重鎮

2013⁄04⁄21(日) 00:00
バイト始まった時から自覚はしていましたが 甘いものの消費量が
ここ最近結構増えてますよね……  もしかしなくても
それなりにこれでストレス溜めているみたいです……

それで 最近ある意味ペットボトルシンドローム予備軍。
ペットボトル飲料の消費量がここ数日かなり増えているわけですが……。

重鎮
考えてみたら 約一年前「急に友人が
訪ねてくることがあったならば
ジュースくらいは用意できていた方が
いいよね??」とか考えて
一応 作ってみたいたんだよね。

コーラ。 この存在を思い出した。

考えてみたら こいつが冷蔵庫居座っていたのだったら
別に新しくジュースとか買ってこなくてもいいじゃん。
と 言うか 一種「長老」みたいな感じになってません?
冷蔵庫の中で。

……このことに気が付くまで バイトが始まってから約一か月かかりました。
なるほど。 こんな簡単なことに思考が追いつくまで
何故ここまで時間がかかる羽目になったのだろうね。 知りたいね。

……それと同時に これが約一年間不動のこの位置を
守り続けていたってことは 大学入学してこのかた
ボクの下宿の中に「友達」を連れ込んだことが無いということで……

これはこれで 結構まずいものがあるような気がする(学生生活的な意味で)
のですが これに関しても深いこと考えても始まりませんよね??

まぁ 一年前のボクと違って――そういえば 今まで使ってた「一年前」って表記は
浪人時代をさしていたんだけど これからは「新生活にあこがれた一年間」を
挿す単語に変わるのか。感慨深いな――「まぁ こんなもんだな」って
これからの生活達観することができるようになるのではないかと思うと……

一種 部屋の装備というか冷蔵庫の中身は考えようがあるような気がしますね。

……とりあえず ペットボトル飲料については主に自分のために
買い置きを作ってみるとして……  まぁ 同じ買うにしても
500mLペットボトル大量に用意するよりも このくらいの大きさのを
一本ドンと買ってくる方がお財布にはやさしいのかしら??

……まぁ バイト先に持って行った方がよさそうな長いシフトの費用に
小さいボトルも買っておいて損はない気もしますけどね。

……なお 只今有力な説としては仮に「昨日話題に出した契約がそのまま行けたなら」
……と しても 結構夏ごろをめどにやめそうな気もしますけどね。
半年近くやったんだから 別にどうこう言われる筋合いもなさそうですし。

昨日書いたように 自分にあまり合っているような気もしないし
そんなの 結構この短い間にも神経すり減らしたし意地になって続ける理由もない。
……個人的には 苦手なものがはっきりしたら切るのもアリかなって考えてます。

で 夏休みそれなりの長さ帰省するか それとも短い帰省を前半後半
二度に分けてするか。 ……どっちかみたいなノリでってのが中長期的なプラン。
……まぁ これは未定事項もいいことなので完全なる余談ですがね。



で ここ一年で友人を誰一人として自分の部屋に誘っていないことが
明らかになりましたが だからと言って誰も家に上げていないわけではない
――もっと正確に言うならば 両親は時たま査察に来ますよね。

で つい最近に(電撃的だけど)帰省した直後ですが
どちらかというと この査察目的というより 本人が関西に用事があって
足掛かりにした方が動きやすいから、という理由で親父来襲。

まぁ 帰省したおかげでいろいろと応急処置的に??
気分がすっきりした部分もありましたが それに引き続いて
いろいろと相談乗ってくれたり~  みたいなこともしてもらいました。

やっぱり 現役で働いている人の話を聞くのって結構参考になる気がするんです。
……まぁ 一種それとはまた別ベクトルで気になった部分も
あったことにはあるのですが これは少々プライベートな話題なので割愛。

昨日グダグダ後半に書いたバイトどうこうって話題については
こうして親父に一方的にしゃべりかけつつ自分の中で折り合いをつけた
結論みたいな部分もあるんでしょうね。 ……と 他人事のように言ってみる。

何においても――一種「その親父の反発の意味合いもあって」――無計画に
成長してきたボクにとって 予定の管理能力に大きな欠陥があることは
こうしてバイト始めた身になった最近のボクが直面している大きな課題。

……今まで親父のそれには 結構自己中要素多くて反発してきましたが
いざというときなっても何も書き上げられない現実を考えると
その辺無視するにしても ある程度参考にする必要はありそうだなって思い立った次第。

……って 意味では 前回の帰省で応急処置的に対応した部分に
もう少し具体的な対策が施せたんじゃないかな~  って 思っているのですがね。



まぁ これによっていろいろと続いた話みたいなのはまた明日以降作るとして。
今日は その時の話をまとめた時にあぶれるであろう画像使った話してますかね。

01_20130414131152.jpg
まぁ 一種今までの例にもれず、
とでも言うのかもしれませんが??

結果的に 自分の財布以外で食べる機会が
持てたって言うのはある意味こちらのメリット。

……正確に言えば 両親としては
「宿代」と「ちょっと食事奮発」を
はかりにかけて(あと移動費) 金銭的、
それ以外においてどうするのが
一番いいか~  みたいなの考えつつ
やってきてるみたいですし。 ありがたいです。

……と 言いつつも ボクの下宿に入ってからの感動レベルは
相応に下がっていますので 結果的にこうして何も言わずに上げているラーメン
普通に 地元チェーンのラーメンだったりするのですがねwww

……結構 同じ値段払うんだったら「質より量」みたいな思考が
身についているのっぴぃさんだという説が有力ですが
――この貧窮大学生の生活において そんなぜいたくする必要はありません。
高額料金払うのだったら それなりに食べたいって思うのが信条ですよ。

――と 風呂入らせてもらったり なぜかアルコール飲料(缶)が
部屋の冷蔵庫におかれたりすることもあったのですが……
……これってのが 一種のストレス発散の参考ってことなんでしょうかね??

TOP