お伊勢①

2013⁄06⁄21(金) 00:00
IMG_0356_R.jpg
さて 昨日のお話の中でちらりと
書かせてもらった伊勢行きのお話。
ボクがどこかに行ってきた~ 

って内容で書き始めている
ボクの記事におけるそれに反しない
形で とにかく画像中心で
書かせていただこうかと思いますので
よろしくお願いします。

正確に行きますと ボクがその伊勢行ってきたときに撮ってきた
写真を時系列順にPCに並べながら思いついたことをつらつらしゃべるという……

……今までの旅行記事に関してもすべてこの方向性でやってきましたが
まぁ そうなりますと そりゃ 画像中心で記事立ち上げることにもなりますし
その成分も多めになりますよね。 話の展開が無理やりなのもその成分が大きかったり。

まぁ 基本的に無理やりにでも画像挿入しようとする節もありますので
話の筋がガタガタになっていることもしばしばありますが それが大きな原因だったり。

とりあえず その画像を一通り終わらすまでシリーズとしてこの系統の記事
量産していくことになりますので あらかじめご了承ください。
――最近ネタが少ないから その字面うめともいう。 よくあることです。

02_20130618002421.jpg
さて その移動に関しては近鉄特急を利用しました。

――近鉄特急で伊勢行くのだったら
リゾート特急みたいなのも最近
はしっているみたいですが それ
興味あったことはありましたが
正直 それ使うまでのお金はな~  みたいな
ことがあって断念したのですがね。

なお これに関してはすべてとは言わないものの ある程度は
母親からの援助があったということもあって こうして実現にこじつけたという
利己的な裏話もあったりなかったりするのですがそれはさておくとして。

まぁ あと 向こうで9時に間に合わせようということで出発時間が6時と。
――特急は使いましたが 伊勢まで電車で3時間というのは非常に楽ですよね。

03_20130618002420.jpg04_20130618002420.jpg
05_20130618002419.jpg
で 鶴橋のコリアンタウンや農村集落や
なんかよくわからない観音様やら
特急の車窓から眺めると。

なかなかいい旅路ですね。
これも。


06_20130618002418.jpg
とまぁ そんなこんなで伊勢市駅に到着。
これでもいろいろ端折りました。


07_20130618002417.jpg08_20130618002512.jpg
なお 近鉄でやってきたのっぴぃさんですが なんかこの駅
近鉄の駅とJRの駅とで構内がつながっているらしく
別に わざわざ入場券買ったわけでもないというのにJRのホームも眺められました。

入場券買わずして この広い構内を眺められるってのはかなりお得ですね!!
――なお のっぴぃさんは昔から「線」というものに結構惹かれている節があるそうです。
……まぁ 例のごとく この辺に関しては端折ることにしますがね。



さて 伊勢市駅に着いたからには まず外宮にお参りすることになるのですが
その前に せっかくですので 式年遷宮のお話について
少しばかり 手元にある資料でぼちぼち喋りらせてもらおうと思います。

まぁ 外宮回っている最中にこれについての博物館にもよったのですがね。
当然のごとく そこで写真撮影なんてできませんから
今回 それにおける立ち位置というのは 資料による云々という方向性で。

――まぁ 今日はこの内容で残りの記事埋めといて 次上げるときに
外宮で撮った写真をざっと並べ 内宮を~  みたいな方向性で行かせてもらいます。

正宮の敷地は二か所あり――と 言うか正宮に限らず
ボクが見て回った限りでは かなりのお宮が敷地二つ持っていました。――
20年に一度 その土地を改め 建物を立て直します。

余談ですが ボク自身が20歳なので まぁ 一種それも念頭に入れつつ。

これは持統天皇の時代から(690年)始まり 1300年間
日本の建築における一つの概念 「若返り」になぞらえて
国の若返りと 永遠の発展が祈られてきた~  って 事らしいです。

その最中にも さまざまなお祭り――と 言うか この場所自体が
色んな物の総本山的なものですし お祭りが毎日複数回のペースで行われているとか――
を通して 式年遷宮が行われてきました。

……で それと共に伝えられた伝統工芸なども存在し
また 建て替えられた旧宮についても それは分解されて
全国の神社などの建材などに再利用される――とのこと。

まぁ 何事も新築した家については新しいって気分になるのは当たり前かも
知れませんが それに関する感覚って 昔の人も変わらないんですね。
……お宮を変えることで若返り。 なんとなく その感覚もわかる気がします。

とまぁ その建材も限られた場所で入手しないといけないとか
そもそも 神様に毎日献上するお食事に関してもいろいろと規約があるとか
そんな話も 語ろうと思えば語れるのですが 多分このブログは
そんな堅苦しいことを書き綴り続ける場所ではないような気がしますので。

ひとまず 確か今年10月あたりにこれが完成するということで
時間ができたならば 完成した伊勢神宮にお参りに行くのもいいのではないしょうか
――先ほども書いたように 20年に一度のイベントですからね。

……と まぁ 今日はこのくらいで終わらせてもらおうと思いますね。 はい。

TOP

祖父母

2013⁄06⁄20(木) 00:00
なんか 昨日祖父母が云々って話も書きましたが微妙にそれも関係するのかな?
そんな話昨日書いたわけだから そこ切り口からしゃべりだしてみますと。

まぁ さすがに自分(孫という立場)も成人を迎えてきますと
今のご時世 それの親・祖父母の世代となりますとそれなりの年齢の方に。
そして お年を召されるといろいろと体の不調もでてきますということで。

で その祖父母については父方も母方も大阪府内と神戸市に住んでいる
ボクにしては割と手近なところに住んでいるって言うこともあるわけで。

そして ボクの両親共に親の面倒を見に行きたいって思った時
かなり年を取った両親に布団用意してもらったり掃除してもらったりとか
来るための面倒をかけたくないという気分もあるのでしょうね。

――そう思い立ったときには ボクのところにやってくるという流れ
確か 去年にも結構経験していたような気がします。 で 直近にもありましたと。
そんなわけで これからちょこちょことこれに関して母来訪のお話です。

ただし その両親の親子関係にもいろいろと面倒なこと――孫のボクが
考えるのを放棄するくらい面倒なあれこれ――が存在するらしく
「息子の抜き打ち調査」という名目も引っ提げながらこちらにやってきた模様。

まぁ 実際にもそれっぽいことはそれなりにされまして
部屋の管理については まぁ 別に親が来るからって根詰めて掃除しなかったって
言い張っておけば 日頃はそれなりには住んでいるつもりなので
「日常レベル」という意味ではOKという評価はもらいましたが。

――まぁ 洗濯に関してとか 台所の衛生面に関してなんかでは
いろいろとダメだしされたりもしましたし 主婦力に関してはまだまだだなぁと。
――そして この辺のデータをもとに 裏通知表つけられてそうで怖いのっぴぃさん。

IMG_0356_R.jpg
あと それとはまた別に 母親が
今年の「式年遷宮」を前にして
伊勢観光したいとのたまったこともあり
自分もそれに便乗する形で
伊勢に行ってきたりしたのですが
――これに関しては 非常に画像も多いですし
いつものように 旅に行ってきました系
シリーズを後で組み立てることにします。

……一応 この辺りは次回予告的なノリで書かせてもらってもいいですよね?

なお 今年は妹が受験生をやっている影響で 夏休み以降に関しては
こうして両親共になかなか動くことができないという現状があるようで
まだ思いっきり新しい宮が完成していない中 伊勢観光を強行したところには
そのような背景もあったらしい……と 言ったところでしょうか。

まぁ そのあたりの細かいあれこれについては また後日話すことにしましょうとして。
……とりあえず その伊勢以外のお話について軽くこの後は語ることにしますかね。



とはいっても 基本的にはボクのメインのお役目は祖父母と会話をすることでしょうか。
――まぁ 悪い言い方すれば祖父母の意識を自分に向けると。

その間に――今回は母の実家に行ったのですが――その娘のボクから見た母が
その家の中の祖父母が自分でやると言い張っているものの
実際に祖父母にやらせるのには無理がありそうな労働をやると。

――ただ 単純にそれをやりに行くのでは どうも娘にそのようなことを
直接やらせたくないみたいな感情が働いているちょっと気難しいらしい祖父母。
……普通にやってたら 無理やり口やら手やら出してくるみたいですが。

ここで その意識を孫が誘導することによって 母親としては
なんかいろいろと心配な作業を効率よく進めることができるとか何とか。

――いろいろと細かいことプライベートですし言えませんが
人間年取ってくると気難しくなってみたり頭が固くなってきた理みたいな変化が
現れることは ボク自身自らの父親を眺めながらなんとなく感じている次第でありますし。

そんなことをうっすら考えながら そのような今回の自分が割り当てられた
「ミッション」を愚直にこなして行ったりしているわけですがね。

そして この先両親共にこちらの方に来れなくなるということで
両親が引き受けていたこの辺もろもろの作業についても もしかしたら
積極的にボクが引き受けていくことになるんじゃないか――なんて
思い始めている節もあるのですが それに関しては考えすぎでしょうか??

まぁ そのあたりはいいとして たとえば今回に関しては
その祖父母の相手をするにあたって その家の庭で取れた果物を漬け込んだ
お酒なんかを味見したりなんなりして まぁ それなりに楽しく過ごしていたのですがね。

あとは 大学の勉強の話を楽しそうに話すと。
――「楽しそうに」。 ここがポイントです。 実際楽しいのですが。
……最初から 自分の興味が向いているコアな学部選んだかいありますって。

その他 妙に突っ込みたくなったことを書かせてもらうとするならば
有馬の裏手である神戸市街地――少なくとも ボクの住んでいる下宿周辺には
結構銭湯的なノリで温泉が湧いていたりするのですが ボクの母
この温泉に異常なまでの執着を寄せていて その執着にボク 振り回されたと。

なんか こっちに母がいる間の行動規範が「いかにして神戸で湯につかる時間を
確保するのか」といった場所に固定されていた感があってなんかアレ。

――まぁ 暑い中 汗流す良い機会をもらえたってのはボク的にも利益なのですが
それでも なんか愚痴りたくなるような空気が感じられるのはなぜでしょうか。



IMG_0426_R.jpgIMG_0428_R.jpg
伊勢旅行関係ない意味合いで でも この両親がいる間は
大蔵省として自分の財布を削る必要が無いですから。 と 言うことで。

……この期間に関しては 結構のっぴぃさんのおなかにはいいものが入ります。
――そして 量的にも結構詰め込むことは半ば当たり前な感じでして
結果的に 「頑張ってこの時期に太ろう」みたいな流れになるわけですが。

なんか その意味で考えてみるのだったら たとえばこのカレー屋さん
親のお金で食べさせてもらえるって機会には結構行かせてもらっていますが
妙に「久しぶり」って感覚になった点でもその片鱗があるのでしょうかね。

まぁ ラーメンに関しては一人で食べる機会もちょこちょこできましたが
ガッツリ量を盛ろうって自分の財布を削るときにはあまり考えないかも。

IMG_0420_R.jpg
あと 甘味系も自然な流れでいただけるってのも
この時ばかりの特権ですかね。

TOP

Museum

2013⁄06⁄19(水) 00:00
一つの意見として 最近のっぴぃさんがブログにおいて「記事ネタがない」みたいに
叫んでいる件に関して 一つの有力な説として
そもそも しゃべる前に それっぽい行動してないんじゃね??

――なにか 行動を起こさないのならばしゃべるものが無いのもしょうがないのでは。

……みたいな理性的な考え方もあるということで それについて思い返し
尚且つ 何かしら行動に移してみようではないか!!  と 言うことで。

美術館01美術館02
美術館に行ってきました!!  そりゃ こんなところ行ってみたら
否応なしにでも記事ネタ量産できるよね!!  なんて。
大阪の中之島の方にある 国立国際美術館の方へ遊びに行ってきました。

……嘘です。 いや 美術館行ってきたこと自体は本当ですが
そんなブログのために突撃してきたみたいな書き方している点は嘘です。

とある大学の授業で なんかレポート書くために行って来いって
指定されたので それで仕方なくいってきた感じです。
無駄な出費なのではないかって半ば思っています。

まぁ 大学の授業関係で美術館行ってくる~  みたいな意味合いでは
たとえば 去年の秋ごろだったかにも同じようなことをしゃべっていたような気が。

あの時には 神戸の博物館にやってきていたフェルメールの絵画など
オランダの某美術館に収蔵されている絵がもろもろやってきている~
――みたいな売りがあったので まぁ 社会見学的にもそれなりに面白かったですが。

今回は 必ずしもそれを見て来いって言われてきたわけでもありませんし
その時の企画展も 関西各地のほかの美術館・博物館に収蔵されている
絵画がごっそり集められている企画展でしたっけ??

なんか 特に日本画ばかりが集められているというわけではありませんが
インパクトというか 売りというか その意味ではかなり差が離されている気が。

――西洋の美術館と比べて日本のそれは かなりコレクションが貧弱なイメージが
個人的には結構大きい気がするのですが それってボクの
勝手な思い込みによるものなのか それとも結構共感得られるものなのか気になります。

因みに 同じ学部で一足先にこの美術館行ってきてそのレポートのための
調査をしてきた人に その感想を聞いてみると「非常につまらん」
とのことだったので まぁ それに関しての感覚はお察ししますって感じ。

で 帰ってみての結論というか それもその友人に聞いたものと大差なく
最終的に 結構この生き返り含めてボられた交通費もなんかアレだな~
――みたいな感想漏らしたくなるのですが これも貧乏性故なのでしょうかね??

まぁ この帰りがけにQMAして帰りましたし この辺の交通費の面に関しては
この辺りで差し引きゼロだと考えることにしましたが
入場費用に関しては どうしても 収支的に赤字になった感が強い気が。

なお のっぴぃさん 最初はフェルメールの絵画を見に行ったときと同じノリで
一つの祖父母と外出する一つのネタとして提供できればなって思ったのですがね。

――まぁ この背景事情に関しては祖父母もそれなりにお年を召しておられますので
この辺を考慮に入れた上で 祖父母側にしてみたら 孫と外出するネタができますし
そもそも 前に「外出するきっかけがないと動かないから」云々の
セリフを聞いておりましたので その動機にも見事そぐわない。

基本的に 課題内容をしっかり把握するためには その閲覧スピードも
それなりにゆっくりになるということで しかも 外を歩き回るのには暑いですが
基本 絵画のためにも空調はほかの場所よりもしっかりしている博物館。

疲れた時にはベンチの類や喫茶店も常備してあるということで
こんな時の外出場所としてはかなり好条件を満たしている博物館。

それに対してボクも 状況によっては交通費だけで入場費諸々の支出を
抑えることができる望みもありますし その他もろもろのおこぼれを
期待するためだけに来るということもできますし(←あざとい)
それなりに 一人で来るという以上のメリットも感じられたのですが……

この時は あいにくの向こうの体調云々の問題が生じてしまったため
残念ながら この割とアイディア自体はよかったと自負している計画が
白紙になってしまったって背景もあったりするのですが それはそれで。

まぁ この辺りの計画については なんか期末レポートに関しても
行き場所指定されて美術館行ってこなきゃいけない的な課題らしいですし
その時にでも同じようなこと 試してみる価値はありそうです。

――と 言うか 一年後期と今期と続いているということで
来期にも下手したら 同じように美術館や博物館の類に通わなきゃいけない流れに
なる可能性もありますし この可能性はかなり意識した方がいいかもですね。

ずいぶん話はそれましたが まぁ この流れの中でいろいろと絵を眺めるわけですが
たとえば 一年の間に受けてた授業で西洋絵画史の古代からルネサンス程度の
絵画史に関しては ある程度頭の中に詰め込みました。

さらに 名前だけでいいのでしたら QMA知識(美術・絵画検定)に関して
上で仕入れた知識の定着みたいなのを狙ってとりあえずSS獲得まで
回したこともありますし 「それまでの」流れに関してはある程度ついてこれるのですが。

どうも ロダンとかピカソとかが活躍しだす時代とか戦後とかの
モダン・アートの色が濃厚になってきますと もう 完全にボクの手に余って
全く理解できない領域に達してみたりいろいろとするわけで。

――まぁ こう自称はしてみるものの それまでの時間の流れについても
「普通の理学性にしては」といった注釈つき、ということにはなるのですがね。――

とまぁ そんな書き方しておけば 聞いていた「面白くなかった」というのと
字面だけでは同じこと書いていたとしても ボクなりに
何が面白くなかったのか~  みたいなことについてはなんとなくわかりますよね?

その他 ビデオ作品として 一人の人がピアノ演奏している最中
色んな人たちが鋸とか工具駆使してその演奏中のピアノ破壊していくみたいな
映像が堂々と流されていたりしましたが たとえばこれに関しては
見ていて超不快になりましたし もう こんな思い出しか残りませんよね。

触る機会が少なくなったとはいえ自分も かなり楽器に愛着持った人です。
――楽器を意図的に粗末にするものに関しては並々ならぬ怒りがわきますよ。

TOP

不良品

2013⁄06⁄18(火) 00:00
なんか たとえば関東やらに住んでいる方には同意してもらえないのかもしれませんが
少なくとも ボクの住んでいる地域に関して言うならば
前 梅雨入り発表なされたような気がするのですが そんなのどこ吹く風。

――雨って いったいどこへ行ってしまったのだろうって日が続いております。

先日 ニュースでどこやらの家が火事になったってニュースをやっていた時
ここ最近……と 言うか 今月に入ってまだまともな雨が降っていないおかげで
水の確保が大変で~  なんて 消防隊員の方がぼやいていた
お話をニュースで聞いた感じで。 ……ホント ここ数年の気象はおかしいですよね。

ただ こうして雨が降ってきたりしてじめじめしてくれないおかげで
たとえば 日が照っている暑い日中に対して 夜になればそれなりに
温度がカラッと冷えてくれて ついでに うまい感じで汗も飛ばせるので
この間ならまだ 許せるかな……  なんて 思っていたのですが。

――ついでに そんなお話を書きはじめようなんて思った矢先に
なんか 急に言うなれば「寝苦しい夜」みたいな気候に変わってくれたおかげで
いろいろなイライラに近い感情が芽生えてきたのですが さて どうなのでしょうか。

個人的な感覚として 梅雨の雨と一緒にこのじめじめした空気がやってくる~
――みたいな感覚でとらえていた節もあるので こんな感じで
暑さだけが先行してやってこられると 何かが間違っている気がして仕方がないと。

さらに言うならば この辺の気候に対して ボクが普段使っているのは
省スペースのためのロフトベッドだったりする手前 そして 暑い空気は上にたまる。
――そんな簡単な原理によって ボクの睡眠環境は見事に逆境に立たされているわけで。

さらに そんなこんなで記事を上げるのを待っている間に
神戸にも恵みの雨が降ってきたみたいですが それがボクが神戸を離れていた間という

――下手したら 結構「晴れ男」的エッセンスを持っているボクですが
そのエッセンスが悪い方向に働いたんじゃね~www  みたいな
たちの悪い冗談でもつぶやいていなきゃやっていられないような感じになっていたり。

……まぁ とやかくこんな感じで愚痴ばっかりこぼしているのっぴぃさん。
基本的には 暑さが台の苦手と来ていますから この辺りは納得していただければ。


そういえば 直近に書くブログネタがないないって騒いでいる割には
考えてみたら かなり身近なところに――でも 割と時系列的には既に
放置しちゃった感が漂い始めている日数たっていますが――まだネタがあったので。

――正確に書くならば これぞ 一つの「ブログネタの王道」みたいに
とらえることもできるだろうネタを放置していたのも疑問なのですがね……

なんて ぐちゃぐちゃ書き続けるのも何なので書かせてもらいますと
先日 比較的買ってきたばかりのポケットWi-Fiルーターがイカれました。
……なんか つながらなくなったというか認識しなくなったというか。

最初 自分が説明書まともに読んでいなかったからおかしな使い方したのかな?
――なんて思って 一週間くらい説明書(今ありがちな インターネットに
アップされているマニュアル)眺めながら格闘していたのですが
最終的に 向こうのコールセンターに電話した結果「初期不良品」とのこと。

今の時代 こんな感じのアイテムで不良品引き当てることって
そうそうないという意味では ある意味(貧乏)くじを当てたような気が!!

――なんだろう。 かっこの中に書いた文字を読むのと飛ばすのとで
同じことを話しているのだというのに 面白いくらい意味合いが変わりますね!!
……なんて 変な意味で気を紛らわせなきゃやってられない気もしますが。

まぁ 紙代節約とかいろいろとメリットもあるのかもしれませんが
ボクの場合 これがイカれたのに気が付いたのが外出先だったり
紙のマニュアルならば いやでも目を通さざるを得ないみたいに感じる人も
いるでしょうが こんな形だと それも結構あやふや。

――初めてこれらのセットを持って大阪の方へ外出した帰りだったかしら。
一瞬 ルーターにとって「慣れない土地」に持って行ったから何か起こったのかな~?
みたいな 人間臭いことも考えたりしましたが どうやら望みも薄い感じ。

まぁ たまには調子悪いこともあるか?  なんてずるずるやってたら
なんだかんだで結構対処するのに日がかかってしまったみたいな言い方もできるかな?

で いざというとき それを見るための道具であるそれがイカれてしまったのだから
案の定というかなんというか それに対して迅速に対応できませんし
いざ 違和感感じてからマニュアル眺める流れになってしまったわけですから
それがはたしてどうなのか~  みたいなのが うまく把握できるかがわからない。

アップルなんかもよくやっている手段ではあると思いますが
世の中にはネットにアップしてもいいマニュアルとそうでないマニュアルが
存在しているんだろうな~  なんてことは いやでも感じましたね。

なお さっきのアップルのそれも含めて その辺のマニュアルに関しては
アイパッドの方に データとして保存して オフライン状況でも
見ることができるようにさせてもらいました。 あの時の教訓ですね。

それにしても 不良品がどうこうって言われて向こうから新しい商品が
家に送られてきて それを送り返す経験って 実家時代含めて
まともにやった思い出がないのって 自分が実家でぬくぬく育ってきたから
――なのか これ自体が珍しい経験なのかが こうなってみるといまいちわかりませんね。

ただ 割と忙しいタイミングで(確か 当時はバイトやめるとかやめないとかで
ごたごたしていた時期だったような気もしますが)その事件が起こりましたので
結果的に 割とその辺の作業がウザかったみたいな感想はありました。

さらに その使えなかった一週間があるのだから 使用料金から
数百円分くらいは差し引いてくれるのが常識なんじゃね??  みたいに
内心思ったりはしましたが まぁ これに関しては無理そうですよねwww


と まぁ そんな感じで ボクにしてみれば愚痴りたいことがあれば
全力で愚痴ることができる場所――と 言うのも
ブログの一つの役割なんじゃないかな~  って 思っている節もありますしね。

どうも ここ最近ボク ブログで何書くとか偏っている――主に
某クイズゲーム方面――ような気もしますし できることならば
もっとばらつかせたいところだけど……  ……なかなかうまくいかないですよね。

TOP

バランス

2013⁄06⁄17(月) 00:00
さて やっぱり QMA記事を連続して書きますとページが重くなりますよね。
……一応 基本的にはそのあたり 気をつけながら記事は書いているつもりですが。

のっぴぃです。 まぁ 実家時代はその回線が並半端じゃなく
重たかったりしましたので その辺意識しながら記事を書いていたつもりですが。

こちらに来て新調したPCのパフォーマンスが実家の時からよくなっているからか
ここ最近はあまりその辺に意識しないでいるってのが自分の悪いところかな?

とはいえ ファイアウォールの毎日のようにアップグレード入った直後とか
特にファイルをいじろうとしたときなんかにやたら重くなるのは
一種「仕様」だと思ってあきらめるしかないのか気になるところですが。

さて と 言うわけで 特にこんな感じでQMA記事立て続けに
書いた後なんかは意識して 画像を減らして記事を書かないといけないわけです。

……まぁ ネタ的にはあまりよろしくない現状ですがないわけではない。
けれども 何も制限なかったらそのネタ書くのには
堂々写真貼って記事作るんだろうな~  って この現状。

まぁ これも一種の訓練だと自分に思い聞かせながら
とりあえずは 本日は「いつもなら画像使いながら書くであろう内容」について
口頭での報告で 画像使わないことを目標にしながら記事書いていきたいと思います。

――そうすれば文字数稼げますし。 ほら。 この言い訳でも結構埋まった。



結構ボク自身 ボクがマザコンこじらせたのか母が子離れ終わっていないのか
分かりませんが 比較的多く仕送りが送られてくることは自覚しています。

――まぁ 積極的に向こうに有り余っているコメを消費してほしいってのも
割と現実的に考えられる要因である気がしますが 真意は定かではありません。

で 先日届いた仕送りの中にも 普通のお米やらその合間に詰め込まれた
お菓子やらの嗜好食品なんかの間に なんか非常食とかハイキングに行くときなんかに
バッグに忍ばせておくような類のお米も見られました。

まぁ それを遠目に最初見た時には 今 この辺りは南海トラフ地震とかが
騒がれている時期ですし それを見越して何か常備しておけみたいな
親からのメッセージかなと思ってみていたわけですが……

……どうも 賞味期限を見てみたら「2010.08」とか書かれてるじゃないですか~
――真意は「実家で常備してたけど 使わないで賞味期限切らしちゃった~」
みたいな食品を 連帯責任的ノリで食べることになったみたいです。

あ~ 確かに当時は普通に実家で一緒に暮らしていましたしね~

なお 当時どんな生活していたのだろうってその時の記事ざっと眺めてみた感じだと
今となっては自分でも「バカ」だったと思うお気楽現役受験時代ですか。
――あの時の自分を殴り飛ばしたい、自分で書いた記事を見ながらそう思った感じです。

あと 当時はまだツイッターとかがまだ盛んじゃなかったからでしょうか。
コメント欄とか拍手欄とかが今と比べてもずいぶん元気だな~
――みたいな印象を受けましたが それはボクの文章力の問題が過半数ですね←

なお その時のQMA話によりますと ムシ検定とかトレイン検定とかで
割と幸先よくSランクたたき出していた自慢話とか書かれていましたし
その辺の根本的なところは でも 相変わらずなんだな~  とか。

あ。 そういえば これに関してなんだかんだは「支援物資」ですから
御礼の電話入れさせてもらったのですが その時のアドバイスとして
「水を多めに入れたらまぁ それなりに食べられるよ」とのこと。

……この先 同じような目に合う方がこの日記見られる方に
いらっしゃるかはわかりませんが まぁ ご参考にお願いします。

なお これが届いた週末は この辺りの「保存食」と「冷凍食品」を
多大に使用しまして 家事的な意味でも全力でサボタージュさせてもらった感じ。

……たまにはこんな感じの週末もいいんじゃないかって思ったけど
何も生産していないし せめて QMAの問題回収か
何かしらの勉強のかけらくらいはやってもよかったんじゃないかって
跡になって思うのはよくあること名のではないかと自分に援護射撃。

働く週末から堕落の週末に戻るには ほとんど時間は必要としないようです。
――現実って、世知辛いですね。 時間の有効性をバイトで学んだのではないのか?



そういえば 今月の自転車いじり。 早々に翡翠魔龍について
心を追ってしまいましたので その時に費やそうと思ったお金が
割と浮いてしまった――この辺のお金を元手にして 自転車の部品買い足しました。

まぁ 本来は一度にガッと手を加えるところ手を加えた方が面白いのかもしれませんが
使いながら「あ~ここいじりたいな~」とか考えるものでしょうし
何より ボク QMAとかに結構お金費やしているからか
一度に色んなものに手を付けるってことができないんですよね。

と 言うわけで 基本的に今までちょこちょこと月一の頻度で何かいじっていた感じ。

2月に自転車駆ってから 3月には安全対策に力を入れてみた感じで
4月にはキャリー 5月にはこのキャリーに取り付けるバッグを買い足しましたが
今月は 主に自転車のエンドバーと一種の衣替えみたいなスタンツになったようで。

自転車用のグローブ まだ肌寒い間に買ったものに関しては
そろそろ暑苦しくなってきたということで 夏用に指先が出ているタイプを新調。

バーエンドに関しては やっぱり 日常の移動の範囲として使う
距離が比較的長いという点もありますし それなりに憑かれるのを防止するのにも
導入して損はないのではないか――と自分で思ったので購入。

とりあえず まだこの意味でいじっていない部分には たとえばペダルとかサドルとか。
……なのですが まだ本格的に「不便」って感じた節が無いのも事実。

まぁ バイトもやめましたし 定期的な収入も期待できなくなりましたし
まだ 本格的な必要性を感じていないのに買い足すのもあれかなぁって思います。

――と 言うことで ひとまずは当分この形でこの自転車は運用しつつ
安全運転で長く使っていきたいな~  って 思っている次第ですよね。

TOP

その他ぼちぼち

2013⁄06⁄16(日) 00:00
翡翠07翡翠08
前回のあらすじ  魔龍は無理だったけど 取りあえず
それよりワンランク低いハードルとして 芸能の☆埋め終わったです。

次の魔龍WEEKとか普通に週末にやってくるタイミングに
ボクの準備が間に合うかはよくわかりませんが 次こそは……
……と いうリベンジの心をちょっぴり灯してみた 元・翡翠賢者(偽)。

翡翠09翡翠10
まぁ もらえなかったものはもらえなかったとして流しておくにして
一応 メダルはⅦ、Ⅷと持っていなかったからということでもらってきました。
エメラルドメダルです。 はい。 なんか 今更って感じですが。

なんとなく 「森の妖精」をイメージした今の格好には
似合う色合いということで その意味では使い勝手はいいのですが
ミュー誕生日杯でゲットしてケーキの方と場所がかぶりますからね……

その他 ハンマルコさんと場所の取り合いをしつつ使っていくローテーションに
混ぜていくのもやぶさかではないような気がする。 そんな今日この頃。

ついでに そろそろマリさんの眼鏡がなくなった後について
じわじわと考え始めても悪くはないのではないかって思うのですが
コスプレアイテム大量増産するのもやりやすいかもしれませんが
アイテム「伊達メガネ」みたいな名前でいいですから 実装してくれませんか?

ついでに アカデミーアドベンチャーの内容を課金から見れるようにするとか
ゲームでのマイルームで閲覧できるようにしてくれるとか。
……エレメントメダルのレベル確認が非常に面倒くさいんですよ!!!

残り01残り02
まぁ いいか。 この先の予習に関しては これはこれではっきりしてくれるくらい
見事に手を付けていない残りのノンジャンルとスポーツの予習。

逆に 今までの流れで なんだかんだでそれ以外のアニゲや芸能含めた
予習もそれなりに進んでいるって 結構ボクにしては新鮮な眺め。
――「アニゲ」「芸能」「LS」「社会」「文系」「理系」の予習は完了しました。

まぁ 今まで割と予習で萎えてきましたので まず理系とか社会とかで
まだとっつきやすさが漂うノンジャンルの予習から埋めていくことになりそうです。
――と なると スポーツが見事にラスボスとして立ちはだかることになる訳か。

とは言いつつ ノンジャンルだけ先にガッとやってしまったならば
スポーツやっている途中で絶対に心が折れていくのが目に見えていますので
途中までは一緒に並列して☆上げていくのが一番妥当な流れでしょうね。

とりあえず 手始めにすべての予習は星3に上げるって作業やってもいいかもですね。
あと マッチング待っている間に100点ボイス聞きに行くゲームとか。

白銀01白銀02
そして このあおりを受けまして なんだかんだで白銀賢者昇格です。
――まぁ それなりのペースは保ててますよね。
……一年前はまだ 頭文字に何もつかない賢者だったような気もするけど←

とりあえず このペースで全国大会終えたならば 来月中に黄金に昇格する
――ってのが この先のペースの目標になるのでしょうかね??


修正01
そういえば 立絵変わりまして
ちらほらとツイッターなどで
アカデミーアドベンチャーの
某マップが変わってきているお話が
見られるようになっている気がしまして
ちょっと暇を見つけた時に眺めてみました。

とりあえず ざっと見た限り変わらないのはやはりというかなんというかクイスさん。
相変わらずのよくわからない造形っぷりを発揮した顔で立っております。

修正02修正03
「なぜかはじめまして」のマップにおいては 昔は立絵はそのまま
セリフが流れていくような感じでしたが 立絵アニメーションが一新された
あのタイミングからでしょうか。 表示方法が変わりましたね。

修正04修正05
ただ それ以外の過去のマップに関しては ボク自身
全てを確認したわけではないのでアレですが 結構今まで通りの部分も
――まぁ 立絵自身は新しいのに変化しているのですが そんな風にも見えます。

まぁ 先生の予習音楽が一新した際には アカデミーアドベンチャーでは
音楽 古いものがそのまま流用されているのを確認したこともありましたが
この件を考えると 音楽に関しては少なくとも稼働直後に消すことはしないものの
動画のアニメーションは重さの関係か――なんてのがうかがい知れますね?

TOP

翡翠(お察しください)

2013⁄06⁄15(土) 00:00
劣等生
さて ここ最近はアニゲと
芸能の二つの苦手ジャンルの☆上げを
必死こいてやっているわけですが
のっぴぃさんの地力は“お察しください”なので……

こんな感じで フランシス先生に雷落とされるとか
――それ以前に 0点とかもたまにってどころじゃない頻度でやらかしてしまうわけで。

――小さいころから民放を毛嫌いしている母親に育てられた
……そして 芸能に疎いというか興味がない父親でしたので
それに関しては 基礎の基礎の能力からして……と 言ったレベルだったり。

まぁ アニゲに関してはそれなりに守備範囲もあった手前
「50点行かないから雷」みたいな流れが割とあった感じですが
これに関しては「それ以前の問題」みたいにとらえられることも……

まぁ そのあたりは気合で乗り切るしかないわけですがね。

翡翠01翡翠02
ところで 先日 ミューちゃんの誕生日の背景に
魔龍さんが襲来するという ふわふわ無害な魔法使いミューちゃんの誕生日を
祝うにはどうもいかつい方がやってきている感が……。

ところで こちらの絵柄に関しては 何の説明をするときだろうが
天青魔龍の使い魔さんが現れるというルールにのっとっているのですね。
紅玉の時は 別に興味なかったから流していたのですが。 ふむ。

翡翠03翡翠04
翡翠05翡翠06
ただ 何もやらないまま突撃するのも芸がありませんし 弾き返されるのは
自明ですので なんか誘われた「芸能一多」のブート参加する羽目に
――それやる前は それなりに自分なりには問題眺めてみたのですが 辛いですね……

行けるときでもなんとか半分を超えるくらい。 三桁行かないのもざら。
――まぁ こんなのですから。 ……この先は お察しくださいという感じで。



翡翠07翡翠08
まぁ オーブはアレでしたが その努力もありまして 星うめは完了しました。
――一番きつかったマルチを埋めるという目的の元 なんとか予習をしのいだ感じです。

……ただ 元・翡翠ってプレッシャーは……。 次の機会にはもっと準備しなきゃな。

TOP

2013⁄06⁄14(金) 00:00
どうでもいい話かもしれませんが ボクが今下宿にいて
身近なところで見たり使ったりしているものの中で一番お値段が張っているのは何か。

――まぁ 日頃話題として使っているものの中で考えるのだったら
まず こちらに越してきたときに買ってきた家具や電気機器単体も
それなりにお値段張りますし 自転車もそれなりに。

自転車に関しては 今まで月一くらいの頻度で何かしら
パーツ買い足したりしていますしね。 割とお値段も張りますよ。

単体で考えなければ 割と今ボクの横の本棚に積まれているラノベの類や
あずにゃんのフィギュアなんかも集めたら「趣味」という意味では
かなりの出費を孕んだものと言えるような……これはちょっと ルールがアレかな?

でも そんな趣味の物品にをまとめたものよりはるか
――多分 家具その他に費やしたお金を合算したものと釣り合わせても
割と いい感じで張り合ってくれるのではないかレベルの物品がまだあります。

――ホント 最近ボクの行動の中で影が薄くなりつつあるサックスの話題。

ちょうど一年ほど前 大学に入った直後のノリや
港町という特性故に かなりジャズが盛んだということもあり
結構期待しながらジャズ研のドアを叩いていた時期もありました。

――まぁ バイトやめたのと同じように生活時間が合わなそうとか
上手く人間関係築けなかったりとか メーリスに翻弄されたりとか
飲み会でちょっとした恐怖体験があったりとかしたおかげで
あっさり その道からドロップアウトしてしまったのですが……

逆に 吹奏楽部に関しては 入学式での演奏聞いた時点で
「音酔いしそう」という理由で 生理的にアウト……と 言うことで

考えてみたら このサックスを有効に使えるような団体に
所属していないというまま一年間過ごしてきています。

――そして そのあおりを受けて……  ってのは 日本語として
はたしてあっているのかはわかりませんが 結果的に吹く機会を失って
そのまま ほとんどサックスで戯れずに一年間を過ごしてしまいました。

――こんなことを 宝の持ち腐れって言うのかもしれません。

まぁ 仲間がいないとどうもモチベーションが上がらないって言うのも
少なからずあったのかもしれませんが それよりなにより
それを吹くことができる環境があまりお手軽な場所に見つからないというのも?

仲間に関しては今更どうしようもない部分もありますし
野良で頑張って行けばそのうち そんな場所に巡り合えるかもしれませんが
さて そんな機会を待つにしても 練習場所を確保しないとなぁって問題は。

たとえば カラオケボックスにサックス担いで突撃するのも
可能性として悪いものではない?  なんて 考えたこともありますが
結果的に考えただけで終わってしまった……  という現実があります。

どうも カラオケボックスと縁が遠い生活をずっと続けてきましたので
そこに行くということだけでも結構抵抗があるのかもしれません。

消音機
ただ 世の中には消音機と呼ばれるものもありまして
たとえば 金管楽器なんかはベルにそれ突っ込んでミュートみたいなノリで
使用する物らしいですが 金ぴかですが木管楽器なサックスさん。

ベルだけ塞いでもキィから漏れてくる音に関してはどうしようもなく
結果 すべて覆ってしまう形になってしまうようなんですよね。

さて ここでこのサックスを持ち腐れにしないためにこれを買うか否か
――買って十分な品なのかまず確かめたいなと思いまして。

仮に買うとするならば 早急に新しいバイトみたいなのを探して
これを買うことができるような資金をさっさと調達に走りますし
これがあまり意味をなさないのならば 次の作戦を練らなければいけません。

まぁ 判断材料としては簡単に思いつくのならば
①どれくらい音が消音されるものなのか――音漏れ激しくて苦情来たら意味がない
②重さはどうか――重さのせいでうまく演奏できなければ意味がない

――と 言うわけで 楽器店突入してきましたよ。 先日。 みたいなお話。

ただ 吹き心地に関しては別に自分でもいけますが
音漏れに関してはどうも 一人では判別つかない部分もありますし
これに関しては アドバイザー的立場で友人について来てもらって聞いてもらいました。

――そして 考えてみたらこれがまともにサックス担いで入った
神戸初めての楽器店ということを思い出して少し悲しい思いもしたのでした。

で 結論として 重さの吹き心地はかなり変わる。
これつけてるときには見事に音が出なかった――と 言うか
結構サックスはストラップに任せないで自分でその重さを全て引き取りながら
吹いているようなタイプなので 根本的に吹くスタイルが変わると。

あと 音漏れの方はというと 期待していたほど音は消えなかった感じ。
ついて来てもらった友人へのインタビューは結構微妙な顔で返されましたし
店員さんも「期待ほど消えない」というコメントが ほかの方々から
聞かされる~  みたいな裏話みたいなのもいただきました。

さて この判断材料を持って帰って……  どうするかなぁ。
みたいなのは また おちおち考えていくことになりそうです。
――ただ 今の段階では「早急に買う」みたいな選択肢はないかなぁ……?

簡単に考えられるのは 部屋にピアノ音的な意味で買えないから
キーボード買って それで練習する~  みたいなお話もありますが。

幸か不幸か サックスに関しても それに対応する「らしい」
いわば 「エレキサックス」みたいな品があるようで。

とりあえず 今度機会があるとするならば そちらの方を試してみて
――って 形になると 今度は持ってきたサックスの存在意義が
どんどんと薄れてしまうような気もするので なかなか複雑な心境です。

――と まぁ 久しぶりの書くネタだよね。 これって。

TOP

誕生日・補足

2013⁄06⁄13(木) 00:00
さて 自分は前のミューちゃん誕生日に際して
バースデーアイテム入手のためにいろいろと速度いじってた~  みたいな
言い訳みたいなこと書いておりましたが さて こうして
バースデーアイテム入手した今となれば これに縛られる必要もない。

まぁ マロン先生にはお世話になっていますし そのアイテム
入手しに行くのはどうだろうな~?  みたいなこと 若干は
考えてみたりもしていませんが わざわざやりに行くほどでもないでしょう。

10_20130607235045.jpeg12_20130607235044.jpeg
……と 言うわけで 前書くときには話題に上げませんでしたが
一応 ミノからフェニに上げるくらいの作業はやっております。
――でも この辺りに来るとガシガシ正解率下がりだしますよね……

なお なんだかんだでガーゴからフェニまでは這い上がってまいりましたが
只今の現状 左辺のもろもろの正解率はなんだかんだで借金を返すに
至らない惨状でついにここまで来てしまったのですが――はい。

ついでに マッチング報告とか 前の記事の最後で書いたように
最後優勝した云々の話題 結果行ってしまうなら既にフェニ組まで
上げてしまってからのお話なので 気が付いている人は気が付いている――と思う。

あと マッチング報告に関しては ボクにとっては無自覚な方の
物もあったりしたのですが――うん。 帰ってからブログ回りながら
確認したマッチング報告って辛いですよね…… 申し訳ありません。

なかなか マッチング確認画面で確認する癖がついていませんので
気が付くときと気が付かないときのムラが激しいのと 基本サブカまで
記憶できるような高度な記憶力は持ち合わせておりません故……。

11_20130607235042.jpeg
と 言うわけで 組移動に関してのお話も軽く書けましたので
スイーツぶらさげた現在の状況も
とりあえず並べて示しておきましょうか。

――さて。 で そろそろボクのレベル的には頭打ち感の漂い始めた
フェニックス組ということで まぁ 今回においては無理して
ドラ組狙いに行かなくてもいいだろうな~  なんて思っているのが現状です。

どうあがいても 素のボクのレベルがそう主張しているのだから仕方ないです。



クララ
さて では 残りではここ最近に
撮ってた写メその他を利用して
書けることは書いていきましょうか。

――と 言うわけでクララさんの誕生日。
かなりオーソドックスなショートケーキが
出てきたようなお話もありました。

忘れていたわけではありませんが(と いうか ゲーム始めた時にわざわざ
告知してくれるし忘れようがない)ボクにとっての優先順位はアレだから。

実際のところは ミューちゃんとクララさんの誕生日は
隣接しているということもあって 誕生日杯を行おうとした場合には
お互いの募集を(するならば)うまくずらしておかないと
悲劇が起こるとか起こらないとかいう噂もありますが まぁ。

ついでに 個人的にはクララさんの使い手ってかなり濃いような
イメージが根付いているのってただの固定概念なのでしょうかね?

ひっぱられる01ひっぱられる02
自己反省的な意味も多大に含むのですが根も葉もないことを書きます。
――強い人って、すごいよね……

完全にのっぴぃさん たとえば協力とか行ってみた時には
お邪魔虫感が半端ないことになっているのですが おそらく一人は
それを察してリタイアされたのでしょうし それを考えると
かなり反省する要素はあるのではないかって思いたくもなるのですが……。

そして その辺を顧みながら 強くなりたいと願うと。
……何度同じことを書けば気が済むんだとかは言ってはいけません。

ひっぱられる03
そして 同じように今度は強い
人数が3人+オマケの会になりますと
それだけでも たとえば今月は
ボス戦に対してアイテムが
フルに使えるという背景があるからか
メガホンが飛び交えば
結構オーバーキルって展開も
あるみたいですね……

何がともあれ 完全に協力に遊びに行ったときはオマケ確定しつつある最近。
――この立ち位置 なんとかせねばってさすがに思ってますよ?

TOP

居場所 #とは

2013⁄06⁄12(水) 00:00
たまにはサークルの話題でも書きますか。 大学のリアルサークルの方。
――これまでもそうですが まったく触れなさ過ぎて空気すぎますしね。

一応 ブログのファイルわけの段階では「サークル!」って
意気揚々と作っていたりするのですが それの活用率については
どうも疑問符がぬぐいきれないのは 製作者ののっぴぃさんも同じです。

と 言うわけで 一応 ボクもサークルの方に籍は置かせてもらっています。
ジャズは問答無用でやめた心づもりですので天文のほうだけですが。
流石に 大学生活何かしらのコミュニティに在籍しておいた方がいい気がしまして。

ただし ここ最近は特に バイトで忙しかったり
そのストレス的な意味でQMAやりに走りたくなったりで
結果的に そちらの方になかなか顔を出せなかった

――正確に言うと バイト関係で新入生歓迎的なイベントには
全く関与できなかったから その気まずさからしばらく行けなかった
……というのが ボク的に見た正しい流れなのですがね?

ただ 先日そのサークルの総会もありまして バイトやめたこともありますし
それなりに 空気すぎるのを反省する――というのはどこか
言葉がおかしい気がしますが まぁ 参加するのが常ではないかと。

……まぁ 結構気まずさもありますが この時に初めて認識したこと。

我々の年代のほかの人たちがめっちゃ頑張っていたのかは知りませんが
なんか 今年の新入生はわんさか釣れたみたいである意味すごい光景。
――人数多いですよね??  そして 我々の学年減りましたね!!!

直前まで幽霊化していた――まぁ それなりに部室に顔出しはしていたのですが
夜に生きる人たちとは基本的に合間見えない時間帯に活動していたせい?――
ボクがいえたことではないですが 我々の学年の人数ダダ下がりですよねwww

まぁ 基本的に縛りが緩いサークルなんてそんな感じになるのでしょうか。
とりあえず いろいろと思うこととか総会の話とか聞きながら
あったりしたのですが 空気は空気らしくしおらしく座っていおりましたと。

流れ的には 予算案とかその辺の話とか 議案聞いてたりしてたわけですが
幽霊化していて立ち位置がアレなのっぴぃさんが黙っているのは
一種筋のような気はするのですが……ほかの同学年が静かすぎるのもどうかなぁと。

完全に 議題が新入生にはちんぷんかんぷんで何もしゃべることができないのは
仕方ない部分があるとしても 二年生が完全に空気になろうとしている空気は
この先 いろいろと思いやられるものがあるんじゃないかって思いたくなりますね。

そして そのもろもろが終わった後には 多すぎる新入生はひとまずとして
上階生で部室の掃除をやって基本的流れは終了。
……天気がいろいろと怖かった部分もありましたが まぁ 無事に終わりました。

で そのあとは三宮で飲み会という流れになっていたのですが
ボク的には 飲み会で飛ばすお金で日常生活何日暮らせるか
――下手したら ボクの食費一週間分ボられそうだった金額におじけづいて
結果的に 飲み会に出られる皆様を後ろから見送る。 そんなスタイルでした。

まぁ さっきから連呼しているように幽霊化していた気まずかったのもある。
それ以前に 今度ラストの給料が入ってくるまでは 口座の中身が
結構ピンチという噂が聞こえているというのも大いにある。 そんな感じです。

そもそも この合間に学食で昼休憩していたりもしたのですが
サークルで活動していたはずなのに 結果的にボッチ飯をかましていた
のっぴぃさんのこの場所での立場についてはお察しくださいってレベル。

ついでに言うならば 大学の学部の方面でも特性的に
このサークルに入っている人は多いはずなんだけどな。 なんでだろうな。

――QMA仲間相手に対しては 結構自分から動けるようになった気もしますが
何故 ここまで自主的に活動できないのか疑問が残りますね。



学食02
残りは 前食べ物の話題で
詰めた時には避けましたが
一応 この記事内容も大学構内を
舞台にしている話ってことですしね。
――学食のお話書きながらごまかして
行ってもいいですよね??

どうも 大学で売られている外食い用弁当とか そもそも 丼物に
限定してあげてもいいような気がしますが その辺って
お値段設定が高いような気がしてくるのはボクの気のせいなのでしょうか。

普通に定食食べていれば 基本目標の330円以内に普通に収まるような
お値段設定の学食でも 丼を頼むと普通に350円以上はボられますから
このメニューに関してだけは もう少し値下げできるんじゃないかって思いたく。

そして それに+αして食べてみたハヤシハンバーグ丼弁当とか
この値段でこれだけか……  みたいな空気全力で醸し出しながら
食べてみるみたいなプレイに興じていたのですが これはさておき。

学食03学食04
こう 暑くなりつつある季節 しかも まだじめじめしていない間には
――この記事が更新されるころには気候変わっていることも考えられますが――
どうも 辛い物を食べてスカッと汗をかきたくなる……  そんなこともありますね。

ちょうど 大学の食堂についても なんか今月から
まともにフェア物が復活したようなイメージがありますが
今月は辛い物フェアみたいなのやるらしく――去年もやってたような……

なんか 同じような企画がボクがこの大学に来てからすでに
行われていたような錯覚が覚えられますが 深いことは気にしないようにしましょう。

まぁ フェアに関しては 楽しんで食べられるものもそれなりにありますし
珍しいものが食べられたり結構期待している部分は大きいですので。

あと そのフェアとは関係ありませんが 無性にカップ麺が食べたくなった某日。
――購買部覗いてみたら こんな感じのカレーラーメンが。

まぁ 基本的に変わった種類のラーメンとかはあまり食べたくない人ですが
それと同時にカレー好きに定評があるのっぴぃさん。
……気が付いたらご購入してスパイシーなラーメン頬張っていましたとさ。

なお そのあとの汗をひかせるためには フェアで安くなってた
ガリガリ君40円を利用させてもらったという噂です。

TOP