失ふ時間

2015⁄04⁄08(水) 00:00
ここ最近 外を歩いてみたりするとうっすら汗ばんできたりするようで
いかにも「春のような陽気」に包まれた日も増えてきましたね。

……個人的には 素ではいわゆる「冬の日」のような
冷えた場所にいる方がありがたい類の人間自称しているのですが……

まぁ 冬は着ぶくれればいいような気もしますし
暑い日それ以上脱ぐってのも――卑猥なもの見せつける勇気があれば
どうにかなるのかもしれませんが それってアウトじゃないですか。 社会的に。
……という意味では 冬の日ならそのこなし方はいろいろあると思うんですよ。

……ただし 昨日書いたように風邪ひいてしまうと そんな自称が
少々空々しいような状況になっているのではないか疑惑が生まれてくる気がします。

――まぁ 時期的に「寒暖の差が激しい」時期でもありましたし
それによって体が振り回されてしまったようなこともあるんじゃないかなぁと。
……それに 引っ越しで体力かなり使ってしまったのが追い打ちをかけたと。

さて そんな感じで床に伏したまま1週間がたやすく過ぎてしまったわけで。
もう少しこれで失われた物事について語っていこうかなって思います。

――ただでさえ 「ただ自宅を警備するだけになってしまった」動くべき日々という
記事ネタを全力で粉砕するような出来事経験してしまったのですから
この辺りのこともむちゃくちゃ書き綴ってやりましょうって感じで。
(↑そのあたり ブログ運営にあたるのっぴぃさんのいじらしさが出てますねぇ。)

最近気にしていたTOEIC対策も慢性的な頭痛のおかげで
まったくと言っていいほど進みませんでしたし 先ほど話題に上げた
妹のお引越しに関しても ある程度お手伝いできた
――そんな予定も組めたのではないかと思います。

幸か不幸か 研究室関連でのお呼び出しはその段階では
まだ 特に何も割れていない時期であったわけでして――という意味では
かなりありがたい感じではありましたね。 養生的な意味で。

まぁ 引っ越し記事の中でも愚痴っていましたが
結局あの時にボクの机は決まっておらず そのせいなのか
まだ 大学で本格的な研究室の集まりみたいなのは
(引っ越し自体を除けば)まだ行われていないというのが現状でした。

……なんとなく ボクが思っていたのより大学ってのんびりしているのか
それとも それはうちの研究室だけなのか少々気になるところです。

(まぁ 院を考えていたボクにはあまり考えていなかった
「就活の開始が遅くなった」という変更に対する効果、というのも
少なからずあるのではないかという説が自分の中で濃厚なのですが。)

とりあえず そんな感じのイベントが始まりましたら
少なくともかける範囲内でブログとして書いていきたいな~
――と ボク的には考えているところであります。 はい。

――ん??  これ 大学の引っ越し作業の直後に引いた風邪で
それによる「疲れ」要因は先に考えておりましたが
その「元凶になる風邪の感染ルート」もそっちにある説濃厚じゃね?

……みたいな邪推をなんとなく してしまいたくなったのっぴぃさん。



そういえば 寒暖の差が激しい――というこの時期ですが
ジャケットの類 いっそのこと……と考えて一気にクリーニング出してしまいました。

……まぁ これが風邪ひいた後の話だったらいろいろと
その後の行動とかを阻害することも無かったのでしょうが
丁度 風邪ひく直前に出してしまったというのはちょっと問題だったのかなぁ?
結果論的に「何とも間が悪かった」。 そんな感じです。

ジャケットがクリーニングで出払った直後に風邪をひいてしまった。
――それは 結構当時のボクの行動を阻害するのには十分なものでしたね。

クリーニングは一応 会員カード持っている会社の方から
「誕生日のあなたに」という形ではがきが送られてきまして
「一度に持ってきていただければその品全品3割引き」という
――固めて出してしまえばこれほどありがたい割引券はありません。

さらに その期間が誕生月いっぱいということで
――つまり 3月生まれのボクの場合は三月いっぱい。
……この間にクリーニングしたいものを固めて一気に出すわけですよね。

そんな意味で考えれば このシステムではクリーニング必要そうな
物品がやたら多い3月から5月あたりの誕生月の人って
かなりこのシステムの恩恵を受けそうな気がしますけどね。

……まぁ そんなわけで 3月下旬までクリーニング必要そうな物品を
ちくちくと溜め続けまして一気に出す。
――2月にありました親戚の告別式の時に持ち出したスーツ含めまして
結構効果的に選択できたのではないかと考えております。

……ただ その後の防寒着に関する問題がいろいろと浮上した件を考えれば
クリーニング割引はさておきとしてとことん「風邪ひく間が悪すぎた」
という愚痴を何度もこぼさざるを得ない感じになっていたわけで。

ここに引きこもりNEETが発現した一つの要因に違いありません!



あと 少し心残りなのは こちらに来ました妹さんの
お手伝いを全く持ってできなかったということ。 申し訳ない。

少なくとも自分がこちらに来た時は最初の数日間
妹さんにも少なからずお世話になっていましたので
その恩返し、ではありませんが 少なくとも「兄らしい感じ」で
頼れるところは頼っていただければよかった。 のですが。

現実はそうはいかず ボクは寝込む羽目になっていました。

それどころか こちらに来ている親に少しばかり
看病というか 支援物資運ばせるようなこともさせてしまい
「肝心な時に全く役に立たない感じ」にしてしまったことが心残り。
――うわぁ、大切なときに何やってるんだろ、俺。  感ヤバい。

TOP