言葉の闇鍋

2013⁄05⁄17(金) 00:00
どうも。 ここ最近は寒暖の差が激しい日が続いているとささやかれていますが
皆さまはいかがお過ごしでしょうか。 のっぴぃです。

基本的に 周りと「暑い」って言うのを感じる感覚というのが
ずれているような認識があるのっぴぃさん。 天気予報でいくら「夜は冷えます」
みたいなこと騒がれようと もうこの時期には窓開けっぱなしで寝ているという噂です。

まぁ 六月になって夏本番の暑さというものがやってきたならば
ロフトベッドの上段で寝ていられるわけないじゃないか!!!
――的な展開になることが予想されますので…… まぁ 一種妥当なのかもね。

因みに なんだかんだでこの冬 扇風機しまっていませんし
暖房器具端から設置していないという噂ですので部屋の装備は基本変わってないとか。

で この夏に関してどんなふうに乗りきって行くのか考えてみましたが
一応 予定としては今回のマックジョブな仕事はさっさと辞める決断をしましたので
もしかしたら クーラー代金については全力で突き詰めて
ゲーセンとかで涼を取りに行く作戦になるのかも知れません。

――まぁ 先行投資って名目で 今のうちからアイスの類は
なるだけ買いだめるようにしてはいるのですが そんな投資って
思ったより持たないというのがよくありがちなことですからね。

こう 一日の間でもかなりの寒暖が出てくるようになって
――と いうか 最高気温という欄がうんざりする数字をちらほらと
示すようになったからには この辺の覚悟はさっさと決めておいて損はないでしょう?


取りあえず GWの愚痴も基本的に吐き出してみますと
まぁ 一種この時期恒例なのかもしれませんがとある問題が頭をよぎるようになります
――どうも ブログネタが思いつかない。 またか。 またなのか。

逆に そのようなマンネリの時期を経ずになんだかんだで
一か月突っ切ることができた先月がかなり特殊な例だった感じですねww

一応 ボクの頭の中にはあの時にできた約一週間のアドバンテージを
徐々に食いつなぎながら 取りあえず月末のそれなりに記事作れるような
(正確に言うと QMAがイベント的に頑張ってくれるような)時期まで
過ごしていけたら結構楽だな~  とか 思っている段階ですね。

大学が始まってしまって こうして軸足を神戸に置いたまま行動しなければならない
さらに バイトでいろいろと動くようになってからも
動いているとはいえ なかなかブログにその内容を書き込むことはタブーだろう……

……ってことを考えてみると 意外とブロガーとしての足かせってのは
働いていてもいなくてもそう大きく変わらないのかもしれません。

去年も毎月20前後の日付になってきますとこんな感じで
「ネタがない」って騒ぎ始めて 毎度のようにこんな感じで
たらたらと書き連ねていた記憶がありますが 微妙に変わった背景を記してみると

去年→とりあえずやることないし金もないから寝てただけ
今年→とりあえずかなりの時間をバイトに取られるから書くこと作れない
――みたいな違いが今のところは出ているような気もしますが。

……まぁ これ宣言通りバイト近々やめたならば 去年の二の轍を踏んで
結局睡眠時間増量マシマシな堕落生活に戻るのかが見ものですかね?

――なお 今のところ 新しいバイトは特に何もなかったら
前期の試験も怖くなってきますし すぐに始めるってのはどうかな……疑問符付き。

まぁ ブラック企業の常識が今のところボクの頭に張り付いているおかげで
バイト始めちゃったら 夏にもまともに帰省できないようなイメージが
出来上がってしまっているのですが 普通にバイトしてても
そこそこ帰省できるようなものなのでしょうか??  どうでしょう??

この辺考えながら まぁ 夏休み中旬くらいにちょうどボクが
冬休み中旬で仕事見つけてきたみたいなものの縮図できるかな~
――とか 今は考えているつもりです。 その通りになるかはわからないけど。

一応 今回いやというほど身に染みたこととして バイトは一人で選ぶと
まともなもの引けない――と いうかボクの引きが悪いだけ?――ということが
分かりましたので まぁ 相談相手がいる時期といういい方に替える方がいいかもです。

あ。 ちなみに 一応今月頭に提出させていただいた辞表についてですが
――さすがにブログに上げるようなものではありませんがね――
先日 バイト先の責任者から「そろそろ板についてきたんだからやめなければいいのに」
的な嫌味のようなこと言われましたので 大方受理されただろうと踏んでいます。

少なくとも ボクの主張を見ていただけたのだろうなってところまでは
核心持って言えることだろうとは思います。 意外とあっさりしてたな。

まぁ 性格的に有耶無耶に消えていくのは一番嫌でしたし
正確なステップ踏んでおかなければ GW捨てて稼いだお金すらもらえない
――捨てたんだったら せめてその見返りだけは回収しておきたいですから――
展開まで予想できたわけで まぁ 妥当な判断だったかと。

一応 確かに仕事は慣れてきた感はありますが そうしてずるずるやってたら
社会勉強やりたい、今のうちしか いろいろなものを食い散らかして
放課後過ごすこともできないでしょうから――みたいな思いもありましたし。

ついでに言うなら 周り曰くには「それだけ働いてそれしかもらえないのか」
みたいな評価もあることで まぁ 見分は広く持っていた方がいいだろう
……みたいな意味合いも感じられる言葉も投げかけられましたしね。

――自転車で結構広い範囲駆け回るようになりましたが
その分 さまざまな角度で街を俯瞰することができなくなっていることも自覚しました。

それとはまた ちょっとベクトルが違うかもしれませんが
社会的にも物事を多く経験して さまざまな角度で俯瞰できるようになりたいものです。


――あ。 そういえば このバイトにおいてもろもろで一番お金を
消費させてもらった自転車もろもろのセットについてですが
それがもたらした効果というのは 完全にいい投資だったといえるでしょうね。

今のところは しばらくこれで買い足すものはないような気もするのですが
これでかなり行動がアクティブになったような気がします。 冗談抜きで。

TOP