罪悪感

2013⁄05⁄03(金) 00:00
思い付きからいろいろと記事のネタまでは供給できるんですよね……
と いうわけで 大学生活再スタートしてみてもろもろについてしゃべってみようと。

まぁ 世間はGW真っ只中だったりして 今こうして書き込んでいる
大学のお話が結構空々しいものであったとしても まぁ そのあたりは
心の中にしまいながら――例のごとく 保存記事を多用している弊害です――
深いことは気にせずに この辺り語って行こうかと思っています。 はい。

まぁ 記事の組み立て方の影響もありまして 五月に入りましても
全力で 直近――とはいっても 一週間以上前の話題持ち出すこともざらだけど――
に書いた話から いろいろと引っ張っていく……みたいな考え方は
継承していこうかな~  って 考えておりますので一応。

昨日もそれについてぼやきましたっけ??  新入生が入ってきまして
考えてみたら まともに新歓サークルのお手伝いとかしなかったな~
……ってのが ここ最近の反省点だったりします。

もう少しまともにお手伝いすれば。 ……と いうか もしかして
新歓の費用ボク まともに払っていなかったりする??  そういえば
結局大学の研究室への~  ってのも最終的にあいまいになったけど
今考えてみたら 春休み考えていた予定結構すっぽかしている??

みたいなこと 今更になって結構思い出して後悔している最中なのですが……。

まぁ おかげで、と短絡的につなげていいのかはわかりませんが
この辺 非常に最近連絡しにくいというか あまり「そら見て騒ぐ」みたいな
事に興味を示さなかっただけに 考えてみたらメンバーの事
あまり記憶していないな~  って言う 見事な幽霊化しているのっぴぃさんです。

なんか そちらの関係の方々にはボクってどう映っているのでしょうか。

……ツイッターのフォロワーの中にもこちら関係の方もいらっしゃいますが
正直に ゲーセンで遊びまわっているツイートしまくっている自覚
流石のボクにもありますし そのような姿を見てどう思うのか……

……うん。 深く考えるのはやめた方がよさそうだけどね。 まぁ。
――でも 個人的には確かに 星を眺めながらそれを一般的にした
古典力学の式を眺めて考えていくって言う方が好きなので……

……なお 量子力学に関しては まだ習ったことがないだけなので
まだ 概念の物理というものにピンと来ていないだけで ボクが持っている
変態性がさらに進化して 数式にのめりこんでいく可能性が無いとは言えませんがね。

……まぁ 今のところ ボクの中の比重というのは「観察>式」
だとは思うのですが このコネクトが一番好き、といったところでしょうか?



マジで?
前に書いたように ボクは大学の
授業間にキャンパス内を移動するために
半ば強制のハイキングをやらなければ
ならないのですが……その途中に見えた看板。

普通の平地にある小・中学校にも
確か校門にこんな感じの材質で
出来た看板で
「関係者以外の立ち入りを禁じる(用がある方は事務室まで)」
みたいなこと書いて 戸締り気に
しているような節がありますが……

「イノシシが入ると危険です。扉は閉めてください」ですか……

確かに 六甲山に張り付いている神戸大学では 普通にイノシシ
目にする機会ありますけど 取り合えず 車をメインにして
生活しているであるだろう人々が多く住んでいる一応住宅街にある
市立小学校で こんな表示がなされているとは……と 少し驚きました。

まぁ イノシシが大学構内に現れることは 神戸大学内では都市伝説……
……と同じようなしゃべり方で語られていますが それに出会うか出会わないかは
多分 その日ではないだろうってレベルではあるのですがね。

実際 ボクも一年後期のテスト勉強を図書館で籠ってやっていた際
なんだかんだでその帰り道(夜ですが)にイノシシさんには遭遇したことがあります。
……まぁ それだけに あながちウソではないんだな~  ってことも理解しますよ。

――でも そうだとしても この表示を違和感なく受け入れることができるかどうかは
また別問題なのではないだろうか……??  って 思いたくなる私。



神戸大学の場合 医学部とか海で活躍する学部なんかは離れた場所に
専門でキャンパスを持っていますが それ以外の学部に関しては
山に張り付いているため キャンパス移動に時間がかかりますが
その補正をしてあげれば 大概の学部が割と近くの場所でアクセスできます。

去年一年間に関しては 考えてみたら全体的に「教養科目」みたいなノリ
……または 数学みたいな理系科目でも 同じように教養科目やっている
部署が管轄している授業(たまに理学部の先生が駆り出されてたりしてたけど)
ばかりだったので 考えてみたら 理学部の教室で受けた授業は少なかったなと。

でも 今年に関して言うならば まだ教養科目みたいなのが残ってはいますが
かなり 専門科目が占める割合というものが大きくなってみて
結果的に 去年はほとんど踏み入れる機会がなかったような気がする
理学部校舎で受ける授業というものが多くなりました。

なんというか それだけで一種「専門に近づいた」みたいな錯覚を感じますよね。

性格には そこでいろんなものを吸収してからではないと
その専門のフィールドに至ることはできないのですがね。 これに関してはいいにしても。

学食01学食02
まぁ そんな風にしてボクの大学生活を送る場所に
多少の変化が生じたのだったら ボクが去年多用していた学食ネタ。
この中身に関しても 多少の変化があるのではないでしょうかと。

理学部の場合 適当にご飯食べましょうか~  って思った際に
行く可能性がある選択肢がボクの感覚では二か所あるのですが
たとえば そのうち片方が 結構工学部(別名:男の塊)の近くに
位置していることもあってか 中身にスタミナ系統が多かったり……

考えてみたら 些細なことかもしれませんが学食ごとにいろいろと
個性があるのではないかってことにここ最近 ボクの目が向きました。

あと なんかここ以外で見たことなかったから「チキンチリカレー」なるもの
食べてみたものの 結局 学食で食べるカレーというのは
全体的になんかアレだな~  みたいな感想もあったのだけど これは別の話。

TOP