この時期なら

2013⁄12⁄04(水) 00:00
街01街02
12月ですね。 12月といえば クリスマスとかその辺を意識して
イルミネーションがなかなか頑張ってくる季節なのではないか……
……まぁ ボクがここで改めて宣伝するまでもなくそうですが。

……と 言いつつ たとえばお店とか行った折には ほかのネタが
なかなか思いつかないとかそんなこともあるのかも知れませんが
11月頭らへんから その辺の仕様になっているところはなっていたのですがね。

来年のことをしゃべると鬼が笑うとか言うこともありますが
欧米では気が早いクリスマスのことを囃し立てたりすることってあるのでしょうか。

まぁ 個人的にはまだ 「彼女いない歴=年齢」という
結構独り身をエンジョイしている間柄であるわけで 別にそれはいいのですが……

まぁ なんというか こーいった写真を撮りに行くこと自体は
ちょっぴり 恥ずかしい部分もないわけでもないというわけで
無意識の末の妥協案が流し撮りだったみたいで……なんか ぶれてますねwww

まぁ ちょっとした今月の予定というか 考えていることとして
流石に一人で見に行くのは辛いな~  というわけで とりあえず
無視する方向で考えております。 神戸ルミナリエ。

まぁ 去年の物珍しさみたいなのは こちら来て一年にもなりますし
ちょっぴり落ち着いた感もありますし まぁ そんなところなんでしょうね。
……まぁ サンバカーニバルとか見てないイベントもありますが。



最近 出かける先で筆記用具を持ち出すたびに 何かしら
その出した筆記用具を忘れてきているような気がして
ちょっと 自分の注意深さに疑問符を隠しえないのっぴぃです。

出先でちょっぴりメモしたいな~  って 思っていた時に
出してたお気に入りのシャーペンが行方不明になるし QMAとかで
自分で回収していた問題のハンドアウトにメモ書きしたり修正した時に
一緒に出してた消しゴムが行方不明になるし。 そんな類。

……まぁ 結構シャーペンはお気に入りだったのもありますが
一本がそれなりに財布へのダメージ比較的 大きめだってのもありますし
ちょっぴり さみしい気分になるのは禁じ得ないことなのだと言い張ってみる。

まぁ その辺のことは別に貧乏くさくてアレだったとしても
もう少し 物を丁寧に扱わないといけないな~  とか そっち方面の意味なら
かなり 反省するべき点もあるのではないかと思うわけですよね。

……まぁ ここで「予想外の出費が~」みたいな意味合いで騒ぎながら
記事組み立ててみてもいいのですが まぁ そのあたりの
目先のことよりも 自分の反省みたいなことに生かしていかないとな~  と。

……にしても どうしたらこの辺のうっかりって減らしていけるのかな。
無くなるのは難しいにしても 減らすってのはできるんじゃないかなと。



ボクの中でのあるある。 とりあえず 挨拶的な話として
気軽な導入的な文句とか ネタとかだったら 比較的出せる。
――実用性とかその辺は抜きにして。 面白くないでしょ??

ただ そこから何も話をつなげられない。 結構中抜き感が強くなる。
または 「単発・ショートショート!!」みたいな ごった煮なら
なんとか その材料から作れないこともないのですが まぁ なんというかね??

個人的には 「挨拶」って体で行けば 別にオチが無いことしゃべってたとしても
なんとか 本文でごまかしにかかれるんじゃないかな~  とか
甘ったれたこと考えていたりするのですが その本文ができないとなると

――いや もしかしたら 本文でオールオーケーにしようとしているから
逆に本文が書けなくなるのかもしれませんね。 「挨拶」って体で
普通に 記事の半分以上適当に書いちゃうこと 自分にはよくありますし。

……というわけで 今日も ショートショート連発です。
幕間が長いのも 個人的には考え物だと思っています。 仕方ないです。

別に 自分が笑えたことでもないと思うのですが 大学で授業受けている最中
後ろの方から かなり咳の音が聞こえてくることが多くなってきました。
――10月から11月の寒暖差 大きかったですからね。 仕方ないことだと思います。

そもそも 自分も一週間 これのあおりで死んでいたわけで
ある意味 今年の流行前に風邪引けたのが良かったと考えるのか
いや ここで気を引き締めずに行かなければと考えるべきなのか悩みどころです。

そもそも 実家で過ごしていたころは たとえば小学校の頃なんかは
学年に一人、二人はいる「お前、いつまで半袖で暮らしているんだ」みたいな
見た目が寒い人間だった経歴もある程度には 風邪をひかない感じでした。

ただ 現在の状況と照らし合わせてみた感じだと おそらくこれらの勲章は
毎日母親が 栄養とかいろいろと見てくれた上で作ってくれた
毎日の食事とかがかなり 大きな貢献度を持っていたんだな~  と。

こうして 一人暮らししてみると 一つの自分の特徴について
人間 天性的に持っていたものなのか 影の功労者あってのその勲章なのか
――みたいなの ちょこちょこと見えるようになってくるのは節理なんでしょうね。

まぁ この書き方していたら 別に一人暮らし関係ないような気もしますが。
――とにかく「なくなって 初めてわかる ありがたさ」みたいなの
見落としがちですが そんなものほど失わない努力しないといけないんだな~

……みたいなの 感じさせるような気がします。 ボク個人的な話ですが。

とりあえず 母親がやってくれたような体調管理は自分にはまだ難しいですが
なるだけ 野菜採ってみたり 暖かい物なるだけ食べてみようみたいな
努力してみたり 一応 自分なりに考えた体調管理考えています。

……と言いつつ 個人的趣味で やっぱり「野菜といえばサラダでしょ」
みたいな 青虫めいた趣味もなかなか簡単に変えられるものでもなく
……自発的に野菜 とりまくれてるってのは あえて 良い様に言えませんか?

と言いつつ 最近 ちょこちょこと料理してて楽しいな~  って
思える部分も増えてみたりして ちょこちょこと 自分の家事スキル
上がってきているんじゃないかな~  って 楽観的に思うところも。

TOP