放浪記01

2014⁄09⁄04(木) 00:00
はぁ なんかすごく時間かかりましたが なんとか一時的に
タブレットからごっそり画像抜き出すことに成功しましたので
それを心から祝いつつ 取りあえず数日分の記事ネタは確保できたもの

――として 行かせてもらおうと思います。 多分 話題的に各駅停車
思い立ったが風来坊、そんな旅のお話です。

とりあえず 青春18きっぷ持ってたので「そうだ。どっか、行こう。」ってのが
きっかけ。 それ以上でもそれ以下でもない。

で 心づもりとしては 紀伊半島から関西本線回って行けば
まぁ 取りあえず神戸から一周できるよな~  みたいなルート 考えていました。

……北回りも何か行けるかな~  とか 思っていたのですが
福知山周辺での大雨の余波でどうなっているのかわからないということで
ルートが寸断されていたらもう 18きっぷの立場がアレなので……

今回も見逃すという方向で。 それにしても 本当に
高校時代思い描いたように鉄道の旅やっていないのが現状ですねぇ。
――まともに何か書いた記憶があるの 丁度去年の今頃にあたる
帰省するのに北陸大回りしてみたって記憶くらいしかないじゃないですか。

多分 鉄道の旅に付き合ってくれる要因が近くにいないのが悪いんだ。
――そんな風に結論付けまして まぁ 画像使いながら書いていきますか。
……記事の切り場所はいつものように 適当な長さになったら、という方向で。



01_2014090316253893f.jpg02_201409031625370d4.jpg
とりあえずまぁ 始発近くの列車に乗りまして始まります
特に何も調べないまま突貫する旅。 ――もう 行き当たりばったりですね。

まぁ 紀伊半島行こうって考えていたのでまず 行くべきは
東海道本線からの環状線。 ――この辺りのルートはもう なれたものです。

……まぁ 山手線に対して大阪環状線の駅名 まだあまり把握できていないのですがね。
特に 東側。 ――あまり通る機会が無いのです……

さて で 阪和線で素直に下って行く――というのなら
降りるのは天王寺かな~  とか 思っていたのですが
どうも 朝早くになりますと JR難波から出て和歌山以南を通るという
若干 物好きっぽいルート走っている列車があるようでして……

03_20140903162537d6c.jpg
せっかくなので 使ってみました。 早朝の電車は何があるかわからないね!!
――区間が短いのではなく 逆に よくわからなく長いものがあるとは。
――と 言う意味合いでの新今宮。 なお 阪和線 堺市程度までなら
幼子の記憶含めまして ちょくちょく乗っているという噂です。

04_2014090316253649b.jpg05_2014090316253628c.jpg
そんなわけで 和歌山突入。 ――まぁ あの列車自体は
もう少し先に行ってくれるはずですが 乗り継ぐ電車に始発で行きたかったのと
出来れば ちょっと散策したかったという思惑が重なりましてね。

……まぁ 散策は思うように時間取れなかったのですが。
そういえば この辺り住んでいる人もいたようないなかったようなそんな気もしますが。

仮にまた 行く機会があったとしても 結構な確率で「ノーアポ」に
成るかと思われますので まぁ ご了承くださいませ。

06_20140903162535ff0.jpg
ついでに 気になりました OMODEN。 まぁ JRホームから
うかがい知ることくらいしかできなかったのですが 大方
「おもちゃのでんしゃ」とでも言いたいのでしょうね。 九州の「あそぼーい」
みたいなものであろうと勝手に解釈しました。 はい。

ノーアポゆえに まったく背景調査なんかしないわけでして
面白いものをいろいろ見落としている気がしないでもないのは
ボクの一人旅行に関しては 往々にしてよくあることです。(この先含む)

07_20140903162615afc.jpg08_20140903162614d50.jpg
で この先もガタゴトときのくに線ひた走っていくわけです。
……にしても 神戸らへんで阪神間の移動がやたら増えてくると思うのは
本当に 田園風景見る機会が無くなっているってことですよね。

この辺りになってくると いかにも「それらしい」ミカン畑とのセットとか
この場所になってくると 風力発電の風車なんかもセットになってきたりして
風景的にもなかなか面白いことになっているな~  なんて。

さて そんなわけで 大急ぎで画像の流れ見て書かせてもらった感じですので
画像チョイスからして孟 いろいろと適当な感じの記事にはなりましたが……

……分量的に潮時なんじゃないかな~  とか 思ったわけでありまして
今日のところはひとまず 引き上げることにしましょうかね~

TOP