QMA賢者の扉――まとめなのか??

2014⁄01⁄23(木) 12:00
好み
なんか もう少しまとめ記事作るときには
まともなもの作るつもりだったのですが
なんで こんなにあわただしい感じになっているのでしょう。

――みたいな愚痴をこぼす人。
……ブロガーという言い方をするなら
少数派でしょうが 同じような背景で
愚痴りたい人ならそれなりにいるのでは??

……なんて 勝手に思っております。

そんなわけで 今までいろいろと記事っぽいの上げてきましたが
それら 追記の方にリンク飛ばしておきましたので 念のため。

……と 言うか 主に自分に向けての記事なんですよね。
他も結構そんな傾向で記事 書いていますが これに関しては
「存在からすべてが」自分向けな記録ですし。

TOP

QMA賢者の扉⑦(その他)

2014⁄01⁄23(木) 00:00
記憶
え? 既に稼働している
ところは稼働しているって??

――そんな細かいこと
気にしないでくださいよ……

一応 これでも画像――は 事あるごとに自分の撮影したやつ
ストックしていたからいいとしても 時間的な意味では
絶賛 テスト勉強中真っ盛りということで 結構ギリギリなところで
時間やりくりしながら頑張ってみている段階ですし……

そして 一応黒ウィズで記事回しているときよりも 12時間ごとに
連投しているってのは 割とボクにとってはハイペースな感じなんですよ??

※ちなみに 黒ウィズは書いた記事の数-1日で 均等にトップを飾るように
計算しながら記事の投稿時間調整しながらやらせてもらっています。

さて Ⅷ時代に作ったまとめを準拠としたテンプレートに合わせて
書かせてもらいますと 今回作るべきお話は 今まで上げた
以外のお話で行きましょー  みたいなことになりそうですね。

なお てっぺんに貼らせてもらった問題も Ⅷ時代トップに上げていた
問題画像と同じ感じになっていますが――反応がかなりよくなりました。
青入力できるようになっておりましたよ~  まぁ そんなわけで。

そんなわけで 説明不足だった今までのものを補足しながら
そのあたりのことを書いていけたら幸いだと思っています
――と 言うか まとめのお話って意味では 最初の愚痴と今日書くことくらいしか
まともな書式の記事 作らないことになりそうですが それでもいいですよね?

QMA扉QMA扉2
とりあえず 今作で何を特筆して書けばいいかといいますと
なんだかんだで宝石賢者になれた(実質二枚分)というのが
一番大きな功績になるんじゃないかな~  って 思います。

……ただ なんか 自分のキャラとして認識されてそうな
紫宝賢者にはまだ なっていないというのは――別に 悔やむことでも
無いかとは思っていますが 地元でクレーム受けたことがあるのは事実です。

なお 琥珀賢者に関しては「別になっててもおかしくないだろう」
という 意見が結構あったのに対して ボクにとっての渾身の
「自虐ネタ」であった 翡翠賢者に関しては それなりのインパクトありましたね。

……まぁ 自分に対してのインパクトもそれなりにありまして
すぐに心折れて しかも 未だあの時投げてたやつ使いこなせていない
(一説には あれ以来投げていない)という現実もあったりするのですが……

――まぁ 現在社タイをまとめているファイルと一緒に その芸能で
回収していた問題(易問の基礎からしっかりコース)を印刷して
一緒にファイリングしておりますので ぼちぼち刀を研ぐ
練習始まることも――あるんじゃないかな~  知らないけど。

とりあえず 自爆テロ仕掛けて黒こげになるのが自分だけ……
……みたいな展開にならないようになったら ぼちぼち本格的に
使い始めようかな~  って 考えている次第であります。

そして モード的なお話をするのであれば この石のほとんどを稼いでいる
――と書いても 間違いではないだろう 紫宝の魔龍様の
存在をなくして語ることはできないのであろうな~  みたいなのも。

……まぁ なんとか三桁回数は討伐できたということで
それなりに自負にはしているのですが その陰では何も生み出さずに
消えて行った100円玉の亡霊が大量に控えていることを忘れてはいけません。

――まぁ 実際に使ったのはパセリだったわけだけど←どうでもいい
――で さっきの連想に対応できるようになったのもこの回数のおかげです←



トナメは こう書くのも何ですが 割とすぐに心が折れましたので
あまり籠ることもなく だから まったく育たなかったんだろうというか
全く進歩が無いんだろうみたいな言い方もできるわけですが。

――左辺が 地の知識だけだったら軒並み 半分を割っているという現状で
モチベを保つのが難しいのはよくある話なのではないでしょうか←

――とりあえず 現在行われている100円2クレの設定が
変わらないことが前提となりますが もう少しできればいいな~
――みたいに 思っている節が まぁ あったりするのですが。

……宝石賢者なっても 結果論的に その後いろいろあったおかげで
結局形式サークルあまり突撃していない現実を持っているのっぴぃさん。
この言葉をどこまで実現させることができるかにおいては
かなりの疑問を呈せざるを得ないというのも これまた事実だったりしますが。

――飽きっぽいなぁ。 まぁ 今に始まったことでもありませんけどね……



アカデミーアドベンチャー――は なんか気が付かない間に
ほっとかれていたんじゃない??  みたいなイメージを
呈せざるを得ない程度には ぞんざいな扱いを受けていたような気がします。

結局 なんか 中途半端に壁紙配布していたりしていましたが
エヴァとのコラボに関しては別によかったとしても
一回だけ壁紙配布してくれてたってのは……中途半端ですよね……

ある程度の難度のダンジョンでのみ配布するみたいな展開は
別に攻めるつもりはありませんが なんか 一個だけってのはそれはそれで
逆に 何かおかしな気がするのはボクだけではないですよね……

基本的に すべてのストーリーでグッドエンドできるように
プレイしてきたつもりではありますが――エレメントメダル
中途半端なところで止まってしまった感もありますね。

……まぁ 新しいストーリーが来なくて止まってしまった過去もありますが
これはこれで 中途半端に終わってしまったのはいろいろと……ね??



まぁ 今回のアップデートが突然だったこともありまして
なんか まとめっぽく書くべきなのか この先にも実は
ある程度データが引き継がれるのか――その有無すら知らされない中で
こんなまとめ記事書くの「気分的に」スッキリしないので……

……なんか 我ながら 書き方が「中途半端です~」みたいな感じ
――実際に 自分自身がこの終わり方に関して中途半端だと
思っているのでそうなるのかもしれませんが――になっているような気がしますが。

……とりあえず 次回作(テスト落ち着いたら始めるつもり)でも
――楽しめるような感じになっていたらいいんだけどなぁ。 うん。

TOP