられるようになれなければ
そのうち どこかで計画を破綻させるということを経験するでしょう。

――まぁ そんなこんなで 自分の性格・行動から
何が起こしそうか考えるの……きっと、大切だよね?

TOP