こんな生活、できたらいいな

2015⁄01⁄03(土) 00:00
画像に関しては……  前回ピノさん貼った段階で
なんか いろいろと自分の心の中では完結した部分もあって
それはそれでいいかな~  って気分にもなりましたのでもう貼らない。

まぁ 来月に向けた画像の再編みたいなことはしておきますかね~

――ついでに この年末年始の振り返り・抱負記事の類に関しては
ちょっと意図的に 自分の直近っぽいネタとか
普通の日記でも織り交ぜていそうなネタもまぶしながら書かせていただいています。

多分 そっちの方がブログとしてアクセント聞きそうですし。
――どうせ 誰も見ていないでしょうから 結果的には自己満足で終わりますがね。



さて 今日は「この先を見据えて」とか「これで人生決まる」とか
そんな仰々しい かっこつけたような いまいち実感のわかない言葉は
一旦飲み込んでおくとして 取りあえず 今すぐ何をやらなければならないか。

相当暮らしに近いところで感じた問題点――なるだけ早く
解決した方がいいんだろうな~  って 考えられる点について
パパッとまとめていきたいなって思います。

ハウスキーピング。 ……やっぱり 掃除の類とか洗濯の類とかが
相変わらず大きな問題点として立ちはだかっている現実はありますよね。

特に 「毎日こまめに」といった動作をおろそかにしてる部分もありますので
この年末の大掃除は――基本的に 凝り固まった色んなものが
あちらこちらで大変な騒動を引き起こしている……はず。

はい。 なんか 短期から帰ってきたそのだるさで
そんな警鐘を鳴らしながら 実際に何もできないクズが通りますよ。
冷静に考えたら この辺りから「実際に行動に移す」という場面に対して
本当に この時点で全く反省できていないという実証もしちゃってますよ。

前回 バイトやるかやらないか→やらないって議論の前に
この辺りの根本的なところ 動いていかないと
実際に実のある解決には至らないのではないか――という意見
あったとしたら 相当確実に的を得ている気がしないでもない。

洗濯も洗濯で こちらに書いていたかどうかちょっと忘れましたが
最近 部屋の脇の吹き溜まりに 自分のなくなったと思っていた下着の類が
ゴミのように溜まっていたという ある意味驚愕の光景を
目の当たりにしたことがあるという経験もありますし……

夏場にはお気に入りだった服を焼いてしまったという
これは 去年の思い出というわけではありませんが どっちにしろ
自分がやらかした経験がありますし 彼の死を無駄にしないためにも取り組むべき課題。

――まぁ 吹き溜まりにたまっていた下着の類は
真面目に何度か洗い直したら 取りあえず実用レベルには復帰できましたが、

……まぁ この辺りに関しては 人それぞれの許容レベルみたいなのが
あるでしょうし ボクの許容レベルがぬるいのかタイトなのか
そのあたりは 読んでくださっている方々に任せるとしましょうかね。

(大方「ゆるい」って言われそうな気がしていますが まぁ それはそれ。)

一応 水回り以外の掃除に関しては 例えば両親の査察が来る直前なんかに
いつもは転がっている洋服の類をしっかりしまっておけば
15分ほどである程度の領域に復帰できるようにはしておりますが……

さっき書いたような 油がこびりついた疑惑があったりするところなんかは
相変わらず放置されている感じではありますし 一種 雑さは隠せませんね。

――まぁ 一一人暮らし男児の部屋としてこのレベルを
改善の余地ありとみるか まぁまぁとみるかという点に関しても
……ある程度 人の意見は分かれそうな気がしないでもないです。

一応 料理関係については――まぁ 今まで通りと考えるのであれば
ボクの作る料理のバラエティは非常に乏しく――ただし 結構
一度に大量に作ることができるメニューが並んでおります。

結果的に それらを適度に回してあげるだけで なんとか
毎日自炊して食べているような生活をカモフラージュしているわけですが
これもこれで 「頑張っている」とみるか見れないかは微妙なところ。

――まぁ 基本的に毎日台所に立つというのは
さまざまな場面を考えた時に難しいところもありますし
一人暮らしの冷凍庫のわびしさという物も考えてみますと
大漁の作り置きをするというのも限度があるというのが現実です。

……やっぱり このサイクルは少なくとも今の環境下であれば
崩す余裕などないというのが正直なところだと思われます。

ただし 確かにちょっぴりつまらないものがあるような気がする
……という 天(大方母親)の意見も確かにあり得るというのも
結構わかる部分ではありますので……

……せめて メニューの幅(ただし 一度にいっぱい作れる)を
増やしてみるという努力をしてみる。 これに関しては
そこそこの効果が見込めるのではないかと思うのですが……

――はたして 今までの生活を続けながらそのような革新ができるのか。

できることならば 冷蔵庫の中にある食材を「長い間放置している」枠の
食材作ることなしに適度に使い進めて ついでに
何か料理を作る直前に「アレがないから料理ができない」みたいな
食材に振り回される料理しかできない生活を脱する

――みたいなことは できるようになって損はないと思うんです。

ちなみに 基本的に冷蔵庫からなくなるとボクの自炊生活が
則終了する食材の代表格として人参、ジャガイモ、玉ねぎの類
――これは かなり王道の食材ではないでしょうか。

代わりに 冷蔵庫の中で重鎮化したり 処理に困ったりするのが
卵とかバターとかその辺。 ……なかなか それらを使った
簡単なメニューをマンネリ化することなく使うのすら思い浮かばない現状なので。

TOP