自己嫌悪

2015⁄05⁄22(金) 00:00
どうも、 のっぴぃです。 とりあえず今日の自分は
ひとしきり自己嫌悪や自己反省にさいなまれたい気分に至っておりますので
そこのところよろしくお願いします。

とりあえず テーマとしては自分の認識の甘さ。
さらに そこに至るまでの甘えとかまぁ そのもろもろの話でも。

まぁ きっかけといえば見事に自分の初めての発表の時に
爆散四散したというだけなのですが まぁ 一度の
爆死くらいでめげてたらこの業界やっていけない。

だからといって 何の反省もしないままだったら
それはそれで まったくお勉強にならないといったところでしょうしね。

とりあえず 内容に触れるのはよくないにせよ
どんな状況だったのかくらいはメモっておいて損はないでしょうしね~

(まぁ 内容的に自分以外の人が見ても何言ってるのか
わからない展開になりやすいですし 下手したら時間を置いたら
自分自身もあまり理解できない展開になりがちですが。)

さて 今回何が一番ヤバかったのかって 発表用資料の元ネタの
読み込みが甘すぎたことから原因を発しているわけですよね。

それで本番を迎えて良しとしてしまったこと自体が第一の反省点。
それに自己分析できなかった点というのが大きいですよね。

この辺りの文章は何を言おうとしているのか。
別の言い方に変えることができなかったのだろうか。

さらに言うなれば ここ最近の倦怠感エトセトラ
ついでに自分の苦手な予定管理その他にかまけていて
全て中途半端なままで終わらせてしまった。
――まぁ 言い訳の類はこんな感じでいろいろと出てきます。

さらに その資料を読み込むときにもただ漫然としていただけではなかったか。
――これに関しては もう 言い返すこともできない程度には
……まぁ 自分の心ならわかっている、といういい方になるのでしょうか。

式の途中の穴埋め部分をどこまでが「上から与えられた」ボクが
考える考えない以前の問題なのか どこからがボクが
しっかり導き出さなければいけない部分であったのか。

そのあたりをはっきりさせて埋めるべきところは埋める。
その違いをはっきり見極めて実行に移すことができなかったのは
反省するべき点です。――これから、があればの話ですが。

あと 資料自体を批判的に見つめることができなかったのが大きな反省点。

「これはあっているはずだ」という前提から
自分の穴埋め作業を必要以上に批判的に見つめすぎてしまった影響で
理解するという作業を放棄する展開になっていたのではないか。

ただ単に「本をなぞっていただけなのではないか」という展開。
……そりゃ 何も考えなくて済むのだから楽だよね。

あと 資料準備の予備期間を長くとらえすぎてしまった。
――スライド作ってから発表日までの時期が長くなりすぎてしまったから
その時に自分が何を考えてやっていたのか完全に忘れてしまっていた。

資料中の文字の定義などをその時は流れで俯瞰的に
眺めることがスライド作成中にはできていたのかもしれませんが
その時にチェックできていたことも発表しているときに
思い出せない程度に時間を空けてしまったら発表もままなりませんよね。

まぁ やらねばならないことを先延ばしにしすぎるのも考え物ですが
前もって先に準備しすぎるのもかなり問題になりえるのではないか
――さじ加減が難しいのでしょうか。 なんて思いました。

さて そのあたりが前段階まででの反省点であったとすれば
発表しているいざ その時の私は完璧であったのかといえば
――まぁ そうであれば問題になるほどのことはなかったんでしょうね。
相変わらず あとから考えてみれば最悪でしたよ。

まず アドリブが効かない。 質問を投げかけられた時に
とっさに返事ができない。 本当の会談の場だったとして
これができないのはもう そこにいる資格ありませんからね。

まぁ 元々自分はアドリブが効かない人間であるとは
自覚しておりましたが ここまでのものだとは思っていませんでした。
――まぁ 場馴れすればいいのかもしれませんがね。

そして ついでに言うなれば さっき書いたように
ボクの予習がかなり適当だった点、そもそも用意していた時期が
かなり時期外れだったおかげで考えていた内容をことごとく忘れていた点。

今回はこれも言い淀みの大きな要因となっていたことは日の目を見るより明らか。
……あらかじめ予想問題集なんかも考えておけばよかったですかね。

さらに その流れをかなり引きずりまして相当テンパってしまった点。
……始めやらかした後 自分がどんなことを口走っていたか
終盤になるにつれ自分でもわからなくなっていましたからね……

……一種 ここまでテンパることができるのって
逆に才能なんじゃないかって思えるレベルで。

そして その発表に至るまでの間に 他の人の助言などを
あまり受け付けてこなかったことが大きな要因でしょうか。
――これは 発表した時の行動というよりそれまでの行動かもしれませんが。

――「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」なんて言葉がありますが
ボク しばしばこの言葉が身に刺さるような思いで持っているはずなんですがね……

……とにかくあまり 人を頼ろうとしないのがボクの悪い癖
――いや かなり親しい人にはでろんでろんに甘えるところを見ると
頼ろうとしない、というよりは人付き合いの悪さ、人間不信でしょうか。

――やべぇ 必要以上に話が大きくなってきたところで今日は終わらせておくことに。

TOP