トラック泊地強襲03

2015⁄02⁄19(木) 00:00
41_201502112326244a2.png51_2015021123262375b.png
とりあえず 前半のステージは無事に終わらせましたが……
――後半に行くにあたって 少なくともリーク時点で
専攻していた方々から聞いた情報によりますと
後半 別に甲作戦で行こうがそれ以下の作戦選択しようが

……正直 大きな差がないというかあまりメリットが見られないというか
――別に無理する必要もないんじゃねという説も流れるくらいで。

正直 自分の艦隊に関しては 大型建造回したい気持ちも強く
――報酬さえもらえたら別に 甲にこだわる必要皆無なんじゃないか論が根強くあって
結局 この先は徐々に難度を落としていく展開になったわけですよね。 はい。

52_201502112326227c4.png53_20150211232621206.png
そんなわけで 反撃に出た我が艦隊。 反撃というのに
なんか 向こうの方が手加減してくれている感が
難易度替えたおかげで出てきた気がしないでもないですが まぁ 気にしない。

で こちらに出てきましたのが空母おばさん。
――やっぱり 鬼とか姫とかの固さは折り紙つきですよね やっぱり。
通常艦隊で突貫することになるのであれば木にせずにはいられませんよ

54_20150211232620d96.png57_201502112326194ae.png
そんなわけで パパッとゲージ破壊。
――一応 ラストダンスの際には念のため 大和さん含みまして
火力重視で突貫してみた感じですが――そういえば まともな出撃で
大和さんに出陣していたのは初めてなんでしょうか。 ケッコン済みなのに。

59_20150211232900bfb.png
そんな中もらえるのが練習巡洋艦香取さん。

――純粋に 地名としては
結構なじみがありますがね。 個人的には。

まぁ マゾっぽい提督の方々には
人気があるとかないとか言われていますが
ブッチャケタ話 個人的にはノーサンキューです。
てか 教師キャラだからと言って
ムチ持っている必要あるの?

64_2015021123285941a.png65_201502112328583fe.png
とりあえず 難易度ごまかしながらですが ラストダンジョンの方も。
――今までは 報酬が駆逐艦なのだったらやる意味なくね?
って かなり冷えた意見でいたボクですが 大型建造で
あれ以降そこそこあたりを引いていたこと。

……と 今回の最終海域は報酬が駆逐艦ではないこともありまして
難易度落としながらとりあえず報酬だけでももらっておこうという流れで。

……いや 別に駆逐艦が嫌いというわけではないんですよ。
――ただ 現状改二艦だけ考えても全く育成が追い付いていないのに
あまりやる意味なかったんじゃないかって考えてしまっただけなんですよ。

68_201502112328570db.png
とりあえず 甲難易度になりますと
随伴艦にダイソンが大量発生して
かなり 随伴艦に泣かされる
流れになると聞いていましたが
こうして難易度下げてみますと
ありがたいことに随伴艦もレベルが下がりますので。

……てか 随伴艦が固くなりすぎてS勝利ができないとなると
全く レア艦掘りができなくなりますしホント 難易度上げる意味ないんじゃないかと。
――そんなわけですが 夜戦装備はしっかりしていくわけですよ。
――そのために 正直夜戦火力が期待できない大淀さんには夜戦装備フル装着。

……なんか もはや攻撃諦めたサポート要員になっていますが まぁ 良いんです。

72_20150211233011d30.png73_201502112330105d0.png
71_2015021123300891b.png74_20150211233007a85.png
まぁ そんなわけで 終わらせましたE5.
……にしても 連合艦隊になるとぶっちゃけて 戦艦よりも
重巡の方が数倍攻撃当てて 結果的に攻撃当ててくれるのって
何故なのだろうって疑問がついて回るのですがそれは。

そして その結果やってきましたのが天城越え~
――雲龍型二番艦の方です。 声優多分ほっちゃん。
――なんか “今のところは”姉との共通項が薄い気がするんですがね。 はい。

TOP

トラック泊地強襲02

2015⁄02⁄18(水) 00:00
16_201502112320149d4.png17_201502112320134ff.png
はい。 そんなわけで 今日も艦これの話題。 E2の方から。
――イメージの方は トラック泊地空襲ということで
名前からして空母がすごいことになりそうな気もしますね~

――でも ほっぽちゃんのあの時とは違って 今回のE2に関しては
特に鬼とか姫とかが控えているというわけでもないみたいなんですが。

代わりに 7回相当倒さないといけないということで
――そんな意味では なかなか面倒くさかった部分があった気がします。

18_20150211232012874.png20_2015021123201075c.png
まぁ 夜戦に突貫すれば倒せないわけでもないわけですが
自軍の空母は夜戦では置物と化すのに対して向こうの空母は
夜でも平気で艦載機を放ってくるという並外れた練度を誇っているようです。

21_201502112320094c0.png24_201502112320082f0.png
そんなわけで Bismarckの大破絵回収と同時にE2攻略。
流星のネームド艦載機と51cm連装砲。
――艦載機のネームドは嬉しいのに加えて この連装砲も。

85.png
――長門型改と大和型しか持つことを
許されなかったということではあるのですが
まぁ そのあたりはうちのプリンツちゃんが
なんとかしてくれた(半分)
事もありまして まぁ ありがたく
使わせてもらっております。

――にしても なぜ淡く発光しているのでしょう。

私、気になります。

28_20150211232124614.png29_2015021123212396b.png
そうして続くのが連合艦隊ステージ。
……もはや イベント恒例行事になっているような気がしますが
――通常海域で連合艦隊組む必要ないから仕方ないよね。

で このステージでは道中に空母おばさんが出てくるということで
そちらの方でいかに大破・炎上しないかが一つのポイントになります。

30_20150211232122680.png31_20150211232121e51.png
で やってきたのが軽巡棲姫。 解体の何たらと関係があるとかないとか。
前回でてきた駆逐棲姫同様 自軍の艦娘に近いテイストを持った
艦が出てくるようになってきたというのは このゲームの世界観が
なかなかに固まってきたというか そんな部分があるのでしょうかね。

にしても 甲作戦選んだからか胸空きファッションを晒してくるとは
敵軍の露出度というかその辺もかなりアレになってきている感がありますね←

あ。 あと こちらの軽空母二人はもはや 烈風キャリアーです。
――攻撃する余裕もないんですよね。 烈風拳習ってきてもいいのよ?

32_20150211232242dfb.png33_20150211232241b61.png
35_201502112322400ce.png36_20150211232240f41.png
そんなわけで無事終了。 軽巡棲姫よりも
随伴艦落とす方が後だったおかげでなんか微妙に締まらない。
――まぁ 取りあえずナイススナイプ。 夕立ちゃん。

37_20150211232239faf.png39_20150211232238a1b.png
そんなわけで もらえましたのがドイツ製ロケットランチャーと
ゲルマン潜水艦。 ――まぁ できるだけ頑張って尚且つ自分のペースで
育てていくのがいいような気がしますね。 こうなりますと。

TOP

それは受け継ぐもの。変わらぬもの。

2015⁄02⁄17(火) 00:00
さてと。 お勉強をやっていた時のボクの生活環境などに関して
ちょっとしゃべってみようと思ったわけですが
――まぁ なんと言いますか 荒んだ生活の一端が垣間見れますよ。

まず 基本的に お部屋の掃除悠々とやっている余裕なんてなかったですよね。

そんなわけで 年末にかろうじてやった大掃除以降
自分のお部屋が日に日に荒れに荒れて行った経過を座して待つことになりました。
まず この辺りに関して指摘せざるにいられなかった自分がいます。

――まぁ この辺りに関しては否応なくやらなければならないことがありますよね?
……さすがに 散らかったままの部屋で生活するのにも限度ありますし。

そんなわけで ばっとお部屋の掃除を開始するわけですよ。

――と 意気込んで掃除始めてみますとまぁ いろいろとやりがいがある
展開になるということもあったりしたのですが
それ以前に大問題に遭遇したというかなんというか……

掃除機の吸引力がアレなんですよね。 壊れた??

まぁ サイクロン掃除機を使用している手前
もし ゴミのトラップに埃なんかが溜まっていたりしていたら
とにかく 吸引力が落ちるというのは世の中の摂理

――というわけで さすがにそのあたりの基本的なところは
しっかり確認していたはずですよ??  実際 やりながら
「この吸引力は気になる」と思った段階でゴミ一旦捨てましたし。
――でも 直らない。 これは本格的に壊れたのかもしれませんね。

まぁ 元々某所のプライベートブランドで正直激安品。
――まぁ 早々に壊れるということは内心 あまり驚かない感じだったり。

――元々 その掃除機のタイヤのゴムの部分?  が
既に プラスチックの崩壊のような破片散らしながら
分解始めていた部分でもありましたし もうこれは
本格的に買い替えを模索した方がいい状況なのかもしれません。

ちなみに 自分の母親に一つ掃除機に関するジンクスがありまして
「やたら壊す」んですよ。 掃除機。 なぜかよくわからない理由で
ブチ壊れるというのが結構お約束じみた部分でしたよね。

――この 掃除機がおかしくなったって話題を実家に喋ってみた段階で
結構 そのような親から受け継いだ?  ジンクスのようなものを
親子そろって笑ってみたりしていたわけなのですがはい。

まぁ そのボロボロプラスチック劣化を起こした掃除機で動き回って
しかも その吸引力が最悪レベルに落ちている――なんか
掃除機かけた後正直掃除したのかゴミ増やしたのかわからなくなった
――疑惑もないわけではない。 なんかもう最悪だな←

――とりあえず 掃除機早急に勝って それ使って
なるだけ早く改めて床の埃落としした方がいいのかもしれません……

あと おろそかになっていた――のかどうかはわかりませんが
結構 皿洗いとか基本的なところに関しても
微妙な感じになっていた部分があったりしましたよね。

なんか シンクに皿積み上げてひどくなったらガッと洗うみたいな。
……少なからず 衛生的に気になる人もいるのかもしれませんが
まぁ そのあたりは一人暮らしならではの手抜きなのかもしれません。

あと 例のごとくというかなんというか こうして
掃除をネタに記事書きながらふと 思い出しましたが
「あ。 水回りどうしよう」という展開になっていました。 ある意味ぶれません←

――とりあえず そのあたりは この記事一通り書き終わってから
忘れないようにやっておかないと大変なことになりそうですね。

――結局 あのテストとかで気がめいった間にそこそこ捌けていたのは
洗濯(しかも ボクの洋服センスアレなので基本着回し)くらいしか
出来ていなかったのではないか。 ――てか 今までの
テスト期間もこうだったのかというと これはなおさらひどい気がする。

……なんか 今回のこの期間はあまり心に余裕なかったなぁ
……みたいな感想がふと 漏れた部分であります。 どうしたのでしょう。



ついでに 食生活――まぁ 名にもない間であれば
比較的頑張れていた大正だったりしていたわけなのですが
こちらは テスト期間は比較的一致してた問題ではありましたが
この時期は何かと 手抜きになってしまう部分でありますね。

なんか テスト本格的に始まって以降そこそこ料理したな~
――って 思ったタイミングって 例えば 一度カレー作ったっけな~
……みたいな思い出があったかなかったかといった話だった気がしますが。

……まぁ 確かに逐一「今日は何を作った」とかそんな思いで
いちいち考えていないとかそんなお話もあったりする気がしないでもないですが。

ところで ただでさえ普通の人よりはカレーを作る頻度が高いといわれる
のっぴぃさんですが 例えばこんな感じの時期になりますと
本気で「一度ガッと作ってその後は手抜きできる」という
カレーとかその辺の料理ってかなり楽なんですよね~

そして この時期は気温も低いので ぼちぼち常温放置してみても
思ったより影響がない(腐敗的な意味で)というのも大きいです。

――まぁ 同じような作り方だから せっかくだったら
シチューとかハヤシライスとかにしないのかとか
言われかねない展開もあるとは思いますが 個人的に
ハヤシライス作るくらいだったらカレーってチョイスになりますし

……なんか シチュー作っても 個人的に味が締まらないというか
何か違うような気がするんですよね~  といった展開に。

尚且つ あまり試行錯誤する気になれないのはなぜか
――まぁ ここは絶対に堕落と同じようなベクトルの話かしら。

TOP

トラック泊地強襲01

2015⁄02⁄16(月) 00:00
さて 今月もなんかやたら艦これの話題ばかり書いているような気がしますが
――仕方ないじゃん。 非常に画像が多く引っ張ってこれてしゃべりやすいんだもの。

……ということで そろそろボクも書いていきたいと思ったのですが
それより前になんか 甘酸っぱいイベントに興じていた女子がいましたんでその辺でも。

V01.png
メンテあけ遠征から帰ってきての出オチ、
バレンタイン立絵。

……まぁ あらかじめ告知はありましたし
それ自身は別に驚きもなかったですが
まぁ ネタとかいろいろとあったり 
「この人が」みたいな驚きはありましたよね。

まぁ 帰ってきた艦隊の睦月に驚いたってのもそのうちの一つなんですが。
――このような感じになった一つの要因には アニメ効果もあったのかしら?

V02.pngV03.png
V04.pngV05.png
V06.png
てなわけで 自分の艦隊の中で見られた限りではこんな感じ。
――とりあえず 如月さん。 その高速修復材のバケツは何なのでしょうか。
いつの間にか 修復材が一個消えている気がしたのだがお前、知らないか?←濡れ衣

V10.png
まぁ こうして立絵が変化している間は ドロップするのを
確認する画面でも開発時の挨拶でも――そして こうして
装備を改造するときもこんな感じで
絵の変化がみられるということで。

……まぁ この現状だと何が起こったんだろう感な疑問が
少なからず沸き起こるところではありますが これも一種のツンデレなんでしょう。
――なお ボク個人はツンデレな人の内面で何が起こっているのか
恋愛経験が皆無なばかりに全く理解するに至っていないお子様です。

――いや ここでそんな話書きたかったわけではないんですがね←自爆



そんなわけで これからも長くなるとは思いますが
ぼちぼち冬イベントの画像をとにかく貼りまくっていきたいと思いますよ~

今回のイベントは「迎撃!トラック泊地強襲」ということで
トラック泊地サーバーがサイバー攻撃で大変なことになります。
――嘘です。 忠実に沿ったリアルトラック泊地が強襲されたお話を
艦これというゲーム的にアレンジした感じのステージなんでしょうね。

01_20150211013117280.png
まぁ 例のごとくというかなんというか
トラック泊地にたどり着く前に
E0――もとい 猫が大活躍していたという
お話もありますが
それはそれでまた 別の話と
いうことになるんでしょうね。

――なお 初日はボクのいる鹿屋基地が強襲されていました。
さっき変なこと書いた罰があったのかなかったのかは知りませんが。

02_20150211013116422.png04_20150211013115343.png
とりあえず イベントが始まる前に気になった部分として
通常海域の進行も大切だと諭す分が出てきたり
海域の難易度を自分で決められたり。――こっちの方が大きな変化かしら

特に 今まではレベル別で海域難易度が決められていましたが
それについては「遠征で提督レベルだけがぐんぐん上がる」といった
ボクみたいな 大型建造にはまってしまった提督が
いろいろと不利を見るシステムだったので これは大きな改善点。

……とりあえず 三つの難易度のうち好きなレベルで挑むといいさ。

03_201502110131132c6.png05_20150211013112f2c.png
まぁ 手始めは対潜マップ。 駆逐艦と軽巡でまったり出撃します。
――今回は 航空戦艦の出番はなかったですね。 軽空母も。

06_20150211013217c30.png07_20150211013216536.png
とはいえ 背景で流れていた“吹雪”のサビ部分に
たどり着く前に歌(戦闘)が終わってしまうというレベルで
まぁ 嘖々と進んだ感もあります E1マップ。

08_201502110132166b1.png
そして 潜水艦を撃破することでもらえた
謎の艦娘からのチョコレート。

……去年は バレンタイン時期にログインすることで配布されたという噂ですが
今年はそうじゃなくてこんな感じでイベントアイテムにしてしまうのか
それとも また別に 14日にもらえることになったのか。

……少なくとも 記事書いている時点ではわかりませんでした はい。

12_2015021101321425f.png
あと 地味にうれしい烈風ネームド。
――艦載機の拡充は大事。 

これ 色んな所で言えますよね。

TOP

温泉龍スパーゴン

2015⁄02⁄15(日) 00:00
さて ところで今までのダンジョン「おつかれさま温泉」と言っておきながら
まぁ バスタオル一丁で徘徊しているオッサンとかロリとかがいたわけですが……

――見るからに湯冷めしそうな風景がつづいているわけですよね。
別に 床面が露天風呂っぽく石畳になっているとかそんなわけでもなく
――てか いろいろと通り抜けてただの雪原じゃないですか。

湯冷めどころではなさそうな未来が見えたり見えなかったりする点に関しては
――もう 「細かいこと」と割り切ってしまうのがいいのかもしれませんね。

27_20150211005707776.jpg
……まぁ 兎にも角にも温泉って
言い張っている何かがいるんです。
そのあたりの温泉の方 しっかりと
確認する義務があるのではないでしょうか。

そんなわけでたどり着きました温泉。

こちら源泉かけ流しで
温度は集めの44度。 炭酸泉で
筋肉痛などに効果があります(適当)

28_20150211005707594.jpg29_2015021100570508a.jpg
そんな温泉でテンションが上がってしまうのはわからなくはないですが
どうぞ 浴槽の中で泳ぎ回るのはおやめくださいますようよろしくお願いいたします。

――こう なんというか 道中で既にいろいろと湯治に来ていた
モンスターの方々の寝こみを襲ったような罪悪感もあるわけでしたし
――そんな中で 正当に殴り込みに行ける免罪符ってこんな感じじゃないのかな←

――にしても 相当手荒な真似しているような気がしないでもないですが。
にしても このドラゴンのタッチ どことなくトゥーン調というか
パズドラとかその辺で見たようなタッチになっていますよね??

まぁ そんな感じの見た目のドラゴンってのもいいと思いますがね。
そんなわけで 出てきましたのが温泉龍スパーゴン。
絶対に ドラゴンと温泉・スパを合わせたような感じの名前。

……にしても正直な話 この先どこかのダンジョンでこのスパーゴンが
再登場することになったとして その登場する背景を
作りこむのが面倒くさそうな 汎用性はあまりよくなさそうなそんな気がしますね。

30_201502110057057df.jpg
なお ラストの攻撃の様なんかを眺めてみますと
属性は炎といったところなんですかね。

火吐いてるし。

31_201502110057044ad.jpg32_20150211005703fdb.jpg
33_20150211005905687.jpg38_20150211005904cbd.jpg
まぁ そんなこんなもありまして さっさと倒せるものは倒してしまおう。
そんなわけで 今月も今月とて おこぼれあずか量な感じで踏破させてもらいました。
――ホント 基本ボク雑魚くてすいませんって感じになってます。

――ダンジョンの長さも ラストの分岐の量もそこまで多いわけではないので
前回のラスボス四種というのもある意味極端だった気もしますが
今月は今月で ダンジョンはそこそこ人が来ているんじゃないかなって。

35_20150211005903407.jpg36_20150211005903fd5.jpg
で 今月のダンジョン踏破アイテムとしてもらえますのが
こちらのお疲れ様バスタオル――まぁ 要するにバスタオルです。
男子は腰に巻いて、女子はしっかり胸もガードしています。 ポロリはないよ。

それと 頭に載せる手ぬぐい。 個人的には 温泉とかにタオル持って行っても
基本 近くの洗面器に自分のタオル入れて 目の届く範囲にその洗面器を
ホールドしておくってタイプなので 別に頭の上に載せたりしないのですが……

……まぁ そんな感じで かなり温泉らしいアイテム構成となっております。

()ところで この温泉セット?  に関しては少しミソがありまして
道中に出てきた温泉○○の方々も新規アイテムとして
手ぬぐいやらバスタオルやらの方 落としていくらしいんですよね。

……まぁ それぞれの中ボスが違う色を管轄しているみたいで
よって フルコンポしようと思いましたらすべての中ボス
――中ボスガチャを否応なくやることになるのですが。

……まぁ それはそれで今月のボクがやるべきことは
変わりようもないですし 何よりも中ボスなので
ラスボスに漂うようなピリピリ感は少ない。

……まぁ 先月と比べてかなり気楽に出来たってものですよ。

反面 オオマジペンギン、バンシー、クラーケンあたりに関しては
彼ら自身が落とすアイテムの方は落としていかないようなのでご注意をといった感じ。

TOP

チョコレートよりもほしい物

2015⁄02⁄14(土) 00:00
()あ~  バレンタインか~  誰か何かくれないかな~←
――といいつつ 一応 バレンタインっぽい話題は思い浮かぶのかと言いますと。
正直な話 まったく思い浮かばないというのが正直なところ。

まぁ 中高の吹奏楽部時代なんかは 義理というか義務というか
そんなノリで渡されたチョコレートっぽい物??  取りあえずお菓子。
そんな系のものはもらったことはありますが……

あと 自分の親戚というかいとこなんかを見回してみますと
見事に男児は僕一人ということもありまして そんな意味での
義理みたいなのは受けたことがあるという話題ならありますが。

「どやぁ」って言い張れるようなものではないですよね。 そんなの。

そもそも 大学に入ってからそんな感じの ちょっと大人で甘くて苦い。
そんなお話を提供できたのならいいのですが
残念ながら チョコレートをもらう機会どころかその日に
誰と会うという予定も思い浮かばないような感じでありまして。

――過去も含めてそうなんだからもう 救いようがありません。

……まぁ それはそれですっきりしてて個人的に思い悩んでいるでもなし。

――まぁ バレンタインに限らない話でいいのであれば
ちょっぴり似たベクトルと思えなくもないようなお話は思い浮かぶのですが
それは ちょっと後程書かせてもらうことにしましょうか。



どうも。 のっぴぃです。 気を取り直して書かせてもらいますと
一応この記事書いている時間軸でもテスト終わりました。 疲れました。

先にこの辺 義務、というわけではありませんが 報告しておくのが
筋なんじゃないかと感じた次第。 ですのでこれだけ書いておきます。

――特に テスト週間の最後の方なんかは色んな意味で
ボスラッシュと見紛うくらいにまぁ テストとか提出物なんかが
本気出してきた感じに思えるわけで――まぁ 意味合いは察してください。

とりあえず そんなこともありましたので
ブログの記事作ってみる――といったことはなかなか進まず。

一応 ブログのネタ的考えから行ってみるのであれば
QMAの記事ちょっと考えられるかなとか艦これイベントの話題とか
それこそ 大学の授業の感想記事の原稿すらまだ
書いていないという展開があったりするわけで……

そこそこ 年末年始で作った気分になっていたアドバンテージは
今の段階ではそこまで大きくなくなってしまったように感じますが
まぁ 近いうちにまた ある程度復活するんじゃないかな~  って。

……まぁ 当時は足跡返しもなかなかできない感じになっていましたが
そのあたりは仕方ないんじゃないかと割り切ることにしましょう。

出来、に関しては いつだったか書いたような超、ローテンションだった
そんな歴史があったことを考えれば 結構持ち直した方だと思いますね。 自分的に。

そして 精神力とかモチベーションが
「講座を決める」「年末年始のやることを決める」「テスト勉強からのテスト」
という 12月あたりから連続した 個人的になかなかの
ストレスになりうる事案をうまく潜り抜けてきたものだと思います。

個人的にこの辺のストレスに関しては結構撃たれ弱く
ついでに 持続が続かないってメンタル面では個人的に最悪なものを
抱えている自覚がある。 そんな中では二か月というのは
自分的には結構長期戦頑張った方だと。

――まぁ 大方の人間から見たら褒められるような事案ではないでしょうが
その分自分の中では最大限甘く評価しておこうと思います←おい



さて では 春休み何やろうかと考えているのかについて
――前に軽く書いた話よりも踏み込んだ話とかできたらいいのですが。
……まず さっさと帰りたい。 これ本望。
下宿じゃなくて帰省的な意味で。 パパとママが恋しい。

……ちょっと変な描きすぎた感ありましたがまぁ そんな感じです。

Qほか何かプラン無いの?  A無いです。 作りたかったんですがね……

……というのが さっき上で書きかけた「バレンタインに人に会えない話
――に かかわるわけではないけど 近いベクトルの話」ってやつ。

一応ボク自身もこれからラボ畜になる可能性を考えて
そうなってしまった場合に無念が無いように自分的にやりたいことを考え
それに向けた行動を起こすきっかけみたいなのを考えたつもりです。

とりあえず まだ大学入ってからスキーのゲレンデで滑っていない。
そろそろゲレンデが恋しいかもしれません。 のっぴぃさんそう考えました。

まぁ 一人、というのもどうかと思いましたのでとりあえず
学科の比較的親しい――と 思っていた人に対して
セールスしてみたんですよ。 スキー行かないですか?  って。

――まぁ それやると なんかしゃべりかけにくい空気醸し出してみたり
全力で拒否られたり のっぴぃさんの人望の無さを露呈した形になりましてね。

……なんか ボクの過ごし方がアレだったのかもしれませんが
基本的にボクが声かけやすい人ってどこか独特な雰囲気というか
近寄りがたい雰囲気出している人多いんでしょうかね。 人のこと言えませんが。

――とりあえず ボクの大学生活において 決定的に欠けているものが
あったとするのであれば まず挙げられるのが「仲間の無さ」でしょうか。

お得な切符使って旅をしてみようとか思った時もそうでしたが
何にしても 一人で情報を集めようと思った時、または
そもそもそのモチベーションを作るのに仲間は大きな役割を果たします。

……それがなかったというのはかなりの損失だったんだろう。 そう考えますね。

TOP

お疲れ様温泉

2015⁄02⁄13(金) 00:00
14_20150204231826c7f.jpg15_20150204231825f67.jpg
前回のお話。 三度目の琥珀賢者――かつ
初めての琥珀大賢者に昇格しました。 すべては邪神のおかげです。

――けど やっぱり 琥珀賢者としてはどうも
自分の色を冠した邪神が 前半4ジャンルが合計14+2日間やるのに対して
後半2ジャンルが2日間しかやらないというのはいまいち納得がいきません。

この点に関してしっかり ブログを持っている身として愚痴っておくべきだろう
……というのをボクとしては感じましたので 書いておきたいと思います。

まぁ それぞれのジャンルに関して色んな人が好き嫌い持っていて
万人受けする物ではない――というのは重々承知しています。

……まぁ プレイヤーが喧々囂々とそれぞれの好き嫌いで
色んな場所をあっためて回っている現状というのは必ずしも
良いものではないと思いますが まぁ プレイヤー民度はこの際おいておきましょう。

――でも ゲームを運営する人は絶対にやってはいけないだろうこと
――少なくとも プレイヤー皆に平等になるようにゲームを運営するという
ゲームマスターにしては絶対やってはいけないだろうことを
現状としてやろうとしているように見えなくもないというのが見てて思うこと。

……まぁ まだこれで終わったと言い切るのには早いでしょうが
“もしもこのままこのゲームを終わらせでもしたら”何が起こるのか
――というのは 少し運営の方も考えていく必要があるでしょうね。

ついでに言うなれば 先日 なんかゲームの方で一億ケタくらいの量に登る
結構なアップデートがあったりしたみたいなのですが……

……内心として“近日やる新しい大会”に向けた更新とのことで
これの規模とかやり方を見ていけば 少なくとも近い間の
ゲーム更新状況??  なんかは見えてくるのではないかと思われますが。

……まぁ 今回書いた内容の直後にこんなこと書くとセルフのギャグに
なりかねない部分ありますが 情報をしっかり集めきってから
いろいろ考察するならしていく必要があるのかもしれないな
――このアップデートの中身 何かと気になる記事書いている当時ののっぴぃさん。



01_20150206002300ddb.jpg02_20150206002259978.jpg
さて とりあえず 記事後半の方では二月のダンジョン
「お疲れ様温泉」なる物の方でも ぼちぼち書いていきますか。

――にしても この「お疲れ様温泉」って響き どうなんでしょうかね……
なんか 今にもゲームが終わりそうとか 逆に先日稼働を終了した
AnAnに対して KONAMIが仕掛けた全力の煽りだとか
色んな説が浮かんでは消えていくような感じにも聞こえてきますが。

03_20150206002258df1.jpg06_201502060022585a2.jpg
09_20150206002257b16.jpg12_2015020600225764d.jpg
ダンジョンの背景は真っ白な雪原
――に 現れる筋骨隆々のおっさん達。 ――あなたたちの裸は
見て喜ぶ人はいないんだ、さっさと身を引いてくれないか??

何というか イメージとしては湯治に来た一部のモンスターたちを
アカデミーの生徒の方々が全力で蹴散らしていくという
ちょっぴり モンスターの方に同情したくなるような流れになります。

――そして こちらの方々のモンスターとしての使い回し感が
雑になりすぎている点に関していかが突っ込んでいけばいいのか……

15_2015020600234535d.jpg19_20150206002344296.jpg
22_2015020600234302f.jpg25_20150206002343436.jpg
まぁ 前半が男湯なのだったら 後半は女湯
――なのかといえば まぁ そんな気もするし必ずしもそうは言えない気もする。
――でも バンシーさんをはじめとしていろいろと危ない人がいるのも事実ですね。

16_2015020600234299a.jpg
まぁオオマジペンギンさんとか
クラーケンとかそのあたりの
よくわからない類の方も
いらっしゃいますし

というか
何より気になるのは
クラーケンさんが手元に持っているのって
「酒」じゃなくて「酢」なんですね。
酢蛸なんですね??

――なんというか モンスターだとお酢で酔っぱらえるのでしょうか……

追悼
そして せっかくの雪原ステージだったのに
相変わらず出番がなかったこの方。 南無。

――てか 背景がこの方の生息地
そのままな気がするのは気のせいか。

TOP

井の中の蛙

2015⁄02⁄12(木) 00:00
あらかじめ書かせてもらいますと 自分自身でこんなこと書くの
一種 バカなんじゃないかな~  って思う部分もありましたが……

――まぁ 一種喧嘩両成敗ではないですけどあえて書いてみたいと思います。

先日ふと 自分のQMAのCNで検索かけてみたことがあるのですが
まぁ 良い意味でも悪い意味でも自分自身がさらされることはなかったのですが
なんか ツイッターで誰それをフォローしている馬鹿どもって
くくりでさらされていましてね。 ……ちょっと 苦笑いを禁じ得なかった話。

――なお 自分のリアルネームで検索かけてみた時には
自分の見覚えがあることも特に検索に出てくるでもなく
同姓同名の人が少し 頑張っていた記録が出てきた気がしますが。

端的に行って 誰が誰をフォローしたりされたりしようが自由じゃね? って。

――とはいえ ぶっちゃけて言いますと 自分にとってツイッターなどの
ソーシャルネットワークなどをうまく活用しきれていない面もあるというのも事実。

……正確に言えば ツイッターで言えばいまいちフォロワーとかそのあたりを
上手く把握しきれていない部分が結構あるって感じでしょうか。

Mixiはアカウントすら持っていませんし 顔本も完全に
死にアカウントになっていて チェックすらしていない――定期的に
メールに誰それは知りませんか?  って 聞き覚えのあったりなかったり
する名前が散見されたりすることはあるのですが。

ぶっちゃけた話 自分の目に映るフォロワーの枠って大きく三つに分かれます。

一つは比較的身近な人。 物理的に自分の生活圏に住んでいて
こまめに顔合わせをする人(千葉でも神戸でも)をはじめとして
ブログとかで知り合った人――これに関しては今も日記が残っているという
保証はありませんが――などを分類できるでしょうか。

まぁ 自分の認知している「身近」というくくり
自分で言うのも何ですが そこまで広くないような気もしていまして
――しばしば ご迷惑おかけしていることもあるかもしれません。

もう一つはかなり頻繁にツイートする人。

内心「リアル生活に影響きたすのではないか」レベルで
不意にタイムライン眺めてみるといつもしゃべっている人いますが
そんな人に関しては いやでも存在が刷り込まれる部分ありますよね。

最後にその他大勢。 物量もそう多くないので 結構「BOT」の類も
個人的にこのくくりに入れてしまうことが少なくありません。

まぁ 個人的に人を把握するということがいまいち得意ではない
――人の名前から始まり その素性とかもかなりたってからでないと把握できない――
事もありまして 結構「その他」って内心思っている人の
管理というか そのあたりが適当になってしまう部分も多くあり。

例えばQMA関連だと 往々にして他人のCN覚えられないので
本当に限られた相手しかマッチング報告的ツイート流すこともありません。

さらに言えば 元称号持ちとかで 強い人のリストもほとんど
眺めたりすることもありませんので ツイッター関係なくそのあたりのマッチング
「気にしない」というか「わかっていない」状況でしばしばプレイしていたりしています。
――しばしばプレイ動画上げている人とマッチするときなんかも同様で。

かといって そのあたりの網を広く広げておくに越したことがないことも
多々あったりするわけで ぼちぼち自分もそのあたりの網は日々広げているのですが。

さらに スマホ替えた直後あたりは特に多かったのですが いわゆる
「誤フォロー」みたいなこともしばしばやらかしてみたりしまして
ほとんどTLの状況を把握できていないというのはうそではないといえるでしょう

さて その 広げた先の網にどのような人が引っ掛かっているのか。
――これに関しては フォローした直後はともかく一晩寝たら
案外忘れてしまうことも結構あったりするんですよね。

そんなわけで その時の気分だか誤フォローの結果だか
はたまた パクツイとかその辺に安易に引っ掛かった結果なのかで
特に考えなしで増やしてしまったフォロワーの中に俗にいる
「変な人」がまぎれていても往々にして見逃してしまうこともあるようで。

……って 書き起こしてみたら結構危ない部分もありますね。 これ。

個人的に最近ツイッターで絵師さんのアカウントフォローすること多いのですが
自分のTLの中に不意に「パクツイアカウント」がしれっと紛れ込んでいた時には
我ながら不注意だったな~  と感じたものですが まぁ そんなものです。

まぁ 最近は「フォロー通知」があった時点でできるだけ
物事を即決してしまおう――後に回したら確実に忘れるから――ということで
増えるフォロー・リフォローに関しては瀬戸際で対策しているのですが。

今のところ アカウントに鍵をかけていない以上
そのあたりのチェックは慎重にしていかないとダメなんでしょうね……

なお 先ほども書きましたように QMAで強い、称号クラスの方も
「実際に称号を付けている」もしくは「メダル装備」していない限り
ボクにとっては「ほとんど知らないも同然」ということもありまして。

……同様に 悪名高い人に関してもボクにとっては「その他大勢」の一部。
――ほとんどノータッチで通させてもらっております。

まぁ この「ノータッチ」というのは このような例で行ってみるならば
「良い意味でも悪い意味でも」という意味合いで取るのが一番でしょうか。
……まぁ 結構我ながら頑張っていい呼び方差がしたよね、うん。

そんなわけで 友人と遊んでいたりするとマッチング画面で
「この人は~」みたいな悪評伝えてくれたりされることもありますが。
――ごめんなさい、その内容ほとんど覚えていないです。

ついでにいえば 結構安易に人を信じやすいというか
騙され慣れていないピュアな部分も自分にはあるような気もしまして
「悪意を持った人がいない」前提で物事眺めているというのは
――これは明らかにアブナイ。 ……そんな一面もありますかね。

TOP

再度、琥珀の道。

2015⁄02⁄11(水) 00:00
00_20150204231621eae.png
とりあえず 琥珀賢者として
この辺の日程に関しては
物申す必要があるのではないかと
内心感じているのですが
――邪神襲来週間なる物ありましたが
あれの日程に関して物申したい

……けれども なんか文章練りきれない部分もありますしで
今日はひとまず その先の結果論有木の部分から書いていきたいと思います。

――まぁ そんなこんなで紫宝の邪神さんが来たわけです。
……とりあえず 色んなしゃべるべきこと端折っている気がしますが
まず 今日はここを第一前提としてしゃべりはじめたいと思います。

……で なんか ボクの石の稼ぎ方のセオリーから行くのであれば
半ば お約束とも思えるんじゃないかって展開もあるわけで。

01_20150204231620f7f.jpg02_2015020423161910d.jpg
はい。 あれからはや1か月。 早いのか遅いのかわかりませんが
気が付いたら 転生後の宝石賢者にも無事、到達。 安心安定の琥珀色。
――まぁ あれ以来あまりトナメ入っていないわけですから
当然といえば当然の部分があるのかもしれませんね……

03_20150204231619f39.jpg
で 再度プラメの格納といった
作業の方を始めることになります。
改めて言う必要はないと思いますが
宝石賢者の段位はプラメで上がりますからね。

――どれほど プラメが
集まっているかというのが
効いてくるわけです。

04_20150204231618646.jpg05_20150204231617225.jpg
06_20150204231706acc.jpg07_20150204231705193.jpg08_20150204231705d3e.jpg
で ダーッと埋めて今までの最高段位の六段
09_20150204231740ebc.jpg10_201502042317402bb.jpg11_2015020423173907b.jpg12_20150204231739f2f.jpg
――をも 通り越して だんだんと段位が上がっていきます。




13_20150204231739743.jpg
――で そのまま到達天賢者。






14_20150204231826c7f.jpg15_20150204231825f67.jpg
……に とどまらず 琥珀第天賢者。  ――本当にお疲れ様でした←



20_20150204231825751.png
そんなわけで なんか 気が付いたら大天賢者まで
一気に達してしまった自分がおりますです。

16_20150204231824054.jpg17_20150204231823276.jpg
その後聞かれる転生の有無に関していいえを選択したならば




18_201502042318220a0.jpg
はい。 どうも。 なんか琥珀大賢者になりました。 のっぴぃです。
我ながら「こんな雑魚がこの称号持ってていいのか」って疑問がないわけでもないですが
そのあたりは大方 理系学問だけでプラメくれる邪神のおかげです←←

この先のボクの生活のことを考えるとこの先は転生している余裕はないだろう
――ということで しばらくはこの称号をぶら下げたまま生き恥晒しに行くでしょう。
……なんというか いろいろとお疲れさまって感じですね……

TOP

艦これ冬イベントに向けて(再)

2015⁄02⁄10(火) 00:00
勉強の合間のブログ記事制作――って 思ったよりそれに向けて
練るべきネタが見当たらなかったりするんですよね……

……というわけで 我ながらどうかと思いながらまた艦これ画像引っ張り出す。
――あの記事書いた後でイベント始まる前に書きたくなった画像が増えたのよ。

38_201502020015148f1.png39_20150202001513eb6.png
その一、結局大鳳さん改造することにしました。
――軽空母の走りとして育てていたのですが なんかだんだんじれったくなりまして。
……一度 大和型の育成になれてしまうと どうも資材の管理が
わからなくなりかけますね。 “運用”するとまた別なのでしょうが。
(この辺り 冬イベントで「フラグ」になりかねないなぁと感じながら。)

まぁ このおかげでなかなかの艦載機能力を持った空母がまた増えたということで
……まぁ 一応80レベルと通常の艦をとりあえず育てると決めた時の
個人的閾値まで持ってくることはできましたがもうしばらく育成してみようかなぁと。

40_201502020015122a5.png41_201502020015115f3.png
とりあえず 艦の育成は――資源にやさしく、ということで
レベリング艦隊は出していませんが(そもそも 勉強と両立しないといけないし
そのようなことはしている暇がない)一応 装備を整えることはしておこう

――ということで 主にデイリー開発で徹甲弾とかの開発をば……
……してみたいんですけどね~  なかなか出てきてくれないんですよね……

甲標的とかは結構出てきてくれるのですが 既に雷巡に
持たせるべきそれはどうにかなっている感が否めないわけでして
――やっぱり 物欲センサーって強く働いているのかしらとしか。

42_2015020200150993e.png43_20150202001508622.png
イベントドロップ――という話ではありませんが
今月の3-5進出の方で山雲さん 出てきてくれました。
……1-5に期間限定で出てきてくれていた時に泥は出来なかったので
半ば 会うことはないかな~  とは思っていたのですが。

……まぁ 出てきたからと言って育てるとは言っていない現実。
――そもそも 姉の方も手に入れておりませんし どうすればいい感が?

なんか そんな意味ではレア駆逐艦に対して何かとドライなのかもしれません。
――なお そこに至るタイミングでの我が艦隊の状況ですが……
……なんというか 下四人の被害状況がものすごいことになっていたというのは。
――見ての通りですね。 とりあえず 色んな意味で雷撃怖い。

44_20150202001614aae.png45_20150202001614468.png
まぁ そんな初動がよかったのかどうかは知りませんが
気が付いたら「一次の夢」で元帥の称号手に入れていたこともあったんじゃないかって。

……まぁ これを維持しようみたいな気分に今は到底慣れない
――せいぜい「大将」くらいは維持していたい気分はありましたが
個人的にも そこくらいまでじゃないかと思っておりますね。

で 元帥になってみて気が付いたのが お知らせ欄の演習の勝敗記録。
――まぁ なんというか 一番上の欄に置かれたからなのかもしれませんが
そこに 誰それとの演習で勝利/敗北しました表示がやたら並ぶんですよね。

……まぁ 不意にどうしても気になってしまう部分が内心あったりなかったりで……
まぁ ここで勝とうが負けようがあまり大きな意味はないのですが
――気持ち的な問題ですよ。 この辺りは特に。

47_20150202001704d06.png48_20150202001703a4b.png
49_20150202001702701.png50_201502020017016b6.png
51_201502020017007ac.png52_201502020016592ff.png
とまぁ そんなことも書いた後で 2/1現在の
我が艦隊のリストの方ざっと載せておきますかね
――過去イベントでも 同じようなタイミングで何かしら載せていましたし。

――ざっと見ますと なかなかに我が艦隊の層も厚くなってきた。
一応 育成は先ほども述べたとおり80で結構終わらせていた感じなのですが
おかげで 80レベル艦娘が多く並んでいるのは仕様です。

あと ケッコン艦も前も書いたように二桁隻になりまして。 まぁ 良い感じ。

夏イベントのころに気になっていた軽空母の枠がかなり危ないという問題に関して
秋イベント当時にはそこまで対策が出来ていたか不安だった面もありましたが
今回はなんとか 龍驤と隼鷹が育成枠で何とか育て上げられましたし
――まぁ やっとほどほどの答えが出せた感じになるのでしょうか。

まぁ ほかと比べると雷巡をあまり使っていない、軽巡が川内型しかいないみたいな
問題も抱えていたりしますが――そのあたりも考えていかなければ……

TOP