六周年

2015⁄05⁄30(土) 00:00
20150530.png
本日5/30を持ちまして このブログも六周年、
ということになるみたいです。
――とりあえず 祝っておきましょう。

別に酒盛るとかそんなことはしませんが。

自分で書くのも何ですが 結構身の回りでも
これほどバカみたいに更新しているブログって言うのも
更新頻度的にも単純に続けている年数的にも
そう多いものではないような気がします。

――と言いつつ 実は自分が千葉にいた(このブログを始めたころから)
こっそり尊敬している方というのがおりまして
その方も 携帯の簡易更新などを挟みながらではありますが
ボクよりも長い期間日記の毎日更新続けていたりしますし。

……上には上がいる、といういい方はアレかもしれませんが
具体的に目標になる人がいるというのは何にしても
モチベーションを作り出すのに十分な要素となってくれるのでしょう。

そして そのようなブログをぽちぽちとご覧になって下さる皆様。

これからもワタクシ、できる限り頑張って行きますので
温かい目で見守っていただけますとありがたく思います。
――これからもこの日記とワタクシ、のっぴぃををよろしくお願いいたします。



・毎日更新――正念場
どうも。 のっぴぃです。 こんな日に書くのも何ですが なんか ここ最近の
ブログのネタ探しの難易度がやたら高いような気がします。

……一応 今までも結構意地で六年間毎日更新を続けていたわけですが
これもいい方によってはマンネリ化、試練のような見方もできるのでしょうが。
――まぁ そんな言い分だったらそれで語りも終わってしまいますし
この辺りについて必要以上に踏み込んでいきますよ?

――おかげで やたら長引いている風邪の話を分析してみたり
丁度直前に艦これのイベントの画像があったことですし
そのあたりのお話で頑張って食いつないでいる状況でありますが。

――おかげで 自分の記憶の中では相当レアな気がする
相当昔の自分語りの記事まで作れてしまいましたからね。
――まぁ それはそれで新鮮な話題だった気がしますが。

……と 嘆いていても特に今の現状が変わるわけでもありませんので
とりあえずは 風邪の話から思い出す自分語りでもやっておきましょう。

この現状になった、ということそもそもからして
なんか ここ最近ののっぴぃさんの生活が
何というか「薄いなぁ」という感想が漏れてしまう件について。

そもそも ボクみたいに必要以上に細かい案件のところまで
ツッコんで記事書きたくなってしまう人間が
「記事ネタがない」という状況に陥ること自体が何かおかしい気がするわけで。

そのあたり考えると ここ最近の自分の生活
「とりあえずゼミがある日には大学登ってそれ以外は……」
みたいな生活がいかに残念なものであるのでしょう。

やはり外に出ないと作れるお話も作れなくなるってものですよ。
――といいつつも これからは 個人的に動くのもきつくなる
蒸し暑い季節というのが始まりますしね……

……この矛盾する状況を以下に打破するのか。

さらに 受験的な意味でもどんどんと使える時間も少なくなりますし
これ以上に 記事に使えるネタを探す期間を設けるのが
難しくなってきそうですし――正念場、ともいえるのでしょうかね。



・解決策は過去に?
前にも ここ最近の自分の病弱気質というのは過去にあるかも?
というノリで記事書かせてもらったりしましたがその他の
さまざまな点を考えるにあたってもこの理論が通ずる部分があると思われます。

……まぁ このブログネタ探しに関しても
できることならば自分の大学受験(特に浪人の肩身が苦しい時期)に
どのように自分が動いていたかみたいなのも参考になるでしょうし。

そもそも 自分の精神が参ってしまいかけた時の
解決策のヒントもそのあたりに転がっている可能性が
十二分にあり得ますけどね。 ――まぁ それはさておくにして。

そんな話が持ち上がってきたのであれば このブログの存在意義として
個人的に掲げている 過去の自分アーカイブという役目を
この日記にいろいろと期待してもいいのではないか

――逆に そのような意味合いでこのブログを
十二分に活用するための方法をそろそろ自分で
模索するべき時期に入ってきたのかもしれないなどと考えながら。

伊達に6年の間毎日記事書き続けているわけではありません。

……まぁ 自分で言ってて悲しくなる程度に
しょうもない話題も結構あることは承知ですが
自分の人生とその時に考えられていた記録というのが
時々自分で真っ赤に染まる程度には赤裸々に書かれていることもあるでしょう。

自分で言うのも何ですが 自分一人のためにそんな
過去のデータがそろっている人なんてそこまで多くないでしょう。
――まぁ こまめに日記書いている人の特権ですよ。

ただし ここ最近の自分を見返してみるとその使い方が成っていない。
――道具を完全に持て余しているパターンですよね。



……まぁ 自分の場合はさらにここに「有言不実行」という
結構不名誉な性質がありますからね……
……ちょっと意識してこの日記の使い方を考える。

この辺りを模索するのがしばらくの間のボクの課題なのかもしれません。

TOP