年末年始旅行記⑯ Foods!

2013⁄07⁄21(日) 00:00
0301_20130512094711.jpg
ブダペストの市場で目にした光景。
見てすぐにわかる食肉屋さん。

なんか こんな感じでブタを売っているのって中国とかその辺くらいかな~?
――豚の丸焼きって言われて思いつくのも中国だし……  なんて
考えていたボクの考えが非常に甘かったのだと思い知った瞬間でした。

なんだかんだで 前回からヨーロッパ旅行勝手な自己満足シリーズは
取りあえず 食べたものでも上げてくか~  ということで
まぁ ある意味その場所っぽい物ってのを 最初に一通り流しつくして
最後に どんどんグダグダさせていきましょうと考えておりますので ヨロシクです。

――と 言う意味合いで考えてみたのだったら ブダの街では
なんか その場所のスーパーの食材がどうこうみたいなネタは
結構あったのですが 地方独特っぽい空気がする料理……という段になると
あまりネタがなかったな~  ってのが 帰ってからの感想だったり。

――と 言いつつ なんかこの辺の料理って何があったっけなんて考えてみると
簡単に思いつかない現実もあったりするから仕方ないのかなと開き直ってみる。
……だから QMAのヨーロッパ検定 あの時かなり苦戦したんだよ!!!

0401_20130512095134.jpg0402_20130512095134.jpg
まぁ そうとはいえども 同じような内陸国でおそらく気候も
割と近い(そもそも 同じドナウ沿い)ブラチスラバのレストラン
――と 言うか 居酒屋っぽい場所で食べたメニューでも上げておけば。

やっぱり この時期は冬ということで それっぽい「保存食」然とした
食材から作られるものが多いんじゃないかなって結論には達しますよね。
――って 意味では ある意味この二つの街を合わせて考えてくっついた結論。

やっぱり この辺りまで来たら 肉のソテー的なのを食べておかないと
……みたいな流れがあるのかもしれませんよね。 多分。

0403_20130512095133.jpg
あと ブラチスラバでは
ホットチョコレートもいただきました。
こちら ほとんど日本大使館前と
言える場所にありましてね。
……まぁ 日本大使館の真ん前は
寿司屋でしたが それもアリでしょう←

まぁ ここまで来ると 外はそれなりに冷えていますし これくらい
カロリー摂取しないとヤバいのかもしれませんが さすがに
外国人のボクからしてみると 甘ったるくてどうこうみたいな。

0501_20130512095248.jpg0502_20130512095133.jpg
ウィーンでは ちょうど正月にマッチしてしまったということもあり
地元の店がなかなか開いていないという悲劇に見舞われてたりしたのですが

……そもそも 「ドイツ料理はまずいから 自然とイタリア料理が増える」なんて
話がざらにあるようなゲルマン民族の料理館だったりするので
仮に そうでなかったとしても あまり食べることができなかったのかもしれませんが。

結果的に こちらで割と食べさせてもらったのが こんな風に
左がざっくばらんに言えばご飯も一緒に詰めたような感じのケバブみたいなの。
――まぁ 根っこがトルコ料理といったらわかりやすいでしょうか。

右側はラザニア。 詳しく言わなくてもイタリアのやつです。
やっぱり 地中海側に食の意味では憧れがあったりするのでしょうかねぇ??

0503_20130512095132.jpg
まぁ でも せっかくウィーンに来て
ウィンナーもポテトも食べられないのは
流石に残念だということで
意外とベニスに向かう電車の食堂車で
料金が安かったということもあり
こちらで昼食かねて食べさせてもらえましたよ。

ソーセージとポテト。 ――まぁ これで飽き足らないなら自分で行きますさ。

0601_20130512095451.jpg0605_20130512095424.jpg
で ベネチアでもそれなりにいただきましたが 大まかに言っちゃえば
ザ・イタリア料理。 ウィーンで食べるのと違って間違えた感は少ないよね。

0603_20130512095425.jpg
で イスタンブールではケバブを
片手に街歩きしていたようですが
その立ち位置で この辺では
ピザが売られていたというのがかなりの驚き。

――四分の一の大きさに
折りたたまれてこんな感じになってます。 ピザ。

宅配ピザとかって やたら高いイメージありますし ギャップ感じますね。

0604_20130512095425.jpg
あと 冬でも食べたいアイスシリーズその二。
ジェラート。
……せっかくイタリアに来たんだから

――って 妹のおさがりを処理してました。

0602_20130512095426.jpg
で 食べかけですいませんが やたら朝食が甘いのもイタリア流と。

TOP

モチベが上がらぬ

2013⁄07⁄20(土) 00:00
基本的に いったん記事を保存記事として処理してから予約投稿していると
記事を上げる時間とそれを書いた時間との乖離が大きくなって
それに対して 割とマイナス印象持たれることってありませんか??

――みたいなこと ひそかに不安に思っているようなのっぴぃです。

↑みたいな状況に加えて 個人的に極力同じような内容の記事は続けないようにしよう~
みたいな縛りも設けていますので なんかそろそろテスト週間ですが
お前何遊びほうけてるの? バカなの?  みたいな内容の記事が
そんな時期に放出されてる……のかな?  みたいな展開に。

と 言うわけで 今日は勉強に関することや愚痴
その辺に焦点を絞ってしゃべって行きたいと思います。

まず 単刀直入にこいつがまじめに勉強しているのか
――と 言われると 正直モチベーションは過去のテスト期間と比べても
最低と言わざるを得ない状況かもしれません。 まったくテンションあがらない。

一応 このキーボードボクが叩いている時間軸三連休中日(深夜)においては
買い物以外では部屋から全く外に出ていないという
一種 引きこもり状況で生活している節だったりします。

まぁ 言い方によれば いい加減生物的な意味で体動かしたくなってみたり
いくらなんでも暑いから クーラー指導してみたりしているわけですが……
――って 意味では 海の日体動かしに外出するフラグがたちそうなわけですが。

※なんか 毎度のように記事記入時間軸と記事投稿時間軸が全力で
ずれている件については あえて不問でお願いします。

さて この少なくとも閉じこもっていた土日に効率よく勉強が進んだかといえば
――そうでも言えないってのが なんとなく流れからも読めたでしょう?

普通のひきこもり成分が75%、一応テスト勉強成分が25%くらいでしょうか。
――はかどるはかどらない以前の問題になっている気が少々……

上記のように 生物的に頭動かすためには体もバランスよく動かさないと
上手くいかないんだな~  ってこと また自覚したといういい方もできますし
前 バイトやった時に危惧してた後遺症が長々と続いたなぁって気もします。

そんな考察たててる自分見ながら言い訳重ねてるなぁって思ってみたり
さっきからキータイプのタイポが多いなぁって思ってる自分も居ます。
自分を眺めてる目線はさまざまありますね。 自分の中にも。

第一 朝目が覚めてみたら正午まであと15分って状況が出てきたりした時点で
既に さまざまな意味でアウトですし それでも昼寝重ねてみたり
――睡眠時間削っているわけではないのになぁ……  何がダメなんだろう。

とりあえず その辺の考察の意味も兼ねて いろいろとこの方面について書きなぐると。

まず テンションをダダ下げる結構一般的な要素として
レポート課題与えられたものの ぶっちゃけてその問題文が何を言っているのか
理解できないからレポート書けないって現状が存在したりします。

基本的に 自分は学科の中で「真面目四天王」みたいに呼ばれる一角に
入っているくらい授業態度は基本真面目で ノートとかその辺も
しっかり取っていたりして――まぁ もしもの時のバックアップはどうにかなっていると。
――それくらいは意識しているところなのですが……

前 最後の授業の時に配られたレポート課題が何を言っているのか意味不明。
……せめて その文章に書かれているキーワードがあったのか探ってみたものの
何を書けばいいかの方向性すらつかめないというまさかの事態。

自分がダメだからかな? ほかの人ならわかるのかなって考えてみて
他の「四天王」の方々に頭突き合わせて状況を確認してみたものの
結果として 同学年の「四天王」は全滅という結果に落ち着きました。

――まぁ 自分だけできていないというわけではないことを悟った。
それだけで 一種の心の安寧にはつながりました。 ゲスいやつ。

ついでに 自分の代から大幅にカリキュラムが変わっている関係で
先輩の伝手~  みたいな裏道手段――まぁ 自分の立場的には
そんなの望める立場でもないのですが――も通じません。

……逆に 同じ授業をとっている先輩もいたりするのですが
そのあたりに聞いてみても 年の功でもやはり理解できないものは出来ないということで。

――しかも 提出期限がレポートにしては短くかつ 早く。
……ついでに テスト一番つらい時期に投下してきたということで
普通 テスト勉強させるためにもレポート提出日に関してはもう少し余裕持たせたり
その辺の日程を考慮したりするものじゃないですか??

レポートって 資料読み込んだりするために時間かかったりしますし
結構 「テストがひと段落した後のネクストステージ」って印象だったのですが。

とまぁ そんな「意味不明な課題に直面した時」にボクがどのような行動に走ったか
今までの流れだけでも割とわかるかと思います。 多分 その
ご想像くださっているビジュアルで間違いないかと思います。 はい。

あと たまに 自分の授業で使う飼料なんかをネットにアップロードして
配布しないで自分で印刷させてみたり なくした時にはそこから
ダウンロードできるような状況にしてくださっている先生がいらっしゃいます。

自分の場合 先日かったアイパッドの方にこのデータを落とし込みまして
今回勉強の際にこれを活用できるように~  みたいな紙の節約とか
いろいろ狙ったことをやってみたりしているのですが……

……まぁ それをやるだけでプリントとかの処理がずいぶん楽になりましたし
なかなかいい手段だと思いました。 ――思ったのですが……。

こんな感じのタブレットって 割と中身のアプリがあるので
遊び道具としての機能もバッチリなんですよね。 幸か不幸か。

……と 言うことで 勉強が行き詰った時にテキストがすぐに
遊び道具に早変わりということで これはこれで困ったことになるでしょう?
――まぁ 自分の意志が弱いだけって意見も往々にしてあるのですが。

――自分の場合 ただの地図アプリだけでも十分に
遊び道具として機能してしまうので これはこれで困ったものです……

TOP

音ゲーとか

2013⁄07⁄19(金) 00:00
ここ最近は 基本的に大学のテスト勉強とかレポート作成に
追われているわけですが さすがにそればかりではいろいろと持たないわけで……

ついでに 自分の下宿から一番近いところでそれなりに遊べる場所
――って 考えた時に 近くにQMAできるところがあれば(帰る勇気が
あるかどうかって問題がありますが)いいのですが直近というわけではないと。

――でも 一応 指とかはできる場所があるんですよね。
……で 勉強でテンションが上がらないときとか 買い物行く時とかに
ついでに 指やってみよう~  みたいなこと 結構あったんですよね~

フルコンチャレンジ01フルコンチャレンジ02
で そんな合間に気が付いたら 例のQMAの曲で
フルコンチャレンジやってたみたいなので その場のノリで突撃してみましたと。
――で できる曲でよかったです。 フルコン達成。 初めてです。

……まぁ 基本的に EASYとかやっておけばいいのかもしれませんが
残念ながら なんか そんなことできるような頭がありませんし
実際 それができるのか。 自分。  みたいなものがありまして。

フルコンチャレンジ05フルコンチャレンジ06
まぁ そんなこんなで 大きめなお魚と初達成の称号ゲットと。

フルコンチャレンジ03フルコンチャレンジ04
まぁ なんだかんだでやってる回数はそれなりにありましたからね。

――でも ミュージックバーについては なんだかんだで
全部黄色に持って行きましたが フルコンとかできるかといえば
それは完全に別問題ってレベルでまだうろうろしているというね。

まぁ 結果的に全体的に音ゲーが残念だってことはボク自身理解していますし
できることをなるだけ頑張っていければいいんじゃないかな~
――って 考えている段階でございます。 はい。 適当に頑張ろう。

それにしても やっぱりこうしてプレイしてみると 緑でやる人多いんですね。
フルコンチャレンジ。 ついでに 考えてみたら後黄色フルコンすれば
この曲のフルコン称号もらえるんですよね……  狙った方がいいかしら?

フルコンチャレンジ07
とりあえず テンションあがってその時に取った画像は
全部適当に乗せておきましょう。 ――ウザいとか言わないでね??

……まぁ その時とった画像に関しては全体的に手ブレひどいですが
これも一種の武者震いってやつでしょうね。 ――フルコンチャレンジとなりますと
なんだかんだで 独特のプレッシャーがありますね。 それにしても。



そんなわけで 今日は「ボクなりに音ゲー」の話題で記事書けたらなって。
――まぁ 基礎能力がアレなので いろいろとペースが遅かったり
点数が全体的に残念だったりする点については気にしないでくださいな。

学園03
あ~  そういえば 続々とBIMANI学園も「自分のペースで」続けております。
それこそ 自分のペースですので そもそも できるゲームなのかとか
やってるゲームか否かとかで 結構上がりやすさ変わってきたりするのですが……

特に 指が上がりにくい先輩なんかは非常にいじりにくくて……

……まぁ 後半になってきたら応援してくれる先輩も多くなりますし
一人一人終わらせていくってのが鍵なのかもしれませんね。

――あと 色んな音ゲー漁っておけばさまざまな先輩が解放できることは
言わずもがなって感じではあるとは思うのですがね。 まぁ 当然か。

因みに 進み具合としては 指が中心になるところですが
それに 申し訳程度にリフレク要素が入っていたり。

……と 前 店内マッチングした時にやることができたのですが
フライングキャッチでとれる「恋はどう?モロ◎波動OK☆方程式!!」に
やたらツボりましたので それの解禁目指してポップンいじり始めてみました。

――とはいえども この曲 7番目解禁ということで
目標に至るまでは相当先になりそうな勢いなのですがね……

……でも 一度フライングキャッチ進めておけば それだけで
一回のプレーでもらえるポイントが上昇するってことらしいじゃないですか。
……まぁ 積極的にフライングキャッチ進めていくという方向でいいですよよね。

TOP

年末年始旅行記⑮ Foods!

2013⁄07⁄18(木) 00:00
取りあえず 旅出ている間に関しては 食べ物の話題ほぼ一切書きませんでした
――まぁ 最初機内食の話題に触れてからは全く触っていないよね。

取りあえず 行ってきた場所みたいな話を前回までに(ほぼ無理やり)
終わらせたというスタンツで行かせてもらおうと考えておりますので
まぁ そろそろこの長すぎる自慢話の終りも見えてきたということで。

――食べ物の話題。 本当に ネタ不足の時の話題をそのまま
こちらに持ってくるという感じになっていいのでしょうかね??  どうでしょう。

0101_20130512094556.jpg0102_20130512094555.jpg
0103_20130512094554.jpg0104_20130512094554.jpg
0105_20130512094553.jpg0106_20130512094553.jpg
――と 言うわけで なんかここまでネタ切れ臭出てきてるように見えるなら
いっそのことそれっぽく全力で見せてやろうぜという意気込みで
何を思ったのか もろもろで食べた機内食を一通り持ってくるアホなこと。

――一応 前二つが「成田→イスタンブール」次の一つが「イスタンブール→ブダペスト」
次の一つが「ベネチア→イスタンブール」残りが「イスタンブール→成田」だったはず。

まぁ 世界三大料理の一つとも数えられているトルコの名前を
冠しているだけあって その辺には気合が入っているんでしょうね……
……とにかく 機内食をめっちゃ頑張っていた印象がありますよね。

まぁ 仮に西の方に学生旅行とかで行く機会があったならば
割と安めだったみたいですし 食費一回分自然に浮きますし
乗ってみるのもいいとは思いますよ。  トルコ航空。 回し者じゃないけど。

ついでに言うならば この辺の両親がしゃべっていたことを記憶することで
万が一 自分にも上記のような機会があった場合に口出しできるように
あらかじめ考えておこうみたいな思惑もあったりしますが まぁ いいですよね。

0201_20130512094713.jpg
まぁ 機内食もろもろは
別にいいとして まずはとりあえず
「らしいもの」から書いて
いきましょうか。 ――と 言うわけで
魚釣りを皆さん頑張っていたのを
眺めながら食べていたのがこれ。 イスタンブール。

具はお魚さんで 夕食のおかずを釣っている人たちを眺めながらいただいたランチ。
――これ なかなかいい空気ですよ。 なんか のんびりしたいい空気だなって。
――そして 例のごとくチャイ(紅茶)とあわせてどうぞみたいにね。

0202_20130512094822.jpg
まぁ 知名度的なものを
そのまま鵜呑みにするのだったら……
……と 言うのも兼ねまして バザールを
歩いている間に食べていたのがこのケバブ。

――なお のっぴぃさんのこの辺の語彙は非常に貧弱なので
ここまで書いておいて 何もセリフが無い点に関しては気にしないで上げてください。
もっと図々しい要求をするならば わざわざ写真上げている段階の
この気持ちを察していただけたなら幸いです。 非常に幸いです。

この ケバブかった時に 飲むヨーグルトみたいなのが付いてきたのですが
このヨーグルトがやたら塩辛かったのが割と時間がたった後でも
まぁ 脳裏に染みついたように離れない想い出だったりしたのですがね……

0203_20130512094712.jpg
なお この辺がホテルでいただいた
ある日の朝食だったりしたのですが
このスープがこの辺りの特産のもの
だったりするというのが母親談なのですが
――実際中身が何だったのかは
尋ねるのを忘れたか中身を忘れたか。

今は働いていない母は この旅行において無駄にうるさい知恵袋的な役割を
勝手に演じていてくれたので そのあたり 聞き流すのにはもってこいだったわけで。

0204_20130512094712.jpg0205_20130512094711.jpg
あと トルコで有名なもの――って言ったら 無駄に伸びるアイスとか?

まぁ それっぽいものを空港では見たのですが さすがに季節の問題でしょうか。
街の中では見られなかったのが残念ですよね。 伸ばすアクションとかも
あまり空港では大袈裟にやってくれなかったわけですし……。

ただ スプーンを使っていざ食べてみようと思うと 本当にこれがよく伸びるんです。

そのおかげで結構食べるのに難儀したのですが まぁ それがいかにも
「トルコのアイス」って言う思い出なんだろうとは思いますけどね!!

TOP

アドベンチャー考察

2013⁄07⁄17(水) 00:00
アドベンチャー11
そういえば アカデミーアドベンチャーの
新しいマップが出てきてたようで。

……バージョン情報から考えるに このダンジョンの
砂漠と同時にやってきたと
とらえられる気もするのですが
アップは遅かったみたいです。

まぁ 難易度設定的にはそれなりになっているみたいですが
いつだかの害獣駆除みたいなはためんどくささとは違って
止まるべき場所の選択肢ははっきりしているので その点はありがたいですよね。

アドベンチャー12アドベンチャー13
なお 先生方の導きに関しては 立絵は新バージョンに入れ替わっていると。

アドベンチャー14
あと ボクにとっては幽林であった
ロケテ的にはそこにも出てきていた
クレッセントホーンさんがこちらにも
出てきているようですが
今回に限ってはその辺のモンスターチョイスには
深い意味はなさそうですね。

で 黒幕は「お ま え な の か」みたいな感じですが まぁ。



アドベンチャー19アドベンチャー20
アドベンチャー21
そういえば
アカデミーアドベンチャーといえば
自分の体感的には 立絵が
変わっているものと変わっていないのと
過去のマップにおいても少々扱いに
違いがあるような気がしたので
相当暇人だったのか知りませんが
ちょっと 確認してきました。

一応 自分の確認できたことに関してを少ししゃべってみましょうかと。

まず 基本的に 今回追加されたマップでのキャラクターミュージックは
Season2に作られたやつがそのまま使われていましたが
旧マップの方では そこまで差し替えが進んでいたわけではないようです。

アドベンチャー17アドベンチャー18
で その中身に入ってみると 差し替えが住んでいるものとそうでない物。
セリフの中に選択肢を選ばせるものがあるのかないのかで分類でき……
――るかなって考えたこともありますが 実際にはそう簡単にもいかず。

アドベンチャー16アドベンチャー15
でも 最初のチュートリアルは基本的にすべて差し替えが終わっていました。

――その中の先生生徒含めて 旧マップの個人セリフは全部差し替えできてないけどね。

TOP

並べてみた

2013⁄07⁄17(水) 00:00
アカデミーアドベンチャーの「なぜかはじめまして」より
立絵だけ抜き出して全力で並べてみました。 それだけ。

――明らかな自己満足でしかありませんが まぁ
気になった人がいたならば。 ……みたいな感じでしょうか。

月一の+αで作る記事兼、最近画像が多目だからトップページの息抜き成分で。

TOP

年末年始旅行記⑭ Venezia

2013⁄07⁄16(火) 00:00
0209_20130512093449.jpg
さて 前回書いた内容で大方のいかにも
観光地っぽい場所については
一通りしゃべったつもりでいるのですが
――と 言うか そもそも
この街の成り立ち的には 普通に歩いて
見に行ける場所が大方観光地ですしね。

あ。 軽く石像の話しておきますと サンマルコ広場沿いから溜息橋を過ぎて
歩いていくと存在しているこのブロンズ。 まぁ 遠目ですけど。

近くから見ると いかにも商人の街だったんだろうな~  みたいなのが
うかがえる物品とか ベネチアの象徴の羽の生えたライオンとかが
存在していたりして なかなか面白いものだったですよ。

――でも ブロンズって潮風でやられたりしないのかな??  知らないけど。

この街は 観光で成り立っているといってもおかしくないレベルで
とにかく 観光客を見るでしょうし――実際 ボクが街を歩いていて
今までの都市とは比べ物にならないレベルで 日本語を聞いたような気もしますし。

いちど しれっとどっかのツアーにまぎれてみようかしら~
みたいな 悪いことを考えたりしたこともあったのですが。 しなかったですけど。

まぁ 前回上げた鐘楼なんかでは 日本人カップル――新婚さんでしょうかね?――
なんかに 記念撮影撮ってくださいみたいなこと頼まれたりもしましたし
それまで行った街とは格が違うんじゃないの??  みたいな感じ。

0210_20130512093448.jpg
で 先日までに書いていた内容で
わかりやすい部分については
割と書いてしまった感がありましたが
さすがにボクの行動時間とこの数ってのは
張り合うものではありません。

……何をしたかといいますと……


ぶっちゃけて 24時間乗り放題の水上バスチケットを買ってもらえまして
そのバスを何度も乗り降りして この島のあちらこちらを
「観光地レベルであるか否かにかかわらずに」歩き回ってみていました。

――だって その辺の珍しい物なんて テレビ見ればすぐに見られますし
大体の場合は メディアの後ろ盾がある場合の方が博物館その他も
いつもはなかなか見せてくれないようなものを簡単に見せてくれたりするじゃないですか。

だったら 個人レベルでしかできないこの旅行 しかもツアーですらないですし
見られるもののレベルってかなり下火になるじゃないですか。
いいようによっては「劣化○○」ですよね。 だったら悲しくなりますよね。

――と 言うことで 劣化したって評価されたくないししたくもない。
だったら そんな団体行動ではできないことを全力でやってやろうじゃないの。
……と 言うことで このような行動を全力でやっていた次第。

――なお これをやったのはボク一人で 逆に言えばこのチケットもらえたのが
全力でその希望を出したボクだけだったということで
家族の中でもボク一人が単独行動していたってことになりますね。

まぁ 下宿での一人暮らしが始まったおかげで割と独立意識が意図せず芽生えてしまい
取りあえず この辺も仕方がないことなんじゃないかって思いますよ←  うん。

まぁ 船(バス)の上からだったら 水路沿いの景色とか結構イイよね~
――なんて撮った写真が 上のものだったりしますが まぁ ベネチアらしく
取れたのって何があったかな~  って 思ってみてみたらこんな感じでしたみたいな。

0211_20130512093447.jpg
まぁ どんな景色だったのかって
一例をあげてみるならばたとえばこんな。

いかにもその場所に人が住んでますよ~

みたいな世界が広がっていて
――イタリアの主婦って
洗濯物干すときにその見栄えを気にすること
結構多いらしいじゃないですか。
その一例ともいえるのでしょうか??

まぁ このレベルなのでなかなかブログとかに上げにくい話ばかりになるのですが
そして 記憶に残しましたってレベルもものが非常に大きい感じになってしまい……
……書き残していること=非常に書きにくいよね??  みたいな感じなんですよね。

実は 小学生のころからこの街は非常に憧れてみていた場所で
まぁ 考えていることはほかの街と比べて単純に比較できないくらいあるのですが。
――と くらいまでは書いておきましょうか。 なかなか書きにくいです。

0212_20130512093716.jpg
もともとは 干潟にできた街。

飛行場に戻るときには
その干潟の姿を見ることが
できたりもして なかなか楽しめましたよ。

――みたいな締めくくり方ってのも
あっていいですよね??




その後のことはとても簡単に。 いったんイスタンブールでトランジェットしてからの
成田空港へ帰るという 基本トルコ航空を利用したこのたびらしい流れでしたね。

お土産は物価の関係でばらまき用はイスタンブールで買いましたし
個人用は ベネチアの仮面カーニバルってあるじゃないですか。
あそこでかぶってる仮面。 ――くまらーにはカードとのツーショットさせましたが。

カスタマイズアイテムの中の「舞踏会の仮面」シリーズと その仮面つけさせて
そのままプレーさせるという公開プレイですが まぁ それもアリなんじゃない??
なんて 個人的に思ったのですが その安直すぎる発想はねぇ。

TOP

私のペースで

2013⁄07⁄15(月) 00:00
12_20130711210752.jpeg
そういえば 琥珀頑張ってたら
気が付いたらこんなことになってました。
――のっぴぃです。 暫定主席です。

でも じきに抜かれます。

まぁ テスト期間と全力でかぶっている全国期にはアレですから。
……ついでに これは全力で琥珀やっている最中ということで
結果的に琥珀終わるころには8830個という段階で止まっていると。
――これが廃プレイと呼ぶのか否かはあなたの感性にお任せしたいと思います。

13_20130711210752.jpeg
主席がどうこうって話だったら
そういえば本校の首席ってのは
そこまで難易度高くなくできるんだな~
みたいなことが
ふと 思い出されました。

なんて マッチングがありましたので。

因みに のっぴぃさんがブログにおいて(忘れなければ)行うモザイク処理ですが
基本的に 当時称号持ちの人とか 顔しばしば見るレベルの付き合いの人
もしくは ブログ付き合いがめっちゃ長かったり見たいな関係の人は
基本的に モザイク入れないで処理してみたりってのが多いですね。

こんな感じで その存在が~  みたいな人に関しても入れませんが。
……一応 一定の法則に乗せつつ記事書いているつもりですよ。



満点01満点02
そういえば 現在はノンジャンルの方で予習埋める作業やっていますが
――さすがに 芸能&アニゲーで苦手連続でやっている中
さらに 苦手ジャンルの雷喰らいまくるほどの勇気はありませんでした――
その中でも しっかり 満点ボイス聞くことに成功したみたいです。

まぁ グル分けとか そうじゃなかったとしても○×に関しては
運ゲーで割と なんとかそれを聞くだけだったらどうにかなるんじゃね??
――みたいな思いで 毎度続けているような惰性だったりするわけですが。

とまぁ なんだかんだで 過去にも確か大方の先生から
満点のお墨付きはいただいたことがあるような気がするのですが
――ウィーズ先生を除いては。 数学の問題 満点クラッシャーですよ……

基本的に 問題が易しいと噂になっている理系学問ですが
それに限らず 満点とるって意味合いだったら タイピングとかその辺で
問題暗記を済ませておかなければ 逆にとりにくい筆頭なのではないでしょうか。

まぁ そんなこんなで スポーツの予習は放置したまま
とりあえず ノンジャンルの星はすべて基本的に星3まで上げまして
只今 誠意その先の埋める作業をぼちぼち進めている最中でございます。

……まぁ トナメのモチベは最近また下がり気味だったりするわけで
さて これの予習が終了しました報告ができるのはいつになることやら……。



お米02お米03
音ゲー不慣れなのっぴぃさん。 それでも地道に頑張ってやってます。
BIMANI学園 音ゲーもやっている方々はどのくらい進んでいるのでしょうか?
――まぁ ボクの場合は 基本こんな感じです。 遅いとか言わないで?

まぁ 基本的にはQMAのBIMANI検定配信されている間は
それには目もくれずビジネス検定めっちゃ頑張ってたって人間ですしね。

……ついでに ここ最近は「SS乗りそうな検定(あと アイコンが怖くないの)」
しか 検定は回していないという現実がありますし それに当てはまりそうもなかった
BIMANI検定は 半ば当然 パスするという方向性で決まったわけで。

そんなわけで そっち方面のブースターもありませんし
才能無いからモチベもアレで やるゲームすらも限られていますが
とりあえず ネタ曲として有名なアレ、やっと解禁しましたよ……。

お米01お米04
お米05
まぁ で やってみるわけですが
さっきから重ねているように
音ゲーの才能無いのっぴぃさんが
レベル10の楽曲
二代目から延々とやり続けていますが

ホントカオスな感じになるわけでして。

……なお このお米タルが のっぴぃさんレベル10初クリアということになりますね。
――まぁ 落とさなくてよかった。 そうとらえるようにしましょうか。

学園01学園02
まぁ やるゲームの関係上 なんか 友情度の上がり方に
一種の階層構造が見られるような気がしますが 深いこと気にしてはいけません。

――一番上りが遅い先輩が やっと半分ってこと 気にしたら始まらないんです!!

TOP

分からぬ世界

2013⁄07⁄14(日) 00:00
関西でも梅雨明けしましたが その途端言いようもない不快感に
襲われるようになってきました。 のっぴぃです。

基本的に この炎天下だろうとその後の機動力とか
帰りは当然 行きにもそれなりに時間短縮できることを根拠に
自転車通学してみたりすることもあるのですが 汗の量が並じゃない

――のは 色んな意味で仕方ないことなのかもしれませんね。

まぁ 自転車は色んな意味でボクのフットワークのかなめなので
多分 当分使い続けるのかもしれませんが……  健康のためにも!!

まぁ 健康気にするのだったら こう来てしまったならば
たとえば 生協とかでのスポーツドリンク購入は欠かせないとか
アイスの重要度が増してくるとか 去年にもまして
この辺の経費がかさんでいる気がするのは目をつぶった方がいいのでしょうか?

因みに スポーツドリンク――と 言うよりも熱中症対策的な意味で
個人的に ここ最近よくお世話になっているのは「はちみつレモン」
……の 塩が追加されてるやつ。 はちみつレモンはもともと好きなので。

生協で購入することもありますし 自転車で普通に遠出するときなんかも
ボトルフォルダなんかにこれを投下して走り回ったりもするもんです。

――お茶とか 一応冷やし麦茶は作っているのですが なんか足りなかったり
そもそも あまり吸収がよろしくない(らし)かったりと
……何をとるべきなのか いろいろと困る節ではありますが。

美術館
で 一応立ててたフラグは
回収しておこうということで
前書かせてもらった
「また美術館行ってきました」ネタも軽く。

前回は大阪市の国立国際美術館で近代美術作品を見て
その展示方法とかその辺に関してしたためて来いってレポートが出ていたのですが
今回も それに近いような指示で 指定された美術館が西宮市内。

まぁ 大阪市のアレに関しては 時間とかその辺の天秤欠けた末
無難に電車で行く(けど その帰りにしっかりQMAのクレサ堪能する)
という選択をしましたが 今回は「ボクのチャリ圏内」ということで。

……ある程度 関西の地理に詳しい人。 なんか「チャリ圏内」の
範疇がやたら広くね? みたいにツッコミ入れたくなったかもしれませんが
とりあえず 「その場のノリで突撃するチャリ圏内」が
神戸市某所から東西方向には40キロ程度というのがボクの感覚なので。

……体の頑丈さだけが取柄で生きてきましたので気にしないでください。

で 今回は個展を見て来いって要するに言われたようなもの。
……で 前回もそうだったのですが 今回も現代美術が対象。

正直に言わせてもらいますと この授業 現代美術についての授業ではなく
「学芸員資格」取るために取っているはずの授業なのですが……
……なぜ 全力で現代美術に関しての知識ばかり要求されるのでしょうか。

因みに 自分はやるとしたならば「科学館」系統を希望する人間ですし
個人的に ある程度美術の教養は入れたつもりなのですが
「現代美術」に関しては 正直 まだ理解が追いついていないというのが現状。

個人的には 完全に苦手な分野の古典見に行かされて
しかも そこで入場料も取られますし(そこで使うくらいなら趣味に使いたいところ)
レポート書くのに必要な材料を見極めるだけの能力も心もとない。

――明らかにいろいろと辛い部分があるってぼやきたいのはやまやまなのですが……

まぁ しがない生徒の分際で言えることってかなり限られてきますしね。
分からないならわからないなりに 取りあえず行ってみるか。 そんな半ば投げやりさ。

――まぁ ネガティブなことばかり引きずり続けてても収穫はありませんから
良いことも書かせてもらおうかと思ってすぐに思いついたのは作者見かけたよってこと。

係りの人に聞いてみたら 普通の個展ではそこまで頻繁に
作者が訪ねてくるって言うわけでもないみたいなのですが 今回行った
個展の作品は 自分で動いてみたりするものが非常に多いからなのか
そのメンテのため? 観覧者の反応を見るため? 作者が頻繁にやってくるようで。

幸いなことに 自分が行ったタイミングでそんな感じでやってきていた
作者の方に鉢合わせしまして その「作品」が動いているところを
観察してみたり~  みたいなことができたのはかなりの収穫だったかと。

――ところで 近代美術に四苦八苦しているって話も事実なのですが
この時期の休講分を振り替えたい。 そんなときにテスト期の
一番忙しい週末にある作者のインタビュー会に出席を強要するという
この講座の先生は 色んな意味でイラッとする節があるのですが……

流石に この期末期になりますと レポートやらテストやらが
鬼のように押し寄せてくる週というのが存在していまして
その直前の土日というのは 貴重な勉強時間だったりするわけで。

……そんな時期を おいおいと美術館行って過ごしていられるほど
ボクには勉学的な余裕があるわけでもないってのが悲しい部分ですがね。

なお 前書いた琥珀魔龍に関してはこうしてチャリで西宮に出てきたついでに
この地域では比較的安い店がこの近くにありましたので
流れで突入――と 言った流れなのでございましたと。 どっちが本命だったのやら。



学食01学食02
書くべきノルマが数行残ってしまった時にはご飯の話でお茶を濁そう。
――ってのは 既に風物詩として浸透しつつあると勝手に宣言します。

曲がりなりにも まだ「梅雨」って言われている間には
それなりに味噌ラーメン(好物だから大盛り)をすすって
その量に驚いてみたりもできたりしたものなのですが それが終わった途端に
上記のとおり うんざりするような蒸し暑さのおかげで……

完全に 冷やしめんしか受け付けないような展開になっているのって
やっぱり 時期によるものが大きいのかもしれないなぁって。

なお 7月になってフェアが入れ替わりましたが なんとなく
どこかで見覚えがある名前のフェアだった気がするのですが……さて。

TOP

年末年始旅行記⑬ Venezia

2013⁄07⁄13(土) 00:00
0201_20130512093317.jpg
先日ベニスの話を書き始めた
際にも書いた気がしますが
結構意気込んできた割には ボクのへそが
曲がってついているからかもしれません。

とにかく 基本的には観光地メインで回ったわけでもありませんし
――と 言うことで 今日はボクが写真撮った中でブログに上げやすいものを
できるだけ頑張って書いてみようと思いますが その辺期待しないでください。

と 言うわけで てっぺんに持ってきたものもベニスといえば――
って 言われてすぐに思い浮かぶだろうテンプレート的なお話。
サンマルコ広場の裏側にて観光客待ちをしていたゴンドラです。

まぁ ゴンドラ云々に関しては前回にも書いたような気がしますが
ベニスの街をあちらこちら歩いてみると 行く先々(まぁ 水路の方が
割と便利に入り組んでますしね)で ゴンドラに乗らないかって
船頭さんが声かけてきたりしていましたからね。 これがないと話が始まらない。

0202_20130512093316.jpg
なお その 噂の
サンマルコ広場なるものがこちら。
まぁ ベニスといえば
――番組とかでも結構散見されますよね。
幸いなことに 大潮とかに
見舞われることもなかったのはありがたい。

0203_20130512093316.jpg
――で 溜息橋。 割と
目立った場所に見受けられたので
――と 言うか ベニスにいた
時のボクの行動ルートだと
頻繁に通る羽目になったので
そのたびにこの溜息橋とってましたがね。

有罪となった囚人が最後に空を見ることができたから溜息橋らしいですが。
――トルコの時みたいに 地元の人と云々みたいなお話がなかったので
何とも言えない部分だったりするのですがね。 まぁ 仕方ない。

0204_20130512093315.jpg0205_20130512093314.jpg
で サンマルコ広場隣の鐘楼からベニスの街を眺めてみたりも
したわけですが――そのために 開く前から家族で交代で並んでいたりしたわけで――
まぁ 上から見てみると ベニスも普通の街っぽく見えてしまうのはどうなのでしょうか。

あまり 運河の流れがそれっぽく見えないので 取りあえず島だな~
――みたいな感想を持ってしまいました。 まぁ あくまでも個人の感想ですが。
……なんとなく ベネチアって街は地べたの目線で見るのが一番面白いんじゃないかな。

――と その鐘楼にかかっていた鐘がどっかで見たことあるような気がして……
……と 言うか 大陸から伸びた島って構図がどっかで見たことが
あるような気がするのですが その辺どうなんでしょうかねぇ ううむ。

0206_20130512093450.jpg0207_20130512093450.jpg
まぁ その地べたレベル――と 言うか運河の移動云々の話ですが
まぁ さすがにここに来たのに運河を走らないというのもどうかと思いましたし
なんか ホテルのオプショナルツアー的なもので載せてもらえる機会があったので。

……まぁ 確か前にも交通云々って話していたような気がしますが
その時に話したかは忘れましたが まぁ 乗りましたよ。 水上タクシー。
いたって普通のモーターボートだけど なんかすごく新鮮だよね。

そもそも 車じゃなくてモーターボートってだけでずいぶん
イレギュラーなことしているような気分になれますからね。

そして 運河の中ではゴンドラもありますし スピードは出なかったったのですが
外海に出てきますと 割とスピード出して走ってくれるじゃないですか。
――こうなると 海に浮かぶベネチアの街が見れるわけですよね。

なお 到着した時には既に日がとっぷりと暮れてしまっていて
このような光景を見ることができなかったのでその感動もなおさらですよ。

0208_20130512093449.jpg
で その先でなんだかんだで
見てきたのが「ベネチアングラス」の工房。
――まぁ ボクの知る限りでは
買ってきたりはしなかったのですが
あちらこちらで芸術品レベルの
ガラスを見ることができて感動できましたよ。

――まぁ 諸事情でここに乗せたりできないのが残念ですよね。 まぁ 芸術品ですし。

TOP