反省会(レクイエム)

2014⁄12⁄26(金) 00:00
今日も艦これの話題で記事書いてみよう――なんて思ったこともありましたが
まぁ ここ数日連日でTOPとして重そうな記事書いていますし
今日は サボりなしで頑張って記事書いてみますかね~

――多分 クリスマスっぽいこと前面に押し出して記事書く必要もないし。

……というわけでこんにちは のっぴぃです。
聞いたところによると 定期的に実家の方からこの日記
査察を受けているとかいないとか言う噂もありましてね。

――まぁ 子供が生きている確認したいって親心もわかるですし
内容が安心できるものかどうかはさておきとして
ある程度はその辺も意識した記事 書いてみているつもりです。

……余計ないざこざは作らないのが身のためなのですよ。

というわけで 邪神とか艦これ話題とかで書いていなかった期間に
あった大学っぽい話題をば。 ――内容安心できるかは別として。

まぁ この時期にも一種のテストの流れのようなものがあるみたいで
自分の身近なところにも――主に物理学科っぽいところで――テストがある~
とか そんなお話を聞いたり聞かなかったりします。

案の定 ボクもその流れに引っ掛かった科目を一つ抱えていまして
そちらの方 否応がなく受けてくる流れになったのですが。

そちらの結果の方を やなせたかし風に表してみるならば

ぼくらはみんな 生きている生きているから 歌うんだ
ぼくらはみんな 生きている生きているから かなしいんだ
(♩=60  ト短調で)



音楽の経験がない方には少々申し訳ないたとえになってしまったでしょうか。
――まぁ なんと言いますか 童謡もテンポを遅く、短調で歌ってあげますと
途端におどろおどろしさが倍増するような気がするのは気のせいではないですよね。
小学校のころはそんな感じで歌って 変な遊びをしていた思い出があります。

まぁ わかりにくいという声もありますし ちょっとした修正兼ねて
ここで 詩風に まどみちを風に示してみるのであれば。

おしっこに、いきたい。   にんげんだもの。



生理現象ですもの。 人間だって生き物です。 仕方ないよね。
軽くどうでもいいですが これに近いような文面「五体不満足」読んだ時に
見たことがあるような気がしますが まぁ 気のせいでしょう。

要するにそんな感じ。 ついでに言うならば準備も万全とは言えなかったし。
「やり場のない理不尽さ」でテストができなかったのではたまるストレスも
自分側に 明確な理由をみつけることができますと冷静になりますよね。

――まぁ そのテストの存在自体に多少なりとも 疑問を抱くことはありますが。

そもそも その科目 毎週欠かさずレポートを提出したうえで
そのレポート自体も相当に重たいものでありますし
授業によっては それとせいぜい出席点だけで成績つける

……なんて言われても そん色ないレベルで毎週頑張っていると思うのですが
なぜ そのうえでさらに テスト(中間・期末両方)なんて
相当に辛い成績評価噛ましてくるんでしょうね~  という 愚痴。

レポート 週によっては毎日ちょこちょこと頑張り続けてて
結構 ペースがアレになって 結果的に提出日前日(週一のレポートです)になって
やっと 完成できたみたいな長期戦になることすらあったのに。

まぁ ボク自身 計算やるときに向いてないなって思う部分
いろいろと見受けられることもあったりしたんですけどね。

計算が遅い、その割には正確性に欠けている。 思い込みが強い。
凡ミスが多い。 途中経過の計算を忘れる。 エトセトラ。
――なんか これだけ書いてみたら理系向いていないんじゃないのって。

自分でも感じることだから仕方ないのですが 結構悲しいです。

今回のテストでも 普通に考えて「高校時代からやり直したらいいんじゃね?」
って 素で思えるほど基礎的な間違いに気が付くまで
かなり時間がかかって その間違いを引きずったまま
色んな問題に その基礎的間違いを飛び火させるという大参事をやらかしまして。

途中 違和感を感じるべき場所がいくつかあったのにもかかわらず
「間違っているわけがないだろう」みたいな変なこだわりのようなものがあって
その「違和感の元凶」をずっと無視し続けていた。

……なんか 今回は特にその現状を認識できるような感じだった気がします。

さらに 上の飛び火 第一問目だったうえ 割と「時間に対して計算量が多い」という
ボクの特性的に一番向いていない疑惑もあるような構成の
テストだったので さらにここで「慌てる」という動作が入るわけですよね。

もう この先詳しく書く必要がないんじゃないかって
思えるみたいな感じになっていっている気がしますが……
……今回 ふと自覚したことは 多分 先々まで忘れてはいけないことでしょうね。

そうでないと 今の親父を眺めてボク自身が「こうなりたくない」と思う
とても頭の固い頑固なおっさんになってしまうような気がしますよ。
――これ 一種の反面教師にしたいという考えなのですが 同じ似の轍を踏みそう。



生協01生協02
なんだかんだで 大学関連として貼りたい画像もあった。
――このくらいの枚数なら大丈夫だよね(慢心)

先日(きっかけが何なのか 大切な部分がいまいちよくわかっていないのですが)
なんか チョコレート菓子が販売されていましてね。

ポッキーキャンペーンの時の何とやらがどうとかで
その粗品のお菓子を配布する形で還元します、みたいな。 200名様限定。

そんなこと知らずにお買い物行って不意にその粗品だけもらえたのっぴぃさん。
まぁ 棚ぼただと思っておいしくいただきましたけどね。 えぇ。

TOP