発令!十一号作戦04

2015⁄05⁄12(火) 00:00
66_20150508001754b72.png67_201505080017536d8.png
ラスト。 ステビア海海域。 最終海域は連合艦隊での出撃。
――でも 今回はそのおかげかしら。 ――結構難易度は低めだったとか。

ボス直前には空母のおばさんが大破艦をつくってやろうと
手をわきわきさせているという展開とかありましたが
――武蔵連れて行っても大破させにかかっていましたからね。

68_201505080018515c3.png
で ラストを飾るのは毎度おなじみスーパーダイソン。

その硬さエトセトラは過去のイベントを
最後までやっていた人には当然のこと
――なのでしょうが すいません。

最後の海域まで
本気(甲)で挑もうと考えていたのは
今回が初めてですからね。

前回は武蔵の資材のためにトリプルダイソンから逃げましたからね。
――結果的に今は武蔵さん確保できているからいいのですが……

69_20150508001850cdb.png
とりあえず攻略のためには全力で
支援艦隊も編成するわけですが

――なぜここでプリンちゃんが
「どやぁ」と出てきているのは
……まぁ 深いこと気にしてはいけません。

71_20150508001849874.png
とりま 夜戦でドーン。

――調子乗って入れまくってしまった
大和型のおかげで燃費は
めっちゃかさみましたけどね……
――実際にはあまり大和型
必要じゃないみたいなんですけどね~

――ちょっと調子乗りすぎて
しまったみたいですね~←

――ところで 夜戦すると特に何もやってない第一艦隊の旗艦の
烈風キャリアーの軽空母が特に何をするでもなく
MVPをさらっていくあたり 何かおかしいなぁって思うわけですが。

76_20150508001945787.png77_20150508001944548.png
78_20150508001943d7e.png80_201505080019428f2.png
で 結局甲選択で頑張りましたのでもらえたのはこんな感じ。
――とりあえず プリンレーダーを確保することに成功。
……あと 二式大艇のお母さん 秋津洲の方も貰うことができました。

――最近こんな感じの艦娘よく見ますよね。 顔的に。
……で 初めての甲勲章を確保することができましたと。
――喜ばしいことですね。 この先何に使うのかわからないけど。

TOP

発令!十一号作戦03

2015⁄05⁄12(火) 00:00
51_2015050800164110b.png53_20150508001639941.png
忠実での作戦が終了したとしても
ゲーム的意味合いではまだまだ半分にも達しておりません。
――さぁ 自己満足ゲームもこの先どんどん続けていきますよ~←←

のっぴぃです。 とりあえず 無計画に取りだめた画像は
バカみたいな使い方してきつつ 喋りたいことしゃべって行きたいと思います。

そんなわけでE5のお話でもしていきましょうか。
……アンズ環礁泊地ってあのアンズですかね??
あまり 忠実とか調べているわけではないのですが……

54_20150508001639744.png
――そんなわけで
こちらで出てくるのが泊地水鬼。

……どうでもいいですけど「泊地」って
範囲広すぎません?

汎用性ありすぎてこの先もう二度と
出てこない可能性高そうな気がしないでも。

さらに こちらではルート固定などがつくれるのですが
その編成が最上型の長女&次女、三女&四女、あと 鳥海龍驤。

この中でも 鈴谷熊野とは既に指輪を渡してしまった仲なので
まぁ 縛りが始まるE3攻略するあたりから
この辺のメンバー構成を意識しながらやって行ったわけですよね。

……やっぱり 気にいっている艦をナチュラルに
手もちに加えることができるというのはなかなかうれしいものであります。

55_20150508001637dfc.png57_20150508001636aeb.png
そんなわけでさっさと終わらせてしまいましょう。
自分の手もちの中で一番高レベル艦の榛名さんがしっかり決めてくれました。
――かなり期待しているんですよね。 彼女には。

――まぁ 最終的には雷装のおかげでBismarckさんの方がMVP取ってますが。

59_20150508001757905.png60_20150508001757ab4.png
61_20150508001756dd0.png63_2015050800175530d.png
まぁ 大まかにこちらでもらえましたのはこんなラインナップ。
イタリア艦が実装されたからかそれに関する装備も増えましたよね
あと 二式大艇。 ――甲限定アイテムということで
ネームド艦載機と釣り合う何かしらのメリットがあるのでしょうが……

……ぶっちゃけ 未だ何がいい事として起こりうるのか全く分からない。
――そのあたりは 研究者提督さんの研究結果に期待したいところであります。

TOP