年末年始旅行記⑨ Bratislava

2013⁄02⁄08(金) 00:00
0101_20130129230714.jpg
EUに加盟している国のうち割と
東・内陸に位置している国ってのは
基本的に 性的な意味でおおらかな
国だって話を聞いたことがあります。

……どれほどなのか自分も
いまいちわかってはいませんが
とりあえず しれっとした顔で
こんなTシャツをお土産として
売り出そうとしているくらいには
おおらかだということはわかりました。

――若気の至りで この辺お土産として誰かに押し付けようかと思いましたが
これ誰かに無理やり着せるのって お土産に関する無茶振りとして
結構ハードルが高いのではなかろうか……と 言うことで
断念したという裏話を最初に書かせてもらいましょうかね。

0102_20130129230714.jpg
さて ハンガリーの首都だった
ブダペストから電車でゆられてたどり着いた
スロバキアの首都

――なんだけど 首都とは思えないサイズの
小ぢんまりした街なのですが
旧市街のほど近く 一応
大統領府があったりして まぁ
一応は首都らしさアピールしてましたね。

でも やっぱりヨーロッパにあるからなのか 石造りの建物がよく似合う。
一応 到着してそれなりのタイミングで取ってきたので夜の写真ですが
無駄にライトアップされてて これも結構いいなと思いましたよ。

0103_20130129230713.jpg0104_20130129230713.jpg
その他にも 旧市街歩いてみて なんか教会前広場っぽい場所で
なかなかいい場所を占めていました 日の丸改め、日本大使館。
――いろいろな国の首都を結果的に歩きましたが 大使館を見たのはここだけでした。

――まぁ 写真はそれなりに取ったのですが ここに書き上げるのに
いろいろと困りましたので 全体的に記事の書き方も
少々辛い感じになりますが(これに限らないけど)よろしくです。

0105_20130129230712.jpg
あと 街中にこんな感じの銅像が
あちらこちらに生息していたよ。
マンホールの穴から顔出している銅像は
子供たちに踏まれまくってたけど。

――さて この街出身の有名カメラマンって誰だったかなぁ……
(基本的に 宿とか移動時間とか使いながらこの辺りの下書き書いているので
ゆっくり調べながら書くみたいな余裕がないので ご了承ください。)



0106_20130129230712.jpg
さて 話がずいぶんすっ飛びますが
ブダペストからの移動としては
基本的に ドナウ川沿いに上流に
さかのぼって移動していたことになります。
――と 言うことで この街についても
ドナウが流れているのが見えます。

因みに 逆に下って行きますとベオグラードがあったりして
結果的に ルーマニアで黒海に注ぎ込む形になりますよ。

なお この写真で橋の上にある丸い謎の物体に関してはUFO
――みたいなことが ホテルでもらった地図に書いてあったのですが……
……あいにく現地語が読めませんので よくわからないです。 はい。

0107_20130129230818.jpg
ここの丘の上にお城がありまして
親父が曰くには
ここの城でマリア・テレジアの
戴冠式やっていたのだとか。

あいにくボクは世界史とっていなかったので
ふーんというしかないのですが
それより前に 改修工事中で中に
入れてもらえなかった件について
とりあえず この街に行こうと
言い張っていた親父にいろいろと言いたい。

0108_20130129230817.jpg
おかげで あまり見るものもなかったのですが
かろうじて気になったこと。

――これ、何てトラップ?

門開けて出てみたら奈落の底じゃん。
……多分 この城に入れたならば
いろいろと評価変わっていたかもね。

0109_20130129230817.jpg0110_20130129230817.jpg
まぁ 入れないお城にずっといてもアレなので
取り合えず 出発までは旧市街ぶらぶらしていたわけですが
やっぱり 小ぢんまりとしていて……  特に何でもない街ということが
逆に 生活感全開で これはこれでもいいのではないかな~  とか 思いましたよ。

そもそも パック旅行とかじゃないのだから そんな旅行ではいけないような場所
中心に回っていく方が面白いような気がしません??

0111_20130129230816.jpg0112_20130129230816.jpg
さて この先も電車での移動……と 言うことになるのですが……
――この辺りの電車ではよくありがちの事なのかは知りませんが
とりあえず 落書きがすごい列車が普通にあったりするんですよね……

これもこれで 日本では見せてくれない光景が広がっている感じで
これも外国旅行らしくていいのかもしれないな~  と 思いました。

TOP