少しの空き時間を

2014⁄11⁄30(日) 00:00
全国03
とりあえず ここ最近は
リアルでテストとか何とかで
何かと忙しいですし
結果的に全国大会も
とりあえず「クマーキングで」
みたいなテンション。

一応 毎度のように すべて2000ポイント以上10個の枠を
埋めて……といった 基本最低限のプレイ頻度しか稼がない。

――という意味で そこそこ 色んな人が集まっていた元気なころは
何かと ボクでも時たまうまい汁が吸えたような気がしたけれども
人が濃縮されてきた今では 割と苦痛なクレが増えてきた気がする今日この頃。

まぁ あのシステム働く間であればなかなか面白かったとは思うのですが
なんか 今の現状見ていると このまま放置ってのも何かな~  とは思いました。

……せめて マンネリ化しているような空気バリバリ出ているみたいですし
「チームバトルとバルーンを交互に開催する」みたいな
今ある手札の晒し方も考えて出しておけばまだ よかったんじゃないかって気もする。

紅玉
さて なんか 最近になってやってきたらしい
紅玉邪神って
――まぁ 今までやっていた邪神さんの
ジャンル限定バージョンあったみたいですが。

元々スポーツの正解率が悲惨なのっぴぃさんにとっては
このイベント 出てもさらされる運命が目に見えていますのでちょっと静観。

……まぁ そんなこと言わなくても それ以前に現状として
「中間テストが少々立て込んでいる時期」になりまして 割かし忙しいんですよね。

……まぁ やるだけやって マッチング運に任せる流れになると思うのですが
そんなことやるよりはねぇ……  みたいな印象がぬぐいきれず。

――といいつつ なんか この先の予定カレンダーを見てみるには コナミさんも
直球勝負だけではあまりよくないと反省したのでしょうか。
……「天青」から入るのではなく 別のジャンルからイベント開始したことについて
結構 評価してもいい流れになるのではないかと思うのです。

さて そんなこんなで ジャンル別イベント始まったようですが
とりあえず 現状の忙しさとお金の問題とか――まぁ いろいろありまして
今日は この話題は深堀りするのはやめておきましょうかね。



検定03検定04
さて このクレで何をやろうとしたかと言いますと検定ですよ。

まぁ テストが立て込んでいるとはいえ ちょっと ストレスも溜まりますし
部屋でウジウジしていても あまり効率が上がるとも思えなかったので
――直近のテストが終わった合間を狙って 1,2時間ほど遊ぼうという流れ。

――その間に ある程度の結果残せるとしたならば、ということで
そこそこできるような検定ないかな~  と思い出撃した次第。

まぁ ランキング検定は近畿とヒロイン。 内心は「関西検定」の方が
韻の響きが合う気がするのですが それは個人の問題でしょう。
――そして アーカイブ発ランキング検定欄にそろそろいい加減に
理系の検定飛び出してきてもいいんじゃないかって思うのですがそれは。

アーカイブは まぁ 中国四国ありますが これ 近畿と
「地域検定枠」が見事にかぶっている気がするのですが これもどうにか……

12_20141127004012c51.jpg
まぁ 簡単なこと言っておけば
今月の地域検定は
「桃鉄12」の西日本マップ
網羅しておけば どうにかなるということで
ひとまず決着つきそうだなぁと
いうことはよくわかりました。

――懐かしいなぁ。 昔 やりこんで遊んでたゲームだったなぁ……
……という ちょっとしたボクの原点回帰の一種だったりするのかもしれません。

検定05検定06
とまぁ そんなこともありまして パッとやって出来たのが
中国四国をSSSにする作業。 近畿は 残クレで回せるだけやりましたが
初見Sは出来ました。 ――ただ 寺院問題増えそうですよね……

……割と その辺の寺の問題とか 歴史にかかわる問題が増えそうで
今住んでいる周辺はともかく 苦戦することも多そうな気がします。

――何より 時間作ることが大切な気がしますが まぁ それはそれ。

TOP

岐路は近い。

2014⁄11⁄29(土) 00:00
なんか 大学の話題~  って しゃべっていたら基本的には
授業の愚痴とか内輪の話(と言いながら その内輪と言える人が
別にブログ見ているわけでもない)ばかり書いていた気がしますが。

まずはちょっと真面目な話。 そろそろ配属~  とか
研究室どうしよう~  とか そのあたりの話が本格的になる時期になりました。

なんか あまり実感わかないまま今まで来てしまっている気がするのですが
――そうか。 もう そんなことも考えないといけない時期なんですね……

さて このブログは ボクが高校二年の時から続けておりますが
その間に挟んだ「大学入試」という物。 ――まぁ 学歴という意味では
ボクの人間という物を履歴書で表すページの片隅に
結構大きな存在感を残している、というのは事実でしょう。

ただし この研究室、配属決定というのは それよりももっと
根本的なところでボクの人生を左右する要因となりうるんですよね……

文系の方にとってそのの 専門という物がどのように映るものなのか
残念ながら 自分がすぐに声かけられるようなところに
気が付けば文系の友人 持っていなかった気がするのでチェックしていないのですが。
(ついでに言うなら 両親共に理系ですしね……)

とりあえず その研究室によって 技術として手に入れることができる
スキルが軒並み変わってくるわけでして 恐らく就職とかその辺でも
「受けに行くことができる会社の業種」というのが
このチョイスである程度 影響されることは想像に難くありません。

そして 少なくとも 理系の場合は 結構多くの場合 学部卒という形で
終わらせるわけでもなく 院――少なくとも前期は行く。
……というルートが結構多い選択肢になっているように見受けられます。

実際 ボク自身も学部卒で終わらせるつもりはさらさらなく
出来れば ドクターらへんまで居候出来たらなぁ……  といった
思惑片手に考えている……そのあたりは 今後の頑張り次第ですね。

まぁ そんな絵空事を形にするか否か以前に その院行く足掛けになる
――といういい方が正しいのかはよくわかりませんが――
研究室の方 結構真面目に考える必要があるわけですよね。

とにかく そのあたりを真面目に考えるにあたって
その 研究室が研究している内容についてしっかりチェックする必要があるのはもちろん。

その研究室を構成している人員などが 自分の空気にあっているのか
――みたいなのも しっかりチェックするように、というのが
人生の先輩からの意見として伺っておりまして そのあたりは調べておきたいなぁと。

……と言いつつ 内心は 割と自分がこの先やりたいことは
結構はっきりさせている――つもりなので 内心としては
「その方向に進める可能性を残した研究室」ほぼ一択みたいな心持ち。

――とりあえず その研究室の風景眺めながら 自分と空気が合わないようなら
最終手段としては「他大学の研究室見学も挟みつつ」検討する
……というのも含めていく必要があるのかもしれません。

さて そんなこと急に言い出しましたきっかけというのもまぁ ありまして
先日 配属に向けた説明会成るものが開催されていたんですよね。

一応ボク個人としては 夏に 教授にアポ取ろう――として
「時期的に早くない?」なんて たしなめられた(教授も教授で
既に ほかのことで忙しい時期だったのかもしれない)経験もありますし
まぁ そのあたりは 昨日書いた話ではないですが 世論に乗る必要
――一人先走りしてもいけなかったんだろうなぁと思い直した次第。

まぁ そんな空気になっておけば もう 研究室突貫しても
一人先走りということにはならないだろうから ちょっと安心なのですがね。

まぁ 配属説明会と言えど 資料配布されて大方それのの回し読み。
細かいところは自分で見に来い。 そんな流れでした。
――まぁ そっちの方がずいぶんありがたい話ではあるのですが。

とりあえず これが人生を本気で左右する。 ――その意気込みを持って
ちょっと 適度に焦りながら 自分が目指す道に寄り添えるような
環境を探していこう。 そう考えている次第であります。

――まぁ 実際に行動起こした後でまた 続きかければなぁと。



さて その構想の中にちらりと出てきた「もし 自分の目指している方向性の
研究室の居心地が悪かったとき」の選択肢について。

――まぁ 他大の研究室を眺めた上で……なんて書かせてもらいましたが
そのあたりについても少しばかり 踏み込んでおこうかと思います。

一応 今のところは神戸の中で済ませることが(少なくとも 院前期段階までは)
出来たらいいなぁと構想しているのですが
万が一 そのルートが厳しいような気がした場合ですが。

他の大学あたるにしても 内心としては結構 関西の空気に
染まりきっているというか 結構居心地良く(気性的な意味で)感じている
節があったりしますので できれば関西にとどまりたく

――という前提で考えると 例えば阪大とか京大とか
見据えて考えていくのがアリかなぁ……と 薄らぼんやりと考えております。

まぁ この辺りに関しては 少なくとも現段階ではまだ
「もしも、」という前提のもとでしゃべっている内容だと
認識しているつもりで考えているので まだ 何とも言えないのですが。

この先 研究室めぐりをしていくうちに ちょっと 違和感とか
「何かが違う、そんな気がした」ときには
他の大学にアポ取る勇気 持っておいた方がいいんだろうなぁって。

――まぁ 名大とかにも気になる研究分野の研究室ありますし
「今の想定からさらに 外れた時」という想定もそりゃ ありますよ。

(にしても その 研究室紹介文章中身でも 何かしゃべろうかと思ったことも
あったのだけど そんな余裕 なさそうだなぁ。 今日は。)

TOP

世論を眺めて

2014⁄11⁄28(金) 00:00
秋
そういえば あまりカメラ向けてみるような機会もなかったからかもしれませんが
気が付いてみたら 結構葉の色づきもいい感じになってきましたね。

……まぁ 日に日にこの紅葉前線と一緒に冬の足跡が
濃厚になってきているような気がします。 のっぴぃです。

――最近 記事作れるときと作れないときとの違いで
今まで書いていたけど 最近用意していない方向性のネタって
何があったかな~  とか ゲスいこと考えてみたら
大方 こんな感じのどうでもいい世話話という選択肢も上がってきました。

……まぁ 困った時に気候の話を持ってくる。 よくあることです。

――そんなことは別にいいにしても 最近は結構季節の進行が進んでおりまして
寝ているときとかも格好考えておかないとまずいんじゃないかとか
周りから 暖房がどうこうとかそんな話が聞こえてくるようになりました。

こうして ボクがキーボードたたいているときも 遠くの方から
焼き芋販売車から聞こえてくる放送とか 灯油の移動販売かな??
――みたいな 音が聞こえてくるようになるのも季節の足跡を知らせてくれます。

さて 基本的にボクにとっての暖房とかそのあたりの扱いですが
まぁ ここで風邪ひいてしまったら元も子もありませんから
寒いのは得意――と 宣言させてもらっているのっぴぃさんですが
自分なりに そこそこ暖かく生活してみようと思っている次第。

……と 言うわけで 外出するときに羽織るコートとか
寝るときの布団も厚手のものを用意してみたりしていたのですが……
……周りの世論に合わせるという意味でボクの場合衣替えするもんじゃないのかなって。

おかげで その格好して外出すれば 特に大学へ登るときなんかには
服の下が汗的な意味で大変なことになりますし
その 厚手の布団の下も大変なことになっています。

……こう あまりにも寝汗がひどいものですから
蒲団を干したりとか ファブリーズとかそのあたりを
全力で吹きかけたりみたいなことしているのは……元も子もないのかなって。

この時期にやたら汗かくようなこと 特に 厚手にしたからって理由の場合は
逆に その汗が乾くときなんかに風邪ひくリスク増やしたりしますから
日頃の「ちょうどいい服」というのは大切なものですよね。

――まぁ それと同時に 「見た目寒くない服」の重要性についても
実家時代後半には特に うるさいほど騒がれていたような気がしますので……

……まぁ 一人暮らししているシングルのうちはそこまで
この辺り気にする必要はないのかもしれませんが
頭の隅っこの方には入れておかないといけないんじゃないでしょうか。

……なかなか ファッションに興味がないといえども
洋服選びには苦労しそうです。 ――まぁ それ半ば自爆の悩みですが。



さて そんな風に服装的な意味でも世論見てみるとこんな感想
漏れてみたりするものですが もう少し社会的に――ちょっとボクらしく――
社会を見つめてみようと考えてみますとどうでしょう。

――なんか 永田町の方では衆議院解散がどうとかで騒いでいますね~

最初は首相さん 「私は何も言っていないのに」みたいな空気でしたが
なんだかんだで解散。 野党はそれ 批判しまくっているような流れに見えますが
少なくとも テレビニュースに出てくる会見だけ見ていると
何か 野党が軽く自作自演のようなことをしているような構図に

……見えたような気がします。 ――まぁ 最近ニュースも
まともに眺めているわけでもありませんので ちょっとストーリー
自分で作っちゃった部分があるって言われても言い返せませんが。

そんなボクも 一応は神戸で投票権持っている一有権者ということで
そこそこ自分の意見をまとめておかないといけないのではないかなと。

――とりあえず 選挙の話題書くにあたって忘れないうちに補足しておきますが
別に この場で意見闘わせようとか考えているわけでもありませんので
コメントとして意見なりなんなり書いていただいても構いませんが
その場合 コメント返信に関しては控えさせてもらいますね。

……ボクの心の中で投票する先を考える一つの材料とさせていただいたうえで
……といった扱いにさせてもらいます。 この辺りの注意書き
この方面でネタにさせてもらう時の 半ばお約束文面とさせていただきますね。

さて 内心思っていることですが 維新の党、並びに
最近「第三極」なんて主張している政党の存在 なかなか信用できないんですよね。

橋本さん 大阪市長の立場からやあやあ口出ししているようですが
自分自身は 国政に口出すつもりでいながら 議員になる気は
さらさらないようですし そんな立場なのであれば大阪市頑張れよと。

……政治を「エンターテイメント」の一つとして運営する、
という意味では なかなかいい線行っていて 目を向けるという意味では
色んな意味で頑張っているのかもしれない、とは思うのですが。

そこから先 (既に 一つの自治体を引っ張っているという時点で
一抹の不安を覚えるのですが) 余計なところに口出さない方がいいんじゃないかと。

……石原さんと意見が割れて 新しい党作り直し――みたいなことしている時点で
数年後 また ここで意見が割れた時に同じことが起こるんだろうし
彼は彼で 自分の意見が通らなかったらダダこねるんじゃないか
……あくまでも 自分は第三者的立ち位置から。 そんな風に見えてしまって。

そんなノリで 最近集積分離していく第三極 さまざまありますが
その党を率いている方々(小沢さんとか)に関しても
何かと 同じようなものを感じてしまう。 そんな気がする。

……結局 そんな風にして党が割れた時に 自分が投票した票が
どんなふうに割れていくのか それは議員にゆだねられて
有権者の声はほとんど通じない流れになっているように見えます。

……そんなところに自分の票 入れたくないなぁというのが今の自分の心中だったり。

TOP

賢者タイム

2014⁄11⁄27(木) 00:00
三連休って その直前の金曜日にならないとその存在を認識しない
――暦に割と鈍感な人生送っているのかもしれません。 のっぴぃです。

まぁ 「今日が何日」みたいなことは ブログ書いている段階で
ある程度は意識せざるを得ないことがあったりするので
その辺はそこそこ 認知している部分はあるのですが
どうも 休日とかその辺は 意識しないと忘れてしまうのはよくあること。

さて そんな存在を直近まで忘れかけていた勤労感謝の日。
――唐突に知らされて 有効に使うことができているのかと問われれば
正直 辛い部分が大きいのではないでしょうか??

一応 連休明けに中間テストの影が潜んでいるのが自明だったので
基本的に そのお勉強をやっているつもりだった。
……つもりだったのですが 思ったように進まないんですよね……

基本的に そうやって「お勉強しよう」と決めた時には
根詰めて 部屋に閉じこもることくらいはやってのける気概だったのですが

閉じこもることはしました。 でも やってても何かと
腑に落ちない物のお勉強。 あまり集中力が続かないんですよね……

結果的に その「閉じこもった」という事実を ものすごくネガティブに
考え直す必要があるんじゃないかって思わざるを得ない展開になっていたのですがまぁ。

まぁ 自分でこんなこと書くのも何ですが テストの告知としては
あらかじめ 「この問題集の中から出しますよ」みたいなものを告知されていて
最悪 それに合わせて その問題覚えちゃえば成績的には何とかなる。

……のですが 真っ向から考えて 理解してやろうという気概で挑むと
逆にドツボにハマることもあるんだな~  ってこと。
――まぁ そのあたりは うすうすわかってはいたつもりですが……。

まぁ 何度やっても腑に落ちない物だから途中でイライラしてきて
結果的に うやむやのまま 何かほかのものに走ってしまいがち
――という 結構悪い流れをどうにかできないままといった状況が続いていました。

まぁ ボクに限ったことではないと思いますが お勉強するときって
その時のノリとかその辺にかなり影響されますよね??
――まぁ そんなもんです。 波に乗れなかったら全くはかどらない。

まぁ そんなもので テストの状況が好ましくなかったら
履修取り消しとか含めて考えた方がいいかもしれないな~   なんて
割と本気で思っている某科目。 何のことなのかは
多分 既に 過去記事でどんな内容かってしゃべっていると思うから。

あと その内容云々よりもそれ以前に「部屋に閉じこもって」って部分が
よくなかったんだろうなって 多分 過去にも定期的に
出していたんじゃないかって結論に帰結してしまうのもまた。

やっぱり 人間も元をただせば動物の一種ですし
何かしら理由をかこつけたりして動かないとダメなのかもしれませんね……

――まぁ よくありがちですが 無駄にしてしまった時間はそれが終わった夜あたりに
猛烈に後悔する……といった具合。 逃がした時間は帰ってこない。
「時は金なり」とはよく言ったものです。 ところでテスト、どうしましょう←



引きこもってはいけない。 ではどうすれば。
――まぁ 手ごろな言い訳して外出する必要があるのはわかりますが。

……まぁ 一人暮らしですし むやみやたらに買い物に行くようなネタ
今のボクにはなかなか思いつきませんし……といった不安があります。

まぁ 手ごろな言い訳としては iPodに入れる音楽探しに
TSUTAYA突貫してみるとか そんな感じのネタと
何かしら 食べに行く――みたいな展開でしょうか。

前もって何か 用意してあるのであれば別ですが 本当に勉強やっているのであれば
料理作るというのも ちょっとばかし億劫になりがちですからね。
――ただ そのこと自体も一応は 気分転換の一種になりえることもチェックしながら。

外食01
まぁ 食べに行くのは別に 大仰に外食!!  って言えるところでなくても
牛丼屋みたいな場所でいいんですよね~  と言いながら。

なか卯にて。 ――実家時代は 割と通いやすい場所になか卯あったりして
定期的に食べに行く機会あったりしたのですが 最近はあまり
足は混んでいなかったな~  ということで行ってみたのですが。

そこから 悪乗りが過ぎて気が付いたらこんな感じになっていたこともありましたねぇ。
――特に 深い理由があったわけではないのですが あったから使ってみる画像。

――あの時は まぁ うどんが置いてあるというのは少し
異なっていた点かもしれませんが 一牛丼チェーンの一つだったような気がした
――のですが 今のメニューを考えてみると 似るににつかぬ部分がありますね。

まず 牛丼なるものがとっさに見えてこない。 カツ丼とかその辺の
卵とじ丼中心になっていて 少し 客層を上の方へシフトさせたかのような
マーケティングをしているのを感じました。

まぁ 格安感は失われてしまったかのように見えますが 「かつや」とかと
「牛丼チェーン」の橋渡し的立ち位置で立ち回れば
何かと需要が持てるユニークな立ち位置確保しましたね。 そう思います。

なお なか卯に行ったのは 前親が来た時になか卯のからあげの割引券なるものを
置き土産として残していったから。 ある物は食わねば。
――まぁ 結果的に高くついたような気がしないでもありませんが。



菓子01菓子02
お勉強のお供として有用という噂のお菓子。
――ボクの場合は スナック菓子をばりぼりしながらいることも多いです。

時たま仕送りの中に紛れ込んでいる「よくわからない味」のものとか
この前の三連休に消費したのが右のデカいポテチ。
――袋の上に3DS載せていますが そのデカさは半端ない。

……三日かけて 引きこもっていたからこそできたことですが。
――なお このデカいポテチも実家から苦労して手もちで持ってきたものです。

TOP

近況も何も

2014⁄11⁄26(水) 00:00
どうも。 ――例年だったら もう少しQMAの記事とかで
まだ 何かしら記事作っていたような気がするのですが……

内心 その話だけ書くのでは間が持つような気が全くいたしませんので
とりあえず 「今まで流していた写真」含めまして なんとか
いつもと同じような空気醸し出せたらな~  と 感じている次第です。

シャロン
基本的に 検定やるか協力やるかくらいしか
思いつくイベントが無いので
正直 この期間に出てくる誕生日イベント
モチベーション保てずに
扉画像すら見る機会が
亡くなりかけるところだったもしれません。

……シャロン譲の誕生日。 個人的にはまだ この日付は
あずにゃんプッシュしたくなるというのは――  一応 時代に合わせて
でも 今年もなんとかぎりぎりかけていたのではないかと思うのですが。

まぁ 兎にも角にも 自分は――この時は オフやっている時間を外しながら
トナメ回してみたりはしたものの(結果さんざんで 目に見えて正解率
下がったんじゃないかって出来だったのはさておくにして)時間合わせておけば
ひとまずは 一通りの人があまねくできる程度になっていた

――って 報告であればうれしいんですがね。 まぁ ボクが見た限りでは
そこまでシャロン譲が並んでいた記憶は思いつかないんですがね。 えぇ。


そんなわけで 取りあえず最近のノリとして ニコニコの上がっていた奴は確認。

一応 この扉取りに行ったのは当日ではなかった(当日の動きはお察し)ので
台詞一式はこの日記に張り付けるためにリンク拝借しに行った
その足で初めて見たような形になるのですが。 ……まぁまぁか。

いきなりラスクさんが出てきたときには 「そんな切り口かぁ」とは思いましたが。



一応形くらいは書いておきますか。 全国大会の思いで。

全国02
なんか 最近は結構自分なりに
頑張って点数取れたかな~  とか
感じてみたものの 結果見てみたら
割とげんなり……といった感が強くなってきて
基本的に「中途半端な強さ」でいる
人間にとっては割と辛い全国大会。

称号の人引いたとか 自分以外が皆オーラもちとか そんな展開が
割と 平凡な感じで出てくるセットが増えてきた感もありますし
そこまでガチ勢ではないボクにしては 競り負けることが相当多く。

自分にとっての初めての全問正解も 結果的に点数的には
二位という現状だったりもしましたし 最近の傾向としてはこんな感じみたい。
――正直 そんな感じのプレイングって 内心一番萎えるんですがね。

全国01
だから 極稀に 一位取れたときなんかは非常に無駄に低い
達成感が出てくるのは
それはいい事なのか悪いことなのか。

――ついでにいえば それ以外に
書くことがなかなか思いつかないのは
ほぼ確実に「悪いこと」カテゴリに
封入していい出来事だとは思います。




彫像
ほか 夏以来音ゲーやった系の
画像もちょこちょこ入れていましたが
てんで 封印したままだったものも
ありましたので 流しついでに。

彫像解禁曲 基本指しかやらないボクにとっては 一日ワンプレイという縛りを
夏あたりからずっとかけ続けられたような気がしますが まぁ なんだかんだで
20日プレイングということを強要され 終わらせることができました。

――まぁ ボクにしては結構 踊らされる曲が並んでいるような
印象もありまして 解禁したらしたでなんだこれ、といったところなのですが。

指01指02
指での牛、大量発生。 それに伴う事故で記憶を喪失するスミス氏。

……毎度 このイベントでやる課題とか提示されるのですが
ほぼ確実にその存在忘れる流れになっているのですが それはそれで。

指03
「天下一音ゲ祭り」とかやっていたみたいですね。
さまざまの会社の
曲を何かとトレードして
本戦目指してスコア上げてください的な。

……まぁ 予選参加率に大きな問題があったみたいですがね。

――ボクは それどころでは(色んな意味で)なかったですが
興味の矛先は「この曲は期間限定のものなのかしら?」といったところでしょうかね。

TOP

買っちゃいました。

2014⁄11⁄25(火) 00:00
ラノベ02
はい。 今期のアニメとか
その辺の話から派生した話題でも
喋っていけたらな~

とか なんとなく考えております。

……とりあえず そのラノベ見て買おうと決めました「俺、ツインテールになります。」

少なくとも 表紙見ただけの感想と第一印象だけで本選びしていたならば
多分 選ぶことのなかったであろうジャンルに見える表紙でしたが
その意味合い――というか アニメで大雑把な
方向性を見てみたら ボクも見れる方向性でしたと。

ふた開いてみたら ボク個人が結構好んでいる傾向があるという
なんだかんだで 高校みたいなところを舞台にしたギャグ色強い作品
――ということで 内心 生徒会の一存とかバカテスとか
その辺読んでいたころに埋めていた穴にすっぽり収まりそうな感覚。

……「のうりん」みたいなのは どちらかといえば
文章中身よりも 絵師さんと構成さんがギャグ色を高めていて
なんか それに慣れた途端 新刊見てもあまり インパクトを感じなくなったり……

……という理由で 最近新刊買う意欲さえ失いかけているところでしたので
この辺りの穴を埋めるうってつけの展開だったんだろうなぁって。

まぁ 結果的に この作品拾うことが出来たのもアニメが話題になったからで
やたら 見るジャンルの好き嫌いが激しいのっぴぃさんにとって
アニメで新しい作品情報仕入れるということ 何かと多い気もします。

とりあえず このアニメ世間でも今期で相当アタリの気が出ている
割と ギャグ色強めの作品だろうな~  とは思っています。
――多分 誰かは持っていてもいいんじゃないかなって感じ。

……まぁ 往々にしてこんな感じのギャグ色強い作品ってのは
何度か読んでいるうちに ネタ覚えちゃって さっきのうりんに対して
愚痴っていたような展開に近いことが起こりかねなかったりしますが……

まぁ そのあたりは往々にして 誰かに貸すとかそんな約束取り立てることで
「供給者」みたいなノリ??  ――まぁ 周りに洗脳(仲間づくり的な意味)
施すにあたって 丁度いい教材になりそうな気もしますからね……

……ここは これを持って 虎視眈々と“仲間”に引き入れる
瞬間をうかがうというのが面白いような気がします……←

ラノベ01
ところで 改めて 最初の方の巻にまかれていた帯の
プロモーションコメント見てみたりすると
何かと勇気ある流れだなぁと。

……ハヤテのごとく!  で 有名な某漫画家さんは
――なんか ラノベの賞のこの時の審査員でもしていたみたいなノリでしたっけ。
まぁ そんなノリでかかわる方向性ならコメント残すのはある意味自然
……名前がやたら高価なブランド醸し出している気がしますが 流れ的には。

日本ツインテール協会会長さん。 素直に聞こう。 なんだそれは。

まぁ あるとしたならばこの作品に一言申さずして何をするといった感じで
ぴったりな役柄だとは思うのですが それ以前に
その存在がカオスすぎる気がするのですがそれは。

――大方 アニメで無駄にビッグネームが並んでいる悪役アルティメギル。
その構成員の大多数はこの協会の構成員ということで間違いないでしょう←←

あと ニャル子さんの作者もコメント寄せているようですが
それに関しては――ニャル子さんのレーベルがどうだったか
ちょっと 思い出せないのでアレとしても 完全に立ち位置がかぶっている
作者として よく コメント寄せる気になれたなぁって 別の意味で感心しました。

ところで こんな感じのギャグ中心のアニメとなってみますと
大方 原作の笑える部分だけを抜き出せばいい――と 考えがちの
部分もあるのかもしれませんが 一応 それなりにストーリー性は……

一応 笑いを挟みつつも登場人物の心情変化もあったりしますし
そのあたりは 一つの物語として尊重しないといけない部分
あると思うんです。 ――時間の関係削るものがあったとしても
最低限 残しておかなければならない部分って言うのもあると思うんです。

……で 原作読んだうえでアニメ見てみると 最低限
「ここはカットしちゃアカンでしょう……」と思われるような場所に
バシバシ赤線入れて なんというか サービスカット優先しているのか
それをやりそびれているのかわからない部分が散見されるような気がして……

最初の方の カット割と削った部分は結構視聴者の心
つかめたかと思うのですが なんか 監督のセンスがどうなんだろうなぁ……
――って 思うような場面 今回はやたら見られたような気がします。

いつも こんな気難しいこと考えているわけではないと信じたいので
今回がことさら思いたいんだ!!  と 意味なく主張してみる。

……とりあえず 幼馴染ネタとかならともかく 惚れた原因的描写に関しては
初期のうちに仮説だったとしても描かれているんだったら削っちゃアカンでしょ……



さてと。 そんな風な感じで意気揚々と新しくラノベ買ってきたわけですが……
――結構 本質的な問題がそこに立ちはだかっていることに気が付きました。

――あれ??  そろそろ本棚に余裕全くなくね??

まぁ こちらに来てから増えたラノベの部類もかなりありますし
増えたシリーズって言う意味合いで考えても 下宿に来てからの
増加の具合に関しては ちょっと 目を見張るものがあるかもしれません。

……その影響なのか 持ってきた本棚(まぁ フィギュアとか陳列した
棚も用意してあるので 一概に本だけのせいではないのですが)の
漫画とかラノベとか(こっちメイン)収納していた棚がそろそろ満杯に。

一応 今のところ すぐに空きを作ることができないようにも見えます。

……先ほども愚痴った「のうりん」をはじめ 途中から
新刊買う元気もなくなった作品に関しては 実家に送るとか
諦めて古本屋に売ってしまうとか そんな手段も考える必要があるかもしれません。

……冬に向けた大掃除の予兆なのかもしれませんね。 この辺り←

TOP

調査して。

2014⁄11⁄24(月) 00:00
艦これ記事と文字っぽい記事 交互に挿入している
――と思わせておいて 昨日は勢いで なんか二日続けて
画像メインで記事作らせてもらいました。 ――この辺りは気分です。

――というか 元々 予約投稿の欄に 文字ばっかり書きつめた記事を
詰めていたところに 新たに艦これイベント記事書こうと思って
作文してみたものの いざ その段になってみると思いのほか画像が多く。

……毎度 画像でTOPページが重くなりすぎることにこれでも
少しくらいは気にしているつもりののっぴぃさん。

――サンドイッチもしたくなるってものですよ。 という言い訳。
……する必要があるかに関してはまぁ 別にいいとしましょう。

そういえば 最近記事の面白そうなネタが思いつくの
決まって寝る直前 PC閉じて電源切って いざ布団に入ろうって
タイミングで出てくることが多いのですが それ どうにかなりませんかねぇ……

そのまま寝入って 翌朝 面白いアイディア(大方自己満足かもしれません)が
思いついたような気がする――という 記憶だけが頭に残っていて
実際 大切な中身はほとんど残っていないという

――ある意味生殺しのような記憶にさいなまれることがここ最近多いのですが……

それが自己満足か否かを検証するしない以前に ここに上げてみることすら
出来ないのって しばしば記事不足に悩むことになる個人的には
結構つらいような気がするなぁ……  みたいな愚痴。



先日書いてみた携帯買い換えねばそろそろヤバくね??  的話題。
少しばかり自分でも動いてみたのでそのあたりについて報告??
――最近 同じようなことばかり書いているような気がするのは気にしない。

まぁ 今回においては ある程度緊急性ありますし
銀行残金に関しては――さすがに キツキツでやっているわけでもなしで
そのあたり 過去から積み上げていたものを少し崩してみるとして。

肝心の機種に関してちょっと 愚痴らせてほしいのですが……
……なんで 最近のスマホは軒並みそろって肥大化しているんですか??
みなさん 指のサイズ 軒並みアメリカンサイズになってみたりしているんですか??

……まぁ 今まで通りグジグジ机上の空論いじるわけには
流石に今回はいかない側面もあったりしましたので 取りあえず
ショップの方へ行って 予算どのくらい必要になりそうなのかとか
調べに行ってみましょうかね~  と思って調査しに行ってきた次第。

まぁ 携帯電話の発熱に関しては ショップの人に触ってもらった限りでも
(別に必要ない動作だったかもしれませんが)結構危ないということを
再認識した次第でありますし 一刻を争うのは気のせいではないっぽい。

で ボクの要望としては 前にも書いた通りタブレットとの棲み分けを
はっきりさせるためにも 明らかに無駄なサイズはいらないという立場。

出来ればズボンの前ポケットに小ぢんまりと収まってくれるのが最高。

まぁ ある限りで小さなサイズのスマホがうれしいなって。
――そう考えて行ったのですが。 ……なんか 店に並んでるの
軒並みサイズデカくね??  今おいてあるやつで
一番小さなサイズだったのが5Sとか 何の冗談でしょうか??

……なお 今使っているiPhoneの2年縛りが切れた時に
一度 買い換えようかという気分になったことがあった(結局しなかった)
のですが その時も 同じような考えの末購入を断念。

――てか その時メインで置かれていた5Sですら
内心 かなりデカいなぁって感じた次第でありまして。

まさか これが一番小さいサイズとして販売されているという
事実になっていたのに相当驚きました。

――で 最新作のiPhone 6とか そのplusとかはとくに
肥大化しているのはよく聞くことではあるのですが……

――というのがAppleの事情。 まぁ ほかのスマホとかだったら
それなりに良心的なサイズで取り揃えてあるでしょうと思ったボクがバカだった。

――まぁ せっかく買い換えるのであれば なるだけバージョンが
新しいものを買いたいなと思うものだと思うのですが
その辺のスマホ 並んでいるのを見てみた限りでは全部6並みにデカいじゃん。

……てか そろそろ 「ズボンの前ポケット」に収納するのは
不可能なのではないかって思いたくなる程度には
大きさ軒並み肥大化しているのですが それ どうにもならなかったのでしょうか。

――って思いながら 見定めているときに隣に立ってくれていた
ケータイショップの店員さんに聞いてみる限りですと 既に前提条件として
「収納場所はズボンの尻ポケット」とか そんな感じらしい。

……バカにしているのか。 正直にそう思いましたよ……

まさか ポケットに収納する段から問題が出てくるとはねぇ……
鞄に収納するとか 基本的に自転車で行動しようとするボクにとっては
鞄=リュックサック  という現状ですし 同じ理由から
尻ポケットに入れたら 自転車こぐのに邪魔で仕方がない。

まぁ 前ポケットに入れるという前提でも できるだけ足が邪魔にならないような
サイズで収めてほしいなって思っていたわけなのですが……

――もう この最低条件すらもあきらめなければならないとはねぇ。

技術的に昔より サイズがデカくすることができるようになったのはわかりました。

ただ だからと言ってすべて サイズをデカくするのはバカなのか。
……まぁ 大きなモデルもあっていいとは思うんです。
ただ 小ぢんまりとしたサイズの需要はなかったのか。 疑問に思いますよ。
――タブレットって存在もあるんだから。 差別化しようとは思わないのか。

……多分 かさばらないスマホって需要 切り捨てられる意見でもないとは思うのですが。

TOP

発動!渾作戦~終章~

2014⁄11⁄23(日) 00:00
47_20141117005241382.png48_20141117005240d17.png
さて 流れ通りだったらこの先に ラストダンジョンのこと書くのでしょうが。
――内心 「どうせもらえるのが駆逐艦なのだったら無理して
突貫する意味もないんじゃね?」という意見を持っています。

さらに続けるなら そこで溶かす資材があるのであれば
大型建造に回してやろうとか思っている節もあったりするわけです。

ここで 配布「信濃」とか言われたら かなり無理しても取りに行くかもしれませんが。

今回のイベントで 取りあえずレアじゃなくてもいいから そこそこの練度持った
駆逐艦の数を増やす必要性を感じたのはうそではありませんし。

49_20141117005238294.png
まぁ レア艦掘りとか言う人いるかもしれませんが
今回邂逅できたレア艦と言えそうなのが
彼女くらいしか思いつかないという

――まぁ 今回のレア運の悪さを
痛感したこともありましてね……

どちらにしても
「深追いするもんじゃない」
という結論に至った次第。

ところで イベントで手に入れましたPrinz Eugenちゃん。
台詞の中でもBismarckを姉さまと慕うようなドイツ艦なわけで
――そして いろいろと遠征やりくりできていないボクにとっては
初めてのドイツ艦、ということでもあります。 回してみたいですよね??

50_20141117005237d8b.png56_2014111700535279d.png
元々 資材を自然回復できる量まで減らすために
イベントのラストには祝砲ぶっ放すのは恒例行事でしたから。
――Bismarck建造可能性の検証含めて 突貫してみるのもいいでしょう。

では Prinz Eugenちゃん、よろしくお願いします!!!!




51_20141117005236f06.png52_20141117005235b3c.png



で 打ち上げてみた祝砲。 …………ん??



53_20141117005351d02.png54_20141117005350cb2.png



Prinz EugenちゃんがBismarck姉さまじゃなくて
                       大和姉さま連れてきた……。




――なお のっぴぃさん、「今まで大型建造で何一つ限定艦引き当てたことがありません。」
今まで 必死になって大和探しのレシピ回していましたが……
……完全に不意打ちの形で夢がかなえられました……

てか、Prinz Eugenちゃんマジ女神。 ちょっと指輪買ってくる。
なんか ここ最近 自分の「重巡育成欲」みたいなのがうなぎ上りなのですがナニコレ。

57_20141117005349bbd.png
そして ついに着任してくださった大和姉さま。

――こちらも この先の(おそらく)
「信濃」配布に向けた
ものすごい難度の海域を攻略する
足掛かりとしてしっかり育成したいなぁと。

55_2014111700534890c.png
……言いながら 演習回す折になって
やっぱり 大和の
大食いは半端ないなぁと
ちょっと 肩を落とす奴。


50_20141117011011824.png
でも この娘含め 今月は気分がいいです……

そんな意味では 艦これ的意味でも
なかなか個人的に充実していたのかもしれません。

TOP

発動!渾作戦03

2014⁄11⁄22(土) 00:00
なんか この記事書く直前までの記事がやたら文字ばかりのものが
連続しておりましたので 艦これ話題とサンドイッチにしてお送りしております。

……てなわけで 3回目。 まぁ 1記事1海域しゃべってても
今回はマンネリ化の波が遠いからやりやすいね。

34_20141117004648168.png35_20141117004647020.png
そんなわけで 第三次作戦が発表されましたので突貫してきました。
――こちらの縛りは 今までの海域に参加していた艦は出撃できないこと。
……ただ 試してみた限りですと 支援艦隊には出せましたので そちらで対処。

36_2014111700464661b.png
こちらのボスキャラは 巷では
ダイソンとか呼ばれているみたいですが
幸か不幸か そのような名前を
賜る要因になった作戦に
なじみがないため 取りあえず
「内心初見の姫だな~」って呼ばれる人。

まぁ ボク的には届かぬ先にいたボスがやってくるってのは
別に使い回しとも何とも思わないのですが 廃提督の方はどう思っているのやら。

38_20141117004645882.png
39_201411170046434dc.png40_2014111700464368d.png
11_201411170003319ab.png41_20141117004757e8e.png
まぁ そんなこんなで紆余曲折ありまして海域突破しました。
何が紆余曲折だったのかに関しては 取りあえず先に書くということで。

45_2014111700475620f.png46_201411170047556e5.png
ここまで終わると さても「これですべてが終わりました
お疲れ様でした」とばかりに 文章が続くのはよくあることですが
最近の艦これ運営は それで終わらせる気はないみたいですけどね……

37_20141117004754445.png
なかなかこの辺りまで来ますと
気合でゴリ押しという流れ
結構厳しいものもありましたしで
取りあえず こんな感じで
今度は航空支援ではなく 真っ当な
砲撃支援を頼みにするところであります。

44_20141117004753825.png
さて で その紆余曲折というのは
とにかく道中大破が多かったこと。

――まぁ この海域では個人的に
旗艦大破で撤退って流れを
3回経験しているのですが
それってボクくらいみたいですね。

42_201411170049078a5.png43_20141117004906935.png
あきつ丸が格段に育っていないのかといえば…… まぁ 育っていないですけど。
ただ なかなか表だって使う機会のない艦であることは事実ですし
割と 同じような足場で戦っている人ほかにもいると思うんですがねぇ……

そんなわけで 今まで編成についてあまり触れずにしゃべりまわっておりましたが
こちらでは そこそこしゃべるネタになりそうな感もありますかね。

軽巡は川内型しか育っている方がおりませんので こちらは神通さんに。
――一人だけ ほかの姉妹よりレベルが高かった那珂ちゃん。
ボク個人の美意識が何とやらで もう少し出番待ちになりそうです……

重巡はそこそこ育てておりましたので 今回は未ケッコン艦で占めてみました。
――まぁ 榛名さんは 燃費の良さを買いまして。(ケッコン効果)

――なんというか 執務室の端っこの方で拗ねてる鈴谷さんと
エステの予約入れまくっている熊野さんが見えるのですが さて。

大丈夫。 きっとどこかで出番はあるから(冷や汗)

TOP

とりあえず検証してみましょう

2014⁄11⁄21(金) 00:00
とりあえず 昨日書きかけていた携帯が云々って話
――まぁ 買い換えるとするのであればどれくらいお金かかるのか。

……それ書くことでどれくらい発破がかかるのかわかりませんが
多分 やらないよりはやった方が百倍マシになるんじゃないか
――という よくわからない義務感みたいなものでしゃべってみますか。

まず 自分がどんなふうにして使っているか――に関しては
前回書いたのですが まぁ 軽く復習的に。

スマホと言えども やっぱり 携帯電話というのが基本ですので
通話やメールなんかが主な使い道になるというのは当然として。

タブレット買ってからは ネットで調べるとかそちらに関しては
主に そちらを使ってデカい画面を使って調べているので
――まぁ そちらが使えなくなったとき限定ですね。 ウェブとかは。

ポケットWi-Fiの充電切らした時とかそんなときは
スマホで調べるしかないって展開になりますよね。

あと 街中でタブレットの準備するためにいそいそと準備しなければならない
――なんて展開が ちょっと面倒だなぁなんて思える展開
……まぁ 街中で不意に道調べるとかそんなタイミングとかでしょうか。

基本的に タブレットはボクが移動するときにはWi-Fiはポケットですが
タブレット自体は さすがにMini買ったといえど それなりに
存在感ありますので 大方は鞄の中に収納されているんですがね??

例えば 街中でコンビニやATM探そうとか思った時には
ごそごそ鞄漁るよりも 手軽にポケットから取り出せるサイズの方が
ありがたいんですよね。 まぁ この辺りはよくあること。

さて のっぴぃさん。 自分の家族は全力でガラケー一本で
使い続けるレベルの家から育っているわけですが それに近い形なのでしょうか。
――のっぴぃさん自身も iPhone使っていると言い張っておりますが。

4Sなんですよね。 今使っているバージョンというのが。

これ 明らかに2年縛りも超える程度には古いもの使っておりますが
内心 この電池の問題が起こるまではあまり不自由なく使っていて
――まぁ アプリ開発しているわけでもないですし??

不自由しているのではないのであれば触らなくてもいいんじゃね??
かえって わからない機能知らぬ間に増やされていく方が気持ち悪いわ。
――とまぁ そんな立場だったわけですよ。

そんなわけで 順調にApple製品を6とか今 売り出していますが
それを買う――という展開に 普通に持って行きたくないというのが正直な感想。

そもそも この6 ぶっちゃけますと画面デカすぎやしませんか??
――元々から タブレットとの使い分けを大切にしていた人間にとっては
この 5から続くやたら大きくなっていく電話というのは
正直 邪魔な以外の何物の効果もなしていないような気がするんですよね。

重くなるとかそれ以前に ポケットに入れてたら 自転車こいでいるときに
膝が気になるだろうし 収まりもあまりよろしくなくなるし。

――4Sの 片手で握れて 親指で画面最上部から最下部まで
難なく届くこの フィットした素晴らしさがいいものだと思っていたボクにしては
多少 機能が増えようが 害悪でしかないわけですよ。

日本では使えないネットマネーつけようとか考えるならば
その分サイズ小さく維持するか 付けるなら防水機能つけてみるとか
カラー付けて付加価値つけるくらいだったらとか
とにかく ジョブズ亡き後のAppleは何がやりたいのか全く分からない。

まぁ だから 国産メーカーに変えようと思った時も
それはそれで悩んでいることがあるんですけどね……
――例えば 今使っているiPhone買った時に付与されたメールはどうなるのか問題。

……まぁ 普通にメアド変えたって設定にしておけば
あまり問題はない気がするのですが アドレス変更のメール送るたびに
「このアドレスは使用されていません」って返事が来るのに
少々凹む展開になるというのがボクのお約束でありまして。

まぁ こんなしょうもない問題から いろいろと頭の中で
妙なシュミレーションばかりは残っていくわけですがね……

まぁ そんな半ばしょうもない話はいいとして
そちら方面を買おうと思った時には やっぱりAppleよりも
お金は張るんだろうな~  というのが 少なくとも
前にスマホに買い替えようと思った時点での話。

一応 確か初夏のころだったか?  にも一度 携帯買換えようみたいな
流れに至ったことあったのですが その時は言うだけ言って
結局 ほとんど動くこともなく終わってしまった感もありました。

まぁ あの時は「結局 まだ使えるスマホ買い換えるのもなぁ」って
結構貧乏じみた考えが先行したということもありましたし
そこまで 結局乗り気ではなかったのかもしれませんね。

一応 パンフレットもらってくるところまではやっていたのですが
その中身をしっかりチェックしたかといえばそうでもなく。

……そういえば この記事書いているタイミングというのが
いつもありがちな「勉強怠い~」って 宿題に追われている合間
(ながらで 艦これ遠征組のキラ付していますが)で
今期のパンフレットすら まともに見ていないという惨状なのは……

……一種 緊急性が要求される電池事情であることを加味すると
少しばかり 予算とかそのあたりは早めに決着つけるべき
問題なのかもしれないな~  と 今になって思った次第です。

……残念ながら 12月に向けて中間テストの問題もあり
短期ですら 探すことはできるかもしれませんが ほいほいと
入れることに抵抗が出てくる期間。 ちょっと 悩みますね。

――年末年始は まぁ 働くこと、決定でしょうが。

TOP