はしゃいでませんよ?

2014⁄02⁄16(日) 00:00
昨日投稿したものの続き。 雪にはしゃぐ男子大生のしょうもないお話。

雪の日03
……とりあえず 雪ではしゃいでいた
時のお話とかもろもろが
もう少し 書けるのではないかと
思いましたので(所持画像的な意味で)
そのあたり ちゃっちゃとフラグ
回収しておきたいなぁと思った次第で。

一応 実家に帰ってきたボクですが さすがににぃと生活するわけにもいかず
――かといって インフルエンザの予防接種やり損ねた身でもありますから
人ごみに突撃するというのも なかなかリスキーではあるのですが……

まぁ マスクに帽子 マフラーなどの防寒対策を万全にしたうえで
なんとか わんこの散歩くらいはさせてもらいましょう~
――みたいなところで なんだかんだで手は打っているところであるのですが。

で わんこ飼っている身としては たとえ雪が降ったとしても
まぁ 便の始末とかいろいろとありますから 散歩に特攻しなくては
ならないということで 仕方なく――えぇ 仕方なく散歩に

雪の日04
ヒャッホウ、雪だぁぁぁあ!!!!!!!!

※わんこは全力で帰りたがっている
画になっておりますが
それを撮影しようとしている
のっぴぃさんのテンションは限りなく
ハイに近い状況になっております。

あらかじめご了承ください。

――えぇ さすがに 少し文章と画像との乖離が激しいことは
うすうす感じとりますが 細かいことは考えないようにしましょう。

雪の日07
まぁ 散歩という口実を用いまして
雪のかなり積もった
ボクも今まで見たことが無いような
光景を全力で体感するために
あちらこちら歩き回ったりしていた

――みたいなのは まぁ ありましたかね。

……それに対して わんこの方はどちらかといえば迷惑なのですが……
と言わんばかりで 向こうの用が済んだ後はいろいろと
仕方なくついてきているといわんばかりなテンションでしたみたいな感じで。

……犬にすら呆れられる。 そんな人間なんです。 のっぴぃさん。

雪の日05雪の日06
まぁ 実際問題 自分の地元の街で とりあえず
除雪のために公道を重機が走っている光景 少なくとも自分の経験の中では
見たことがなかった光景だった――ということもありまして。

まぁ 東北とか信越、北陸なんかの豪雪地帯にお住まいの方にとっては
一種 冬の風物詩みたいなありふれた風景だったのかもしれませんが
スキーしに行く道中ならともかく 千葉県内某所でこんな
光景が見られる――とは なかなか思わない物なのではないでしょうかね???

まぁ その後も雪降ったり溶けたりを繰り返している感じですが
個人的には それなりに残ってくれててもいいんだよ??  みたいな立場で。
――ある意味 ネバーランド的立ち位置とでも言うのでしょうか??

雪の日09
――なお 帰省のたびにここ最近の
親父はことある週末ごとに
車の運転させたがるのですが
この週末に関しては 道路もアレですし
実家の車は一応 対応したタイヤ
履かせているらしいですが
あちらこちらでスリップしまくっている
車を見てしまったからにはね……

巻き込まれ事故も防ぐ意味も兼ねまして 今のところドライブには行っていません。
――と いうか 車も全力でサボタージュしているところです。

雪国の車なら 誰もがこの季節に対応した装備で走り回っている
――のかもしれませんが 残念ながら 日頃雪に慣れないこの地域のドライバーは
雪に対するエチケットとかなっていない感じで タイヤが空回りして
動けない軽自動車とか 散歩している間にあちらこちらで見かけましたしね。

――あと のっぴぃさんのこの時期限定のお手伝いとして
家の周りの雪かきみたいなのも頼まれたりしましたっけね。

雪の日10
……まぁ 単純にやって
いるだけなのもつまらないので
庭の片隅にたまった雪を集めて山にして
ついでにかまくらにする。

……みたいなことも まぁ
やっていたりしたのですが それくらいのおちゃめ心は。

――ただ 我ながら「オッサンか、お前はオッサンなのか?」と
問いただしたくなる程度に それ終わった後腰あたりが筋肉痛になって
――うん。 確かにボク 腹筋に対して背筋は弱かったね。 うん。

TOP