睡魔

2013⁄06⁄05(水) 00:00
一応 突然こんなこと言い出すのもどうかとは思いますが
比較的 ボク 大学の授業はまともに受けている方だと自負しています。

なんか 結構ありがちな一つのコースとして 小学校はみんな
少なくとも最初は真面目に授業を受けるものですが 学年が上がるにつれて
その流れから脱落する――という表現がよろしくないのはわかりますが
まぁ 言いたいテンプレートな流れはわかりますよね?

まぁ ボク自身については 考えてみたら
学生として一番荒れていた時期というのが高校生でしたし
なんだかんだで ダークネスで授業出れない中学校時代を過ごしていたのもありますし
真面目に授業受け始めたのって ここ最近だって流れもありますがね。

……浪人時代に矯正されて正しい道に舞い戻ってきた。
……下手したら そんな物言いもできることに気が付きました。

う~ん。 だからと言って 本気で面と向かって反抗期的立場で
授業サボったわけでもないのですがね。 なかなかうまい表現が見つかりませんが
まぁ 結果的になんだかんだでこの大学入れてることだし。

――とまぁ 自分の評価について微調整できるかどうかに関してのあれこれは
別にどうでもいいとして 大学になると基本的に授業って
「自分から学びに行くべきもの」みたいなスタンツになるじゃないですか。

高校までは なんか先生が生徒の様子気にしながら あまりにもそれが
ひどい感じだと授業途中で打ち切っちゃったりいろいろと起こりますが
大学になると そんなことやる人もいないこともないでしょうが
基本的に 生徒側と先生側の間に見えない壁があるかの如くな感じに
ふるまう先生――みたいなイメージができる。 そんな感覚。

自分は基本やりませんが 状況によってはしゃべり放題だったり
内職みたいなこと――これが発展して 身近なところにQMAの問題回収を
大学の授業中堂々やらかすつわものもいるらしいですね――できるみたいですし。

まぁ それの影響が後でどのような形で跳ね返ってくるかを考えると
ボクは恐ろしくてそんなこと なかなかできないのですがね。

――まぁ そんな「真面目学生」を自称するのっぴぃさんでも
流石に眠くなるんじゃない? みたいな授業内容とかもろもろが
まぁ あるわけでして 今日は前置きがすごく長かったですが これについて語ってみる。

これは全体的に そして この時期 どうも陽気が暖かくなってくるこの時期
――または 冬に向けて暖房が暖かくなってくる、五月病に陥る時期ともいう――
にありがちですが 大学になって増えた「スライドを用いた授業」に現れる睡魔。

基本的に 板書と違って 画像多目のスライドだったりすると
見事に「どんなノート取ればいいのかわからない」って展開になったり
そもそも スライドリスト先に配られてたりして 眺めてればいいだけだったり。

で 人間よくある話ですが なんか手を動かさないで延々と
話を聞くだけっての どうも 意識刈り取られるもんなんですよね。

とはいえども 授業内容が興味ある話だったりすればその限りではなく
つまり 幸いにして 頭から自分が興味ある分野はこれと決めつけて
最初から結構コアな名前を持っている学科に進学したボクについては
少なくとも 専門科目に関しては 基本楽しんで授業受けていられるのですがね。

――なんか 大学になって「更生」できたのって この要素も意外と大きいのかも。

まぁ でも その中身が読み取るのに興味抱けない内容だったりしたら
これこれで また話は別ってもんで たとえば 授業の中心が
なぜか英語で構成されてみたりするといろいろときついものがあるわけですよね。

――まぁ この先の事を考えてみれば頭ではわかるのですが
ほら、のっぴぃさんの英語の実力って(お察しください)って感じじゃない?

まぁ こんな感じでオーソドックスな話から入りまして
こう 一部の授業に向けた話題にクローズアップさせてもらいますと
上の要因とはまた別の意味合いで 当然 眠くなったりすることもあります。

大学の授業って それまでの小中校と色んな意味で違った授業が
構成されていますから それで楽しくなる部分もありますが
こうして眠くなる要因というのも先生自体でいろいろ多くなってくるんですよね。

たとえば 90分間資料について延々と音読していくだけの授業とか。
自分が当てられて声出している間は何とかなるのですが
その回 割と早めに出番終わっちゃって 後は他人が音読するのを聞いてるだけとか。

――さっきも書きましたが つまらない話を聞くだけってかなり疲れますし
頭のスイッチがひとりでにオフになってしまうのも仕方ないことなんでしょうね←

まぁ 詳しいことはあまり書けませんが この授業の先生見てたら
今にもコロリと逝ってしまうんじゃないのってくらいくたびれている感じの挙動で
板書とかプリント配ったりするときとかでも常に腕がふるえてて……
変な意味でびくびくこちらまでしてしまうって感じなんですよね。

だからかわかりませんが 板書も最小限で抑えようとしているのでしょうか?
それで こんな感じの授業校正になるのだったら まぁ わからなくもない?

あと 基本的に小さいころから地図が大好きで そのままノー勉未履修のまま
センター試験に突撃した地理に関しても 教養として授業とってみたのですが
その授業内容が驚くほどつまらないというかなんというか。

授業の中身の半分以上は教授の愚痴を語る時間になっているといっても
過言ではないのではないか。 そう思いたくなるもんで。

正直 具体例とか全く挙げないから 基本その辺を能動的に
汲み取ってあげようと思って聞いているボクが少し悩んで気づく面倒くさい話題を
延々としゃべり続ける上に 地理学の話題でTOEACとか関係ないでしょ?

そして 毎度のようにしゃべっている十八番の愚痴が「学校指導要領」。

教員を育てるための授業なんだったらその話題をふるのもわからなくはないですが
本当に この授業で語るべき内容なのか未だに理解できません。しかもずっと引きずって。

本当に 話の脱線が多くて それに向こうが気が付いていないから
このノロノロとした授業進行に辟易している生徒の意図も全く汲み取らない。
……こう 学ぶ意欲が無い人って「あっちサイド」にもいるもんなんですね。

TOP