プリンちゃん

2015⁄02⁄07(土) 00:00
18_20150128235935382.png28_20150128235934abb.png
一応 Wikiの方では前もって言ってくれていたから
大方そんな気がしないでもなかった感じではあるのですが
――やっぱり ビスマルクさんって母港ではかなり場所取りますよね。

始め情報として聞かされていた限りだと「扶桑型に勝るとも劣らない」
みたいな 圧倒的母港での存在感という話までは聞いていましたが。

――あながち その辺のお話は間違いでもないような気がします。

01_20150129000045983.png
――で そんなビスマルクさんを
姉さまと慕う合法ロリ
……って噂も聞こえなくもない
プリンちゃんのお話。

なんだか 前「書きたそう」な感じで
話し切っていた思い出もありますので。

――いや 正確には中途半端に書いていたのですが
当日の文章能力が半端なくヤバかったこととか細かく語りこみたかったので
いっそのこと 記事一本作っちゃおうという流れになりました。

出会いは前回のイベント報酬といった形でしたね……(え? ここからやるの?)

02_20150129000044580.png03_20150129000043b30.png
まず 彼女が只者ではない点その一は 艦隊に加わったとたんに
大和さんを呼び寄せるという大仕事をやってのけたということでしょうか。

――資源を自然増加量まで落とし込むためだけに突貫した
大型建造で早速やらかしてくれるという剛運ぶりを発揮してくれました。

04_201501290000423a4.png05_20150129000041ea9.png
その後は 彼女自身でビスマルク姉さまを引き寄せ
07_201501290001471b0.png08_20150129000146d71.png
大鳳さんを呼ぶのにもちょこっと貢献したという噂です。

まぁ ビスマルク建造に至っては彼女が旗艦で連れてくるという
報告がありませんでしたので ほかのドイツ艦に表面上は
お願いしていたとしても こうしてしっかり手札にいる状況で
あの 低すぎる可能性を引き当ててくれたんだから大したものです。

大鳳に関しても 晴れ着夕立にメインの立ち位置は“預けた”にしても
陰でしっかり引き立ててくれているあたりはさすがだと思います。

09_2015012900014557b.png10_2015012900014319c.png
ただし 逆に言えば彼女自身がほかの“秘密兵器”ともいえる
格の艦を建造しまくるおかげで 育成順序を大和やビスマルクさんに
奪われ気味になってしまったという問題もありました。

――一応 それらの戦艦の3-2-1レベリングには連れて行ったのですが
当然というかなんというか MVP率はそちらの戦艦の方が高かったり
レベリング資材の影響なんかも考慮してみると
どうしても 随伴艦としてのレベル上げになってしまうのは
仕方がない部分になってしまうという悩みがありました……

こうして 先ほどから建造の画像ついでに ちょっとした
レベル上昇の軌跡と日付が並べてみられる画像が続きましたが
そのあたりから逆算してもその速度がそこまででもないことは一目瞭然でしょう……

まぁ こちらもそんなぞんざいな扱いで彼女に接するわけはありません。
――この豪運を引き寄せてくれた彼女には運改修を施してみるなど
「VIP待遇」を約束している部分もあったりするわけで。

――まぁ 重巡ということで2-5MAPで夜戦とか対戦艦戦やらせてたりしていますが
それでもまだ 図鑑に大破絵載らないって言うのは相当強い子だと思います。

16_20150129000227736.png13_201501290002276e3.png
14_2015012900022571e.png15_20150129000225d1f.png
――とまぁ そんな感じでいろいろとありましたが
やっと、プリンちゃんにも指輪を貢ぐことができました、というご報告も。

なお 記事の中では前後していますが「Bismarckよりはこちらの方が早い」です。

あまり主だったところに置かせてあげられなかった部分もありますが
これからの我が艦隊の動向は彼女にかかっているといっても過言ではないくらいの
存在感を示す艦となりましたプリンちゃん。 これからもよろしくお願いします。

17_201501290000474ad.png28_20150128235934abb.png
――にしても こうしてみてみると ドイツ艦に指輪を渡した場合も
執務室に舞うのは「桜吹雪」なんですね。 軽い違和感。

29_20150128235933430.png
さらに 今回のドイツ艦二人
(重ねますが Bismarckの方が後だった)に
指輪を渡し終えたことで
我が艦隊の三桁レベルの艦は
10人を突破――二桁人数になりました。

おいこらそこハーレムとか言うなし。

TOP