乗り物初心者

2015⁄02⁄26(木) 00:00
あんな感じで帰省ルートに寄り道したりして(というのは直接関係ないですが)
意味なく普段立ち寄らないようなローカル線走りながら
廃線跡――というか 昔の軌道あとみたいなのを見つけた時はテンションが上がります。

……まぁ 詳しい人とか前準備などをしていたのならば
あらかじめそのような跡を探しておくのかもしれませんが
個人的には(そんな行動をしたこともあるのですが)何も考えずに
窓の外を眺めてみて そんな車窓で見つける予想外の跡というのの情緒の方が好きです。

まぁ 地図とか先に眺めてしまって先入観を持ったうえで
待ち構えるというのも面白味があるのかもしれませんが

……実際に初めて見るその車窓から不意にそれをみつけてみたり
それを見た後に実際にそのあとをみつけた地理的起伏を
実際に確認しながら考察を重ねていく――みたいなことが
出来る方が 何かと面白い気がするんですよね。

――という楽しみを 最大限発揮するためには
もっとフットワーク軽く動き回る必要があったのでしょうが……

……言っていることとやっていることが一致しない
自己矛盾の一つなんだろうな~  と これも一つ感じていることなのですが。

もしくは 本気で廃線跡なんかを追いかけないな~
――って 考えた時には 自転車等よりもはるかな機動力
……かつ 車などには達成できないような小回りの良さが必要になりうる

……要するに バイク(二輪)を乗りこなせられれば
かなり楽に、効率的に――みたいなことを感じたりすることもあります。

――ついでに言うなら 大方山の中を走り回ることが多いだろうし
どちらかといえばオフロード仕様で。 ……ってなると
何かとハードルが高いものがそこにはあるような気がしますがね。

まぁ それに関しては 何かと実家と反発してきた歴史もありまして
何が何でも 二輪の免許に関しては 実家から理解が得られないというか
いろいろな意味で これを企画した段階でライフラインを止められかけましたので
そのリスクを犯してまで得るメリットを得られなかったというのもありますが……

……なんというか 結構じれったい部分もありますよね。 そんな意味では。

一応 二輪ってのは車と違って生身で事故のたまり場に突貫するようなもので
見てて危なっかしい――という 二輪に乗っていない人から見た
そのまんまのイメージというのもわかるのですが。

……「そんなの大丈夫」ってこちらが言い張ることも自由ですが
それに対して「若気の至り」という角度で解析されることもわかりますし
それに対しては 大方自覚できない物である、というのが
この世の常という物でありまして――反論しづらい議題ですよねこれ。

ついでにいえば そんな目標も何も掲げない学部時代を過ごしていたおかげで
全くお金を貯めようみたいな気にならなかったというのも
なかなかに いろいろなものを阻害していた感もありますしね。

……結局 そんなこともあり 高校時代期待していたほどには何もかもが進まず
自分は思ったよりも尻が思い問うことを自覚したこの数年間。

もしくは 仲間に恵まれなかった――身近なところで
同じ趣味を発展させてくれるような人に全く出会わなかったような。
(あえて言うならチャモロさん、くらいしか思いつきませんし。)――
というのが かなり効いているなとは思うわけですが。

……結局は自分 何をやるにも空論で止まってしまう。
――この先 研究室に縛られる可能性が高くなるわけで
それを踏まえると ちょっと悔やむべきお話なのかもしれませんよね。 これって。

――まぁ 同じ結論何度使いまわしているのってお話でもありますが。



――そういえば 乗り物話題出したついでにふと 自分で思ったこと。

自分は1年の時に免許取ってきたのですが その時には
値段を優先したのか 面倒くささを優先したのか――あの時も
明確に考えていなかったような気がするのですが
結局AT限定免許で取りに行ったはずなんですよね??

……さて 最近になってMT免許に書き換える必要があるのか??
という問題に向き合っていることがまぁ あったりなかったり。

別に AT限定で困ったことになった――という事案は別に
起こっているわけではないのですが まぁ なんというか気持ちの問題ですよ。

そんな感じの展開になりうるか、巻き込まれるのかなんて話は
いざ、というときに決まりそうな気がしますし
時間が取れるか取れないか――なんて話に関しては
この先徐々にシビアになってくるでしょうからね……

まぁ 詳しくは聞いていませんが さすがに10万近く取られる
――みたいなことはないみたいですし 考えるのであれば
早いうちの方がいいのかな~  って ぼちぼち考えているというのが
……正確なんじゃないかな~  そんな感覚で。 ゆるーく。



まぁ そんな中ですが 基本ペーパーで正直
TSUTAYAなどでカード更新するときの身分証明くらいしか
普段出番がない免許ですが――まぁ さすがにそのあたり
意識しないといけないこともあるんじゃないかということで。

帰省してこの方 何かと出番が出てきている気がする車さん。

一応 帰ってきた直後あたりは 近くにあるスーパーの駐車場へ
――ちょっと 閑散としていそうな時間を狙って
駐車の練習をしに行って以降 親から鍵を預かっております。

――普段運転していなくてもアクセルを踏めば人並みに
走れるようにはなるのですが 一番感覚が失われやすいのは
個人的には「駐車場で白い枠線の中に車を収める」こと。
――立ってる目印が見当たらないので何かと辛いんですよね。 これ。

TOP