精霊鳥の神殿/ルフ

2014⁄05⁄13(火) 00:00
07_20140506231540ba1.jpeg08_20140506231539fbb.jpeg
09_20140506231538274.jpeg
書き逃げは許されない……   誰が許さないの?
――のっぴぃさんの意地がです。 ……変なところで維持張ってますね。

と 言うわけでのっぴぃでございます。 なんか 途中
無駄にいろんなところに広げた記事上げていたのかもしれませんが
大方 この中ボスの写真揃えるために奮闘していた――ということにしてください。

と 言うわけで 前回(?)のあらすじ。 鳥の神殿行ってきました。
――で あの時に書いたのかどうかはもう 覚えていませんが
ここで改めて書く甲斐はあるのでしょうね。 トリばっかです。

鳥類とか鳥の羽とか持ってる方々がわんさか出てきます。
わんさか出てくるのはいいけれども 誰か3フロアのところにも出張しようよ。
――さすがに 分岐の法則がアンバランスすぎるよ。 主にそんな感じ。

と 言うわけで 出てくるのはスザクとかもふもふとかヴィゾニフルとか。

……朱雀さん(思いっきり炎)ともふもふ(思いっきり氷)が
同じところで出てくることになっているということは
もう 「鳥」であれば何でもいいといういい方になっていたのかもしれませんが
――なんか もふもふの方はここに出てきてよかったのかかなり謎ですよね。

――だとしたら 約一名龍の穴の方で出そびれた氷竜さんが
いるような気がするのですが 彼の方に思いを馳せたらいけないでしょうか。

――にしても スザクさんは ものすごく久しぶりに見る気がしますね。

自分が着せ替えするときに当たりだった――と 考えるアイテム
(要するに 自分が「使っているか否か」という判断基準)においては
夏場には 彼の燃え盛る炎、デビリッシュブラックレッドフレイム(課金)と
一緒に使わせてもらっていますので 結構身近なキャラクターではあるのですが。

あと 協力で愛用しているアイテムといえば ケロベロスの首輪とか
最近は使い魔ハンマルコも戻ってきてますね。 大方そんな感じ。

10_20140506231537aad.jpeg11_20140506231537695.jpeg
まぁ 懐かしのスザクさんについて語り続けるのもいいのですが
いい加減ウザい感じになってきそうな気もしますし このダンジョンのボスの方
精霊鳥ルフさんについても まぁ 触れる程度にはしておきましょうか。

……見た感じ ヒクイドリ――といった感じでしょうか。
なんか ラテンアメリカ的ノリで精霊ってとらえておけばいいのでしょうかね。

――とりあえず 弱らせると頭の冠的なのが外れますが
ぶっちゃけ あまり精霊っぽいと認識していませんでした すいません。

14_20140506231639227.jpeg15_20140506231638631.jpeg
――いや あまりにも個人的に思い入れなさ過ぎて とりあえず先行きますわ。
大方 ここにたどり着けたときには味方が大体強かったので
今のところ このタイミングで追い返されることはありませんでしたが。

――多分 炎の波動攻撃なんでしょうね。 あたりに行きたいとは思いません。
……でも 強くなりたいです。 主に左辺。 予習は左辺から取り掛かってるよ。

16_20140506231637403.jpeg17_20140506231636a39.jpeg
18_20140506231635d0b.jpeg20_20140506231635a58.jpeg
まぁ もらえる二つ名は「バーニング!」でしょうか。
……まぁ ヒクイドリだって考えればそんな感じなんでしょうか。

せっかくだったら コンドルとかそんなノリでもよかった気がするのですが
そうすると 比較的最近に出てきたトーテムポールと何かがかぶるのでしょうか。
……まぁ そんなのは考えすぎなのでしょうかね。 多分。

19_20140506231718432.jpeg21_201405062317177ea.jpeg
試着。 まぁ 男子キャラには合いそうだけど女子キャラには辛いかも?
――なんか 鎧とかそっち系のアイテム 思ったより協力プレイでは
配布してくれないような気がしますし そんな意味では特殊なのかもしれませんが。

――なんとなく ラテン系のアイテムが似合いそうな気が。
マラカス持たせてみるといいかもですね。 なんとなく。

――そういえば 過去作に「ヒクイドリ」ってそのものの中ボスが
居たような気がしますが 彼の方はもう 帰ってこないのでしょうかね……。

22_20140506231717b27.jpeg
で 強そうだった人の一例を。

賢将の方に
完全におんぶにだっこで
引っ張ってもらいましたの図。

――はい
ホント 自分が雑魚過ぎて
悲しくなることもさすがにありますよ……。

TOP