チョイと進軍01

2015⁄03⁄10(火) 00:00
とりあえず 前のトラック泊地イベント終わった後にも
ちょこちょこスクリーンショット溜め続けていましたし
忘れる前に そちらの画像使っていろいろ書いておきましょう。

さて 前イベント終わった後にボク 抱負のようなこと述べていましたか。
――そろそろ 通常海域の方もやっておかねばみたいなこと。

01_2015030818214212a.png02_201503081821412c6.png
まぁ 通常海域そういえばやっていないと言えども
どのくらいやっていないのかという問題もあるかもしれませんが
ぶっちゃけ このレベル。 5-2は楽に攻略できるからと言って
出撃しなければ たとえ提督レベル三桁でもゲージは減らなかったわけですよ。

……というわけで そろそろ周りから「やれ」という圧力も受けましたし
さっさと終わらせましょう。 5-2. ――被害大きいなおい。

04_20150308182140638.png
まぁ そのラストでくまりんこ泥しましたが
ぶっちゃけ 既に持っているので
特に大きな変化はありませんでしたね。

03_20150308182139200.png
で 続きます“夜戦マップ”こと5-3ですが
結果から言いましょう。

このマップの攻略は一日経たずに終わりました。
――ついでに 結果論的にほとんど
資材の散財なく終わりました。

05_201503081821388ce.png06_201503081821371b9.png
代わりに この辺りでかなり面倒な思いをしました
――とでも書いておけば もう ボクの基本スタイルはわかってもらえるでしょうか。
本当に 羅針盤の妖精さんはラスボス説はめちゃくちゃ支持しますよ。

テスト終わった直後だからこその時間の使い方を存分にしていた次第です←

08_20150308182353f50.png09_20150308182352c89.png
まぁ そんなわけで 潜水艦隊で突貫しましたのっぴぃさんです。

これで行きますと 皆無、とは言いませんが 道中大破撤退はほとんどないですし
安定して ボス前の羅針盤とにらみ合うことができるのですが……
……そこから先は ほとんど逸れてお仕置き部屋送りになるわけで
この羅針盤がほとんど撤退理由?  といった感じになりそうです。

夜戦と違って「やられる前にやる」みたいなスタンツの攻撃も
このラストの空間ではできませんし そんな意味では
このお仕置き部屋が文字通りの「お仕置き部屋」として機能していましたよね。

07_2015030818235139a.png
なお 初戦の低速艦隊が突貫しやすいこの潜水艦布陣。
――1秒で何も攻撃せずに負け確します。

……この鮮やかな敗退劇である。
解せないけど 被害は皆無なのでありがたい。

なお このマップ 個人的には潜水艦の育成が非常にやりやすいということで
例えば 3-2-1レベリングの潜水艦デゴイが
疲労抜きの間に完治しきれない損害を受けたとします。

そんなときには ここで単艦突貫させて大破させてから
バケツをかけて直せば 疲労も抜けますし 何よりも
経験値がおいしいということで どっちにしろバケツを使うなら
かなりおいしいサイクルになっているんですよね。 という価値観。
――まぁ ボクに限ったことではないかもしれませんが。

11_20150308182350195.png
ただ 極々まれ~に こんな感じの迷子が
発生することもありますということで。

……ほんと ゆーちゃんの段階から回避は高いんだ。

これが。

23_20150308182349030.png24_20150308182348542.png
まぁ その先の東京急行は事故も何もほとんどなく無事に行けましたよね。

――ボクの場合 ケッコン済の航巡・鈴熊がかなり育っておりましたし
何というか ドラム缶運搬に指輪持たせる艦に回ってもらうという
かなり贅沢な構成が板についているような気がしないでもないですが まぁ。

25_20150308182436224.png27_2015030818243523a.png
で この攻略を持ちまして 「運営からの挑戦状」という
名高い壊れキャラ、レ級ののさばる5-5と

26_201503081824351c5.png28_20150308182434b6d.png
随一の運ゲーマップとも言われている6-1が同時に解放されたわけですが
まぁ ボクの感覚といえば この辺りを一日足らずで終えたわけで
「なんか 既に俺ここで結構やったよね」感がバリバリなわけですよね。

5-5に関しては 大型で資材溶かしながらやるにしては
かなり重たい感じになりそうですし 武蔵ヒットするまでやらないにしても
ちょっと 6-1の運ゲーに突撃するには気力が持たなかったというか。

TOP