通過点に過ぎん。

2014⁄02⁄13(木) 00:00
21_20140208230203eda.jpeg22_20140208230202f9a.jpeg
トナメの背景の方 これがⅥの使い回しだったか描き下ろしなのか
そのあたりに関しては言及するの 避けておきたいところですが
どっちにしても なんだかんだで 胸のところまで隠れる演出はおしゃれだと思います。

どうも。 のっぴぃです。 まぁ でも キャラの大きさと比べると
ココに植えられているヒマワリのサイズは幾分
小さな品種が植えられているんでしょうけど まぁ それはいいとして。

もしかしたら 少しネタバレ成分しゃべってる可能性がありますよ~
――みたいなこと 念のため断っておきながら 記事書き進めておきましょう。

一応 ストーリーのネタバレは書かないつもりだけど 結果論は言っちゃうつもり。
ちなみに 前作のアカデミーアドベンチャーも含めて
ストーリーのセリフは一通り撮りだめているんだけど
この辺 開放するチャンスはあったりするものなのでしょうか……???

で 今日のネタですが なんか 前コメント見ているときに 先に書かれてしまった
――というか ツイッターで先に画像だけ上げてるからアレなんでしょうかね。

23_2014020823020144d.jpeg24_20140208230200242.jpeg
えぇ。 賢者にはなっているんです。 一応。

……まぁ 世の中既に 転生しちゃった人もいるらしいですから
(その人の一日の生活がどうなっているのか甚だ疑問ではありますが)
そのくらい行ってても まぁ 別にいいですよね??

なんだかんだ 昨日のとおり忙しい忙しい言っておきながらも
友達との用事を済ませた後なんかに何らかの形で ゲーセン行く
機会があったりしたので(要するにつながりがそれという噂)その機会
使っていたら なんだかんだで 階級上がっちゃったね~  そんな感触。

――実家帰ったら 色んな意味でゲーセン行きにくくなるというのもあるけど。

ただ ここではまだ 今作ではエンディングではないらしく
ストーリーがいろいろありまして 結果論だけでは妖精がなんか 消えます。
……そこまでのストーリーは スタッフさん ちょっと頑張ってると思うので
どちらかといえば そっちの方 注目してあげてくださいな。

25_20140208230159440.jpeg26_20140208230159a1d.jpeg
なお ザコなのっぴぃさんの場合 賢者昇格してから初めて
トナメの優勝を経験するという体堕落なこと やってのけておりまして
……まぁ なんと言いますか いろいろとやりそびれた感 ありますよね。

特に 元気なティアルさん選んでると 事あるごとに
「びくとりー!」ってぶいぶいやってるようなイメージがあっただけに。

27_20140208230307ec7.jpeg
まぁ そんなこともあったりで この
二つ名がなんか哀愁を帯びると。

30_20140208230306dd2.jpeg31_20140208230306e1d.jpeg
そのほか なんだかんだでいなくなってしまった妖精さん。
――それは 声の演出なんかもやってくれなくなるというわけで
たとえ 協力で踏破してみようが なんか ものすごく
もったいないことをやらかしてみようが 何も言われることないわけですよ。

――と 言うことは このタイミングがとっても ボクにとっては
検定が非常にやりやすくなるタイミングというわけですね!!
静かにゆっくり 自分のペースで検定行けますよ!!  やったね!!!

……と 書きつつ なんか アシストポイントが云々とかの
表示が特に 何のアナウンスもなく淡々と進むという現実については
なんとなく 物さみしいものがあるような気がするのはこれはどうなのでしょう。

それにしても ティアマトさん討伐失敗した時の光線 相変わらずですな……
……まぁ その辺考えるなら グラニドンさんも結構えげつないけど。

29_201402082303058c4.jpeg28_2014020823030416e.jpeg
最後に軽く 自分のトナメ事情について。
……まぁ ぼちぼちと今の段階では予習埋める目的でトナメにも
少しばかり顔 出している段階なのですが なんかこんな感じの懐かしいステージ?

――まぁ ひまわりのようなノリで 腰元まで隠すギミックつけてくれてる
決勝会場にも ちょこちょこと行かせてもらっていますが……

……今のところ 左辺が全体的にアレなせいか 残り一か所の
場所で行われる決勝には 一度も召集されたことが無いという現実がね。
――気にしないつもりだけど 地味に応えますよね。

TOP