帰省道中――2013・夏⑥

2013⁄09⁄17(火) 00:00
――さて なんか しつこく続いてしまってすいませんね。
なんか 帰省している間にいろいろと間延びさせておいて
その間 全力でだらけさせてもらったり 結構これで間延びさせてる間は
ずっと千葉にいようかな~  みたいな空気が流れだしている部分もありまして。

53_20130908215122011.jpg54_201309082151219cb.jpg
……とはいえ なんか 福島まで来てしまえば 割と もういいかな~

みたいな空気になりだしているような気がしなくもないと。

……そんなわけで 新幹線と同じ線路を走る某普通列車に乗りまして
素直に福島駅にやってまいりました。

標準軌の普通列車は初めてでした。――山形線内はそんな
感じになってますからね。
因みに 普通の在来線の狭軌は1067mmで 標準軌は1435mmかな。
とまぁ そんな軌道の幅が違うことからして 昔はつながっていたのだろうけれども
東北本線とつながることはなく 車止めつけられている山形線と。

56_20130908215120b94.jpg
で このまま素直に東北本線
下って行って千葉の実家に帰る。

――完璧なスケジュールを考えていた。

考えてはいたのですが。


57_201309082151209c1.jpg58_2013090821511932f.jpg
途中で気が変わりました。 なんか 素直に東北本線下って行くの
思っているよりも面白い旅ではなさそうだなぁなんて思いまして。

と 言うわけで 郡山少し過ぎて須賀川で急な方向転換。
……いや。 別にここで降りても何が起きるってわけでもないのですが
とりあえず 一度仙台方面に引き返そうと。 そんなわけで。

ついでに なんか ウルトラマンと須賀川がすごいコラボやっていること
先日の 東北検定で白い目をしながら覚えた知識だったのですが
それを これでもかってくらい見せつけられると まぁ アレですよね。

59_20130908215222c02.jpg60.jpg
で 気が変わった結果どうなったか。 東北本線は面白味に欠ける。
だったら 水郡線回って常磐線周りで帰ってやろうと。

正確には 郡山駅で乗り換えできる感じでいわき行列車と
待ち合わせていたのですが そこまで調べていなくて ここで
回り方変えるか否かでうだうだしているうちに そのいわき行出発しちゃって。

でも その列車見ちゃったおかげで なんか東北本線を素直に下るのも
面白くないような気がしてきちゃって――なんて思っている間に
思いついた選択肢がこんなだったって感じになるのでしょうかね。

……まぁ 何度も言っていますが 基本的にのっぴぃさんの計画は
よく言えばゆとりある。 悪く言えば適当なので このくらいの
ルート変更は「なんとか」対応できる。 そんなうたい文句で行かせてもらっています。

61_20130908215220bbf.jpg62_20130908215219450.jpg
で 非電化区間をひた走ること約三時間。
……なかなかいい森林浴させてもらった気もしますが なんか
気分的には米坂線に風景負ける気がするな~  なんて思いながら。

ついでに 運転手が固い人でしたし なんだかんだありまして
道中の撮影もなかなかやりにくい感じではあったのですが……

――18きっぷだから 別に 道中の無人駅に足踏み出しても大丈夫なのですがね。
ちょっと 気が利かない人だったというかなんというか口うるさいというか。

と 言うか この路線のディーゼル列車 やたらそれこそ首都圏で
はしっている列車に近いものを感じていたのですが 結構この辺の列車にも
力入れていたんですね。 JR東日本なんて 感動も覚えましたが。
――まぁ なんだかんだで水戸までついてしまいまして。

そこからは 選択肢が青春18きっぷなんだから千葉まで帰ろうと思ったら
そこからはじき出されるルートなんてほとんど決まったようなものでしょうか。

63_20130908215219545.jpg64_20130908215218738.jpg
とりあえず 来た列車が土浦止まりだったからとりあえず乗り換えたり
65_20130908215311146.jpg66_2013090821531104c.jpg
その後の都合なんかも考えて 各駅停車に乗り換えなきゃいけない~

――みたいな なんか心労はあるような気がする乗り換え運には
恵まれていないような気がしますが 取りあえず水戸から常磐線で南下して

67_20130908215310c0d.jpg68_20130908215309dbf.jpg
その後は素直に常磐線。 その先は自分の最寄駅を目指すのみ。
……まぁ いろいろと手抜き感があちらこちらで満載だった感じですが。
――いいですよね。 これも一種のサボりということで見逃してもらっても。

TOP