瑠璃なんてなかった

2013⁄07⁄29(月) 00:00
瑠璃01瑠璃02
そういえば 巷では文系学問の瑠璃の魔龍さんが廃人さんと
合間見えるために なんか やってきたみたいですね。 なんか新鮮な色。
――なんて思うのは ボク個人の日頃のプレーがどうだったのかを物語っています。

日頃 やっている色が限られていましたし 結構龍の色が
頭の中で紫色に固定されてしまっている感が強いのかもしれません。

……そういえば ちょこちょことアカデミーアドベンチャーの方で暗躍している
混沌を招くと自称しているクイスさん 多分 理系の使い魔ですよね??
――確か 杖の上の石の色がそんなのを物語っている気がします。

――まぁ アレ 色ごとに名前変わっているのかさえわかりませんが。
あの辺の方々の人間(?)関係ってどうなっているのでしょうか。

――色といえば 個人的には天青と瑠璃のオーラの色が未だに
判別つかない部分があるのですが それってボクだけでしょうか??
――もう少し 天青に関しては 色薄くてもいいような気がするんですがね……

ただ この瑠璃魔龍においてマッチングする人の比較的多い割合の方ならば
瑠璃のオーラまとってるんだろうな~  って 前提で見つめているのですが

たとえば ライフスタイルとかになってくると 出会う方のオーラが
はたして何色になっているのか――正しく判別できる気がしませんね。

瑠璃03
まぁ そんなこんなで関係ない話で
時間つぶしておりますが……

そもそも どう考えても
ボクには上位に割り込むことができるほどの
ポテンシャルがなかったことが
問題となり――大学受験の社会に関しては
QMAの「社会」に分類される部分だけで
集結しちゃった部分もありますし――

特に 世界史が異次元言語のまま
放置されてしまったというのはなかなか痛い。

……そして 直前がテスト週間だったおかげで まともに勉強できた日がない。
と 言うことで明らかな勉強不足で突撃する羽目になってしまったと。

予選敗退が割と多いですし 抜けても上位4番以内に入れない。
……っての なかなか堪える部分がありまして 取りあえず戦略的撤退をば。

死兆石
とまぁ そんなこんな
やっている間に死兆星の方が
再び輝きだしたりしたわけですが……

なんか つい最近にも見たな。
この光景。 逆に懐かしいという
感情すら生まれてくるというね。

白金
と 言うか 気が付いたら
既に白金なっているって言うね。

――なんだかんだ言いながら
黄金は一か月で突破できたということになりそう。

……なんか 今と同じような現状
つい半年ほど前にもあった気が……

――えぇ。 この流れのまま 紫宝魔龍の影が近づいてきたということで
出来れば あの時同じ程度のプレー数稼げたらうれしいなって思うのですが
まぁ 実際にどうなるかどうかはまだ 如何ともしがたい現実がありますね。

なお テスト予定的には 瑠璃直前に一通りテストの流れは終わったのですが
実は 紫宝の翌日月曜日一時間目に最後 ぽつんとテストが消化されずに残っていると。
――逆に 一個だけ残されているってので どうするかどうか考え物ですがね。



瑠璃04瑠璃05
と まぁ そんな話で終わると思っていたのですが 上の話を
半分書き終わった後 突撃してみたらなんか ファイナル残る機会ができて。
――粘ってやってみるべきなのか なんというべきかよくわかりませんが。

――この画像出して なんか「魔龍やってきました」感がやっと出ましたね。

瑠璃07瑠璃08
とまぁ そんなわけで 倒してもらいました。 ありがとうございました。
……精進 自分の正直足りてない気がするのですが さて。
――まぁ 結果的に倒せればいいんですよ~  倒せれば~←←

瑠璃09瑠璃10
まぁ でも 結果的に魔人さんの壁が厚すぎて結果的に
ファイナル滑り込めたのが二日目のこれ含めた三回だけというね。
――まぁ 一種 ノルマ点数かすりつつの討伐もできたからよかったということで。
それにしても 全答とか できる気がしません。 できる人が羨ましいです。

現状
とまぁ そんなこんなで 只今の
オーブ取得状況はこんな感じ。
――そして もう当分はこれ以上
増えることもないだろうな~  とか思っています。

……四週目 あるのだとしたら
本気で翡翠は取れた方がいいのかもしれませんが……




余談。 なんか ざきさんにオーブ埋められたところ先にネタバレされてますが
その写真はちょうど オーブ埋めた写真撮った直後(討伐直後)のクレ
かつ 決勝進めた二枚目の「まぁ なんとかオーダー超えたんじゃね?」の画像が
なんとか取れた回と同一回――という状況になっております。

……まぁ すごく状況説明しやすいタイミングでマッチングしましたので なんとなく。

TOP