迷走~嵐もボクも~

2014⁄07⁄12(土) 00:00
どうも。 なんかこの前 神戸に住んでいて今年初めて
日本を騒がしたんじゃないかな~  って 思えるような台風が
やってきたような気がしますね。 皆さんは無事に乗り切れたでしょうか。

まぁ 自分にとっての今回の台風はと言いますと
なんか 事前に騒がれていたほどでもないなぁって思った感じ。

……沖縄県と蚊で猛威を振るっていた時には ものすごい
暴風域と蚊その辺を誇っていたような気がしていたのですが
九州に上陸したあたりから 急激に弱まって行った気がしますよね。

……結果的に 神戸に最接近したころにはかなりまろやかな感じになっていて
結局 大学が休講になることもなく と 言うか
結構 雨風来ることを見越して考えてみたりした行動していたのが
あほらしくなるほど タダの雨――の日ですらなかったのかもしれません。

ぶっちゃけ 台風が近づくにつれ逆に雨も止んできた感もありましたし
風も 今となっては 台風が近づいていたことすら認知させない程度には
ほとんど降っていなかったんじゃないかな~  って 思っていたわけですよ。

――と言いつつも 九州らへんではかなり本格的に台風でしたし
東北や信越の方でも猛威を振るっていたみたいですよね……
――ニュースを見ている限りだと かなり他人事に近い感じだったのですが
やっぱり 自然って偉大だなぁって思うわけですよ。

浸水とか土石流とか。 ……なんか あまり個人的には
身近に感じたことの無いような災害の話題なんかもかなり出てきているみたいで。

まぁ 土石流に関しては 山際に行けばいくらでもその危険性は
――ありますし そのあたりは常にその危険性は考えておくべきでしょうけど
なんか 最近しばしば見る 冠水みたいなものからも自分の生活環境って
ちょっと 離れたような場所にいたりしていたわけでして……

神戸に住んでいますと 街自体が斜面に張り付いているような感じでして
多分 自分が住んでいる場所が冠水するとかしないとか考える前に
大方 その水は流れていくでしょうし(まぁ 河原とかにいたならば
かなり危ない感じになりそうなんですけどね)それで冠水するなら日本沈没ですよ。

千葉に関しては 千葉駅前の地下道(がらんどうな地下道で人の通りもまばら。
駅前のそごうにつなげるでもなし テナント収入作ればそれなりに需要ありそうなのに
千葉市の金づくりの下手さ加減が透けて見えるようです……)なんかに
水が轟々と流れ込んでいく絵柄はニュースとかでしばしば見るのですが。

自分の実家は そのあたりから考えると ちょっと高さがあるような場所なので
――まぁ やはりそこが沈むようであれば……多分 先に
メッセとか製鉄所とかが沈んでくれるはずなので――といった感じでしょうか。

――まぁ そんな意味で坂があるとか高さとか意識していくのであれば
やっぱり 土砂が崩れるんじゃないかって心配はした方がいいのかもしれないけど……
……みたいな感覚が あったりなかったりって感覚なのでしょうかね??

――まぁ そんな話は若干抜きにするにしても 個人的には 何より
大学が休みにならなかったのが怠かった。 ――せっかく台風って
騒ぐんだったらそれもやってくださいよとか 思わないでもなかった感じ。

最終的に それが過ぎてみたら急に空気の湿気が増えてきまして
それまで 暑いといえどもカラッとした まだ過ごしやすい暑さだったのが
――じめっとした 気を抜いたら部屋からキノコが生えてきそうな勢いに。

……蝉も鳴き始めてきましたし そろそろ夏本番ってところでしょうか。
個人的には 全力で御引き取り願いたいところなのですがね……

……それにしても 今日は大学怠かった気分で記事書きはじめようとしたつもりなのに
なんか 全力で話が迷子になってしまったような気がしますが……
……もういいや。 手直しするのも面倒くさいし……←いいのかそれで



まぁ 話が迷子になったんだったらそれはそれでいいや。
なんか 実家の話題を軽く書かせてもらったので 望郷の意味も兼ねて
少しばかり その辺の話題を書かせてもらいましょうかね。 なんとなく。

女性では 大学生になって一人暮らし始めました――って あとにも
ちまちまと 実家に連絡取ってるって話 聞くことありましたが
一応 男児のボクも比較的 実家に連絡取っている方だと自負しています。

自分からこまめに実家に連絡入れようとするのもありますが
結構実家の方から連絡が来ることもあるんですよね。
……主に その連絡してくるって言うのは我が妹なのですが。

先日も連絡が来ましたが――まぁ 妹から連絡が来ること自体はいいのですが
そのタイミングが全力で食事時だったり……そうめんゆでて
ゆで時間バッチリ、ざるを用意していざ 開けますよ~

――って タイミングで電話着信、なんて展開はさすがに
ある程度愚痴らせてもらってもいいんじゃないかって思うんですよね。

結局 予備校的な意味で 結構ストレスもたまっているんだろうな~
――って 思えるような愚痴を約1時間強 聞かされた。
……そして その間にも どんどんと乾いていくそうめん。
……でも こちらからなかなか電話切るわけにもいかないし……

って 電話付き合っているうちに どんな感じになったのかに関しては
――まぁ ご想像にお任せしたい感じになります。

まぁ 一般的な話聞いてみますと こんなタイミングで
「こちらから電話切るわけにもいかないし」って発想に
至っているのが 親的には結構ポイント高いみたいなのですが……

――なんか この兄妹が持っているのはボクが頑張ってるって
しばしば言われているのですが――多分ボクの押しが
相当鈍いだけなんじゃないかってボク自身は思っているのですがね。

なんか 割と 意見収めちゃう部分があるのに対して
結構 ずけずけ行く妹は――まぁ こんな風に書くと悪口っぽく見えますが
ボクから見ますと かなり ずけずけ行けるのもすごいなって思うわけですよ。

――ということで 軽く家族のことも強引に思い出したところで
今日の作文終わりますか~  ――よし。 作文の点数的には赤点ですね。

TOP