私の取り扱い2014

2014⁄01⁄02(木) 00:00
一度は計画したことあるのですが 先日クリスマス直前あたりにやっていたように
ブログのテンプレートで新年用みたいなの探してそれに挿げ替えるってやつ。

……でも いざやってみようとなった時にその後の操作とか
そもそも テンプレートの横幅設定とかいろいろと面倒くさいのもあって
なんだかんだで実現していないのは正しいのか正しくないのか。

たとえば この前のクリスマスの時にどのような作業があったのかというと
そもそも そのテンプレートの横幅いじりとか 苦手な英語を
読み解きながら 真面目に習った覚えのないプログラム言語を
独自に読み解きながら いろいろといじったりする作業に始まり。

そのような面倒な作業でなかったとしても たとえばツイッターのブログパーツを
色違いのやつ作ってみたり それの入れ替え作業とか(まぁ 通年用に
隠しで常に貼り付けているようなものなのですが)拍手とか
追加プラグインのイメージに合った色替えとか地味に 作業してるんですよね。

特に ツイッターのブログパーツは 自分でも思い出せたのをほめてあげたいのですが
去年の間に まぁ いろいろとあって今までつけていた
クリスマスバージョンのそれがそのまま運用できなくなっていたんですよね。

と 言うわけで 当時はクリスマスっぽい柄でかつ あのパーツに合うように
ブログパーツの作り直しみたいなこともやってみたりしていたのですが
――これに近い作業をもう一度やるのは 正直つらかったという言い訳を。

――まぁ それなりに年末はいそがしくしていましたからね。 そのくらいの言い訳は。
因みに 翌月の記事書くときに感じる予約記事投稿するのに
「月」の部分までしっかり 日付入力しなければならない

みたいな手間が 元々生じているうえに こうして年次まで変わってしまうと
いろいろと 記事投稿入力的な意味でも少し 個人的に面倒なことを
思っているこのご時世 さすがに さらに手間は増やしたくはない
……みたいな 我儘みたいなのも多少は含まれているみたいですよ??

……と 言うわけで 月初めシリーズ行きまっせとか言っときながら
年始のノリでは さすがに毎日画像乗せるのはワンパターンすぎるだろうな。

程度の倫理観は持ち合わせているつもりでございます。 のっぴぃです。

ただし 実際のっぴぃさんが去年のクリスマスをどう過ごしていたのかも含め
いろいろと 日常ネタで使っていないお話があることに関しては
全く危機感も何も持ち合わせていないのは もう あきらめてください。

年が変わったからと言ってそんなに都合よくいかないのがのっぴぃさん
――と このブログなのだと思います。 更新のノリは変えずに行きたいと思います。

……まぁ ついでだから書かせてもらいますと ここまで来たからには
今年も「どこまで毎日投稿ペース」というのが続くのか

――高校二年の五月にこの日記を作り 浪人も含めて毎日投稿を守り続けた
この記録がどこまで行くのか(さらに この文章量はどこまで持つのか)みたいなのは
ある意味 自分の挑戦として試している部分もありますので 頑張って行きたいと。

――まぁ 別に『ギリギリ投稿』に嫌悪感みたいなのは持っていないので
別に これからも予約投稿続けていく意義というのはぶっちゃけ
無いんじゃないかって思っている節もあるのですが それはそれで。

さて で 今日はこのまま 心構えみたいな意味合いで立てる
目標みたいなのをいろいろと考えてみるという方向性に固めようと思ったところで
去年(現在含む)で いろいろと感じているボクの問題点について。

――なんとなくそんな気がする人にとっては難しくない連想かとは思いますが
ボク いちいち真面目な部分があったりする――んですよね??
……自分でこう書くのもどうかなって思う部分でもあるのですが。

で やらなければならないこととか頼まれたことなんかは
結構 もしかしたら必要以上に責任感じながらいろいろと頑張ってやってみる。
……そんな感じになっていることも少なくないと 自分でも思います

まぁ それ自体は悪い言い方に聞こえないかとは思うのですが
さて これを裏返して言ってみたらどんな感じになるでしょうって問題。
――その一例として「融通が利かない」ということもあるかとは思います。

さらに 自分一人だけでやるのであれば いろいろな部分と比べないと
いけない部分もあるかとは思いますが 基本的に 自分一人で
コツコツとやって行かないといけない仕事だけとは限らないでしょう。

で 誰かとチームプレイしながら行動するとき 自分のこの完璧主義とか
融通の利かなさというのが 結構デメリットとして浮き出てしまうこともあるんですよね。
……と 言うことで この辺りを少し考えないといけないかなぁなんて。

――まぁ 具体例だけ挙げ続けても何かな~  ってことも
あるかもしれませんのでもう少し わかりやすくしゃべってみる努力をしてみますと
「他人が自分と同じ価値観を持っていると錯覚するな」ってところでしょうか。

――まぁ 公私の差をはっきりさせるという意味では 別に
プライベートまでこの辺を気にしながら生活する必要まではないかとは思いますが
別に 完璧主義を前面に押し出さない一歩引いた立ち振る舞いを身に付けましょう
――みたいな意味合いでとらえてみたらいいのでしょうか??

一応 「自分は自分、人は人」みたいな考え方 ある程度は頑張って
身に着けてみたつもりだった利するのですが なんだかんだで
ボク 生真面目すぎる部分が前面に出てしまうのでチームの脚を乱してしまう。
そんなことが 去年なんかはやたら少なかったような気がします。

――みたいな時の反応をしっかり調べるためにも
やっぱり それなりの社会勉強はこれからも必要なんだろうな~
――という結論に至るのをまた 感じるわけだったりするのですが。

……うん。 なんか 去年から「やらなければいけないこと」というのは
なかなか代わっていないような気もしてくるのですがそれはそうとして。

――ちなみに 公私をはっきりする~  みたいな言い方しておりますが
例えばボクが嫌いな人種の人間って簡単に言えば二種類しかおりません。

一つは簡単に人を差別する人。  もう一つは自分ができないことを人に求める人。
……ボクの価値観を押し付ける気はありませんが 人にやるのとされるのと
価値観をころころ変えてくる人間は「自分に甘すぎる」とは考えますよね。

TOP