書類

2015⁄02⁄22(日) 00:00
はい。 なんか 構想していたのと違ってだんだんと
艦これ画像がしつこく感じてきましたのっぴぃです(自分で言うな)

――まぁ もう この日記はだらだらと惰性で続けているようなものですので
もう この方向性で諦めきってとことんまでだらけきってみるというのも
これまた乙なものなんじゃないかなって思ったりしているわけですよね。

――そんなわけで ブログの重さ軽減のためにもここはとりあえず
ガッと例のごとくしゃべることにしましょうかね。 独りよがりで。

……とりあえず いろいろとおろそかになっていた生活の処理の話第二弾。
一応 前はテストの影響で何というか ハウスキーピングの状態がアレ
……みたいなお話でもしていたんじゃないかと思うのですが。

……まぁ ハウスキーピングだけではテスト期間――や 年末年始
いろいろとやっていた生活のツケ?  は 回るわけではなく
まぁ いろいろとため込んでいた物もあったわけですよね??

さらに言えば テストが終わっていろいろとやるべきをやった後は
帰省して その帰省の終わりというのは――まぁ あらかじめ決まっているというか
去年同様妹の受験に付き添う形で変えることが確定しておりますので
出来るだけやらねばやらぬことは早く終わらせる必要があったということで。

まぁ その「やらねばならぬこと」に関してサボってしまった上で
何も見なかったことにして帰省するということも一瞬考えたりしたのですが
……なんというか 現実から目をそらし続けるのもよくないと思うんですよ

そんなわけで行ってきました 神戸の某区役所。

まぁ 一応自分も二十台超えていますからね……
何かと官公庁に出さなければならない書類があったりしたのですが
一部 忙しいと言って放置していたとかいう書類の提出とかね??

……まぁ この先は多分 書かない方がいい気がするので伏せる形にしますが。

とりあえず 気持ち的にはそれまでなんだかんだでサボっていた
部分が積み重なっていた――ということもありまして
何かと気が重かったんですけどね…… これが大人の辛さか←違

まぁ 元々そんな感覚だったところに さらに一度書類忘れて
意味なく往復する羽目になったこともあったというのは
何かと 面倒なイメージ助長した感もありますよね←

まぁ 冷静に考えてみたならばほぼ100%自業自得なんですが。
……という 社会勉強(リアル)を頑張りましたといったことでも書いておきましょう。

あと 書類の提出は役所に出すだけではなく大学の方にも。

――まぁ 別に大学テストの結果が悪かったからレポート提出
……みたいな展開ではなく 本当に教務の方に書類出すことになったわけで。

まぁ 来年から研究室入ったりしますし それにかかわったりかかわらなかったりで
いろいろと面倒くさい書類手続きがあったりするみたいなんですよね~

――みたいなこと テスト期間にいきなりメールで情報言われても
何というか こちらが十分に心に余裕を持って受け取れるかといえば

――正直 そのメール受け取ってから十分にテスト終わらせられるまでの間は
ひとまず無視するという形でボクの中ではメール処理していましたしね。
絶対に 心の余裕に関しては皆無だったと言い切れるでしょうね。

――まぁ こちらに関しては自業自得成分はそこまで多くないですよね。 絶対。
そんなわけで こちらに関しては冗談抜きで面倒くさかったという点に関して
ぶっちゃけて文句言っても別にばちは当たりませんよね?  きっと。

あと 逆に取りに行くものもありましたよね。 大学の方には。

一応 帰省に関しては去年と同じで受験生に付き添って帰る予定なのですが
その場合 大方新幹線で一緒に帰る――ということは
学割とかもらっておいて損はない。 まぁ 要するにそんなところです。

ちなみに 去年はすっかりこの辺の配慮をするの忘れてて親に怒られました。
――まぁ 今年はしっかりインフルエンザの予防接種受けてみたりと
やらなくていいはずの去年の反省が随所に生かされているとかいないとか。



そういえば 大学に登ったネタとしては 大学の修論発表会にも
顔を見せてきた――というか 内心「もうこんな時期にやるんだ」
みたいな驚きがあったりしたわけですが――そんなもんなんでしょうか?

まぁ 何にしろ来年から自分も専門の研究室に配属されることが決まりましたし
必ずしも 自分の生活する研究にかかわるものだとは
言い切れないことはわかってはいますが――まぁ 少なからず
聞いてて損する展開にはならないんじゃないかなって。

まぁ 卒論の方は見ている余裕みたいなのはなさそうな気がしますが
……まぁ その辺はボクの私生活との兼ね合いといったところでしょうか……

さて その内容一個一個については――正直驚くほど理解できない。

それぞれが研究に進んだうえでそれぞれが研究した内容。
そりゃ こんなひよっこが理解できる内容で溜まりますかといった内容。

よって その中身を理解するよりも 自分の出来ることというのは
内容に絞って考えてみるよりも その空気を感じ取ることだと
途中から自分の中で察した――といった感じなのでしょうか。

にしても 最後の質疑応答の空気を見てみますと
先生などの間でもいろいろとキャラが見て取れまして
質疑応答で質問する人はほぼ限られていて その人が
上手く質問できないときにはこの時間がしらっとすぎる。

まぁ それ以外の人たちをうまくたきつけることができるのかというのが
MCの人の大きな役割なんだろうなってのを見ながら思いました。

あとは 授業聞きながらしばしば思うこともあったのですが寝ている人もいる。
――しかも 教授サイドにもしっかりいる。 なんというか
かなり教授というのも人間なんだな~  というのを色濃く感じた。 そんな話。

TOP