ぬるぬる

2013⁄06⁄04(火) 00:00
結構まっとうにQMA記事な意味合いで今月のダンジョンのお話を
書こうと思った前にも いろいろと書かなきゃいけないことってあるんですね。

のっぴぃです。 先月までの話の中でまだ触っていない部分が
それなりにあったような気がしますのでこの際に書かせてもらおうかなって。



Season2になりまして それなりに時間もたちましたが
この時期になってアニメーション変更とかまっとうに新作らしい
……と 言うか もう新作とはなんなのかって概念のお話が出てきましたよね。

もう これは勢いに任せて賢者の扉はseasonいくつまで続いてくれるのか。
――転生の概念ができてしまった手前 もう 正解率や階級や組を
リセットして新作作る理由もわからなくなってしまった気もしますしね。

音ゲーなんかも最終的にはスコアは引き継がれますし そんな感じで
データバンクに余裕があるのならば この辺のデータは残したまま
こんな感じのゲームシステムであってもいいんじゃないかって思います。

……そして こんな感じで長く続いてくれるのならコナミ税が残っていたとしても
それなりにクレサしてくれる店 増えてくれてもいいんじゃないかなぁってねぇ……

で 今回はオープニングアニメーションも新しくなったようですが
キャラクターアニメーションは差し置いてしゃべってみると……

――なぜ このオープニングアニメーションに当然の顔して
オオマジペンギンたんが振ってきているのでしょうか。
Ⅷの時に見かけたあの絵柄のままなのもどうも 気になるところです。

改めて 扉が始まった時点でかなり絵柄がファンシーになりましたよね。
なんか 絵のタッチもずいぶん違うぞ~  って 改めて思い直した次第。

キャラクター01キャラクター02
で マロン先生が大々的に宣伝してくれていたアニメーション変更。

……まぁ ボクの場合は何といわれようともこのキャラで通すつもりですし。
でも こうなる未来がわかっていたのなら 翡翠賢者の道をあきらめて
心おられて転生するときに 一度 アロエとかアイコとかチョイスしてたかもですね。

こう 微妙なマーケティングはやめてほしいなと地味に思った次第。

まぁ 今となってはもう このキャラで押し通すことは自明ですから
キャラクター選択アイコンとか気にせずに「いいえ」ボタンですぐに戻ったわけですが。

まぁ 一通りのアニメーションはニコニコとかに上げられてましたし
そちらの方を参照していけばいいんじゃないかって思った程度。
……でも 割と「なぜ替えたし」って意見が多いってのも気になりますね。



まぁ キャラによって賛否が分かれるものもあったりしますし
ミランダ先生が今まで差別されていたのもどうも気になりますし
その意味では ある意味よかったような気がするけど違和感もある。
――ボク自身の意見もなかなか着地点が見つけられないですね。

キャラクター03キャラクター04
ホント 実際に動いているところを見ていると確かにぬるぬる動く。
――今までほとんど不動だったウィーズ先生が動いているって言うのも
なかなか違和感があるってのもあるけど それ以上の違和感もないこともない?

動画では まぁ ミューちゃんの見上げ顔もいいのか?  なんて思ったけど
静画にしてみると作画の違和感がどうも気になるってのがミューちゃんの感想。
……まぁ すべての先生を確認したわけではないけど どうもね……

検定07
まぁ そのついでですが
四字熟語検定がSS乗りました

――正確には乗せてもらった
感じですので ついでに表記。

……ビジネス検定は正解率がエグい割には 全く点数上がらなかった反面
特性的に キーボードの出番が多い漢字検定は点数ぐんぐん伸びますね。
――そして 漢字表記の理系問題も結構あるなぁとはたから見て思った次第。



余談。 easyの協力を まぁ 機会があって登りつつ討伐~  って
場面を見に行く機会があったのですが やっぱりeasyも難しいですよね。
……やっぱり 問題レベルももう少し下げていいんじゃないかって思うですよ。

ただ お守り効果はやはり絶大なようで できるときにはかなりのアレで
オーバーキル状態でありまして あの蜘蛛が少々かわいそうになった次第。

TOP