風邪ひいた

2015⁄04⁄07(火) 00:00
そんなわけで 昨日書いたように いろいろと大学の中での
構造が変化した影響で 色んな場所へ色んなものを持って行く
――お引越しがあったわけですが そこでかなり肉体労働したわけで。

……それが影響したのかしていないのかよくわからないですが
その引っ越しで体力使いすぎた影響なのかよくわかりませんが
翌日から盛大に風邪ひきました。 今シーズン本格的なの初めてですね。

一人暮らしになった後のご飯は基本的に自分が食べたいものを勝手に作る

――というわけで 栄養バランスその他に関してはしばしば
(少なくとも実家にいた時よりは)適当になっていたのではないか
……といった感じではあったのですが それも影響は少なくとも。

実家にいた時はめったに風邪ひくことはなかったのに
一人暮らし始めてから ちょくちょく体の調子が悪くなることもあって
――ってことから考えると これを実感せずにはいられませんね。

――といいつつ 大体3日あれば大方「風邪?何それ?」みたいな
感じになっていたのが今までの流れだったはずなのですが
今回引いた風邪はやたら残りやがる。

一応 現在ボクが記事書いている間もまだその症状が残っているので
その症状がどれくらい続くのか……というのはまだ
全貌が見えていないわけではありますが 少なくとも一週間は続いています。
――体が弱かったころも ここまで面倒な風邪はなかなかなかった気が。

まぁ 一言で風邪と言ってもその症状もいろいろな症状がありますが
今回ボクは主に喉がヤバい感じになっていました、という感じ。

最初は「なんとなく喉が違和感あるかなぁ?」って感じだっただけなのですが
夜寝て起きてみたら盛大に咳込んでしまった感じ。

ここで薬かなんかもらいに行けばよかったのでしょうが――少なくとも
自分が通っている大学であれば その保健管理センター(高校までの
保健室的な場所)に行けば 別に自分で何か買うでもなく
そこそこのお薬がもらえたりするのでこのタイミングで行くべきだったのでしょう。

――簡単に聴診器当てたりの診察もしてもらえますしね。

ただし この時のボクはいかなかった。 ――少々恥ずかしい話ですが
前日の「引っ越し」の肉体的疲労が結構来ていたみたいで
その日 喉の違和感はまだしも 筋肉痛、健康な意味でのだるさで
身体がなかなかいうこと聞いてくれなかったんですよね……

で だらだらしていたらその翌日に「健康的な」だるさが
「あまり健康的ではない原因からの」だるさに状況変化したわけで。

……自業自得とはいえ なんか やるせないというか悲しいものがありますね。
後から考えてみると何かと……反省する場所がありますね。

そうして動けないでいる上にいろいろと辛いものがのしかかります。

咳が連発して眠るのもままならない日もありました。
……ぐっすりしていた後も なんだかんだで席でたたき起こされて
手元のちり紙に――どころではない量の痰をシンクに捨てに行きます。

そんなわけで 痰は寝ているうちにやたらできるようで
朝起きた直後は とりあえずまずは痰を捨てるという作業から。

……その色も黄緑色がかかったものでしたから なかなかに厄介なものだったのでしょう。

さらに 少なくとも最初の三日間あたりは熱もあり
普通に生活しようとしている間でも結構ふらついていたこともありました。

さらに積みあがった災難?は 頭痛がオプションでついてきたこと。

これのせいなのか単純にボクが嫌がっていた言い訳にしていたのか
……という真偽を図りたい部分もあるお話にはなりますが
お勉強も全く進まない。 お勉強どころではない。 そんな感じ。

慢性的な頭痛はその一週間の間常に続いているわけではありませんでしたが
普通にご飯の買い出しなどをしようとふと 外に出て動いたとき
――ちょっと違巡りだすとまた その頭痛が戻ってくるという症状は
しばしば続いていたわけで それはかなり面倒くさい。

おかげで この風邪に悩まされていた間はほとんど
寝て(いようと)過ごしていた――はっきり言って 生産性皆無な生活していました。

……と言って 素直に寝ていられたら非常にありがたかったのですが
結局のところ 前述のように寝かせてくれない夜間の咳だとか
寝苦しさ――常に床に伏していたおかげで かなり布団(シーツ)が
汗吸ってしまっていた感じで とにかく床がべたつく。

それだけで 寝苦しさが大変なことになるだろうということを
夏でもないのに実感することになった次第。 うわぁ……

……そういえば 替えのシーツってあったっけな?
いつも 直前で使っていたシーツを昼間選択して夜取り込む
……みたいな生活スタイルでいましたので……こんな時 結構困りますね。

今 新生活を始めるにあたって色んなものを買っている妹と
それに付き添っている親も比較的近くにいるわけですし
この際 それに便乗していろいろとおこぼれあずかるのもいいかもしれません
(※一応 この時期的には記事書いている時間軸で、ですが。)

シーツとかその辺は もう一個買ってくれないかな~  みたいにねだってみるとか。

まぁ それ以前になかなか自らの身体にこびりついた
汗を流すことができなかったというのもそもそもの問題としてあったのではと。

……一度 汗を洗い流してから床に就いたのですが
その翌日 ものの見事にこれらの症状悪化しましてね……
……要するに 体を冷やして風邪悪化させたらしい。

みたいなことやってしまうと なかなかその翌日以降
風呂入れなくなってしまって――という部分もあったんじゃないかなって。
……まぁ その後汗流したとき それだけなのに無駄な感動がありましたし。

TOP