暇なので

2013⁄09⁄20(金) 00:00
どうも。 相当に こっち来る時に記事量産していたおかげで
新規記事投稿するのは相当久しぶりのような気がします。 のっぴぃです。

……と 言うのも ここ最近本当に やることが無いということで。

仕方ないから 部屋でだらだらしていることくらいしかって感じなんですよね?
――しかも お出かけすらしていないという。
そりゃ ブログ的には何もやることが無いやって感じですし。

まぁ 家に受験生がいるからして やりたいけれどもなかなかできないってのが
母親も遠慮しているのか 東京とかでいろいろと回ってみる
――みたいなイベントも思ったよりなされていないわけでして。

せめて 東京とか行く機会があったならば いろいろと状況も
変わってくるんじゃないかな~  って 思う部分もあったりするのですがね。

ついでに言うならば 一眼レフもこちらに持ってきている
――さすがに こっちに来る途中にその辺のネタを使い果たすなんて
もったいない使い方はしませんし 持ち帰りもするつもりですしね――わけですし
せっかくだったら そっち方面の出来事も期待したいところなのですが。

さらに言うならば なかなかQMAやりにこっそり出発みたいな出来事もできず
――まぁ 全国入りましたし 一応 神戸の人から頼まれている
お約束みたいなこともあったので いざこれやってみたなら
なんとか一日分くらいは記事 さっさと作れるんじゃないかなって思うわけですが。

さて なんか こんな出来事と直近の社会的出来事を照らし合わせてみると
頑張れば それはそれで一つ でっち上げもできそうな気がするのですが
それするためには まだ ちょっと足りない要素があるからして
今日 そのネタでこの先先書くことはやめておくとして。

とりあえず 「ゴロゴロしていた」って書き始めを考えていたのなら
とことんそれを追及してみるというのも一興かなって思ったからして
今日は その方向性で全力で記事書いてみようかと思います。

――そうでもしておかないと それなりに無理やり作った行きのお話で
余裕造っていた物も さっさと食いつぶされてしまう気もしますからね。



さて まぁ やることないといいつつも だからと言って何日も
ベッドの上で何もせずにゴロゴロしているというのは健常者としては
それなりに 辛い部分もあったりする――言い方がなんか変ですかね??

部分もまぁ それなりにはあるんじゃないかなって。 うん。

まぁ そんな生活していたら太るよ?  なんて思われるかもしれませんが
こちらに来た時の評価で 家族のみならず 一部の友人までに
「やせた?」なんて声かけられている手前 少々太るくらいは
逆に それくらいやるのが自然なんじゃね??  みたいなノリで無視。

……まぁ 筋肉減る方向でってのは少々問題があるような気もするのですが
とりあえず それは向こうに戻ってからもう一度鍛え直すという方向で。

――でも 極力お金は使いたくないということで だったら……と 言うことで
ここ最近のアプリケーション的な意味で なんかできるゲームないかな~
……なんて 探し歩いてみたわけですよね。 ……頭の中は遊ぶことだけ。

最近 携帯型ゲーム機と競合しているスマホとかタブレットとか向けのアプリ。
……それらが一律で課金されるものだったとしたら 多分
何も考えることなくやらないって選択肢が輝いているのかもしれませんが
幸いなことに その中には結構無料で遊べるものもありますよね。

で ここ最近は ツイッターとかで見る限り無料な中にもそれなりに
人気を博しているものがあるというじゃないですか。

……で ボクはあまりその辺のゲームやっていないということで
せっかくだったら この機会にある程度ためしにやってみるのも
アリなんじゃないかな~  って 思ったりする次第でございまして。

まぁ スマホの方は問題回収とかの意味でできるだけ容量つぶしたくないので
やるとするならば 無駄に容量はデカいけど 正直当分使い切れる気が
全くしないという噂のタブレットの方でできるという前提の方向で。

アプリ01
たとえば 巷で人気。 パズドラとか。

……やってなかったし。

――で やってみて思い出しました。

そういえばボク
落ちもの系のゲーム 連鎖も
フィーリングとかしか狙ったことないじゃないって。

……要するに 数手先を予想するのが苦手というか 予想している間に
その間の順序をことごとく忘れるくらい記憶力が末期なので
……だと 個人的に理解していますが 要するにダメダメなんですよね。

――ってこと 考えながら 格ゲーもガチャプレーしかできないし
音ゲーも反射力がアレなので もう いろいろと向いてないな~  とか思いながら
過ごしていたボクとしては ゲーム根本的に向いていない説が強くなってきました。

――まぁ 雑学というか その辺の教養を深めていく傾向の
知識に関しては抜けないことが多いとか でも 人名とかそっち系統の
人文的な興味は皆無だったりとか総合して もう できるものできないもの
その辺の好き嫌いが人以上に顕著に出てきているタイプなんだなって実感した次第。

――まぁ 続けるかどうかについては この辺りいろいろと度外視して考えましょう。

アプリ02
あ。 あと それと近い方面性で
なんか無料アプリとして
クイズRPGなるものがありましたので
QMAの補完的意味で
できることあるかな~

とか思って
やってみたのはいいのですが。

……まぁ 確かにクイズゲーはクイズゲーですね。 問題の種類としては
QMAで言う 四択に順番当てのエッセンスを軽くくわえた程度しか
かかわることはありませんが 基本的にはアレのとおりって感じ。

……ただ その先に無料アプリならではのガチャ成分が
多大にかかわってくるということで そのあたりはいろいろと
面倒くさい部分ではありそうだな~  って 思ったような感じ。

……まぁ ある程度は時間かけながら裏でこっそりやるかもね。
パズドラよりはハードルは大きくないように感じました。

アプリ03
まぁ グラフ書き起こしてみると
こうなるのはよくあることですよ。

TOP

チキンの骨

2013⁄09⁄19(木) 00:00
基本的に 前までやっていた旅の記事とかQMAとかの記事含めて
ボクがこうして毎日上げる記事の中で考えることはそんなに多くありません。

――とりあえず 直近の特に5記事だけ取り上げて揚げた時に
必要以上に画像たっぷりの記事が固まって重くなりすぎないようにってことでしょうか。

まぁ 旅がどうこうとかQMAどうこうって記事上げるときには
方向性としてやたら画像が重くなってしまい ブログを閲覧した方が
このページを見るときに不快な思いをしないように……みたいな。

まぁ 実際そんな風になるかならないかについては
見てくださる方の回線の状況に左右されるわけですが……

――まぁ ボクがそこまで完全に気が配られていることはないかと思いますが
せめての気持ちは感じてもらえるとありがたいなって感じています。

……と いうか 重くて見れないなんて気になる方がいらっしゃいましたら
ボク自身この先の参考になるかと思いますので できれば
遠慮なく報告していただけるとありがたいです。 今後の参考として
記事の構成とかいろいろと 考える材料にしたいと思います。

まぁ こんなこと言う前に ここ最近は記事の作り方がスランプ気味で
とりあえず ある画像に適当な解説にならない文章付けるだけで
とりあえず 記事作ってみた~  みたいな展開になることが多かったので……。

大切なものが何だったのかってお話が前後しているような気が
しないわけでもないですが……  頑張れ ボクの日本語力。
――と 言うか 創作力というかなんというか…… なんか創作活動やってみる?

……とまぁ そんな感じで たまには思い付きでしゃべってみることも大切です。
結構 何もないところから記事作ろうって思った時には
思い付きって 結構大切な成分なのではないかって思うんだよね。



外食01
――とか思ったけど そういえば
帰省直前から現在について
撮影していた食べ物のネタというのが
比較的無駄に残っておりましたし
昨日は写真なしで記事作りましたで
まぁ そんな方向で行かせてもらいます。

そもそも 帰省する前にはどうにかして下宿の在庫をなくしていこう。
――で こっちでいろいろとねだるものはねだって
帰ったら そのねだったもので一通り生活物資を届けてもらおう。

……間接的に 全力で帰省という既成事実を用いて
食費とかその辺を必死で浮かせようと頑張ったってお話があります。

――まぁ 結果的にそうした生活していると下宿を発つ直前なんかはとくに
部屋の中の食糧がほとんどないという現実になったりして
牛丼屋で食事してみるという 少し財布にやさしいわけでもない
……なんか 本末転倒といえば本末転倒な出来事があったような気もするのですが。

……まぁ 逆に 去年はまさかの漬物からカビが生えるとか
いろいろとあったこともあるので さっきみたいなゲスい考えだけでなく
実質的に 冷蔵庫もある程度処理しておかないと怖い事実もあったわけですし。

――まぁ 出発直前の朝食としてドンブリ一杯の千切りキャベツを
ドレッシングも使い切ったからマヨネーズだけで食べきるという
一種の苦行から始まったというのも 一種の笑い話ですって。
――まぁ 主食のパンもしっかりあったから それは豪勢な朝食だったわけで。

そういえば この文面書きながらふと思い出しましたが 去年は
早々に帰省したって言うのと 車の免許合宿があったなぁってので
やたら冷蔵庫の中身使わない時期が続いたからな~  なんてこと
何の脈略もなく思い出しましたよ。 そんなこともあったっけなぁ。

おごり02
親にねだってみましたシリーズ。

……と 言うか
親が積極的に外に連れ出す
口実として食べに行こうみたいな
口実を使って……文字通り
食べ物に釣られるのっぴぃさん。

で のっぴぃさんの食べ物の好みは基本的に小学生男児と変わらない。
もっと具体的に書くのなら カレーが大好きです。
今は インドカレー含めて大好きです。 まぁ そんな感じで。

……とまぁ 近所のインドカレー店みたいなところに連れられて
ごっつ食べてきましたさかい。 ……みたいなことも あったりします。
まぁ 親が神戸に来た時も まずねだるのはインドカレーだったりしますしね。
この辺 基本は全く変わっていないというのがのっぴぃさんの良いところだよね←

それにしても どうしてこうもここのナンはやわらかくて甘いんだろうな~
……どんなつくり方したらこんなうまいナンができるのだろう。

やっぱり 専用のあの釜みたいなのが必要なのかなぁ……
……家ではパリッとしたピザが焼けないのと同じような理屈かなぁ……。

おごり03
と 言うわけで なんか親父が
宴会で遅くなるみたいな日があった時には
宅配ピザ的なの頼んで いろいろと
サボったりしていた時もあったけどね。

まぁ こんなのが毎日続くようだったら我が家もいろいろと大変な家だけど
こんなのも「たまに」出てくるからこそ こんな風にして
記事ネタにできるような物珍しさがボクには思い浮かぶわけでして。

……なんか 日記の重さとかに関しては 他人に迷惑かからないか
気にした文面書いていた癖に この辺りの価値観に関しては
別に 他人の価値観考えずに 自分の価値観全開で行かせてもらおうかなってね。

おごり04
まぁ このもろもろの後ろで
言われたことでもあったのですが
実家に帰っている間に息子は
出来るだけ太らせて帰ろうと。

――ヘンゼルとグレーテルに出てくる
魔女的なノリで言われました。

……まぁ そのノリについては放っておくにしても 家族に限らず
あった色んな人から「やせた?」みたいな言葉を
褒めているノリではなく 心配するようなノリで声かけられるってのは
――なんか 遊ぶためにやりすぎたのでしょうかって気もしなくもないと。

まぁ そんな勢いもあってなのか知りませんが 多分 日頃
頑張っているボクをほめてくれてるんだなって考えるようにしていますが
良い物食べさせてもらっているような気もするんですよね。

――まぁ 結局女性陣の残飯処理も含めてボク やっているんですがね。

TOP

さて。次は?

2013⁄09⁄18(水) 00:00
とりあえず 昨日までのもろもろで 千葉に来る途中のお話は
基本的におしまいというスタンツで行かせてもらおうと思います。

……正直な話 かなり 始めるのが先延ばしだったりだらだら伸びていたり
まぁ でも その反面ボクらしい気もするな~  とか
思う節もあったりで……  まぁ そうとらえていただければ。

――まぁ 結果的には楽しいかそうでないかは度外視して
ボクはボクのスタンツで行かせてもらうって前提で行こうと思いますので。

それにしても 個人的にはいろいろな方から受ける刺激を考えながら
思っているのですが 高校生時代 大学になったらやってみたいな~  とか
のたまっていた癖には 実際には行動移していないな~

――なんて展開が あちらこちらで見られる点に関しては
いろいろともったいないことしていたな~  なんて思う点がありまして。

だとしたら 今後は18きっぷ一つにとっても 1枚5日分
一人で全力で使い切ってやる的な意気込みで使って行ってもいいんじゃないか。

……と 思うこともあったりしたのですが さて。

とりあえず たとえば 長期休みに18きっぷ一枚購入して旅をする。
――そのためには 今の貧乏性を克服しようとか思う必要はないにしても
これを「もったいない投資」みたいに思いこむ現状はどうにかしないと?

やっぱり 大学生になったんだから 日々何もしないでゴロゴロしているよりは
何かしら――旅一つにしても――何かしら記憶に残ることはしたい。

まぁ 自転車買った時に「せめて一泊しての旅くらいはしたいよね」みたいな
目標ってのは なんか 今回ネカフェ利用した旅をしてみた影響で
結構 ハードルが下がったような気がするので その辺はよかったのでしょうか。

――って 意味では そっちの方はどうにかなりそうなめども立ちそうですし
今度は こっち方面の資金的な行動力を考えていく段に入るかもしれません。
(↑ちなみに 自転車は姫路城の覆いが外れて体力をつけてってのを待っている段階。
体力はどうにでもなるにしても 姫路城はボクの力ではどうにもならないよね。)

まぁ この辺りについてやっておきたいことを挙げておくとしたならば
①九州方面に乗り出してみる
現在 考えてみたら叔父が鹿児島に住んでいるんですよね。
……ただ その叔父が転勤族っていう性質を持っているのは問題かな。

と 言うことは 仮にこの環境を利用して九州一周をもくろもうと考えるならば
一刻も早い対応を迫られることになりそうですが さて どうなることやら。

たとえば 現在の家の状況(受験生が家にいる)って現状で
ボク自身が冬に帰省することが「はたして許されることなのか」ってことで
悩んでいる現状なのだったら これ決行するとしたらこの冬なのでしょうか??

と 言うことが候補でしょうか。 ちなみに のっぴぃさんまだ
あらゆる意味で九州上陸したことがありません。 去年のGWに行った
山口が最西ということになりますね。 これは気になるところ。

――ちなみに 八代21時程度で今 適当に時刻表サイトで調べてみたところ
7時程度に神戸出れば なんとかなるそうな。

……まぁ そこまでにした理由は おれんじ鉄道というのが
結構鹿児島出るのにネックになるからに他なりませんが

――たとえば せっかくだから新八代~鹿児島中央間を
「つばめ」突貫って形にすれば どうにかなるんじゃね?  って
感覚は今 つかめたような形になるのですが さて。

――まぁ こうしたら気になってる九州新幹線突貫はなんとかできますが
予算とかその辺は調べておりませんので 取りあえず今語っていることは
まだ 青写真の域を出ていないってことにはなりますがね。

まぁ これも一つの案として考えておきたいですね。

②北海道一週
まぁ 九州と違って北海道には小学校の時家族旅行で上陸したことがあるのですが
その時には 大洗からカーフェリーで釧路に付けたんだっけな……

そんなおかげで 考えてみたら まだ青函トンネル通ったことない
……うん。 昔から車窓とか眺めるのは好きだったんだけどね。
なんか 肝心なところがいろいろと欠けているようだね。

――一応 だとしたら 北海道上陸して見たくね??
で せっかく北海道上陸するんだったら北海道一週してみたりしたくね??
……みたいな方向性で今 適当に述べてみた感じです。

ただ さっきの九州と違って 冬の北海道はさすがのボクも
無謀に突撃していい場所なのかという意味では困った顔をしたくなる。
……みたいな感じがぬぐいきれない感じがありましてね。

まぁ やるとしても来年の夏――春に決行するのも辛くないのかな??――
って 感じなんじゃないかって思うわけですが さて。

あと これ決行するんだったら 前 記事の中で書いた
山形でざきさんとのコンタクトを狙ってみたりとか
いろいろな選択肢が出てくるんじゃないかなって思えるわけでありまして。

まだ 何も考えていない段階でいろいろと述べてみるのもアレですが
まぁ こうして終わってみたら~  こそ 言いたくなることもあるんだよ←

まぁ これをやるんだったら 青い森鉄道とか通れないわけだから
否応なしにでも 秋田周りで突撃しないといけないんじゃ……なかったっけなぁ?

……ちなみに それ念頭に今しかできないって意味で考えておくのだったら
18きっぷで北陸本線を回って行けるのも もう この先
長くないんだって前提で行くのだったら 今回の帰省を
北陸周りで行ってきたというのも 割と悪い選択肢ではなかったなぁと。

ほら 北陸新幹線できたら この辺り18きっぷでの敢行は
いろいろと厳しい――と 言うか 無理ゲーって感じになるじゃない?

――で ボクにとってはいつもの問題。 あれが立ちはだかるわけですが……。

TOP

帰省道中――2013・夏⑥

2013⁄09⁄17(火) 00:00
――さて なんか しつこく続いてしまってすいませんね。
なんか 帰省している間にいろいろと間延びさせておいて
その間 全力でだらけさせてもらったり 結構これで間延びさせてる間は
ずっと千葉にいようかな~  みたいな空気が流れだしている部分もありまして。

53_20130908215122011.jpg54_201309082151219cb.jpg
……とはいえ なんか 福島まで来てしまえば 割と もういいかな~

みたいな空気になりだしているような気がしなくもないと。

……そんなわけで 新幹線と同じ線路を走る某普通列車に乗りまして
素直に福島駅にやってまいりました。

標準軌の普通列車は初めてでした。――山形線内はそんな
感じになってますからね。
因みに 普通の在来線の狭軌は1067mmで 標準軌は1435mmかな。
とまぁ そんな軌道の幅が違うことからして 昔はつながっていたのだろうけれども
東北本線とつながることはなく 車止めつけられている山形線と。

56_20130908215120b94.jpg
で このまま素直に東北本線
下って行って千葉の実家に帰る。

――完璧なスケジュールを考えていた。

考えてはいたのですが。


57_201309082151209c1.jpg58_2013090821511932f.jpg
途中で気が変わりました。 なんか 素直に東北本線下って行くの
思っているよりも面白い旅ではなさそうだなぁなんて思いまして。

と 言うわけで 郡山少し過ぎて須賀川で急な方向転換。
……いや。 別にここで降りても何が起きるってわけでもないのですが
とりあえず 一度仙台方面に引き返そうと。 そんなわけで。

ついでに なんか ウルトラマンと須賀川がすごいコラボやっていること
先日の 東北検定で白い目をしながら覚えた知識だったのですが
それを これでもかってくらい見せつけられると まぁ アレですよね。

59_20130908215222c02.jpg60.jpg
で 気が変わった結果どうなったか。 東北本線は面白味に欠ける。
だったら 水郡線回って常磐線周りで帰ってやろうと。

正確には 郡山駅で乗り換えできる感じでいわき行列車と
待ち合わせていたのですが そこまで調べていなくて ここで
回り方変えるか否かでうだうだしているうちに そのいわき行出発しちゃって。

でも その列車見ちゃったおかげで なんか東北本線を素直に下るのも
面白くないような気がしてきちゃって――なんて思っている間に
思いついた選択肢がこんなだったって感じになるのでしょうかね。

……まぁ 何度も言っていますが 基本的にのっぴぃさんの計画は
よく言えばゆとりある。 悪く言えば適当なので このくらいの
ルート変更は「なんとか」対応できる。 そんなうたい文句で行かせてもらっています。

61_20130908215220bbf.jpg62_20130908215219450.jpg
で 非電化区間をひた走ること約三時間。
……なかなかいい森林浴させてもらった気もしますが なんか
気分的には米坂線に風景負ける気がするな~  なんて思いながら。

ついでに 運転手が固い人でしたし なんだかんだありまして
道中の撮影もなかなかやりにくい感じではあったのですが……

――18きっぷだから 別に 道中の無人駅に足踏み出しても大丈夫なのですがね。
ちょっと 気が利かない人だったというかなんというか口うるさいというか。

と 言うか この路線のディーゼル列車 やたらそれこそ首都圏で
はしっている列車に近いものを感じていたのですが 結構この辺の列車にも
力入れていたんですね。 JR東日本なんて 感動も覚えましたが。
――まぁ なんだかんだで水戸までついてしまいまして。

そこからは 選択肢が青春18きっぷなんだから千葉まで帰ろうと思ったら
そこからはじき出されるルートなんてほとんど決まったようなものでしょうか。

63_20130908215219545.jpg64_20130908215218738.jpg
とりあえず 来た列車が土浦止まりだったからとりあえず乗り換えたり
65_20130908215311146.jpg66_2013090821531104c.jpg
その後の都合なんかも考えて 各駅停車に乗り換えなきゃいけない~

――みたいな なんか心労はあるような気がする乗り換え運には
恵まれていないような気がしますが 取りあえず水戸から常磐線で南下して

67_20130908215310c0d.jpg68_20130908215309dbf.jpg
その後は素直に常磐線。 その先は自分の最寄駅を目指すのみ。
……まぁ いろいろと手抜き感があちらこちらで満載だった感じですが。
――いいですよね。 これも一種のサボりということで見逃してもらっても。

TOP

オフなのかどうなのか

2013⁄09⁄16(月) 00:00
エスタ01エスタ02
どうも。 まぁ 移動道中のお話と並行しつつこっちでやっていること
――と 言うか 基本的にはゴロゴロしているだけなのでまともなことしていませんが
その辺の話と 時間系列がすごいことになりながらしゃべっていることになりますが。

……まぁ この辺細かいことは考えないでしゃべって行くことにしたいと思いますよ。

さて せっかく地元というか久しぶりに会う人たちというカテゴリで
出会いに行くことができるようになったのだから その辺の人たちに
積極的に会いに行ってみたいよね!!  と 言うことで
QMA的な活動としては その観点でちょこちょこと行動重ねていたりしていました。

――みたいな行動原理で 今まで行ったことが無いお店に行くのもどうかと思うけど。

まぁ ボクが高校時代しばしばあっていた人なのですが
それから いろいろな場所で皆さんの行動圏が変わったおかげで
少し そんな行動していかないとなかなかオフができない感じになるのでしょうか。

――と いうか この辺りの関係性についてもオフって宣言するべきなのでしょうか。

まぁ ここでの行動はといえば いろいろとボクの眺めていれば~  ってスタンツは
こっちに来たら変わってないな~  やっぱり ボクの立ち位置は
なんだかんだ距離が離れたとしても 根本的なところは変わらないなってことでしょうか。

色んな意味で みなさん相変わらずで。 そんな意味で安心した感じです。

知ってる人
とまぁ そんな感じで関東で
久しぶりに会う人たちの話をしてみる反面
なんか 適当に協力潜ってみたら
神戸で大学でちょこちょこと
コンタクトとってる悪友的な
人間をフィッシュするってのもまぁ ね。

……まぁ マッチングできたのはいいにしても そして
なんだかんだで討伐できたのも喜ばしいことでございますが
すごい足引っ張ってて 激雑魚な場所を見せてしまったのはいろいろと悲しい。

――言い訳したいのですが この日 全体的に残念なプレーばっかりだったんだ。
……まぁ そんなコンディションの言い訳しないことが一番大切なのはわかっているさ。



NJ02NJ.jpeg
とりあえず ここ最近にやってたけど忘れていたシリーズの画像たちでも。
……さて ダイヤモンドメダル手に入れたってお話したことありますが
その装着していた話はしていないことをふと 思い出しましたので。

……さて。 ところで なんかアナウンス画像として出てきている画像と
実際に装備してみた時のメダルの形状が全く違うような気がするのですが。
――まぁ 結果的に ほかのメダルと同じ形状だったんですね。

なんてことは クロニクル見てれば そして よく考えればわかるのですが
これはこれで 全力でバグなのではないかって思ってしまうのですが さて。

なお 残ったスポーツの星うめの方ですが スポーツの銀クマフィーまでは
回収できました。 あともう少し!!――とか 言いたいところですが
常識的に「これから」が問題ですからね。

全体的に 高レベルになればなるほど解答しにくく 当たりにくく 所要量も多いしね。

検定09検定10
天文検定の現状。 検定の25問全問正解&5000点突破の壁は越えました。

……なんというか ボクでも地の知識で抑えきれていなかった問題が
ちらほらと新問として投下されている節もあって 前回の時と違って
その場のノリでやりました~  みたいな世界からは 徐々に難しくなっていますね。

――てなわけで ほどほどの回収も交えながらやらせてもらっていますが
まぁ 全体的にいろいろとまだまだ続きそうな空気はありますよね。 はい。

……さて。 まだ検定の結果の方は経済検定が頑張ってくれていますが
この色が塗り替えられる前に終わらせるべきなのか否か。 少し困りますね。
――まぁ 近々 経済検定なら復活検定として帰ってきてくれそうな気もしますが。

アカアド04アカアド05
アカアド06
とりあえず 最新のアカアドマップ

――クリア自体は
先日やってきたよって報告は
やっていたかと思うのですが 今回って
グッドエンドに至るまでにいろいろと
ルート分岐があるようですね。

……とりあえず セリフ回収のためにあの後また アカアドやり直してきたというね。

TOP

帰省道中――2013・夏⑤

2013⁄09⁄15(日) 00:00
とりあえず そろそろさっさとこの辺のだらだらした内容は終わらせるべきかな。

――まぁ こちらとしては たとえ 実家でゴロゴロしていたのだとしても
それをごまかして記事の毎日更新を言い張れるネタだったりするので
この展開は割と ありがたい部分であるような気もするんですがねwww←

とりあえず これから先は出来るだけサクサク行くよう心がけようと思います。
――正確に言えば 結果的に観光らしい観光は道中していないからね。

なんか 趣味満載だった電車関連の写真は出来るだけ省こうって思った時には
この辺の要素ごっそり省いた方がよろしい予感がしたようで。

42_20130908211737662.jpg45_2013090821173700a.jpg
さて 前回は新潟で一日ゴロゴロしていた話を書かせてもらいましたが
まず 朝の電車に乗りまして 電車一本で米沢にやってまいりました。
――一気に山形県に突撃です。 まぁ そんな感じです。

新潟駅始発の米坂線直通の快速列車――米坂線内ば各駅だったけどね――に
飛び乗りまして なんだかんだでボクにあまりなじみがないディーゼルの
電車でゴトゴトと進ませてもらいましたよ~

43_20130908211736b66.jpg44_20130908211735719.jpg
まぁ 道中には新潟の米どころ――山形もお米有名ですよね――とか
見えていたのですが この時には残念ながら大荒れの天気の中
列車は山中を進む~ ――道中の清流で在ろう場所も なんか濁流みたいなのが
流れてしまっていた感じになっていたのは 少し残念だったかな。

……と いうか 山中では安全確認ということでまさかのノロノロ
徐行運転が決行されてしまったというのは ちょっと残念な点だったかな。

まぁ 米沢ではそれなりに時間余裕持たせていたので ここでのダイヤの乱れが
その先に影響することは幸か不幸かなかったのですが これでよかったのかなぁ。

47_2013090821173586d.jpg48_2013090821173469c.jpg
さて 米沢といえば牛肉ど真ん中なんかが有名になっていますが
新潟での夕食はそれなりに財産はたいて買ってきた感はありますが
なんか ここでの昼食はどうもなぁ……みたいな空気になりかけてしまったのは。
――うん。 仕方ないこと。 仕方ないことなんですよ。 財政事情的に。

――あ。 まぁ それなりに距離あったり 強制各駅停車だったりで
なんだかんだで朝に出発していましたが 米沢ついていた時にはしっかり昼飯時でした。
……どっちにしろ 米沢で昼ごはん探しに行くつもりでしたし。

そんなわけで 当時配っていたマクドナルドでのチキンクーポンを回収してくる方向で。
……考えていることはそれはそれで 非常にわかりやすいような気がしなくもないと。

49_201309082118252d7.jpg
で 思ったより時間が
なかったのと 覚悟していた以上に
駅前に何もなかったのとで まぁ この
街をうろつく機会もほとんどなかった感じなので

とりあえず 駅で待機して 結構素直に
「つばさ」の撮影やってましたとさ。

……今度 機会があったら山形のもう少し北の方にも行ってみたいのですが……
……その時には たとえばさくらさんとかにもアポ取って行動したいかな。

漫画喫茶の使い心地が期待以上によかったことに調子に乗って
その辺使いまわしての行動とか考え始めている段階でございます。
まぁ 東海道本線~いったん千葉寄りつつのムーンライトえちごって手もあり得ますかね。

51_2013090821182416e.jpg52_20130908211823e89.jpg
でも 18きっぷでは新幹線なんて当然乗せてもらえませんから
とりあえず 同じ線路走ってるけど普通列車に乗って進みましょうと。

……なお わかる人はわかるかとは思いますが ボクの趣味的な意味で
この間の県境4駅に関しては 結構テンション上げていたってお話があったりね。

――まぁ 残念ながら その時乗っていた電車を逃すと
もしかしなくてもまともに帰れない事態に陥ってしまいますので
「とりあえず電車降りてみますか~」みたいなことはできなかったのですが……。

この間 非常に電車少ないですからね。 その場所に降り立って
米沢駅の時刻表眺めながら 改めてそう思った次第でございますが。

……それにしても 実際にこう見てみると 新幹線を単線で
走らせるって展開になってるんだな~  この辺。

……みたいなこと 知識では知ってはいましたが 実感したのは初めてかもしれません。
――もうすこし 自費で積極的に行きたいなぁなんて思ってみたり。

TOP

哀愁

2013⁄09⁄14(土) 00:00
なんか 来る途中に取ってきた写真で まぁ 趣味の色が
にじみ出すぎていないレベルのものを ある程度厳選して
いろいろと「無駄に」って言われてもおかしくないレベルで
記事垂れ流している節がここ最近ののっぴぃさんに見られますが。

まぁ 去年の今頃の車の免許合宿の時然り まぁ 基本的に
考えていることはそこまで変化していないんじゃないかな~  とか 思うのですが。

……まぁ あえてのっぴぃさんが唯一この意味で考えている
この辺の記事のバランスというのは「画像でページが重たくなりすぎないように」って
事だけを考えているわけなんですよね。よくあることでしょう?

――そして わかっているようで実際には何もわかっていないことをしゃべるのなんて
のっぴぃさんのお家芸以外の何物でもありません。
――ってことも 先にあらかじめ言い訳したうえで行かせてもらいますよ←

とはいえ 毎日のようにこんなしょうもない垂れ流しばかりやっていてもアレですので
ちょこちょこと雑談とか何とか交えながらやって行きたいなと
今日の記事構成としては考えております。 色んなバランス的な意味で。

――ホラ 画像が少ないからって昨日一昨日と垂れ流しを
続けさせてもらいましたが 毎度そんなものの連続で行けるとは
流石のボクも思っていませんよ~  ってことで。

そういえば なんだかんだでまだしゃべっていないですよね。
――予約投稿しているのだもの。 と 言うわけで 東京 オリンピック開催ですか。

考えてみたら 東アジアで初の二回目のオリンピック開催ということで
なんか それはそれでヨーロッパで話になっていることにはなっているようですが
それって 同じ盛り上げ方でイスタンブールの話をしようとしていた台本を
元にしているんじゃないかな~  とか 考えている節もありまして。

――ついでに 戦時中に中止になったオリンピックの中に
元々は東京でやることが決まっていた大会があったという歴史がありますし
ところどころで聞かされる「二度目のオリンピック招致成功」みたいな単語については
「何嘘言ってるの」みたいな気分になっているボクがいるのはひねくれ物なんですか?

さて その大会は7年後ということは当時はボクは27歳になっているであろう
――まぁ 事故死とか病死とかしていないという前提ですが――中で

……なんて言われても まったく当時の自分が想像できないって言うのはどうかと。
小学校の頃なんかは 順調に学校で学んでるでしょ??  みたいな
人生設計でよかったのかもしれませんが もう そんな時期になるんですね。

同じ学年では既に働きに出ている人もいますし 人によっては
成人式で既に子供がいて その子供の写真見せられた~  みたいな
話をしていた人もいたりしました。 もう 一寸先の人生は闇。

漠然と どこかの研究所みたいなところで研究員としてとか
大学教授みたいな位置を射止められればいいな~  とか思っている
節もあったりするのですが それに対する努力ははたして足りているのか。

……みたいな話を続けていくと なかなか気分がブルーになってきましたので
――いいですか??  都合よくこの辺から目をそらした話を続けてみるのも。

まぁ ボランティアとかその辺で大会にかかわったりできるかな?
とか 一瞬は考えましたが 仮にまだ院とかで粘っていたとしても
社会人になったとしても 東京周辺で構えているという保証はどこにもありませんし
――この辺りについては全く分からない形になりそうですね。

とくに 自分がやりたい業種については 元々席が少ないとか
実務的なところはおいておくにしても 結構缶詰みたいなこと
やられてもおかしくないような方向性ではありますし まぁ そんな感じ。

まぁ 機会があったらやってみたいなぁ――みたいに考えていますが
そういえば 自らの英語力だったらなぁ。 いろいろと問題が大きい気もします。

で こうは言うもののなんだかんだで自らの消極的な性格が災いして
実際その時が来てみたらここらで書いたセリフというのはどこに行っただ~
――みたいな行動をして 結局スタンドはおろか テレビもまともに眺めないで
東京オリンピックというイベントを垂れ流す。 そんな展開すら想像してしまうのですが。

……まぁ 7年先のことをそんな悲観的に見てても仕方ないですよ。
――さっきから 鬼さんが聞いてたら笑いすぎて腹痛しつつ顎外しつつ
過呼吸で死にかけてる。 そんな惨状になってそうな勢いですよ。



こちらに来て まぁ いろいろとせがまれる機会もありまして
なんだかんだで 数学とか化学とか教えているのですが
自分で勉強するのと教えるのとってのは なかなか違う神経使いますよね。

相手の能力をそれとなく把握するというのもかなり大変ですが
理系ですので相手が理解しようとしている解法について柔軟についていく。
――で 無理そうだったら タイプに合わせた解き方の道筋を示してやるけど
ボクが積極的に手を出したら そこまで効果があるわけでもないと。

まぁ 大学で数学に関しては 特に微分積分や行列ベクトルの類は
現在進行中で使っている最中だったりしますので 特にこの辺り
――現在の受験生相手には 特に 微積分が好まれる傾向ですが――の
家庭教師に関しては 比較的とんとん拍子で進んでくれてる感も。

……まぁ なんか 日によるコンディションの上下もなかなか激しいんですがね。

でも なんだかんだで 教えてる相手にとってはこう評価で取ってくれているようで
なかなかよろこばれているものですから こちらも頑張りたくなりますよね。
――単純な人間ですとも。 えぇ。 まぁ そんな感じですか。



雑談。 我が家の犬 ボクがこの家からいなくなっている間に
なかなか図々しくなっているようで 電話口でそれなりに聞いていた話よりも
実際に見たその図々しさが数割増しになっていたりして。

まぁ ご近所の建て替えがどうこうみたいなお話を
先日しゃべって哀愁漂わせていたばかりだったのかもしれませんが
自分がいなくなったことによって家の中の力関係なども
それとなく変わりつつあるんだな~  みたいなこともなんとなく察しました。

――こうして 実家が「他人の家」らしく感じられるようになるのでしょうかね。

TOP

帰省道中――2013・夏④

2013⁄09⁄13(金) 00:00
どうも。 なんか 「写真をとりあえず処理すること」を目的に
作っているような気がする まぁ 体堕落って言うのかなんというのか。

――まぁ 記事のストックがあれば それだけで結構助かるものもありますからね。
ボクみたいな 毎日予約投稿で記事作ろうとしている人間(と いうか
そんなこと考えている人間ってあまり多数派ではない気もするのですがねww)に
とっては その作り方って結構楽で気が楽なものなのですが。

――まぁ 本当のプロはその日づくりの記事を毎日量産するのでしょうが
ボクにとっては 日々の充実度ってのがいろいろばらけてますからね。 はい。

まぁ 今日はやたらしゃべって記事終わらせようとは思っているのですが。

さて 取りあえず帰省に関しては関西の方から北陸周りで行ってみよう
――みたいな考えで まぁ あえて大回り路線を選んでみたわけですけど
そのルートだったら 日帰りで帰るのはいろいろと難しいと感じまして。

でも なんか東海道本線を正面から突破するのもなんだかな……
……みたいに思ったわけで まぁ 一泊すすることを決意したわけですね。

で 道中泊まる場所探すならそれなりの都市の方がいろいろと安心でしょ?
――と 言うわけで 政令指定都市って地域の人口もそれなりに
抱えているでしょう新潟の方で――ってことを考えてみた感じで。

さて お昼に関しては詳しく書きませんでしたが お金の節約のため
適当なコンビニで買って車内で済ませてしまったわけなのですが
まぁ そのレベルの食事を旅の間に続けるってのもどうかな~?

――まぁ 一種の旅の醍醐味に「旅の間のごはん」みたいなのを
上げてみても ばちはあたらないんじゃないかな~  なんて 思うわけでして。

40_20130905100158509.jpg
と 言うわけで 新潟名物
タレカツ丼のほう いただいてきました。

――なんか 小学生時代だったか
結構好きだったような記憶がありまして
その意味でも 一種の思い出の味って
ことになるんでしょうかね??

――まぁ スキーとかで上越地方にやってきたついでに食べてた~
そんな感じですよ??  小学校時代も千葉住んでましたからね?

まぁ 要するに 卵でとじないで甘辛な醤油ダレに付けて揚げたものらしいですね。
……と 言うことで 後付け知識ですがなんか調べてみたことを
軽くパクって書かせていただきますとですね。

もともと カツレツ起源――明治時代からの歴史を持っている?
……って 言われているカツレツ起源のカツを使っているから
結構薄いカツということになっているようですね。 噂によると。

で 卵などほかに何もつけないという潔さもセールスポイントだとか。

……で このお肉自体も新潟県産使っていて そもそも
お米も新潟県産――って そんな展開じゃないと新潟名物って名乗れないでしょうし
そもそも この 新潟のお米なんて言わずと知れた……って感じでしょう。

まぁ そんなわけで一種の旅の醍醐味として食べてきたんです。
新潟名物のタレカツ丼。 大変おいしゅうございました。

まぁ それなりに体力使いましたし――道中主張する機会ありませんでしたが
基本的に 窓にかぶりついて つり革使わずに一眼レフ構えて
立っていた不審人物演じていた節もありますからね。 まぁ こうは言いますが
当然 公共の迷惑にならない程度に、ですがね??

まぁ こんな品いただいたのだったら 当然ですがそれなりに
お財布へダメージ与える羽目になるのはまぁ 仕方ないことですが
まぁ 旅の醍醐味のためですから仕方ないことなんですがねwww



さて 宿の方ですが こちらも夕食にそれなりのお値段を
張ってしまったから――って わけでもないのですが まぁ
とにかくお金は少なく済ませておきたいってのは当然のところ。

ビジネスホテルなんかも それなりに考えてはいたのですが
でも やっぱり必要経費を考えてみるといろいろと考えてしまいますよね??

で 考えたのが「漫画喫茶」と。 ……まぁ どちらかというと
お値段目当てというよりも この施設というのがどのようなものなのか
体験してみるのもアリかな~  って 思考の方が強かったのかもしれませんね。

で 個人的感想。 なかなか面白くね? 漫画喫茶。

なんか ブースの中椅子がめっちゃ並んでるのかな??
高速バスのノリで 椅子での睡眠になるのかな??  なんてこと
覚悟していたのですが ごろ寝できるスペースもあったりして。

なんか 当然のようにファミレスでのドリンクバー的システムで
飲み物調達することもできるから ガシガシ飲み物飲めるということで。
――漫画見ながらジュースすすってゴロゴロするってよくないですか??

てか 結構これって ボクが長期休暇だらけている日に起こした
出来事にそっくりのような気がするのですが アレですか??
長期休暇 積極的に漫画喫茶行ってそれなりに漫画の種類こなしてたら
もしかしたら いろいろとクイズ的な意味でも効能あるってことですか??

それに オーダーすれば食べ物も出てくるみたいですしね。

――まぁ この辺のお値段 お宿として考えるのならば
それなりにイケてるように思えるわけですが 遊びのために突入するのなら
――って 抵抗感が出るときもあるような気もしますし なかなか面倒ですがね。

まぁ そんなわけで 入ってすぐにお休みモードに入っても
良かったのかもしれませんが ここは一応マンガ読んでやるのも
面白いかな~  とか思いまして 過去アニメは見てたけど
原作は読んでないシリーズ(To Loveるとか)の方を 眠くなるまで読んでいたと。

――まぁ 結構マンガ読んでて思ったより時間消費しちゃった感も。
意外と マンガ読むのにも時間って必要なものなんですね~

41_20130905100214415.jpg
と 言うわけで 少し寝不足のまま
やってきました二日目←オイ

……とはいっても 二日目のお話はそこまで
だらだらしなくても済みそうな気がしなくも。

TOP

帰省道中――2013・夏③

2013⁄09⁄12(木) 00:00
17_20130902231223eae.jpg18_20130902231223e9a.jpg
なんか 前回は旅行っぽく記事書けた気がしますが
それで終わればいいのに なんか 最初写真を厳選してしまったおかげで
それ 無理やりにでも使い切らないと続きかけない気分になりましたので。

……まぁ 取りあえず特急列車撮影練習なんてしてみたかっただけですよ。

前にも書きましたが カメラは今回が初の出番ということで
まずは どんな感じで撮影したらどんな感じのものが出来上がるのかとか
調べてみたかったこともありましたのでって感じでしょうか。

19_20130902231222ce5.jpg
あと ライトレールの車両に
あったラッピングの方ですが
実は 駅の方にもそれを告知する
ようなポスターがあったんですよね~

……と 言うことで そちらの方も
一種の記念として。

それにしても 個人的にあまり興味の矛先があまり向いていなかったのかもしれませんが
鉄道娘関連の知識 ボク個人的にあまり持ち合わせていないことを
改めて思い知ったというかなんというか。 まぁ そんな感じですよ。

30_2013090223122103e.jpg31_20130902231221528.jpg
で 富山ネタ最後にもういっちょ。
ライトレールから廃線区間沿いにてこてこと歩いていたわけですが
その合流後 まぁ 駅向こう側に歩いてみたわけですが その時に撮影。

富山市電――って言い方でいいんでしょうかね?? こっちが本物の路面電車。

いかにもライトレールで走っているような列車と旧型列車
両方とも見る機会があったので 取りあえず撮影してみました的な。

まぁ 時間の制約もありましたので 乗ることまでは出来ませんでしたが
――まぁ 何も調べていないという前提がある中ではなかなか楽しかったと思いますよ。

まぁ いかにもライトレールそっくりな車両ですが 富山駅の
完成予想図を見る限りには この二つ 富山駅開業の際には
二つとも相互乗り入れできるような感じになるみたいですし

――まぁ 元から近い車両みたいになっているのもわかる気がします。
ついでに 見える範囲で残り時間は作りかけの工事現場撮影をやっていた模様。

……一眼レフ振り回して いったいこの人は何をやっているんでしょうねwww

34_201309022312205aa.jpg35_201309022314261be.jpg
と 言うわけで 富山駅からなんか見覚えがあるような形状をした列車に乗り
やっと見ることができました日本海。 ……と 言うか
この段になるまで日本海見られないって展開になるとは思いませんでした。

まぁ この辺りになりますと 日本海の撮影スポットとしては
青海川駅とか トンネル中に駅があるという筒石駅なんかもありますが

――まぁ リサーチしていなくて不意打ち的な楽しみがあるのが
メリットととらえることができたのだとしたら あまり不用意な
途中下車ができなくなってしまうというのがデメリットに値するのではないでしょうか。

まぁ 青海川の日本海なら気合で何とかならないこともないですが
筒石に関しては いろいろとやらかしたな~  なんて感想が漏れてしまいますが……。
――まぁ やっちゃったことに関しては仕方ない。 いろいろと未練はありますが。

――にしても 筒石駅を見逃すとは いろいろとやらかしてしまった感が……。

36_201309022314262d1.jpg37_20130902231425b74.jpg
と 言うわけで終着直江津でございます。 ここに至っては
ついに入りました 東日本管内といったところでしょうか。
――なんか やっとここに来た感もありますね。 はい。

――でも こんな西日本と東日本が直江津で接しているのを
見られるのももう 残り短いんですよね~  なんかなぁ。

ついでに 特急が並んでいる様も見かけましたので カメラ向けてみましたっと。
――深い意味はありませんが まぁ これもフィーリングですから。

38_20130902231424bff.jpg39_20130902231423d10.jpg 
で そこから新潟まで一直線。 ――特急列車と相変わらない
グレードの列車に不意に乗ってしまったら まぁ こうなりますと。

――案の定 せっかくの日本海の日の入りを眺められる感じだったのに
結構爆睡してしまったというもったいないことをやってしまった感。
……気が付いたら新潟駅。 一日目の目的地に到着です。

TOP

嘲笑われる記憶。。。

2013⁄09⁄11(水) 00:00
千葉01千葉02
さて おうおうとして しばらく自分のホームタウンから離れてみますと
なんか 自分の知らない雰囲気になってみたり 今まで何も思わずに
見えていた景色が物珍しくなったり 逆にわびしく見えてみたり。

……まぁ 同じ景色見てるのにもいろいろと感じ方が変わることってあるでしょう。
――って 思いながら千葉の町眺めてみますといろいろと思うこともありまして。

確か 神戸を出るまでは それなりに人とかものとかが
ある場所なんじゃないかな~  って 思っていた節もあったのですが
神戸に行って帰ってきてみると なんか物足りないような気も。

まぁ 千葉県内の某別の市町村で ボクは更なる幼少期を過ごしていたのですが
そこから千葉に出てきたときにも そのもともと住んでいた場所の
街中も 結構色んなものがあったと思っていたのに対して
引っ越し直後にいろいろと価値観洗い直しって作業もあったりしましたしね。

あと 千葉駅自体もいろいろと変わったような気がします。
――と 言うか 全力で変化している最中です。

すごい勢いで工事やってますからね。 もう 仮設通路とか仮設階段とかで
自分が記憶しているのと配置図その他がいろいろと変わってしまって
前 千葉駅に電車で訪れてみた時にはいろいろと迷子になりかけました。

まぁ 北口側に関しては ボクが高校受験こなしていたころに
結構いじっていた部分が完成して ある程度落ち着いたようにも見えますが
――この辺りの再開発はいつになったら終わるのでしょうかね。

そして それが終わったころにはなんか いろいろとボクの記憶を
嘲笑うような街になっているのかもしれないなと少し悲しくなりながら。

まぁ 具体的に千葉駅周辺についてねっちり愚痴っておりましたが
別に この辺りについては 千葉駅周辺にとどまらず 知りうる限りでは
ボクの実家周辺についても十分いろいろと記憶から変化が生じております。

こちらに帰ってきてすぐに親父から聞かされた「最近この辺が建設ラッシュでねぇ」
とか「取り壊しが多くって」って言葉を裏付けるように
犬を連れて歩き回る散歩の合間に見えてくる景色のあちらこちらが
なんか あるはずの建物が無かったり 真新しい建物ができていたりと。

……それこそ「記憶を嘲笑われているような」感覚に陥るわけです。

母校だった中学校にはもう ボクの恩師ともいえる吹奏楽顧問の先生も
居なくなってしまいましたし このように見知っていたと思っていた街も
しばらく離れていく間にどんどんと変化していく。

……記憶は過去のままですから そこから現実とどんどんと乖離していくわけで。
……これが 一種の巣立ちというものなのでしょうかなんて。

まぁ 実家の自分の部屋には 過去自分がどうしようもないくらい荒れていた時の
痕跡ともいえる壁のシミやひび割れがあったりして(しがない木造住宅が
何故 壁にひび割れやシミを生じる羽目になったのか。 結構過去いろいろありまして。)
それを見るたびに なんかいろいろと複雑な心境になるのですが。

まぁ その時に負った傷はまだ癒えきってはいません。
昔のまま固定されていたこの街の記憶と共にボクの中にまだ残っています。

でも どんなにその舞台だった街が変わろうが その時ボクを助けてくれた人が
その場所にいなくなったのだとしても ボクがここにいたという記憶は残っている。
形のある物がこうして 部屋の壁に刻み込まれている。

巣立ったとしても そこには言葉で簡単に言い表せないものがそこにはあるのでは。
――なんて ボクは思うわけですよね。 実家に対して。

なんか 既に他人の家に来たような気分に半分くらいは浸れるのに複雑です。
……実家って こんなに不思議な気分になれる場所なんですね。



アウトレット01
なんか 湿気ったこと
書いていても仕方ないですから
とりあえず 親に連れられて
お出かけしてきたときのお話でもしますかね。

なんか 最近できたらしい
アウトレットモールが酒々井の方にある。
――私も行ってきたいからついて来い~ 
なんて母親に誘われて
半ば 有無も言わさない形で
連れてこられました。

アウトレットモール。

まぁ 実際にはボクに対する支援物資見に行ったり
今後欲しくなるかもしれない物の下見に行ったようなものだから仕方ないか。

まぁ かなり得したなって思えるお値段で靴とか購入できたし
今後のお料理の指標になるようなものも見て来れましたし なんかいつかは
やってみたいななんて思っている 輪行のための装備を揃えるのに
どんなメーカーのどんな商品があるのか大雑把に見て取れたし。

まぁ 残念ながら口座の中身がいろいろと残念なことになっているせいで
実際の買い物はすることができなかったのですが
なかなか 悪くない時間過ごせたんじゃないかなって思いますよね。

まぁ 料理の云々といえば たとえばミキサー系統買ってみようかな~
――みたいな 下見をすることができたってこととか
食材店覗きながら 自分のお料理の味を研究してみたりみたいな感じでしょうか。

……下宿帰ったら いろいろと試してみたいパスタ料理が増えました。
ちょっと 毒見役集めてやってみようかななんて思いながら。

アウトレット02アウトレット
まぁ 要するに結局何につられたのかといえば 食べ物。
――まぁ 越えられない壁を挟みつつ 時点でブログネタになるかな~
とか 写真がゲットできないかな~  みたいなのもありましたが。

基本的に 帰省するたびに……と いうか 下宿の大家さんには
偶然出会うたびに「アンタ痩せた?」なんて聞かれちゃう部分もありまして
基本的に「千葉来ている間に太れ」みたいな無言の圧力が。

……浪人時代にはしきりに「太った」言われてたのに評価ってホントわからないものです。

まぁ 代わりにいろいろとわがままして物食べられるので
こちらとしても十分その流れには乗らせてもらう形なんですがね。

ちなみに こちらのフードコート 成田空港が近いという特性がらか
飛行機の便が表示されてたり世界時計出てきたり 少し変わった世界観でした。

TOP