授業行ってみたよ~

2014⁄10⁄12(日) 00:00
どうも。 まぁ 10月から大学の授業が始まっているわけで
その一週目を体験しながら 「これからの半年はこんな感じで過ぎていくのかな?」
みたいなのを過ごしてみたわけですが――それをネタに記事書きましょう。

とりあえず 個人的に一番楽しみにしているのが
――ちょうど一年前にも同じようなこと書いている気がしますが
相対論の授業。 ……今年は「特殊」ではなく「一般」です。

一応補足しておきますと 特殊相対論は「等速直線運動」の世界。
――加速もできなければ減速もできない。 ついでに言うなら
曲がることもできないし――といった世界でしか通じない話。

まぁ 我々が認知できる範囲内でも 前後・左右・上下方向ありますし
流石に曲がることができない世界の話はいろいろと辛いものがあるんですよね??

……と 言うわけで それにも対応した世界のことも
語れるようになった理論が一般相対論。 こっちの方が面倒なんです。

……まぁ 個人的に「物理学」は好きなのですが「数学」はあまり得意じゃない。
――ってところが 何かとこの先ネックになってきそうな気がしますが
まぁ できるところまで頑張ってみようと思っています。

ボクの知りうる限り――そして ちょこちょことほかの人に
噂聞いてみて認識を共有している限りでは 別に成績がいいからって
面接だけで受験させてくれるとかそんなシステムないみたいですし……

いろいろと残念な感ありますけど 正攻法で頑張るしかないっぽいですね。
――千葉大とか東工大では そんな話聞いたりもしたのですが……

まぁ そうならば 好成績維持するためにいろいろハチャメチャなこと
考える必要もなさそうだな~  とか 考えております。

――万が一の時は落としちゃってもどうにかなっちゃうかな?
――まぁ やるからには全力で理解してやろうって思いで行きますがね!

まぁ その数学力の補助になればと 物理数学の方も授業
入れさせてもらっている部分もありますし――ちょっと 手遅れのことも
あるかもしれないけど 多分やらないよりはマシなんじゃないかな~  って。

あと 解析力学とかそっちの方の物理も授業入れている次第で
――なんとなく 今期は「物理学頑張ろう」ってノリで授業とらえている感が。

まぁ そのあたりの期待含めたことも書かせてもらいましたが
大方考えている概略みたいなのも書かせてもらいましょうか。

てなわけで 今期の大まかに計画している授業の傾向を書いてみようと思いますと
前期にはちょこちょこと姿を見せていた実習は
今回は時間割の中には入れていません。 てか 予約していません。

何というか 4月の時点で 実習は予約みたいなのする羽目になっていたのですが
後期の授業がどうなるか全く分からない中
むやみに先に時間割埋めたくないなぁなんて考えた次第でありまして。

……まぁ 単位数的には 前期の間に取るべき実習の授業単位数は
少なくとも 三年の間にできるものに関しては取り終えていますし
……いくつか気になるものもありますけど仕方ないよね?

まぁ そんなわけで 自分の学科の授業――当然とっています――は
大方座学中心ということになりそうなのですがそれも仕方ないことだよね。

……おかげで 一限から授業なくなったりもしましたし
次の春からどこかの研究室に配属されることも考えると
その下見の時間なんかもしっかり確保できるようになったのでしょうか??

……って書き方して 大方睡眠時間に化けるのでしょうが。

そんなわけで 大雑把に現状を――結構踏み込んだところまで
垂れ流してしまって大丈夫なのか自分でも思ったりすることもありますが――
書かせてもらいましたが……授業だけで考えるのであれば
思ったより詰まった感じには見えないんですがね。 はい。


さて 授業開始一週間終わった時点である程度
大学の授業ネタみたいなの 普通の雑談として書けるもの
探して書いてみようかな~  って思った感じで。

一応 時間割をもらった段階で自分が今期受ける授業内容に関して
大方考えた上で当日に受けてみるのですが まぁ よくある話でしょう。
そこでチェックした授業を全て 受けるわけではないんですよね。

とある授業にて。 授業開始時間先生到着。 開口同時に一言。
……そうだ。 テストをしよう。  紙取ってくるから待ってて。

この一言で 生徒が3,4人消えました。 ボクの知りうる限り
授業脱落までの最短時間更新です。 あっぱれです。
――てか ノリで急にテスト始めないでください。

なんか その後白紙配られて「思いつきを形にしたような」問題を
黒板に書き並べ始めましたが もうその時点でいろいろと個人的にも呆れがありました。

……というのも 前のタームでヤバい授業って愚痴っていた
――何をやっていた授業、とまでは改めて書きなおしませんが――
先生が今期もやってきましてやる授業だったんですよね?

あの時は せっかく夏休みだ~  って 盛り上がる時期だったのに
急に追試レポート課された種をまいた先生ということもありまして
とにかく わかることも理解できないだろうという予感がバリバリ。

まぁ さすがに何も確認せずに切るのも何かな~(まぁ 授業が埋まっていないのなら)
みたいな感情もあったりしまして 「せめて見に行ってやるか」みたいな
テンションで来ていた人も結構いたんだなって思った次第。

なお そののっぴぃさんも その時出来たノートを後から見返した時
相変わらず「何を言いたいのか全く分からない」とか
参考書(6000円くらい)を「気分で替えるかも」とか平然と言ってのけるとか
とにかく ついていく気にならない迷言が大量に散見されましてね。

……ボクもさすがについていけない感じになりましたよ。 はい。

TOP