ちょっと先の未来

2014⁄05⁄31(土) 00:00
なんか もうそろそろ未来はしっかり見据えないといけないですね……
……なんて 急にこんな書き出ししてみたら「何が起こったんだ」的な
空気になることも――まぁ あるのかもしれませんが。

まぁ 昨日の今日で「もっと計画的なブログ運営でも」みたいなことは
特に 取り立てて書くつもりは基本無くて(そんなこと書くなら
多分 しゃべるよりも行動に移せるようになっている方がいいでしょうし)
――まぁ なんというか 結構リアルな意味での話。

こう ふと思ってしまったんですよね。 仮に自分が
浪人しなかったら――というか 自分が高校くらいまで
「同級生」って称していた人たちの中でも
既に 大卒での就活~  って 活動始めている人いるんですよね。

――まぁ 高校が進学校だったから結構 そんな思考で考えてしまうのですが
中学校とか小学校で同級生と言っていた人の中には 高卒とか短大で
就職してみたり 既に結婚して子供持っている人もいたりする中で……

……そんな些細な可能性に気が付くことの無かった自分を
少し 反省するべきなのではないかと思わないわけでもないのですが。

……そんなわけで 一応 自分はもう少し大学の方に居残りしようと考えていた手前
その辺の少し考えれば当たり前のことにもあまり意識していなかったのですが……

……ってこと 最近ふと 考えましてね。 まぁ 未来のことを
ほとんど何も考えていないお花畑な頭ってのも それはそれで
ちょっと 自分で気になるところではあるのですが……

それに なんか 周りの話聞いた感じで行きますと
やっぱり 自分がこうして大学(理系)に行っている中でも
大卒ですぐ 就職して社会の波にもまれるという選択肢を選ぶ人もいるようで。

教職とか公務員とか その辺の話が ちょっと耳を澄ませてみたら
結構自分の近くの場所でもささやかれているんだな~  ってのを
かなり最近になってやっと 認識したという自分の滑稽さ。

――こう すべてを俯瞰した考えではないだろうし 客観性に欠けるかもしれませんが
噂によると なんか 自分の代 院に行かずに~  って進路を考えている
確率が今のところはほかの代よりも~  みたいな話が聞こえてきました。

……自分は まず「どの方面に進もうか」――まぁ 研究室の
方向性とかもろもろで やっぱり方向性ありますからね――ってのを考えるので
精一杯で まだ「院試」という物すら真面目に見えていなかった

……もともとから 一つのことしか集中できなかったり見通しが甘かったりなんて
所は自覚していたところだったのですが 一つ一つ自分の状態を
記述してみると 本当に何も考えていないのだなぁと思う次第で。

基本的に 今のところの一番の関心事は「自分はどの方面の研究者になるのだろう」
とりあえずは 「目の前にある学ばなければいけないことを取り込んでいこう」
――その先は まだ何も見えていなかった。 みたいな感じになるのでしょうか。

とりあえず 成績というかお勉強というか そのあたりに関しては
結構積極的にアピールとか頑張ってみるとかしているつもりですが
……見通しが非常に甘いということは思わざるを得ないのが現状でしょう。

なんてこと考えてみたら もう 恥ずかしがらずに研究室訪問とか
もっと積極的にアタックしてみた方がいいのではないか――って
毎度 言うだけだったりするんですよね。 本当に「言うだけ」。

後にやるべきことを溜めて行ったら逆に大変になるだけなのに
そのあたり 実際に行動に移さないのがボクの悪いところですよね。


ところで 最近ボク 急に大学の課題というかレポートが増えた気がします。

――まぁ 理系の割には今までが少なすぎたような気がしないでもない
――とりあえず そのあたりが「ごっそり」落ちてきた。
……みたいな感覚でとらえるようにしています。 その他の要因もありそうですが。

とりあえず 少なくとも理系に関して「あるある」なのか「珍しい」ことなのか
そのあたりの判別は尽きませんが――グループで課題を一つ仕上げる。
……みたいなことは まぁ それなりにあり得る話ではあるでしょう??

レポートがやたらごっそり落ちてきた「その他の要因」に関しては
まぁ この辺りのグループ課題の「一番重いところ」を
結構 引き受けてしまうというかそんな部分が結構ありそうだなぁと自己分析。

と 言うのも グループ課題でその辺の配分分けるときに
特に学業というよりもサークルとかバイトとかに青春賭けている人
――それもそれでいいとは思うのですがね。互いに迷惑にならなければ――にとっては
やっぱり この辺のグループワークとか押し付けたいものに分類されるらしく。

……まぁ ダチョウ倶楽部ばりに押し付け合戦が行われるわけですよ。

基本的に ボクは真面目勢って見られている――みたいなのも
あるのかもしれませんが それで引き受けた(ただでさえ面倒な)分に加えて
最後まで「譲り合い精神」で「押し付け合っているその問答の時間」
基本的に 自分は外野でぼーっと眺めているような感じになるわけですよ。

……まぁ 眺めているけれども帰れない。 そんな感じ。

さて そんな時間は何かほかの用途に利用することができるのでしょうか。
――そして 何か建設的な時間活用法と言えるのでしょうか。

……少なくとも 自分にとっては とてもそんな風に見えないわけでして
そんな終わらないダチョウコント見ているのであれば さっさと帰って
寝たいな~  みたいに思うのは――まぁ 一つの回答ではあるでしょう。

ところで 無意味に介入することなく このコントを終わらせる
一番効果的な方法ってなんなのでしょうかね。 ……と 考えた時。
――無意識に引き受けてしまうんですよね。 そして 課題が必要以上に溜まると。

いや~  基本面倒くさがりなはずなんですがね。 なんでこうなるのでしょう。

とある友人曰くには これ続けてると面倒事すべて押し付けられたり
いろいろ絞りつくされる~  なんて 本気で注意されまして
――「やることさっさと終わらせて遊ぶ」がモットーのボク。 悩みどころです。

TOP

五周年!!

2014⁄05⁄30(金) 00:00
20140530.png
どうも のっぴぃです。 本日5月30日をもって
……えっと 何年目になるのかな??  多分五年目??

まぁ ブログ初めて
五年目
ってことになるのですかね。


ここまで来られたのも皆さんが まぁ ボクの暴走(独りよがりの
記事ばっかり書いてる的な意味で)を生暖かく見守って下さったからです。

なんか いろいろと苦しい場面がここ最近は続いている気がしますが
今後もまぁ 冷えた目線で眺め続けていただけるとありがたいなぁ……と。




なお 今回の画像選定基準は ここ最近の恒例? とりあえず
適当な黒ウィズの精霊画像持ってこよう――の中で なんとなく
「リアルのっぴぃさんに雰囲気がなんとなく一番近そうな気がするっぽい?」
という 事実を語った願望中心でお送りさせていただきます。

さて 五年ブログ開設してみると まぁ 一種ブログ界隈では
「古参」ってのを自称していいのかどうか――判断しかねますが
考えてみると いろいろな方と交流することができました。

それと同時に いつの間にかこの界隈からいなくなるなどして
それとなく分かれていくってのも結構経験していたような気がします。
――まぁ 馬が合わないってバッサリ別れた人もいるのですが。

ここ最近になってきて SNSってのが流行りだしたころからでしょうか。
それまで かなり律儀に日記書いてきた方々もいつの間にか
更新日時がだんだんと開いて来てみたり 気が付いたら
TOPに広告が出てきて そのままぱったり更新が止まってみたり。

……時代は移り変わっていくものですね。 少しはかなく感じます。

まぁ 無理やりでも五年間毎日何かしら更新という意地を貫いてはおりますが
そんな個人的には あとから適当な日付の記事見返した時
「あ~  この時期にはこんなことあったのか~」って思い出に
浸ることができたり――SNSにはまねできない利点ってのもありますしね。

そろそろ 自分のこの日記の初期のころの記事見てみると
そんな情が出てくることがあったりして 当初の目的ってのが
じわじわと効果を表してきているのではなかろうかと思えます。

まぁ 本当にどうでもいいことまで日頃書かせてもらっていますが
個人的にはその時は結構「どうでもいい事」と思っていることの中に
なんか 変に記憶にこびりついている部分があったりして
後から見返してみた時に「自分は」懐かしい気分に浸ることができますねぇと。

……結果的に 自分の便宜しか考えていない感じで
この日記運用させてもらっているのですが――やっぱり それ見せられる方としては
結構 面倒くさいものなのでしょうか。 しばしば気になることなのですが。

――まぁ ここまで続けてきまして 凝り固まってしまった方針は
もう むやみにいじることができないレベルにまで達しているようですし……
……自分の気が済むまではずっとこれで続けていきます。

まぁ そんな日記ですがこれからもよろしくしていただけると嬉しいです。



さて そんなわけで 今日の記事の後半はその「凝り固まった方針」って
先ほど書かせてもらいましたが 具体的にどんなことがあったのか
無駄に考察してみようと思います。 ボク、考察とか深読みとか大好きなので。

――そんなことばっかりしているから 日頃の文章(笑)も
泥沼にはまってなかなか先に進まないし無駄に文字数増えるしってなるんですけどね。

まぁ わかりやすいところから。 なんか 日頃適当なタイミングで
ケータイとかその辺に画像とるのですが QMAの問題回収のそれを除けば
基本的に 明らかにピントぶれてる写真でも 強引に使いたがる節があります。

そして 見るに堪えない画像でなければ その手元にある画像を「基本全部」持ち寄って
強引に文章をつなげて記事作ろう――みたいに画策する悪い癖がありますね。

……まぁ 旅行とかで「プライベートな写真」もそれなりにあるときには
その辺の分別は基本はっきりしているつもりなのですが。
――でも 無駄に画像選定して強引に文章つなげようとする方針は基本一緒。

で 毎月一日には――まぁ 一種 「魔法のことば」入力を
簡単にしたいという編集上の都合により 何かしら強引に画像挿入した
「特に意味はないけど 今月どうなんだろ」記事みたいなのを作るのも恒例に。

……そんな方針切り出したのも ブログ開設から半年くらいたってから始めてたっけ。
――割と初期からやっているんじゃないかと思うので これも残念ですが……。
無駄に凝り固まった慣習っての 逆に動かすのは難しいですからね。

一応 文章を作るときにも地味に法則性がありまして
基本的には36行の文章(wordの基本設定の行数)を3ページ分書く。
……というのが一番オーソドックスな記事設定となっております。

まぁ 画像挿入したときなんかは適度に折り返しがつくのですが
その 折り返しタイミングとかを推理していただければ
結果的に 36×3、画像が多いときには36×2で落ち着いた記事が
ほとんどになるのではないかと思います。 まぁ これは下書きを
wordデータで作っているからに他ならないのですが これも一つ慣習ですね。

逆に これを超えそうなところまで書き進んでも
喋っている内容が終わらないときには 大方「乱雑な切り方」で
記事を終えることもしばしばありまして――オーバーランは許されません。

……まぁ 自分が記事書くときにはちょこちょこやらかすことなのですが
――あるでしょう??  記事の尻尾が明らかにちょん切れてること。

そして 基本的に 自分記事のカテゴリわけはしっかりしている方だと思うのですが
まぁ 最初っから予約投稿を多用しているおかげなのか
「近い内容のお話がいくつかたまらないと」記事として書きはじめないので
結果的に いろいろと時系列はお留守になってしまうことも多いです。

まぁ 同じような方面で話をまとめはするのですが
特に「雑記」ってまとめ方した場合 その記事投稿した後に
コロコロとカテゴリ替えるってことは まぁ あったりするのですが。

――とまぁ ほかにもいろいろと法則はありそうですが(行数的に以下略)と。

TOP

ぶーーん

2014⁄05⁄29(木) 00:00
全国05
とりあえず 直近の全国大会の結果的なのを眺めながら
黄昏て思うこと。 
――本当に 最近このゲームやる頻度落ちてますね。

……まぁ それがなぜなのか――みたいなことは あまり思考しないことにするに
(多分 オチがいつもしゃべっている内容と一緒になってしまうから)
――そんなこと 過去にもちょこちょことあったような気がするな~

みたいな まぁ どこかにフラグ立てくらいはしておこうと思いました。

前作・前々作と 多分大きな全国大会のルールとしての
違いは起きていないと思うのですが なんと言いますか
「やたらマッチング運が残念な方向に傾いている」とでも
形容した方がいいのかもしれない現状が今回も続きまして。

――もう ここまで「ある意味」神がかり的な
マッチングスキルを持っていると自負してみるよりも
もっと建設的な考え方は 「ゲームやる層が変わった」と
考えてあげるのが一番いいんじゃないかな~  って 思うわけで。

……何がきっかけで理系をはじめとした学問系統を
とりあえず投げてくれる層が減ってくるのかはわかりませんが
例えば 消費税増税みたいなのが 地味なところで響いてくるのかな~

――みたいな とりあえず意味の解らない考察を立てつつ
自分をごまかしているような感じになっているのですがさて。

――なんか ライト勢というかエンジョイ勢というかその辺の方々の
アニゲぶっぱ自爆率が非常に高いのは まぁ 個人的にアレですが
――人に文句言うのも悪い気がするのであまり大きな口で言えませんが
投げるなら ある程度は回収するか支援してくれって思いたくなる

――のは まぁ 負け続けた末に心が狭くなったのだと感げることにしましょう。



検定01検定02
で 今月の検定っぽい話題。 ランキングはアニソンと乗り物。

――まぁ なんと言いますか「アニソン」は検定として
結構強い集客力というかなんというかを発揮してくれる検定だろうし
なんか 商売に出たな~  みたいな感想が漏れるのはなぜでしょう。

そして 元琥珀賢者で社会正解率一応八割の自分がいうのもアレかもしれませんが
非常に社会の検定多くないですか??  まぁ アーカイブ枠だけで
考えてみてもアレですが ランキング取ったやつだけ集計してもね。

……先月も世界地理ランキング取ったばかりですしどうかな~  って。
先月 新規検定二つほどランキング取っていたみたいですが
別に アーカイブでランキングとってもいいのだろうって思うわけでして
その枠で何か一つくらい 久しぶりに理系の検定ランキング取りませんか??

みたいに 運営の方にちょっと 申し上げたいような状況なのですが。
――特に深い意味はないけれども 今なら 古代生物・ムシあたりがおいしそう。

まぁ それ以前にアニゲ検定も相当ランキング取られている気がするですし
本当に いい加減理系のランキング取ろうよ…… 今のところアニマルアーカイブ
くらいしか 理系中心検定やってきていない気がしますから。

検定05検定06
と いいつつ とりあえず琥珀賢者だった過去が
かすまない程度に とりあえず やってみました乗り物検定。

――中身は まぁ トレインと自動車で検定既にあるからなのか
架線やディーゼルで動くわけではない または 日本のレールを走るわけではない
乗り物とか 働く自動車みたいなのが上二つの中身から出てきているものの
基本的には 船舶とか飛行機とか。 ――なんか 海外旅行検定とのかぶりもつよい。

……そして この配分だと 検定の煽り文句に真っ向から
反している(電車も出題されるようなこと書いてある)気がするのですが
――まぁ 下手なこと言ってトレイン検定無くなったら困るし黙っておきましょう。

検定03検定04
まぁ 言うなれば ビジネス検定の経済用語アルファベットとかでも
思ったことですが とりあえず 新しい検定ができるたびに
パネルの鬼畜度が上がるような問題量産するのはやめてほしい
――みたいな 愚痴くらいはしゃべらせてもらっていいですかね。 いや マジで。

TOP

ノーゲーム

2014⁄05⁄28(水) 00:00
ラノベ05
そういえば 前 ノゲラ買った~  って書かせてもらった時に
一緒にもらってきたもののお話していませんでしたね~

――まぁ ぶっちゃけ 書かなきゃいけないっていう意識低いのですが
何というか せっかくもらったのだから話に触れておかないととか
そもそも せっかく画像とったのにネタにしないのはもったいない
――みたいな 超・貧乏くさい考えのもとにこの辺りの記事は成り立っております。

にしても 確かノゲラ買った宣言させてもらった時に
書かせてもらったかもしれませんが改めて。 この作品って
文章書いている人と挿絵書いている人ってのが一緒なんですよね……

何というか 作者さんの才能の多能性みたいなのに
正直 ひれ伏したくなる部分があったり コミカライズするときも
なんか 夫婦共同作業やらなければいけない流れになってみたりして
休まる場所がなさそうで大変そうだなぁとか まぁ いろいろ思うことあります。

そして 主人公の空白が結構チョイスされるのはわかるのですが
ドラちゃんの絵は全くなく なんか ジブリールが妙に
プッシュされているってのは どんなふうにこちらはとらえるべきなのでしょう。

……まぁ ジブリールってアニメの登場の時も思いましたが
(そのころはまだ原作買ってなくて 最初の認識はこの辺りまではアニメでしたよ?)
何かと強いキャラ誇っていましたしね。 考えてみたら。

そのあたりが響いてくるのか来ないのか――まぁ 細かいことはわかりませんが
……とりあえず アレです。 ステフ、頑張ってください。
なんか 作者もいじるって方向性で一貫するみたいな感じなのでしょうか……

ラノベ06
で 半ばその話にかぶせるような話になりますが また買い足したというか
新刊出ていたのに半ば気が付いていなかった的ノリで
二冊ほど のっぴぃさんの蔵書(ラノベ的な意味で)が増えましたので。

……まぁ さっきのノゲラ書きかけのところにかぶせてみますが
なんか 最初自分が買い出しに出かけた時「最初から売り切れていた」のか
「お財布の中身がさみしかったから」あえて買わなかったのか
「どうせ バスの中で読み終わらないだろうから」買わなかったのか……

……確か このどれか(複数回答可)の心理が働いて
結局あのころは買わなかったんだっけな~  そのまま 創刊されてるやつ
全て買ってたつもりになって記事書いていたんだろうな~   ここまで思い出しました。

……きっかけさえあれば なんかビジュアル的な意味合いでは
割と 記憶がするすると芋づる式に戻ってくるというのが
ボクの記憶掘り出しで一番ありがちな方法です。 ――こんな感じに。

……ついでに いろいろと余計な情報も芋づる式にくっついてくるのは邪魔ですが。

――そして ゲーセンで遊ぶときも含めまして 基本的に
一度での散財をどうにかしようという対策も兼ねまして
「大方 財布の中には3000円以上のお金が入っていることは非常にまれ」
というのが まぁ のっぴぃさんのラノベ購入でよくありがちなことでして。

……時々 「アニメから興味持ちまして 原作一気に買ってきちゃいました」
みたいに 記事書いていることあったりしますが 大方その時には
3,4冊ごとにちょこちょこと買い足して それが3回くらい積み重なって
ばっと ブログで発表するみたいな裏話があったりなかったりします。

……まぁ ここで舞台裏ののっぴぃさんの心境について
語って行く必要があったのかどうかは完全に別の話ですね。

……デートアライブなんかについては まぁ ショート集みたいな感じのやつですね。
――基本的に アニメやっているときには その最初の月に
何かしら新刊出さないといけないっていのがこの業界のおきてらしい。

――なんとなく この時期に番外編とかショート集とかが出てくると
「アニメの会議とかで元から忙しいのに 新刊出させるとか鬼か……」
みたいな 作者さんの心の叫びが聞こえてくる――気がするのは気のせいか。

とりあえず 今回のショートはアホ色強そうなのと
なんか シオリちゃん生まれた裏話的なのが垣間見れたのと
――ショートって なんというか「既に出てきているお話の裏設定」みたいなのが
ちょこちょこと出てくるっての まぁ 面白い部分ではありますよね。

――まぁ そこで重要設定喋られるのは なんというか付け焼刃感
出てきて なんか悲しい気分になりますが「わき道ルート」的な
心境描写なんかは ショートの醍醐味だと思っています。 個人的に。

CD_20140528000315c55.jpeg
あと 「オラシオン」買ってきました。 ――まぁ 最初は
OPの「This Game」の方メインで買って来ようと思っていたのですが
――なんと言いますか どこ見ても見つからないんですよ……

神戸のメイト品ぞろえがアレなのかな~  と思いまして
基本的に ポイント分散避けるために使っていない
とらのあなとかゲーマーズとかも覗いてみたのですがこちらにもない。

アニメショップがダメなのかと思って 一応念のため――と思って
尋ねてみた普通のCDショップにもおいていない。
……挙句の果てには 某密林系通販サイトにもありませんでしたね。

……おや??  なかなかの良曲だと思ったから音源CD買ってみようかな~
――って 思ったのですが そんなときにこれってちょっとねぇ……
なお 最近実習とか度重なったおかげで銀行残高が現在アレです。

何というか レコード会社も想定外の売り上げみたいな感じなのでしょうかね??
――それだけ この作品はなかなか良い出来だったようでして
自分の感想がマイナーでないのに安心するのですが さて どうしよう。

当然というかなんというか レンタルもなかなか見つからないありさまでして
――この現状どうすればいいかな~ って 悩んでおります。

……えぇ。 ダウンロードナントカ法ってのありましたよね??
一応 法令は順守しようと思いまして 基本的に耳に残ったというか
気に入った曲なんかは CD買ってみてそれ以外はTSUTAYA様様です。

みたいな音楽生活しております。 まぁ ボクにあったことがある人は
知っているかもしれませんが 基本的にのっぴぃさんのワンポイントは
「首に下げたヘッドフォン」です。 ……そーゆーことです。

TOP

腰重し

2014⁄05⁄27(火) 00:00
こう 前友達がどうこうって書き出しで自分の対友人外交??
みたいなことに関しての 自己分析的なのをつらつらと
書いていたことあったかと思いますが いざ アドリブ的な
自分の行動を客観的に考えてみた時に自分が基本さみしい人間である
原因のようなものが 結構露呈しているような気がしています。 のっぴぃです。

何というか 基本的にテンションのオンオフが激しいのっぴぃさんですが
まぁ そうなるのも気分屋が激しすぎるからという考え方も
出来るわけでして 「今日はサボるぞ」って思ったときなんかは腰が重いのなんの。

……なんか フォロワーさんが来ていたらしいのに
三宮に足を向けることもいろいろとあってできなかったこともありましたし。

……みたいな 出来事がありましたね。 ゆっくり考えてみたら
これに近いような行動の積み重なりがいろいろと災いしているのでは??

――まぁ これに関しては 背景で昨日愚痴っていた
資料が圧倒的不足している中で レポートという作文を強いられていて
結構 試行錯誤していたって背景があったりしますが

――まぁ さすがに最初から最後まで集中力持っていたわけではありませんし
「気分転換」という体で その場を離れてもよかったんじゃないかな~  って。

……まぁ 基本融通が利かないって言うのもボクの一つの特徴なのですが
それが「真面目さに起因するのか」というのはさておくにして
「製作途中のレポートを放って外に出れるわけないじゃない」みたいな
心理があったのではないかと自己分析したりするところですが。

……別に PCワープロにそのレポート立ち上げているからと言って
――そこまでなんですよね。 集中しているのかといえばまったくそうは言えず
部屋にはラノベみたいな誘惑もあるし PC開いているなら
今だったら絶賛艦隊運営みたいなことして現実逃避できますし。

……みたいなところなんでしょうね。 ――一応 乗り物とか
そっち関連について ある程度の興味は持っていると自負していましたが
資金力を身に着けていない、もしくは自分に対しての投資に
ほとんど魅力を感じていない今では 妙なところで腰が重い。

まぁ 半ば趣味になりつつあるから仕方ないのかもしれませんが
さらに 雨が降ってみたりすると 完全に引きこもりNEETと化します。

――まぁ その辺の要素なくても ここ最近はなぜか
NEET率が高くなっているような気がしないでもないのですが
そこまで 動かない理由は何なんだろうな~  自分でも気になるや。

まぁ 引きこもってる間に自分の生活環境が整っていくのであれば
それはそれで 精神状態はまだ 改善の余地あるのかもしれませんが
冷静に考えて部屋 眺めてみて 特に 洗濯物がすごいことに
――これは いつも通りなのかどうなのか よくわかりませんね。

でも ノーアポで誰かが遊びに来たということを
想定した時には 少々慌てる程度の部屋の中身になっているだろうことは
比較的容易に想像できますね~  といえば 良いでしょうか??

――精神状態「よいか悪いか」で判断してみるのであれば
少なくとも「よくはない」と評価する必要がありそうです……


さて なんか 特に雨が降った時ののっぴぃさんNEET化のお話が
軽く出てきたあたりで そのあたりについて無駄に掘り下げてみますか。
――題して 「のっぴぃさんいつもの休日」みたいな感じで。

……あながち「いつもが休日」って書いても大差ない気がするけど。
なんか 一文字変えるだけでずいぶんNEETさに拍車がかかってる気がする!!

――と言っても 別にアクロバティックなことしているわけでもなく
「食う」「読む」「寝る」といった行動くらいしかしていませんがね。

喰う――って意味合いで考えてみるならば まぁ 先ほど
生活環境的にはいろいろ~  みたいな言い方していますが
基本的に 家事を何もする気がないほど無気力というわけでもなく
「最低芸の自炊だけはする」という 妙な律義さだけは残っております。

……まぁ 外食するよりは圧倒的に自炊した方が安上がりだからこそ
成せるといったわけで この時期くらいまでにしか戦えないであろう
ラーメンとか パスタとかその辺が最終手段として多めですね。

――一応 ラーメンはボクの好み的に味噌仕立てのものがやたら多いです。

……で せっかくやるならできるだけおいしく食べたいですし
まぁ 市販の袋麺で麺・スープはごまかすにしても具材というか
加薬的なやつは いろいろと個人的に試行錯誤加えています。

――で 今のところは「そぼろ肉混ぜた野菜炒め(中華スープ掛け)」
みたいなのが結構定番として落ち着きつつあります。

塩コショウでさっとごま油で炒めたキャベツ・もやし炒めに
中華スープと まぁ 一種の汁成分の方を補充して野菜の方にも味をつけます。
――それを 単体でゆでた麺やスープを普通にドンブリに持った奴に重ね掛け。

……そぼろなんかの炒め具合によりますが それなりにおいしいです。

寝る――に関しては もう 素直にお昼寝です。 たまに十時とか
お昼寝の域を超えた寝坊を噛ますこともあったりするけど気にしない。

読む――は まぁ 最近の……というか この日記の記事傾向から見ても
大方予想つくかもしれませんが 自分の部屋にあるラノベ読んでます。

結構 漫画だとその場で一周見たらそれっきりみたいな作品も多いですが
ラノベだと たとえバカが売りの作品だったとしても
何かしら 何週かしないと掘り出せない心情とか書いてあって
個人的には ちょこちょこと楽しめる部分だったりするわけで。

特に 自分が経験したことが無い部分の描写なんかは
解読するのが割と難しくて なんか 読むたびにその読む人の心理状況が
江だったのだろうかみたいな考察が変わっていくさまが

――おいこら そこ お前の読解力が無いだけだろとか溜息つかない。

TOP

後から言うなし

2014⁄05⁄26(月) 00:00
16_201405252217362b0.jpeg
いや~  泊りがけの実習一回挟むと
とりあえず その本番のネタでもちょっぴりお話
稼げるって言うのはありますが それに加えて
――まぁ 自分でも
予想外な程度に 色んな所に話飛ばせますね。 
汎用性高いですね!!!

……七k 自分でもいろいろとしつこいな~  って思うのですが
なんか 受動的な感じでいろいろと連鎖してしまうんですもの。

――しつこいな~  って 思うかもしれませんがお許しください。

で なんか既に過去5記事のところからこの話題のっそりと
消えているような気がしますが まぁ 深いこと気にしないで
大雑把にあらすじ書きますが 三日間日程で野外実習行ってきました。

そりゃ ある程度事前に分かっていたスケジュールですが
ブログ運営的には なんか ここ最近記事のストックができない
――的な意味で 何かと居づらい部分もあったりするのですがね。

そして バス移動が結構メインイベントだったりしたものですから
とりあえず 昨日の記事で上げたようなノゲラとか
バスに読み込んで 主にラノベ読んで過ごしている週末だった

――みたいな言い方も まぁ 良い様によっては出来るのではないかな~
――って あとになって思ったりするのですが まぁ そんなのでもいいでしょ??

……にしても 自分結構バス酔い(と 言うか 全体的に乗り物酔い)
しやすい体質だったと記憶しているのですが まぁ 三日間で
三錠の酔い止め飲ませていただきましたが すごいですね 酔い止め。

ずっと小説(というかラノベ)読んでいたというのに まぁ なんというか
ゲロリアン的展開に至ることなく終わりましたし。

そして 窓の方からちょこちょこと見える景色に対しては
「なんか 良い感じの絵が取れそうだな~」って思っていたら
「こうしてネットに上げられそうな画像は取っていた」わけですよ。

……ちなみに 基本的にここ最近は アイフォンの中身
やたら容量圧迫しているおかげで まぁ 主にカメラ代わりに使っていたのは
やっぱりこっちにも持ってきました タブレットなわけですが。

――そして ポケットワイファイがなかなか届かないような
山奥ばっかり走っていたりみたいな展開がありましたから
この道中においては 大方カメラ専用機だったタブレット。

……まぁ スマホと比べてみたら 結構手もちの汎用性としては
かなり タブレットって怖い部分があるんですよね。 濡れたらだめですし。

――海際の露頭とか 川岸とか 割と持って行くのには勇気がいる的な感じで。
まぁ 何よりも スマホで写真撮れなかったというのが結構なポイント。

――さて ここまで なんかやたら「タブレットでしか写真撮っていない」という
割とどうでもいいような感じの場所強調していたわけですが
そこから この週末の(個人的には)結構な苦労につながるわけですよ。

……さて この実習のレポートどんなこと書こう。 そんな感じ。
――まぁ やっぱり レポートって言ったならば写真がある方がありがたいわけで
でも その露頭が水的な意味で辛いなら写真撮るのに勇気がいる。

そして 足場がアレな場所だったりした場合も それはそれで
写真撮ったりするのをあきらめた。 そんなことが何かとあったわけですよね。

と 言うわけで いざレポート書こうと思った時には
丁度いいような感じの写真が思ったより少なかったわけですよね。

さらに言うならば「お前 もうちょっと前もってレポート見据えて行動しておけよ」
みたいなこと 言われるのかもしれませんが 正直に
そのレポートの存在が開かされたのが 帰りもいいところ
淡路島縦断中の出来事だったりしたわけでして。 実習終わってるやん。

――できれば レポートあるんだったら早めに言ってほしかったな~
例えば その実習が始まるとき バスの乗車時なんかに
実習のしおり的なの渡してくれているのだから その時に明言してくれるとか。

ついでに言うならば 自分 その課題内容を正確に把握しているという
自信が あまりない感じなのですが(主に 口頭説明では
何かしらの情報ミスがあったりするだろうって疑ってかかるタイプの人間です)
……みたいなのが 少なからず 自分の意識の中にあることくらいは自覚しておりますが。

17_201405252218036bc.jpeg
で こんな感じで「帰りの
神戸の夜景がどうこう」みたいなこと
言いたいんだろうな~ 

みたいな写真みたいなのは
まぁ なんというか
結構存在しているというのに
この週末に役立ちそうな画像が
思ったより存在しなかったのはどうしてくれるんだ。

……という 一週間ほど前の自分を呪いながら まぁ なんと言いますか
二日間レポートと格闘していたみたいなのが直近ののっぴぃさんです。
――なんというか「露頭」って 言い切れるような出来でないのも多いというか……

結構 自分「さりげない動作(と 自分は思い込んでいる)」スタイルで
いかにも「写真撮っていませんよ~」みたいなスタイルで
カメラ構えることが 割と多かったりしているという癖もあるんでしょうね~

――もう なんか ネタが無さ過ぎて その場しのぎの空気が強くなっていますが
そのあたりに関しては もう いろいろと哀れなので気にしないことにしましょう。

……ついでに言うならば 先日愚痴っていた「友達関係のなんだかんだで
まぁ 情報に乗り遅れましたよね~」みたいな事例も
ほとんど同時に起こっていたりしていた――ということもありましてですね??

別に 期末とかで殺されるような時期ではなかった気がするのですが
思ったより 黙殺されるような日々が多かったような気がするのは
ボクの手際が悪いからか 要するに 実験が控えた理系学生というのは
大体こんなものなのか それともその両方なのか しばしば気になるわけですね。

とりあえず ひとまず形のある物は土日をかなりつぶしたおかげで
出来ましたが まぁ これもこれとて 評価とかその辺は二の次三の次。

……この週末 大阪方面にチャリ走らせようかとか思ったんですけどね。
梅雨前線が来る前に やりたい行動ができるのでしょうか。 怖いです。

TOP

こんなものが

2014⁄05⁄25(日) 00:00
今は
どうも。 いつまでも湿気てる話していても何ですから
ちょこちょこと息抜きっぽい話題でもしゃべってみましょうか。

さて 先日甲陽園に行ってくることがあったのですが――まぁ 少し時期が
アレになるのかもしれませんが――そこ 知っている人は知っている?
ハルヒの舞台だったりしていた場所なんですよね。

……北高の最寄駅。 まぁ 真下みたいな感覚でとらえていただければ。
そこから 延々と坂登って行くと 北高に着きますみたいな。

で そのラノベやアニメでも舞台として映っていた
駅前の喫茶店があったと思うのですが ボクの記憶が正しければ
その喫茶店が まぁ なんというか ラーメン屋にすげ代わっていた

……みたいな??  ちょっと どう反応するべきか
困るような事態になっていることに気が付きましたみたいな。

まぁ 考えてみたら このラノベの方 一話からずんずんと
一時期までは順調に進んできていたように見えたのに
アニメとかが始まってから硬直して 今に至るような感じですしね。

ぶっちゃけて ボクがこの道?  オタクっぽい言動に走り出した
きっかけになった作品であるのですが まぁ そのあたりが
まだ「シリーズとして終わっていない」みたいなノリになっているのは
多分 喜ぶべきことなのかもしれませんが 生きているとは言い難いですよね。

……みたいな 背景を考えた中で 例えば消失の映画で
舞台になったサイゼリアもしまったみたいな話聞いたことありますし
なんか 時の変化を感じざるを得ないような報告を
逐一見ていきますと まぁ 少なからず思うものもあるようで。

……多分 ボクの思い込みとかその辺関係なく ハルヒって
色んな人のきっかけになった作品である確率は高いと思います。

……で 今度は自分本位なことですが ここ最近は結構
ボクの気にいっていた作品が「完」ってマーク付けて
終わって行く――みたいなのを幾度となく見せられていまして。

……まぁ なんというか 落ち着くところに落ち着いて
しっかり終わっているだけ まだ ありがたい方なのかもな~
――みたいに 何に感動しているのかわけわからない感想が漏れる始末。

まぁ アニメは後藤さんとかの心配もあるからしてもう考えないということにしても
――一年に一冊くらいは 作品続けてほしいと思うのは
勝手なお話なんでしょうね。 ……という 明らかな消費者志向。

――まぁ ここ最近慢性的な無気力症候群にかけられている
ボクがこんなこと書くのは なんか 自分を見返してみろよ的おかしさがあるのですがね。
――鏡で自分を見つめてみろよ。 よく言われるもんです(嘘)



ラノベ04
さて 先日実習――というか ほとんどバス日程で
野外実習行ってきたみたいな話を書きましたが(何かにつけてここ最近
書く内容にこの話がかかわってきますねww)その時に
「バスの中でどうせやることないでしょう」と言って買ってきたお買い物の話。

まぁ あの時にも堂々と伏線張っておきましたがラノベ買い足しました。

……そりゃ 三日間バスでずっと移動するんですよ??
車窓眺め続けるのも――まぁ 周りが面白い場所だったらいいですが
街のど真ん中とかトンネルの中とかいろいろと困るじゃないですか。

山道も 正直見るたびにヘアピンカーブで色んな角度で色んなものが
見られるのであれば本望ですが 何も変わらない水平線眺めるのも
あまり面白くないなぁと思った次第でありまして 暇つぶしは必須。

……まぁ 車窓に関しては 何があればいいな~  みたいな意味合いで
まず 暇つぶしになるか否かのレベルで一悶着ありそうな気がしますがそれはそれ。
水平線眺めているのが好きな人を否定する必要もないと思いますよ!(釈明)

と 言うわけで「ノーゲーム・ノーライフ」買ってきました。
……ファンタジーもの・学校関係ないもの  みたいな意味合いでは
自分の趣味・趣向に完全に反するものではありますが まぁ 良いでしょう?

――まぁ 引きこもり予備軍くらいまでの場所だったら自分
経験したことありますので そのくらいなら理解できているつもり(謎)

まぁ 大まかな内容は アニメとかで流してくれているとは思うのですが
かなりなパクリを気にしない芸風とか まぁ いろいろと気になることもありまして
なんだかんだありまして 買ってきてしまったみたいな??

――アニメでは省略されているだろう駆け引きなんかも
こちらでは 結構 描写されていたりしますし あんな感じの計略アニメって
やっぱり 地の文章見て何ぼだな~  って 思わないでもないわけで。

……そんな感じのラノベって 何度見てもいろいろと読み応えありますよね。

そして このラノベについて調べていて面白く思ったのですが
これって 作者がそのまま挿絵書いているんですね。 ……すごい才能だ。

代わりに 色んなものを背負っていくって意味では かなり肩身が苦しい感じに
成るのかなぁとか  ――まぁ 出版業界のあれこれに関しては
ボク 何も知識ないのでよくわかりませんが すごく感動を覚えました。

――まぁ なんか あとがき見た感じだと コミカライズは
お嫁さんがやっているとか何とかで こう どんな表現すればいいのかわかりませんが
この人の人生 すごく大変そうだなぁと思った次第。

――逃げ場なさそうですね。 そして ここまで作者さんを全力で
押したくなってしまう人って少ない気もしますね。
(まぁ キノの旅書いている人なんかもキャラは相当すごい気がしますが。)

そして この辺り何度か読み返してハッタリみたいなの見てみようと思った時
同時に認知するのが ボク どれほど恋愛に関する描写に弱いんだみたいな??

まぁ 何事も自覚するのがまず最初の一歩ですが 吹奏楽部出身のボク的に
――過去 そんな感じの機会があったのに 何かとその機会を
無下にしてきたことあったのかなぁと 変な邪推をしたくなった。 そんなこともあるよ。

TOP

まさか、そんな。

2014⁄05⁄24(土) 00:00
まぁ 昨日は勢いに任せてここ最近の対人関係について
いろいろと 悩みを極めていたわけですが 結局 最後は
昨日も同じような結論つけていたような気がしますが
最後は 自分に執着しているんですよね。 友人関係の問題に関しては。

そもそも 自分も 外の世界というか ほかの人に対して
どれほどの興味を抱いているのかと考えてみれば――正直
現在結構 高校時代のクラスメートとかその辺の記憶が
バッチリ抜けているって事実とか考えてみたら自明なような気もします。

この辺りの思考をしている最中 ふと 思い立って思い出そうとしたら
自分でも驚くくらい(教師含めて)名前 出てこないんですよね。

――まぁ あのころの記事振り返ってみたらすぐにわかる程度には
ボクの高校生活は「ダークネス」だった部分もありますからね……
……意図的に 記憶を消去しているみたいな可能性も考えられなくはないですが。

――だって 結構いい思い出として(もしかしたら必要以上に美化されてる?)
高校よりも前 中学時代の部活の面々なんかは(現在の顔はどうなっているのか
化粧とかで皆目見当つかないってのは抜きにしても)それなりに
顔と名前 思い出せたりするって事実ありますし……ねぇ。

――関係ないけど 中学時代の吹奏楽部の思い出は結構強く残っていて
コンクールでやった曲なんかは 主旋律はまぁ 良いにしても 自分のパートの
譜面くらいだったら ほぼ完ぺきに空で思い出せる程度の記憶がしみ込んでいます。

――そのほか その時自分が中止していたんだろうな~  みたいなパートも
追えたりしますし あの時は本当に 吹奏楽に魂かけてたな……
……残念ながら 高校時代のそれの記憶はほとんど残っていないことも付記しておきます。

……まぁ その辺の人物の記憶は 見ようと思えばまだ 名簿とか目を通せたって
事実もあるからして大学時代のそれとは ちょっと 様相が
異なっているのかもしれないですけどね~  という感じで。

まぁ 昨日の話軽くおさらいしたというか 記事上げた後思い出した部分を
メインに 具体例だけ書かせていただきましたが その先にこの話が
深くかかわってくるかどうかは別です。 はい。 次の話題。


そもそも こんな回想に至る発端が何だったかといいますと
大学の学部内(授業)の情報伝達というか 人海作戦というかに
なんか乗り遅れているような気がする?  ――みたいなのを
自覚してしまった(自己申告)だったということで そのあたりの話でも。

まぁ そのあたりを含む話をする前に ちょっとした裏事情でも。
――主に 前書いた実習のあたりの話になります。

実習の感想記事書いたときにざっと書いたのかもしれませんが
実習は週末含んだ三日間で行われたのですが……まぁ GWではありませんし
週末って二日間しかありませんからね。 割り込んだ平日もあったのですよ。

そして その平日、その実習が占めている曜日だったらものすごく
ありがたかったのですが 残念ながらその実習があるのは別の曜日でして

――まぁ その実習行こうと思ったら問答無用でそのかぶった曜日の
その日の授業は取れなくなってしまう――みたいな状況になってしまいました。

まぁ 最初の実習全体のガイダンスの時には「少なくともこの学科の授業に関しては
しっかり示し合せしておきますので心置きなく行ってきてください」
みたいなこと言われていましたし まぁ そこ 信じていたんですけどね??

実際 そこをふた開けてみたら なんか「クラスの半分近くが実習で
席外しているというのに なんか 普通に授業やっていた」し しかも
「レポート課題課された(っぽい)」しと もう いろいろと散々なところで。

――レポート課題課された「っぽい」ってのがポイント。
……つまりは この辺り 人海戦術で「存在を認知しろ」ってお話
――個人的には その話の展開になる意味合いがいまいちよくわかりませんが。

――まぁ 「本来は」人海戦術に頼らなくても 一応 その授業やる先生から
一種の釈明の言葉と共に ダイレクトメールが送られていたらしいんですけどね??

――なんか 実習名簿の手違いで なんかボクのところだけメール来なかったっぽい。
そして ボク 学科の中でのパイプは結構細い頼りないもので
その辺の情報がなかなか伝わってこなかったっぽい。 ……ここからくる悲劇。

まぁ さすがに「提出日まで連絡来なかった」という最悪の事態までは
至らなかったというのは 一種幸いなのかもしれませんが
そのレポート提出日前日に やっとこさ その課題を受け取ることができて

――前日の夜に必死こいて課題片づける羽目に陥った、そんなわけです。

……まぁ さっきから頑張って「その授業が何曜日なのか」という事実
隠した話をしようと思っていますが なんか ここまでの話の展開から
一種 推理すれば そのあたりの情報が簡単に導き出せるとか邪推しちゃダメ。

……そして そもそも ボクの人脈のパイプが細いって言うのも
まぁ ある程度考えなければならない問題なのかもしれませんが
それ以前に「こんな欠陥のある日付にレポート課す」ってのからして
いろいろとおかしな部分があるのではないかとか思いたくなるのですが それは。

多分 普通の神経した人だったら その事実に直前まで気が付かなかった
――まぁ ここまでは仕方ないにしても 「やっぱり このレポートは
来襲に回します」みたいな対応するのが正しいと思うのですが……

……まぁ ボクみたいな暇人にしてはアレかもしれませんが バイトとかで
結構忙しくしている人にとっては レポートやるチャンスとして
土日奪われたら 相当辛いものがあるんじゃないかな……

……そして 実習のために土日を開けざるを得なくて ここ数日は
バイトがきつい人なんて いたとしてもおかしくないだろう――みたいに
容易に思ってしまうという予想も まぁ あったりするんですよね??

……それでも そのレポートを強行する意味 はたしてあったのでしょうか。

――そして そもそもボクに名簿ミスでメール来なかった話はしましたが
おかげで 無断欠席扱いされて不当にボクの人間的評価が下がったというのは
どこに訴え出ればいい話になるのでしょうか 切実に知りたい問題です。

TOP

交友

2014⁄05⁄23(金) 00:00
なんか 最近「思春期の悩み」がどうとか言って
勝手に無気力状態に陥っているようなことが地味に多い気がする
今日この頃ですが まぁ 誰に相談するってノリでもありませんが
たまには「パーッ」っと 書いてしまうのもまた一興でしょうか。

……なんて ふと 思ってみたもので とりあえず 今日はそんな感じで。

まぁ 超大雑把に書いてみれば「自分ってなんなのだろう」みたいな
結構基本的なところから悩んでいるような節も見られるのですが
まぁ その辺はおいておくにしてもう少し 的絞ってみましょうか。

まず 交友関係というかそのあたりから。 友達ってなんなのだろうとか
――まぁ 人によって定義もまちまちだし 重要視するポイントも変わってくるでしょう。

別に とりあえず メアド交換する程度の人の幅を強く持って
まぁ 実際に遊んだり親密にするのは――まぁ 手当たり次第に??
みたいな考えの人も 少数精鋭で少ない人数だけど濃密に
……みたいなのも。 ボク的にはこの辺りは人それぞれでしょうと思います。

――まぁ 自分は結構「集団トーク」みたいなのにしばしば乗り遅れますので
あまり 頭数は多くしたくないみたいな深層心理が強いな~
――ということで まぁ どちらかといえば 上で言うなら後者の立場。

……まぁ そもそも自分の人脈パイプがそこまで数そろっていないおかげで
そして 「類は友を呼ぶ」みたいに言いますが 結構自分がかかわった人も
似たような空気醸し出している人が多かったおかげで
「人との付き合い方」ってカテゴリの考え方も相当弱いわけですが。

……まぁ そのあたりはいいとして そんな感じでの人との付き合い方
はたして 今まで(短くとも 自分が神戸に来てからのことだけでも)
何かしくじったことなかったのかな~  なんて 不意に不安になったわけで。

――というのも ここ最近なんか 人に飢えているというか
あまり 人としゃべる機会が持てていないような気がするなぁ……
……みたいに 思った。 そんな気がした。 みたいなきっかけでございます。

まぁ 今までは適当に遊びに行けば ゲーセンなんかで
顔見知りに「よッ」みたいな感じで遭遇できていたような感じでしたが
――なんか ここ最近 そんな感じで出会うこともめっきり少なくなりました。

――一年前の自分の身の回りがどうだったかなんて考えてみたら
――もう少し しゃべり相手というか愚痴り相手というか??

まぁ そんな考え方しなくても 多分「人との交流」って意味合いで
過ごすことが出来た時間も多かったのではないかな~  って 考えてしまいます。

まぁ 公私の切り替え割と激しくしているつもりのボクですが
割と「公」に意識している大学では――まぁ それまでの過ごし方が
アレだったみたいなのもあるのかもしれませんが……

……結構 時間割がばらける機会が増えてくると それだけで
コミュニケーションが取れる学部の人間ってのも少なかったんだな~
――みたいに いやでも思わざるを得なくなってきたというのもまた ありまして。

おかげで いろいろと情報戦術に関しては後手に回ることが
ここ最近やたら多くなってみたり そもそも 自分の学部の人間に関しての
今までの興味とか冷静に考えてみますと ――いろいろと
悲惨なデータが引き出せて来たりして これまた自分でも引いているというか。

ココだけの話 この 情報戦争(口コミ)の流れに完全に乗り遅れたばっかりに
つい最近も(まぁ その他愚痴りたい要因も十二分にあるのですが)全力で
被害被り――かけた、にとどめておくべきかも知れませんが ありました。

……ボク 結構 人の名前覚えるの苦手でして そして 小学校の頃までは
クラス名簿とか一生懸命眺めながら 頑張ってクラスメイトの名前を憶えていた
――みたいな 過去を持っている人間。 そして 今はもはや
そんな「名前が羅列した何か」を見る機会すらめったにない。

……個人情報漏えいがうんたらってご時世があるみたいなのですが
――みたいなところまで書いておけば まぁ どのような悲劇?
が 起こっているのか まぁ 大方想像できる感じになっているかと。

なお 関係ないですが QMAでのっぴぃさんのエフェクトの正解率というか
全体的な「苦手意識」を持っている根源の一つが 自分の名前把握能力の
圧倒的欠如による 人名漢字の読み方のストックの少なさ
――みたいなのが 少なからず影響しているのではないかと自己分析しています。

まぁ そんな風にリアルでの行動不足とか もろもろが重なってきて
なんか ここ最近一か月で 誰かと「雑談」かわしてみた
事例が はたしてどれだけあるのか――見ものですね。 みたいな感じになっています。

……って事実 冷静に見つめてしまったら まぁ そりゃ凹みますよね??

まぁ 原因の大方は 高校時代の闇とはちがって 根源としては
自分から発している――みたいなことは さすがに自覚しているというか
人のせいにできないような部分が大きいですしね。 理解しているつもり。

もっと積極的に外出て 自分をアピールしていく必要があったのではないかとか
少なからずはわかっているのですが どうも あまり浮きたくなかったり
――そもそも 自分がしゃべりだすと十二分にウザいことしか
出来ないことも自覚しているので なかなか厳しいところ。

――実際問題 こうして毎日ブログ書いているボクですが
「今日の記事 この行まで真面目に読んでいる人がどれだけいるか」ということ
考えてみると――まぁ 皆無であったとしても驚きはしません。

(ためしに 真面目に読んでましたって人自己申告してくれてもいいですよ!!
 なんて書いて 翌日ノーコメントだったとしても驚けませんし。)

……まぁ こんなので悩むくらいで 目の前に一つの可能性が
浮上しているのだから――って 言ってみても まぁ なんと言いますか
「ここからが長い」というのが今までの自分の経験則。

……まぁ ネット界隈で自分をアピールするといった方法も
特にツイッターなんかで考えられるのかもしれませんが
――なかなか TLの流れに乗る方法がわからないんですよね。

……やっぱり その辺で話に混ざれるようになるのはボクのキャラじゃ難しいのかな。

TOP

外出中

2014⁄05⁄22(木) 00:00
マヤ
えっと 先日マヤさん誕生日
あったみたいですね。 ということで。

……最近は とあるゲームと並行してやっているおかげで
地元の山にちなんだ重巡の影もちらほら見えてこないこともないですが
個人的には こちらの方が馴染み易そうでいいと思います。

……自分でも何言っているのかよくわかりませんが まぁ
誕生日当日はと言いますと まぁ ツイッターさかのぼれば
簡単にわかるかもしれませんが 基本的に実習で まぁ
一種の「大学」というものに一日振り回されたようなものですからね。

……会話なんて ボクの怠惰が割り込むすきがない程度には
聞きに行く機会なんてなかったのは まぁ しょうがないことです。

まぁ 自分のここ最近のモチベみたいなこと考えてみますと
この辺り なんか どうも 説得力がないというかなんというか……
……みたいな信頼度になっているような気がします。 自分でも。

一応 自分の身の回り――というか 神戸でちらほら会う方にも
マヤ使っている方いらっしゃいますし その方々は当日頑張っていたのでしょうか。
――ブログでの付き合いも持っている方もマヤ使いの方いらっしゃいましたね。

……なんてこと 考えてみますと さて 自分もミューちゃんの誕生日
当日何もなく遊びに行くことできるのかな~  とか 思わないでもないですが
……まぁ ちょっと 予定確認していきましょうかね……。


まぁ 自分が見れなかったけれども 今のご時世ちょっとネットで探せば
発見できるというのは まぁ 悪くない世の中になったと考えておきましょう。

なんか うp主さん自身がマヤ使いのおかげか なんか いろいろと
張り切ったような感じになっているというのが 愛の強さを
ひしひしと伝えてくれるような感じになっているように見えますね。 はい。

――なんか 思ったより全体が短かったことに関しては……
……まぁ 深いこと考えないようにしましょうか。 はい。
(マヤちんとアイコたんの絡みになることは もう ずいぶん昔からわかってた。)

……まぁ 逆パターンになるんでしょうね。 相方の誕生日の場合はさ。



全国01
一応 お約束程度に全国の話題挟んでおきましょう。

……いや マジで 最近全国やっても
しゃべることが無いのはどうしたらよいものか。

――まず 第一色んなものがかみ合わないといったものでしょうか。
なんか プラメの条件を満たすあれこれが食い違うって言うのもあるのですが
大概 エース取れた時には「先鋒エース」で終わってしまうってのはなかなか悲しい。

そもそも そこでエース取れても 最終結果が変わらなければ
石は稼げません――ぶっちゃけ プラメの重要度ここ最近のボクの中では
あまり大きいものではありませんので もらってもなぁみたいな感覚なんですよね。

で エース取れた時には 大概左辺三つが全体の半分以上を占めて
それでボク 見事に爆散して終わるって言うのがよくある展開。

まぁ ビリになるってことはもう あきらめたとしても この展開は
相当恥ずかしいから 何だったら 最初からエース取らないでいいよ
――みたいに 思ってしまうのは もう 甘えみたいなものなのでしょうか。

全国02
で こんな感じで称号持ちの人を
みつけた時には 大概
敵に回すという。
(なお この時はエース取れた模様。)
……エースになったってことはね??
まぁ 相手方のオーラの色からも……。

全国03全国04
まぁ チーム運ということでは さすがに強い人二人以上掻っ攫うと
いろいろと展開が変わってくるみたいってのは うすうす感じたところではあります。

……基本的に 上位ランカーさんも含め 自分に身近な人の
メインのCN程度しか 覚えることができないという「名前を覚える」という点では
相当な低スペックしか詰め込むことができなかったのっぴぃさんの脳みそ。

……にとっては 称号採りました~  ってのを 自ら発信してくれる
二つ名が出てきてくれたってのは ネタ考える上では
結構ありがたいことなのかもしれないなぁと 勝手に思った次第。

TOP