先達の言葉

2014⁄12⁄04(木) 00:00
なんか 一度弱音吐いてしまうと その先もなし崩し的に
同じような弱音 吐き続けたくなってしまうことって
往々にしてよくありますよね??  と 言うわけで。

(なんかボク 酒で本気で酔ったら面倒くさいキャラに成り果てそう……)

前 パソコンがどうこうとか そこからネガティブに
自分の意志の弱さについて語ったその時と同じテンションで
ひたすら 記事書いてみようかな~  って 思います。

……下書き段階では 連日投稿想定していますが
ボクの場合はしばしば 月初めには不定期にQMA記事ねじ込みますしね~
――とりあえず 日付の連続性については考えないで記事書いてみましょうか。



俗に「三隣亡」って 言う言葉があるじゃないですか。
物によっては カレンダーとかにも書かれている――気もするアレ。

こう 自分が教えられてきた意味合いというのは 何かと物忘れがひどい日とか
大切なこと 何かしら 芋づる式にガシガシと忘れていく
――そんな日。 なんか 最近 自分その流れが多いような気がします。

――具体的には 病院の予約を忘れてみたり。 ――これって 次
予約取りに行く時に顔見せに行くのがちょっとアレで
なかなか 勇気がいる出来事になってしまったりするんですよね……

その他 同じようなノリで 数学的センスも 日によってあったりなかったりして
最近は 数学の課題とか帰ってきたときに
その時の出来の良しあしが相当残念な形で露呈していた

――みたいなのを見てしまったこともありましたっけ。

まぁ 割と自分 メンタル弱い方だと思っているのですが
そんな人間。 一度落ち込むことがあったりするととにかく
それがどんどん連鎖していく速度は速いんですよね。

で その 連鎖した先に起こった悪い出来事でさらに
心的コンディションが下がって行って 何かと落ちるところまで落ちる。
――負のサイクルに入ってしまう。 ――これが何かと多いわけで。

ついでにいえば 結構テスト勉強とか立て込んでみたりすると
何かと荒れることもありますし さらには研究室どうしようみたいな
「人生における大きな分岐点」を目の前にしている現実もあります。

まぁ 人間の成長において 誰しも思春期というのは
不安定になりがちだ――なんて 一般論があったりするのですが
のっぴぃさん(21)も 現状 まだまだ思春期真っ盛りなのかなって。

――こう 書いてみて初めて認識できたような気がします。
(いや~  客観的に俯瞰的に見るのって大切ですね!!)

ただ一度 三隣亡(意味合い間違っていたりしないよね?)的なことがあって
その時の心的余裕がないときには そんな些細なことが
無駄に壮大なトリガーになる――といえば 自分でも誇張しすぎだとは思いますが

……逆に 自分の場合は 誇張したうえで心の中に
とどめておいた方がいいような気も少なからずするわけで。

何においても 三歩歩けば忘れる鳥頭を持った人間として。
――物忘れに関しては うっかりで済まさない対策を
そろそろ本格的に考えなければいけない時期に入ってきたような気もします。

(まぁ 自分の場合は「歩き続けて五分後」みたいな微妙なタイミングで
ふとしたことをトリガーに記憶の引き出しを開封、直前まで全く
思い出しもしなかった記憶を必要以上に一度に思い出すことも多いのですが。)

――ところで ちょっと どうでもいい補足してみたいと思うのですが
先ほど「思春期真っ盛り」とは書きましたが 多分 大方は
「反抗期」の方は 終わっているんじゃないかな~  と 自負しております。

一応 親子関係の方はかなり良好な方(たまにけんかはするけれども)だと
自負しているのですが。 ……親は大切にしましょうね!(ただし マザコン疑惑。)



さっきまで 適当なこと書き綴ってみたら ちょっとだけ気が楽になりました。
――まぁ それにかこつけて、ではありませんが 似たような方向性で
もう少し 喋り散らしてみようかと思います。

もう 気分は 河原に穴掘って「王様の耳はロバの耳!」って叫ぶような心境で。

「部屋の乱れは心の乱れ」って 人によっては声を大にして言う
――そんなことがあったかもしれません。 今 自分の部屋の管理状況をふと
思い返してみますと この言葉 あながち間違いではないような気もします。

最近 のっぴぃさんがテストやら何やらで情緒不安定気味な点に関しては
結構しゃべってきたような気もするのですが…… さて 今の部屋の状況。

まぁ 足の踏み場がない、といったところまでではないですが
場所によっては 最近相似したのいつだっけレベルの惨状の部分。
――なんか トイレ一部黒ずんでないかな??  みたいな。

――まぁ 水回りの扱いが相当雑だってことに関しては
特に母親の監査で強く言われれてきた(両親ダメ出しポイント違いますね、やっぱり)
部分ではありましたし そのあたりは 知ってはいたのですが。

――こうやって 「その場所」見ていると あながちあの言いようは
間違っていないんじゃないか。 ――そう思えるわけですがね。

そうじゃない まぁ メインの部屋に関しても 足の踏み場はあるけれども
掃除機とかそんな意味で 本気で掃除したのは最近 いつだったかしらみたいな。
――あれ??  ハウスキーピング最近特にヤバくね??

まぁ そんな意味で言うのであれば 本とかその辺を
床に散らかさないあたりは――みたいな言い分もできなくはないけど
なんか 今の自分の部屋の惨状――綱渡り経営――を
現状の自分の現状に当てはめてみた時にあながち違和感を感じない気も。

――そう考えてみると 先達の言葉って何かと言い得て妙ですねぇ。

TOP