労働の年末年始②

2014⁄01⁄09(木) 00:00
えっと バイト云々のお話書き始めているところでありますが
ある程度は 先にこれによる影響が出た部分に関して謝罪しておきましょう。

さくらさん、新年早々にコメントいただきましたが それに関して
返信がかなり遅れてしまったこと 改めて申し訳ありませんでした。

――今後 これに近いことがまた 状況によっては起こるかもしれませんが
まぁ 時たまにはそんなことも起こるかもしれない程度には思っていてください。

さらに 三が日前後においては確か ブログを回る頻度も
なんだかんだで少なくなっていた――ということは FC2でブログ書いている方には
足跡機能なんかで見られている方もいらっしゃるかもしれません。

まぁ こんな忙しい時期に自動更新って設定しておくのが
かなりいい選択だったんだな~  みたいなのを遠い目をしながら
思うこともあるのですが とりあえず 元気な間はこの路線で頑張ってみようかな。

……と 考えている次第です。 まぁ そんな感じ。

と 言うわけで さっさと昨日書き損じたお話の続きでも書きましょうか。
――とりあえず 情報漏えい度合いに関しては 昨日
なんとなく話したゆるゆるな基準に沿わせながら進めていくということで。

一応 バイト始めたというところまで書かせてもらって
その内容についてはほとんど触れないという前提で……行かせてもらうとなると
どうしよう。 あまり しゃべる内容が思ったより少ないような気がしますよ?

ただし 本当に大まかな内容というのは先日しゃべった内容とほとんど同じ。
もう 姫路まで自力だけで往復できる体力はある(燃費は微妙)ことは
分かっておりましたので ある程度は体張るのも大丈夫だろうな。

その前提で 割と運動になるって言うこともできるんじゃないかな??
――みたいな職種 選ばせてもらいました。 そうだ。 終わってみての感想書こう。

感想だけ書かせてもらいますと 結果論として言わせてもらうならば
前やってたブラックなバイトと比べてあげますとこちらの方が明らかに
個人的にはやりやすいものがあるんじゃないかなって感じがあるわけで。

……なんか 前の場所では一種 ロボット扱いされているんじゃないかって
思う部分もあったのですが 今回は割と 人と接してるって
感じが働きながら感じられたというのが大きいのかもしれません。

――ってこと 考えてみると なんか短期いろいろと試してみながら
いろいろと バイト試してみるっての 考えてみるとなかなか
悪いチョイスではなかったんじゃないかな~  とか 思ってみたり。

――まぁ 言い方変えてみると ちょっと 財政的には不安定にはなりますし
その辺は 持ちつ持たれつといった感じになるのでしょうか。

まぁ 自転車の件に関しては それは一日ですべて終わってしまったわけで
それがある意味 連日体力使うお仕事とはまた 勝手が違うみたいでして
――って意味では ある意味 あの時よりも持久力が求められたような気がします。

まぁ 今のところは 2月あたりから今度は ある程度長期で入れそうな
アルバイト探してみようかな~  って 思っている節もありますので
そのあたりの参考になるデータは取れたかなって思っています。

――まぁ 人の顔と名前を一致させたり 素直に一文をすらすらと
読み上げるみたいな芸当は 個人的にかなり苦手な部類であるんですがね……

……って 意味では なんか 人とロボット扱いではなく 人と
接することができてほっこり出来たからとはいえ その方向で仕事探すのは……
みたいに 感じているってのは 食わず嫌いな部分もあるんでしょうかね??

で 素直な感想をもう一つ語らせてもらうならば 体力使って
ある程度バテる職種ではあるんじゃないか。 だから ある程度は
体育会系の20代から30代の男性多目な場所なんだろうな~  って 思ってました。

――が ふた開けてみたら 学生ってのは体育会系当然ひっくるめたとしても
かなり――かなり 少数派だったというのは予想外でした。

……あと ボーナスの結果見て 思ったより少なくてかつ 年末年始
特に誰と会わなくてもいいような立場の若めなサラリーマン……なのでしょうか??

そんな立場の人が 年末年始の副収入を求めてやってきていたような気がしました。
――なかなか この辺りボクにはよくわからない世界ですので
このご時世 なかなか世知辛い部分もあるんだな~  って 思ったものです。

――まぁ ウン年後には この話他人事にならないんでしょうけどね。
今くらいですよ。 こんな風にこのお話他人事のように行っていられるのは。

さらに多かったのが 勝手な想像ですが 定年迎えた後のおじいちゃん??
――ボクが想像していたよりも 相当平均年齢が高い層が
どっかりと腰を落ち着けている職場だったのは いざ 行ってみて驚きました。

まぁ そのおかげで 比較的苦手な部類の人種と人付き合い
することはあまりなかったことは よかったとみるか 特訓にならなかったことを
悔やむべきなのか 少々悩むところであるわけなんですがね……

ちなみに この時期の短期によくありがちだとは思うのですが
やっぱり 一番つらい時期というのは一月一日――元日のあの日でしたね。
……この日は アロエ誕生日とか考えてられないレベルで忙しかったです。

そもそも 始発で動かなければならない時間帯に召集されてましたし
そのこと自体で既に 特別料金ボーナス的ノリで盛ってほしいような気がする点。

……まぁ おかげで 初日の出は見逃すことはありませんでしたがね。
――と 言うか 日が昇る前から沈んだ後までお外で働いていたような気がしますが
まぁ そのあたりは考えないようにしましょうかね。

なお この新年初めの日において ボクは新たなスキルを身に付けました。
「蒸発」と「影分身」です。 ……えっと ボクは忍者でも目指しているんでしょうか。
――あ~  あと 情報伝達手段的なものにもある程度聡くなりましたかね??

まぁ このスキル習得したとしても それ使おうと思ったら
かなり 精神的・肉体的にダメージが蓄積されて さらに
本来もらえるはずの応援がもらえなくなるみたいなデメリットも
出てくるようなお話もあったわけですが まぁ それはいい事にしましょうかね。

TOP